お金を借りる方法 無職。 無職でも可能?土地を担保にお金借りる方法とは

無職でも本当にお金を借りる方法を深堀(ニート・失業中・学生・専業主婦(主夫)・年金受給者)

お金を借りる方法 無職

土地を担保にお金を借りるってどういうこと?その方法とは 土地を担保にお金を借りることができるということを耳にしたことがある人も多いのではないでしょうか。 ただ、具体的に土地を担保に入れた借り方を知っている人は少ないと思います。 そこで、まずはその方法について確認してみましょう。 土地を担保にするというのは簡単に言えば土地を人質にするというようなイメージです。 (物質ともいいます) お金を借りる人は土地の抵当権、つまりお金を返せなかったら土地を売ることができる権利を銀行に与えることで、お金を通常よりも多く低金利で借りることができます。 銀行は貸したお金が返ってこなくても最悪土地を売ることでそれを回収できるため、安心してお金を貸すことができるのです。 土地担保ローンの貸し付け条件を簡単に 細かい条件については各金融機関によって変わってきますが、一般的には以下のような条件が設定されています。 満20歳以上、70歳未満で完済時の年齢が満80歳未満の人• 安定した継続収入がある人• 保証会社の保証を受けられる人 土地担保ローンは原則として満20歳になっていれば申し込むことができます。 一方、年齢の上限については各社開きがありますが、一般的には70歳未満としているところが多いです。 土地担保ローンでは返済時の年齢が決められている場合も多く、こちらも一般的には満80歳という条件になっていることが多いです。 ただ、なかには75歳未満という条件が設定されていることも多いので、このあたりは注意深く見ておくようにしてください。 安定した継続収入というのは一般的な消費者金融の申し込み条件と変わりません。 年金などの収入は通常この『安定した継続収入』には入らず、給与収入や不動産収入、事業収入などが該当します。 具体的な不動産担保ローンの利用までの流れ 実際に具体的な不動産担保ローンの利用手順を見てみましょう。 大まかな流れは以下の通りです。 土地担保ローンに申し込む(銀行などの金融機関で探す)• 不動産鑑定士などによる不動産調査から土地の評価額が決まる• 申込内容に基づき本人確認と借入審査が行われる• 1カ月程度で審査結果が報告される(長い場合は2カ月程度かかることも)• 融資が実行される 土地担保ローンを実施しているのは基本的に銀行です。 メガバンクはもちろんですが、地域密着型の信用金庫や地銀でも土地担保ローンを展開しているところは多くあります。 実際にホームページなどを確認して展開している商品を見てみるといいでしょう。 通常の消費者金融のキャッシングと一番違うのが審査です。 土地担保ローンの審査は土地評価を適正にしなければならず、そのうえ申込者に関する信用力も慎重に調べられます。 そのため、審査時間は長くなることが多く、1カ月程度は普通にかかってしまいます。 これでも審査スピードは以前と比べるとだいぶ早くなったのですが、それでも長い場合は2カ月以上かかることもあるようなので、直近にお金が必要な場合には向かない借入方法だといえるでしょう。 事前に確認!不動産担保ローンの必要書類 不動産担保ローンを申し込む際の必要書類について記載しておきます。 借入申込書、保証委託申込書、個人情報の取扱い同意書• 本人確認書類(運転免許証・パスポート・住民基本台帳カードなど)• 収入証明書類(給与明細書・源泉徴収票・住民税決定通知書・課税証明書など)• 土地の登記済証• 印鑑証明書• 実印 ここで取り上げているのは事前に確認しておくことでスムーズに申し込みを進められるようにするためのものです。 必要書類についても各社若干の違いがあるため、申し込みの際には必ず各金融機関のホームページをご覧ください。 土地を担保にお金を借りられる人、借りられない人 では、このシステムはどのような人が利用することができるのでしょうか? 結論から言うと『返済能力のある人』です。 いくら土地を担保にするとは言え、返済能力が無い人にはお金を貸してくれません。 それでは、無職の人はお金が借りられないのか?という疑問が浮かぶかもしれませんがこれも違います。 無職であっても不動産収入や年金などで継続的に収入を得られる方や、具体的な事業計画を持っていて銀行から返済が可能だと認められた方はお金を借りることができます。 また、大手の金融会社よりも中小の金融会社の方が審査は甘い傾向にあります。 審査を甘くすることで大手消費者金融などと差別化を図り、顧客を獲得しているんですね。 今のあなたの状況でお金が借りられるか不安といった方は、実際に金融会社に電話などで相談してみても良いかもしれません。 不動産担保ローンは大きな金額の借入でないと難しい 消費者金融などを使った一般的なキャッシングの場合には、金額が高くなればなるほど借り入れ審査が厳しくなります。 貸す側としては、それだけの金額を返済できる能力があるかどうか慎重に判断しなければならないためです。 ただ、不動産担保ローンについては少し特殊で、あまりに低い金額だと審査に通らないケースも多く見受けられます。 金額の基準としては、おおむね100万円を超える借り入れでなければ審査に通るのは難しいといわれています。 これは一般的なキャッシング審査よりも、不動産の評価などにかかるコストが大きくなる傾向があるうえに低金利であるため、お金を貸す側としては安い金額を貸し付けても割に合わないというのが理由です。 各金融機関の不動産担保ローンの案内を見てみると、スペック上は10万円程度からの借入が可能になっていますが、実際にはこのような事情があり少額の借入審査は通らない傾向にありますので注意してください。 土地を担保に入れてお金を借りるときの注意点 土地を担保に入れて借り入れをするという上で注意しておかなければならない点は、計画通りにお金を返済することができなかった場合です。 当たり前ですが、お金の返済ができなければ担保に入れた土地は売られてしまいます。 このシステムを利用する場合には、何かの事情で万が一返済能力が失われてしまったときにその土地を失ってしまうということを覚悟しておかなければいけません。 自分の住む家や、家族の家などを担保に入れてそれを売却することになってしまってはより状況が厳しくなりますので、よくよく考えてから行動に移すようにしてください。 大まかな目安では17ヶ月返済できなければ競売にかけられるようです。 土地を担保に入れる前にはしっかりと計画を立てて臨みましょう。 もし競売にかけられたらどうなるの? 土地を担保に入れて、もし返済ができずに土地を競売にかけられてしまった場合、その土地の売却金額と今まで返済してきた金額の合計額が借入金額の残高を上回るときは、その差額が戻ってきます。 しかし、競売にかけられた土地などの不動産はその後も戻ってくることがないため注意しましょう。 上手く活用する方法 注意点について述べましたが、もちろん上手く利用すればかなりメリットの大きい借入方法でもあります。 まず、注目すべきは借りられる額です。 さらに低金利であったり長期間での返済も可能だったりするので月々の負担も軽く済ませることができます。 金融会社からすれば土地を担保に入れてもらえるというのは、それほどに安心できるということなのです。 そのため、もし仮に失っても大丈夫な土地を所有していたり、借金の返済がほとんど確実に可能な状況であるという場合には、少ないリスクでこのシステムを利用できますのでおすすめです。 このシステムは、確かに深く考えずに利用すれば大きなリスクを伴ってしまいますが、しっかりと計画を練った上で利用すればかなりお得なシステムです。 事前に返済計画をしっかりと立てたうえで、利用するか慎重に判断を下しましょう。 住宅ローンの返済中に不動産担保ローンを組むことは可能なのか? 不動産担保ローンを考えている人のなかでも疑問に持つことが多いのがこれです。 今返済中で残債がまだ残っている土地や建物を担保にして、新たに不動産担保ローンを組むことはできるのかどうか?という疑問です。 結論から言ってしまうと、 状況によっては可能です。 可能かどうかの判断基準は各金融機関によって細かく定められており、違いもあるため一概には言えませんが、基本は担保とする不動産の評価額とローンの残債の額の割合で判断されます。 ローンが残っている不動産を担保に新たなローンが組める基本的な条件としては、『担保評価額>ローン残債』となっている場合です。 ローンは毎月返済していくのが基本ですので、残債の額が時が経てばたつほど減っていきます。 つまり、ある一定期間が経つと上記のような状態になるわけです。 このように担保となる不動産の評価額の方が大きくなっている状況のことを担保余力があると表現します。 担保余力があることが、住宅ローンの返済中に不動産担保ローンを組むための第一条件だということですね。 ローンの残債がある場合は無い場合に比べて審査が厳しい 当然ですが、住宅ローンの残債がある中での新たな不動産担保ローンの利用は、残債が無い場合に比べて審査が厳しくなります。 抵当権には順位が設けられており、住宅ローンを貸し付けてた金融機関が第一抵当権、不動産担保ローンを貸し付けた金融機関が第二抵当権となります。 第二抵当権者は第一抵当権者に支払うべき金額が全て支払われた後に残額がなければ回収をすることができません。 そのため、上で解説したように担保余力があることが重要なんですね。 ただ、担保余力があったとして貸し付ける金額によっては第二抵当権者は全額を回収できないこともあります。 この貸し倒れリスクを慎重に判断する必要があるため、通常よりも審査が厳しくなるわけですね。 土地担保ローンの申し込み条件に満たない場合でも諦めないで! 土地担保ローンの条件や利用時の注意点などについて見てきましたが、なかには『利用したいけど年齢がオーバーしてしまっていて申し込めない』という人や『審査に通らなかった』という人もいるでしょう。 そんな場合に検討してみたいのが『リバースモーゲージ』という借り入れ制度です。 『リバースモーゲージ』とは、自宅や土地などの不動産を担保にして、 最終的に引き渡すことを前提にお金を借りることができる制度です。 スルガ銀行の公式HPでは、以下のように解説されています。 リバースモーゲージとは「持ち家のある高齢者が、その家を担保に老後の生活費などを一時金または年金形式で借りられる貸付制度」のこと。 リバースとは「逆」、モーゲージとは「抵当」を意味する英語です。 一般に自治体が運営していたり、銀行などが金融商品として扱っています。 出典: 土地担保ローンとの違いは、大きく分けて2つ。 融資の受け方と 返済の方法です。 例えば、土地や不動産の評価の結果、総額2000万円の借入が可能と認められた場合、1カ月約16万円を10年間にわたって受け取ることができるということです。 一方、リバースモーゲージの場合には、土地や不動産の所有者が亡くなった後に売却されることが前提となっており、これが返済のタイミングになります。 つまり、リバースモーゲージは経年とともに債務が膨らんでいき、最後に一括して返済をするという形なわけです。 リバースモーゲージの貸付条件 最後に、このリバースモーゲージを利用できる人の条件を確認しておきましょう。 ここでは三井住友銀行が提供する『SMBCリバースモーゲージ』と、みずほ銀行が提供する『みずほプライムエイジ』という商品を例に条件を見てみます。 三井住友銀行『SMBCリバースモーゲージ』 以下の条件をすべて満たされる方• 契約時の年齢が満60歳以上の方• ご自宅に単身、もしくは夫婦二人住まいの方(同居される配偶者の方には連帯債務者となっていただきます)• 安定かつ継続した一定の収入が見込める方 出典: みずほ銀行『みずほプライムエイジ』 以下のすべての条件を満たす個人のお客さま• ご契約時の年齢が満55歳以上の方• ご自宅に夫婦2人暮らし、またはひとり暮らしの方• 金融資産を相応に保有し、安定かつ継続した収入の見込める方(年金収入等)• 保証会社の保証を受けられる方• 戸籍謄本により推定相続人が確定できる方 出典: このように、各金融機関によって若干の違いはあるものの、『55歳以上』や『安定かつ継続した収入がある人』という条件はどの金融機関でも設定されています。 リバースモーゲージは通常の土地担保ローンと違い、最終的には担保となっている不動産を引き渡すことが前提です。 利用者の状況によってはメリットになりますが、不動産を相続させたいという場合や、その土地を手放したくないという場合にはおすすめできません。 しっかりと前提条件を確かめたうえで、利用するように心がけましょう。

次の

銀行お金借りる無職

お金を借りる方法 無職

無職だけど即日でお金を借りたい!方法はある? 「お金を借りたい!無職でもお金を借りれる所はないの?」 無職でもお金を借りる方法があるのか。 さすがに無職ではお金を貸してくれないのではないか、と考えるのが普通です。 でもちょっと待ってみてください。 無職と言ってもいろいろタイプがありますよね。 この条件によっては 無職でもお金を借りることができるのです。 無職の人がお金を借りることはできるのか解説しています。 無職とはどういう状況を指すのか。 またそれぞれの無職の状況によってお金を借りる方法が違ってきます。 一緒に見ていきましょう。 — 銭ラボ お金を借りるラボ okanekarirulob 無職の状況によってはお金借りることが可能 先に確認しておきますが、 無職にはパートやアルバイト収入のある人は該当しません。 しかし収入があっても継続安定していなければ定職についていないことになりますから、無職のカテゴリに含まれることになります。 よって 気が向いた時に短期アルバイトをする人や、日雇いのアルバイトをする人は無職と見なされます。 他にも無職のカテゴリを以下のように分類してみました。 余計なお世話かもしれませんが親はいつまでも生きているわけではありません。 将来が全く見えない、いつどうなるかわからない不安定な無職です。 無職だが株式投資やFXで収入を得ている人 開業届を出さずに株式投資やFXで収入を得ている人も、投資は職業には該当しませんのでやはり無職とカテゴライズされます。 カリスマ的な才能があって順調に収入を得ることができるのであれば、 とりあえずお金に困るということはない無職です。 しかし投資才能がなければ日々の生活さえ稼ぐことは難しいのが現状。 株価の変動や為替の変動についていけないと、あっという間に無一文になってしまう人が多いので注意しましょう。 無職で転職中の人 ただし失業中でも安定したアルバイト収入があれば、その勤務先と収入を記載して申込できるカードローンがあります。 例を挙げれば「みずほ銀行」のカードローンや「アコム」「プロミス」の消費者金融系カードローンはアルバイトでも申し込みができます。 無職でも借入できる生活福祉資金貸付制度とは また、 無職でもお金を借りる方法として、 「生活福祉資金貸付制度」があります。 これは各都道府県にある「社会福祉協議会」という公共機関が 「低所得で民間のカードローンも申込できない人」を対象に、低金利で融資をする制度です。 融資の種類は 「医療費」「教育費」等色々ありますが、求職中の方でしたら以下の制度が使えます。 支援金を受け取るためには失業給付金の受給資格があって、失業給付金の支給が終わり、なおかつ求職活動を続けている人に対して職業訓練などを受けさせ、はじめて生活していくための資金を受給できるのです。 引きこもりやニートではそもそも失業給付金の受給資格を持っていません。 また、ハローワークに泣きついてもお金の支援を受けることは不可能です。 失業給付金の受給資格を得るためには引きこもりやニートから脱却し、パートやアルバイトで稼ぐことが必要になります。 株式投資やFXをしている無職がお金を借りる方法は? 個人投資家と言えば聞こえがいいですが、 現実的に投資活動だけで生活をしているというのはほんのひと握りの人だけです。 ほとんどの人は勝ったり負けたりの連続で、トータルすれば負けていることの方が多いのではありませんか?• 専業主婦(主夫)で、銀行からお金は借りたいけど家族にばれたくないという人もいるかと思いますが、結論から言うと、家族にはばれずに借入もできます。 主婦の人がカードローンを申込む時に、配偶者の収入と勤務先を記載する欄はありますが、借入金額が30万円程度までなら配偶者を保証人にする必要もありません。 また、配偶者の勤務先に在籍確認の連絡をすることもありません。 なお、可能であれば返済明細等の郵便物は実家に郵送してもらうようにしましょう。 また、セールスの電話は必要ないと初めから言っておくことも大事です。 万が一もし返済が滞ったら、自宅に電話される可能性もあります。 最悪回収係が訪問するといったこともありえますので注意しましょう。 学生さんは無職でもお金を借りることは可能 消費者金融業者は 総量規制に基づいて利用限度額を決めているので、収入がない人にはお金を貸すことができないからです。 銀行カードローンなら収入がなくてもお金を借りることは可能ですが、親権者の同意が必要となることが一般的です。 その時は、親の自署・捺印が必要となりますので、親にバレないで借りることはできないでしょう。 年金収入だけの無職が即日でお金借りる方法は 貸金業法的には年金収入は継続安定した収入として認められているのですが、なぜか年金収入だけではカードローン契約をしてくれる金融機関は少ないです。 消費者金融業者をはじめ、 銀行でも無職の年金受給者に対する貸付を積極的に行っているところは少ないです。 確かに年金収入しかない方には貸付を行っていない金融機関が多いのですが、 いくつかの銀行では年金収入だけで借り入れが可能なのです。 ただし、 将来の生活費を削るだけなので、本当に緊急の場合や末期医療費等のみに利用される事をお勧めします。 また、多くのカードローンは申込可能年齢が65歳(一般的な定年)までですが、自営業なら70歳近くまで申込できるものもあります。 少額でしたら確定申告の控えは提出しなくてよいので、事業者カードローンを検討してみてはいかがでしょうか。 無職が、キャッシング・カードローンを利用する方法は? 無職だとキャッシング・カードローンの申し込みはできませんが、パート、アルバイト、契約社員なら、申し込みは可能です。 ただし、審査通過できるかどうか、通過したとしても希望する借入額を借りられるかどうかは、収入状態や他社借入状況など 個人の属性情報、信用情報によります。 自分は無職と人のなかに、実際はアルバイトをして生計を立てているフリーターの人もいるかもしれません。 そのような人は、フリーターとして、アルバイト先を勤務先として消費者金融に申し込みをしましょう。 実際に収入源があるというだけでも、申し込みは可能になります。 パートやアルバイトもまったくしていないという無職の人は、本末転倒な解決策かもしれませんが、パートやアルバイトを始めることや、派遣会社へ登録することをおすすめします。 お金貸します掲示板は無職にも即日融資してくれる? 要注意!極甘審査や無職でも即日融資可能という貸金業者には気をつけよう 無職でもお金を借りることができる、 即日融資可能とうたっている金融業者が多数存在していますが、本当に無職でも即日審査でお金を借りることができるのでしょうか。 インターネットでお金借りるところを探していると 「お金貸します」という人が多く集まる掲示板や 「極甘審査」なる言葉を見るかもしれません。

次の

無職や低収入でもお金を借りる方法は複数あり。属性ごとに適した借入方法を解説

お金を借りる方法 無職

リストラや退職などで収入が途絶えると、生活をしていくだけでも精一杯になりますよね。 そういうときにはお金を借りたいところですが、一般的には収入のない人にお金を貸してくれる金融業者はありません。 無職はみんなお金を借りられないの?• どうしてもお金が必要になったらどうすればいい?• 働いていることにして借りることは出来ない?• これから無職になるけど準備しておいたほうがいいことはある? 金融業者が簡単には貸してくれないとなると、いろいろと不安になってくるかと思います。 ここではそんな不安を解消するために、上記のような疑問を一つひとつ解消していきます。 無職でもお金を借りる方法を分かりやすく紹介していますので、ぜひ参考にしてください。 無職の定義と分類 無職でもお金を借りる方法を紹介する前に、そもそも無職というのがどういう状態なのかについて、その定義付けをすることから始めましょう。 基本的な考え方としては「定職や仕事がない状態」のことを示します。 学生の場合は大きな枠ではこれに含まれますが、職に就く前の準備期間だと考えると、通常は除外されます。 は、判断が難しいところで、金融業者によって判断が違います。 正確な定義はありませんが、下記のように呼ばれている人が無職に分類されます。 失業者:リストラや自主退社によって仕事を失った人• 求職者:仕事に就くための活動をしている人• 内定者:就職先は決まったけど、まだ働き始めていない人• 年金受給者:仕事をせずに年金と貯蓄だけで生活している人、定年退職者とも呼ばれる• 専業主婦:結婚して家事に専念している人• ニート:就職もせず教育も受けていない15~34歳までの若年無業者• プー太郎:働かず遊び回っている人 いずれも共通しているのが、労働による収入がないということです。 年金受給者はまとまった額の収入がありますが、それでも労働収入ではありません。 このため、無職として分類されることもあります。 カードローン契約ができる無職とできない無職 無職はカードローンの利用ができないとされています。 それでも仕事をしていない人すべて、融資を断られるかというとそうではありません。 例えば年金受給者や専業主婦、内定者であれば利用できるカードローン商品もあります。 代表的なカードローン商品で、それらの立場の人が利用できるかどうか見ていきましょう。 最新の情報は各銀行の公式ページでご確認ください。 どの金融業者も年金受給者に対しては、収入がある人だとみなしてもらえるようです。 ただし、カードローンを契約できる年齢があります。 例えばみずほ銀行カードローンは、年金収入があっても66歳未満までしか利用できないように設定されていますので、実際に年金受給者で利用できるのはかなり限られた人だけです。 専業主婦に関しては、金融業者によって判断が違います。 配偶者に安定収入がある場合には融資可能とする金融業者がある一方で、無収入には変わりないとして融資対象としていない金融業者もあります。 内定者はとても判断が難しいところです。 専業主婦と同様に、金融業者によってはお金を貸してくれることもありますが、ホームページなどに明記されていません。 公務員や一部上場企業に内定しているなら借りられる可能性がありますが、中小企業なら審査を通過しないかもしれません。 ケースバイケースで違うと考えておきましょう。 また、東京都民銀行のように「大学卒業予定者ローン」が用意されていることもあります。 種類はそれほど多くありませんが、ということだけでも覚えておきましょう。 無職がお金を借りる方法 上記のような立場でないかぎり、無職の人はカードローンの申し込みをすることができません。 でも収入がないからこそお金が必要ですよね。 そんなときに、どこからどうやって借りればいいのかについて説明します。 親や知人から借りる 最もシンプルな考え方としては、親や家族を頼るという方法です。 困ったときに支え合えるのが家族です。 親子の関係があまりよくない場合はなかなか切り出しにくいかもしれませんが、金融業者から借りられないなら、背に腹は代えられません。 思い切って相談してみましょう。 親や家族から借りられない場合は、友人という選択肢もあります。 ただし、これは人間関係が悪化するリスクもありますので、本当に信頼できる人にお願いするか、どこからも借りられなくなったときの最後の手段としてお願いするようにしましょう。 クレジットカードのキャッシング 無職になるとカードローンもクレジットカードも審査落ちしますが、これまで持っていたクレジットカードが没収されることはありません。 もしすでに持っているクレジットカードにキャッシング枠があるなら、そちらを利用しましょう。 借りられる額はあまり多くはありませんが、審査もなくすぐにお金を借りることができます。 ただし、金利は高めですので繰り上げ返済などを使ってすぐに完済するように心がけてください。 意外と知られていませんが、生命保険の多くが「契約者貸付制度」というものを利用できます。 これはお金が必要になったときに、生命保険を解約することなく、解約返戻金の範囲内でお金を借りることができる制度です。 少し複雑な制度ですので、もう少し噛み砕いて説明します。 生命保険のうち、満期になると返金が発生する商品があります。 終身保険や養老保険、個人年金保険などがこれにあたります。 この返金は満期でなくても、契約中の解約でも解約返戻金として積み立てた額を返金してもらえます。 このため、お金に困った人は保険を解約して、解約返戻金を使って借金の返済などに充てます。 ところが、保険は解約していますので、また保険に加入しようとすると年齢の関係で月々の支払額が大きくなってしまいます。 それはもったいないということで、保険会社は解約をせずに解約返戻金分までの融資をしてくれます。 そもそも契約者に返すお金ですので、保険会社にしてみればリスクはまったくありません。 このため契約者は低金利で保険会社からお金を貸してもらえます。 カードローンと違って、満期までに返済をすればいいため、返済に追われることもありません。 審査もなく、確実に借りることができるというのも大きなメリットです。 最短当日でお金を借りることができますので、保険に加入している人は契約者貸付制度も検討してください。 総合支援資金貸付制度で借りる 家族も友人も頼れず、クレジットカードもない。 さらには保険にも加入していないという場合には、総合支援資金貸付制度の利用相談をしてみましょう。 総合支援資金貸付制度は、失業によって日常生活が難しくなった人を支えるための制度です。 ハローワークを通じて求職活動を行うことを前提に、単身世帯は月15万円、2人世帯以上で20万円まで借りることができます。 この他に、住宅入居費として40万円、教育支援費や一時生活再建費などでもお金を貸してもらえます。 同じようなにがありますが、生活保護との違いは、借りたお金を返さなくてはいけないということと、あくまでも自立することが前提だということです。 どこからも借りることができない人は、地域の市町村社会福祉協議会で相談してみましょう。 どこが該当するのか分からない場合は、市役所に問い合わせてみてください。 実際には働いていないのに、適当に企業名や情報を入れておけば、審査で有利になるかもしれない。 そんな期待があるかもしれませんが、これは絶対にやめてください。 カードローンの審査には原則として在籍確認というものがあります。 これは申告された勤務先に電話をかけて、本当に在籍しているのかどうかをチェックするものです。 記載した場所に電話がかかりますので、。 これならば大丈夫と思うかもしれませんが、金融業者はアリバイ会社の存在を把握しています。 名前と電話番号だけでバレてしまう可能性があります。 そのときバレなくても、後々発覚してしまうと強制解約をされて一括返済を求められます。 とてもリスクが高い方法ですので、アリバイ会社の利用は避けるようにしましょう。 派遣登録だけする、開業届だけ出す手法は有効? 上記のような虚偽の申告はリスクも高く、成功する可能性もほとんどありません。 それでは、派遣会社に登録したり、として開業届を出したりするというのはどうでしょう? まず派遣会社ですが、派遣会社に登録しただけでは契約にならないため社員という扱いにはなりません。 派遣先で働いて、初めて派遣会社の社員ということになりますので、登録だけしたのでは意味がないと考えてください。 また、開業届を出して個人事業主になるというのも、立場としては若干有利になりますが、そもそも個人事業主というのはカードローンなどの審査に通りにくい属性ですので、あまり効果は期待できません。 いずれの場合にも、金融業者によっては収入証明書類の提出を求められることもありますので、そうなると、どちらも確実に審査落ちとなります。 むしろ悪質と判断されて二度と融資を受けられなくなる可能性もあります。 形だけ働いている状態を作り出すという方法に対しては、すでに金融業者が対策をしていますので、無駄なことはしないようにしましょう。 職を失う前にしておくべきこと どんな立場でも無職になるとお金を借りるのは簡単ではありません。 このため、離職する前にお金に困らないようにするための準備をしておきましょう。 仕事を失う前にしておくことは次の2点です。 半年分の年収額を貯金しておく• カードローンの契約をしておく まず、何と言っても重要なのがお金を貯めておくということです。 どれくらい貯めなくてはいけないのかは、退職後の生活にもよりますが、少なくとも年収の半分くらいは貯めておきたいところです。 それくらいないと、思わぬ出費に対応することができません。 失業保険や退職金などもあると思いますが、それらは別に考えておきましょう。 特に退職金は思ったよりももらえないということも考えられます。 あてにせずに、きちんと自分で貯金をしておいてください。 また、カードローンの契約をしておくというのもリスク管理のひとつです。 無職だから契約できないのであって、会社員時代に契約しておくことには何の問題もありません。 しかも契約するだけであればお金もかかりません。 いざというときにお金を借りられる状態にあるというだけでも、精神的にゆとりができます。 仕事を辞めると決めたときに、低金利で使い勝手のいいカードローン商品を契約しておくことをおすすめします。 まとめ ここまで無職でもお金を借りる方法について説明してきましたが、内容を理解できたでしょうか。 なんとなく「難しいな」ということくらいは感じてもらえたのではないかと思います。 最後に復習の意味も込めて、重要なポイントだけまとめておきます。 専業主婦や年金受給者は借りられることもある• 内定者は金融業者によって判断が違う• 金融業者から借りられない場合には家族を頼る• 契約者貸付制度や総合支援資金貸付制度なら無職でも借りることができる• 虚偽の申告は絶対にNG• 仕事を失ってから行動するのではなく在職中に環境を整えておく 専業主婦や年金受給者、内定者といった立場であれば、カードローンを利用できる可能性がありますが、リストラや倒産などで職を失った人の場合は無収入の無職ということでカードローンの利用はできません。 この場合には金融業者ではなく保険の契約者貸付制度や、国のセーフティーネットである総合支援資金貸付制度を利用して生活を整えるようにしてください。 また、審査に通過させるための虚偽の申告は、どういう形でも行わないようにしてください。 お金の貸し借りは信用をベースに行います。 虚偽の申告は信用をゼロにする行為ですので、バレてしまうと自分自身をかなり不利な立場に追い込むことになります。 そして、もっとも重要なことは、収入を得るための活動を行うということです。 求職活動や独立してのになるための準備も必ず行ってください。 仮に融資を受けられても、返済するあてがなければ詰んでしまいます。 どこから借りるにしても、必ず返済までの計画を立てた上で依頼するようにしましょう。

次の