鬼滅の刃 漫画 しのぶ。 『鬼滅の刃』炭治郎がカナヲの心に起こした“変化” 童磨戦後の涙が伝える、人としての成長|Real Sound|リアルサウンド ブック

鬼滅の刃~胡蝶しのぶが死亡してから童磨に恋されるまでを徹底調査! | 8ラボ(はちらぼ)

鬼滅の刃 漫画 しのぶ

そう…そうですね 私はいつも怒っているかもしれない と答えます。 最愛の姉、胡蝶カナエを鬼 童磨 によって殺されてから体の1番深い所にどうしょうもない嫌悪感が自分自身にはあると自覚します。 ただ姉が好きだと言ってくれた笑顔を絶やす事無く彼女の想いを引き継いでいこうと決心した過去が胡蝶しのぶにはあるので、終始ニコニコしているのです。 胡蝶しのぶが死亡!? そんな因縁の相手である童磨とは鬼の本拠地である無限城の一部屋にて対面しました。 そして…胡蝶しのぶも死亡? ここからは胡蝶しのぶと童磨の決戦について詳しく見ていきましょう。 童磨と対面し怒りをあらわにするしのぶ 無限城にて姉を殺した鬼、童磨と対面したしのぶ。 いつもニコニコ笑顔の絶えない彼女ですが、鬼滅の刃始まって以来、初 ? となる怒りの表情をあらわにします。 ちゃんと喰べてあげたかっ… ブシッ しのぶは童磨が話し終わるのを待つ事なく毒の含まれた刀で素早い突きを目にぶっ刺します。 ことごとく毒が効かない童磨 毒の含まれた刀でしのぶは攻撃を仕掛け、それを受け続ける童磨。 しかしことごとく毒は効かず、分解され耐性を付けられてしまいます。 そうした攻撃を繰り返すしのぶに対し童磨が反撃。 バツ!っと鎖骨も肺もアバラも斬られ大量の血を流しその場に膝をついてしまいます。 姉の幻に叱咤激励され立ち上がる 鎖骨も肺もアバラも斬られ大量の出血で負けそうなしのぶ。 そんな殺されかけの彼女は姉の幻に叱咤激励されます。 立ちなさい 蟲柱 胡蝶しのぶ ~中略~ しのぶならちゃんとやれる 頑張って 引用元: こう励まされたしのぶは痛みに耐えながら立ち上がり、再び童磨に攻撃を仕掛けます。 …が結局、童磨にはどんな毒も効かず、、最後は カアアアーッ胡蝶シノブ死亡!! この訃報は伝達カラスによって無限城内の別場所にいる炭治郎ら別隊士に伝えられたのでした。。 無駄に死なない!倒す希望を繋いだしのぶ! 童磨に吸収され死亡してしまった胡蝶しのぶ。 しかしこれは彼女にとって計算の1つでした。 しのぶは体全体に高濃度の藤の花の毒が回っているという特殊な人体で童磨に吸収される事により致死量のおよそ70倍ある毒素を相手に喰らわせる事ができたのです。 これにはさすがの童磨もモロに悪影響を受けます。 目玉がズルッと飛び出し骨は溶け出し腕も千切れ…。 そんな弱っている童磨に対して継子のカナヲと 後に駆け付けた 伊之助が攻撃を仕掛け頸を斬るのに成功しました。 胡蝶しのぶ自身が毒となり吸収される事で童磨を倒す希望を下の隊士たちに繋いだのです。 しのぶに恋した童磨 笑 自分自身は死亡してしまいましたが希望を繋いだ後輩隊士によって童磨を倒した胡蝶しのぶ。 そんな彼女は最後、童磨が死にかけている時の意識に登場します。 そこで 自分自身は死亡したが 仲間の誰かが必ず無惨をも倒してくれると確信しているとの想いを憎き童磨に打ち明けます。 そんな希望に満ち溢れたしのぶを死ぬ間際の意識で観た童磨は彼女に恋をします 笑 ねぇしのぶちゃん ねぇ俺と一緒に地獄へ行かない? 即答で「くたばれ」と言われます。 童磨の初恋は見事すぎる程、実りませんでした 笑 鬼滅の刃~胡蝶しのぶ~笑顔の名言集 人を殺した分だけ私がお嬢さんを拷問します 目玉をほじくり出したりお腹を斬って内臓を引き摺り出したり その痛み苦しみを耐え抜いた時あなたの罪は許される 一緒に頑張りましょう 引用元: 屈託のない笑顔で淡々と 目をほじくる仕草をしながら 鬼に語り掛けています。 そんなだから みんなに嫌われるんですよ 引用元: 屈託のない笑顔で当然のように水柱の冨岡義勇に語り掛けています。 とっととくたばれ糞野郎 引用元: 屈託のない笑顔で何の迷いもなく恋してきた童磨に語り掛けています。 <番外編~生前最後の言葉> 地獄に堕ちろ 引用元: 屈託のない怒り顔で血管を浮かび上がらせながら童磨に語り掛けています。 彼はゲスと呼ばれるだけあって女子隊士には胸元のポッカリ開いたエロい隊服を渡していました。 このエロい隊服を渡された胡蝶しのぶは目の前で油をかけて即燃やすというひじょ~に素晴らしい行為にでます。 これとは反対に恋柱である甘露寺蜜璃は胸元のポッカリ開いたエロい隊服を着続けています。 何にせよ女性とは言え、柱に対してエロい隊服が渡せる前田まさおは強い心の持ち主ですね 笑 岩柱に助けられた過去 胡蝶しのぶは鬼殺隊に入る前に両親を鬼によって殺されています。 その時、一緒に襲われて殺されそうになった胡蝶姉妹を岩柱の悲鳴嶼 行冥が助けたのです。 そうして鬼殺隊に救われた自分たちも強くなって鬼を倒すため胡蝶姉妹は入隊を決意したのでした。 しのぶには珍しい怒ってるシーン いつもニコニコ顔の胡蝶しのぶですが時には怒りモードに入る時も当然あります。 治療中の炭治郎が煉獄家に行くため屋敷を抜け出しピキピキ 笑いながら 怒る• 桂合会議にて裁判に掛けられる禰豆子をザツに扱う不死川実弥に真顔で怒る• 蝶屋敷のガラスを割った伊之助に 彼が恐怖で震えるほど 怒る など童磨との決戦時のみならず怒る時はしっかり怒っています。 伊之助が恐怖で震えている時のしのぶさんはどんな怒り顔なのか見てみたいですね 笑 鬼滅の刃の最新話から直近の物語までご紹介!主な登場人物や繰り出された必殺技に加え各話の難しい語句の説明なども解説!2020年となった今では鬼の始祖である鬼舞辻無惨や始まりの呼吸の剣士である縁壱など主人公の炭治郎だけでなく存在感溢れるキャラが登場! しのぶちゃんは何位!? アニメ~鬼滅の刃~那田蜘蛛山編にて胡蝶しのぶは登場します。 登場するのですが…声が優しすぎる 笑 女性らしい綺麗な高音でどこかまろやかに包んでくれそうな…そんな 私の 第一印象でした。 まだアニメは2クールが終わった時点なので童磨との決戦には程遠いですが… つらいも何もあるものか 私の姉を殺したのはお前だな? この羽織に見覚えはないか 引用元: と血管浮き出まくりの怒った童磨への台詞を、この優しい声で言ったらどんな感じに聞こえるのだろう?と強く興味を惹かれました 笑.

次の

【鬼滅の刃】蟲柱「胡蝶しのぶ」の強さ・死亡理由|カナエとの過去

鬼滅の刃 漫画 しのぶ

前回考察した204話ですが、なんと考察通り救いがありました……! 204話の最後のコマでビルが立ち並ぶ現代の風景が書かれていました。 そして205話では、 現代に生きる人の平和な日常が描かれました。 ただの未来の様子が描かれていたわけではありません。 おそらく 鬼殺隊の皆さんの子孫…または転生したかと思うような姿 が描かれていたのです。 これが 鬼殺隊のそして私たち読者が求めていた救いだったのではないでしょうか。 まず主人公の 炭治郎似の少年 ( 炭彦)と カナヲ似の少年 ( カナタ)の兄弟が登場します。 ということは、きっと炭治郎とカナヲの子孫ということでしょうか。 つまり善逸と禰豆子は結ばれて、二人はその子孫ということになりますね!(善逸おめでとう!!) 次に柱の方達です。 鬼と戦って生き残った柱たち、命を落としてしまった柱たち。 どちらにしても彼ら最後まで平和な世にするまで 決して諦めませんでした。 そんな彼らも… 音柱・宇髄天元 ニュースにもなった金メダルをとった体操選手こそ、宇髄天元似の青年の宇髄天満(てんま)。 彼の身体能力が高いのは忍びだった宇髄天元の能力が引き継がれているのかもしれませんね。 霞柱・時透無一郎と時透有一郎 善照と橙子の側をベビーカーが通ります。 中には双子が。 その双子こそ時透無一郎と時透有一郎の転生した姿でしょう。 現代でも双子で生まれてこられてよかった。 今度こそすれ違わないように喧嘩しながら仲良く生きて欲しいです。 蟲柱・胡蝶しのぶと元花柱・胡蝶カナエ この二人も 善照とすれ違い、あまりの美しさに善照が鼻を膨らませていました。 鶺鴒(せきれい)女学院の子と書かれているのできっとお嬢様学校なのでしょう。 表情や仕草から育ちの良さが伺えます。 しのぶさんのすごく自然な柔らかい笑顔が見られて幸せです。 岩柱・悲鳴嶼行冥 炭彦・カナタ・橙子・善照の近所に幼稚園があります。 そこに大きな人影が。 彼こそ慈愛にあふれた悲鳴嶼行冥の転生した姿でしょう。 あれだけの大きな体、なかなか他にはいません。 幼稚園の先生……彼にぴったりの職業ですね。 蛇柱・伊黒小芭内と 恋柱・甘露寺蜜璃 なんと、夫婦です!しかも二人で定食屋を切り盛りしているみたいですね。 蛇の置物がおいてあるメガ盛りのお店。 この蛇のモチーフは鏑丸でしょうか?なんにせよ、伊黒さんと蜜璃ちゃんらしいお店です。 吾峠先生、本当にありがとう…。 風柱・不死川実弥と不死川玄弥 このふたりは警官として登場します。 パトカーに突っ込んできた炭彦を見て、「あいつか、最近連絡が来ている高校生っていうのは…」と怒りで震えながらつぶやく実弥さん似の警官と、それに対し「ハイ」と同意する玄弥くん似の警官。 傷があるということはこちらの世界でも命を張った役柄についていそうです。 兄妹なのかまたは他人なのかはわかりませんが、一緒に仕事をしている二人が見られてとても微笑ましいです。 よかったね、玄弥。 水柱・富岡義勇と 錆兎と真菰 3人一緒にいます。 こんな光景がずっと見たかった。 おそらく小学生くらいでしょうか。 ガチャガチャのオモチャらしき狐形のオモチャを持って話しています。 富岡義勇似の子は義一(ぎいち)と呼ばれているので、きっと義勇さんの子孫に当たるのではないでしょうか。 炎柱・煉獄杏寿郎 煉獄家の子孫なのかはたまた転生した姿なのか。 前者っぽいですね。 先祖返りのような姿です。 (みんなそうだけど) 炭治郎似の少年・炭彦と一緒に走ってパルクールをした姿には涙なしでは見られません。 この二人の絡みは読者が熱望した姿なのですから。 唯一の鬼である愈史郎 彼は絵師になっていました。 絵師と言っても、描いているのは「珠世」という名前の美しい女性だけ。 愈史郎の肩には茶々丸が乗ってこちらを見ています。 彼は今までもこれからも珠世さんのことを思いながら絵を描き続けるのでしょう そして最大の疑問だった 「青い彼岸花」について 青い彼岸花は本当に存在するのか? 前回に考察でこのように書きましたが、伊之助似の少年 が新しく発見した新種ともいうべき青い彼岸花。 これはどうやら一年で2~3日だけしか咲かない花だそうです。 しかもそのうち 昼間だけしか咲きません。 いくら 鬼舞辻無惨が探しても見つけられないわけだ…。 もしかしたら夜に咲いてない状態の彼岸花は見ていたかもしれないですね。 気づかなかっただけで…。 いかがでしたでしょうか。 長くなりましたが他にも 鬼殺隊だけではなく、今まで登場したキャラクター(鬼以外)が出てきたんじゃないかというほどのボリューム感でした。 4年半という短いようで長い連載期間、ほぼ休むことなく毎週ジャンプに掲載して下さった 吾峠先生、担当様、本当にありがとうございました! 完結してしまった「鬼滅の刃」ですが、出版されている単行本を無料で見られる方法をご紹介します。 最新話である204話ではついに長かった戦いも終わり、平和な世界が訪れました。 代わりに、尊い命もたくさん散ってしまいましたね。 現段階で残っている柱は、引退した 音柱・宇髄天元をのぞいて 風柱・不死川実弥 、 水柱・富岡義勇 のみとなってしまいました。 コレだけで 鬼舞辻無惨率いる鬼たちとの総力戦が激しかったということが肯けます。 ですがこうして鬼のいない世界が実現できたのは、命をかけて戦ってくれた鬼殺隊のみなさんのおかげですよね。 さてここからですが、最新204話の最後のコマがとても意味深でした。 でも希望を持ってもいいよね…? ここで思い出して欲しいのが 愈史郎の存在。 彼は鬼ですが 珠世さんがつくった鬼のため 鬼舞辻無惨の影響を受けませんでした。 そして、最後の戦いでも生き残っています。 鬼は歳を取らないため、現代でもストーリーの主軸に関わってくるはずです。 そして 鬼舞辻無惨が鬼になった経緯もまだ解明はされていません。 鬼舞辻無惨は医者が自身に投薬した薬 「青い彼岸花」を探していましたが結局見つかっていません。 青い彼岸花は本当に存在するのか?• 人工的に作られた花なのか?• そもそも全くの別のものなのか? もし 鬼舞辻無惨のように「人間を鬼にする技術」を人間が悪用したら……そう考えると不安が募ります。 かなりファンタジー路線になってしまいますが、みんなの魂が巡り巡って現代に宿る……みたいな。 これは来世では幸せになってる二人が見られる盛大なフラグであると信じています……。 鬼との戦いで大切なものを失い続けたみんなが、今度は現代で幸せをつかんでいて欲しい。 今度は年齢も国籍も性別すらも違っているかもしれませんが、みんなが一緒に笑い合える世界になってて欲しいな。 そしてもし現代で毎日を何気なく過ごしている人がいたら「今幸せに暮らしてるのは 鬼殺隊のみんなが掴み取った平和なんだよ。 」と伝えたいです。 さてここまで拙いながら考察を書かせていただきましたが、所々穴があったり矛盾したことが書かれているかもしれません。 時代が現代に移行するなんて想像もしていませんでしたが、この予想のできなさが鬼滅の刃の面白いところですよね! 「U-NEXT」では31日間の無料体験実施中!完全無料で最新刊を読めます。 完全無料で読む手順(簡易版)• 上記「U-NEXT無料登録はこちら」からお試し登録• 登録完了後に600円分のポイントがプレゼントされるので、読みたい作品をポイントで読む(「鬼滅の刃」単行本は410ポイント〜)• 家族仲良く山の中で暮らしていました。 が、家を不在にした時に鬼に家族を惨殺されてしまいます。 かろうじて生き残った妹の禰豆子を連れて鬼を殲滅するための鬼殺隊に入り、色々な任務にあたることになります。 登場人物それぞれが色変わりの刀を使い、鬼と戦います。 鬼は頚を斬られると命が尽きるのですが、頚が固かったりその部分を強化していたりと強さや繰り出す技がそれぞれ違います。 今は最終決戦に挑むところまで話が進行しています。 炭治郎だけでなく、鬼殺隊の同期の善逸や伊之助、そして強い柱と呼ばれる人達との何気ない会話に和む場面もたくさんあります。 大正時代の話になるので、少し名前が難しかったりしますが、人との繋がりや大切にしたいことなど、今さらながら考えさせられるところもあります。 終わりが近づいてきているのかとも思いますが、今後も炭治郎達の成長を楽しみつつ、見守っていきたいと思っています。

次の

鬼滅の刃~胡蝶しのぶが死亡してから童磨に恋されるまでを徹底調査! | 8ラボ(はちらぼ)

鬼滅の刃 漫画 しのぶ

出典:吾峠呼世晴『鬼滅の刃』第142話 週刊少年ジャンプ2019年8号 おはこんばんにちはー!! トンガリです!! 蟲柱・胡蝶しのぶ対上弦の弐・童磨戦の盛り上がりが凄い!! 読んでいて結構しんどいですが感想いってみたいと思います!! 出典:吾峠呼世晴『鬼滅の刃』第142話 童磨の瞳の虹色は、鬼になってからではなく生まれつきの色だったようです。 そして親は宗教の教祖……。 頭も良く優秀だった彼は周りから崇められ、幼い頃から教祖としての役割を果たしていました。 しかし童磨本人は神の声などというものを信じている両親や、子供相手に救いを求めてくる大人たちを見て死ぬほど気の毒に感じていました。 出典:吾峠呼世晴『鬼滅の刃』第142話 大人たちよりもよっぽど真理と呼ばれるものに近い思考をしていた童磨が極端な救いの形を見出すことは無理もないことだったのかもしれません。 出典:吾峠呼世晴『鬼滅の刃』第142話 「気の毒な人たちを幸せにしてあげたい 助けてあげたい」 「その為に俺は生まれてきたんだ」 玉壺にもらった壺……。 ここまで見ると童磨は本当に優しいのかもと感じる方もいらっしゃるかもしれませんね……。 世の物事を物理法則のみで即物的に捉えると強ち間違っているとも言えない考え方です。 しかし、自己中心的で人間の心理を一分も考慮しない物の見方で人を救おうとすればどうしたって悲劇を産み落としてしまうことでしょう。 そして神童は鬼になりました。 出典:吾峠呼世晴『鬼滅の刃』第142話 五回。 しのぶさんは童磨に毒を打ち込みましたが全て分解され、耐性を獲得されてしまいました。 にもかかわらずしのぶさんは呼吸もままならず汗をにじませています。 というのも、童磨の血鬼術である、霧状にして撒布された凍てついた血を吸ってしまったことで肺胞が壊死してしまっていたのです。 ええええええ!?!? 童磨の血鬼術がビジュアルに反してエグいダメージ!! ただでさえ汎用性高そうな血鬼術なのに鬼殺の剣士の頼みの綱である呼吸キラーな性能やめて欲しい……。 それでも心の折れないしのぶさんは大量の毒を打ち込むべく、連撃を繰り出します。 出典:吾峠呼世晴『鬼滅の刃』第142話 蟲の呼吸 蜻蛉 せいれいの舞い 複眼六角 技の速さに童磨も 「今まで会った柱で一番かも」と言っています。 こいつの言うことは全て当てになりませんが しかし……。 出典:吾峠呼世晴『鬼滅の刃』第142話 すれ違いざまにばっさりと斬りつけられてしまいました。 すでに童磨の血鬼術で肺にダメージを負っている状況でのこの負傷……。 うぅ……しのぶさん……。 童磨に 「毒じゃなく頚を斬れたら良かったのにね」 「あーー無理かあ君小さいから」と煽られてしまいます。 その言葉は実は体が小さいことを気にしていたしのぶさんに突き刺さります。 「あとほんの少しでも体が大きかったら鬼の頚を斬ってたおせたかなあ」 「姉さんは華奢だったけど私より上背があった」 「悲鳴嶼さんいいなあ あの人が助けに来てくれたら皆安心するよね」 ここにきて体格の話はずるい……。 鬼滅は変なところリアリティあって辛い……。 ゴツい人がちゃんと強い作品大好き丸なトンガリですが逆のパターンには弱いです……。 体格の差と言うものは一番はっきりと見てわかる才能の差なのでどうにもならない現実を突きつけてきますよね……。 わかるよ これまで他人には見せず封じ込めてきた想いが一気にしのぶさんの心を折りにきます。 大きな瞳いっぱいに溜まった雫が今にもこぼれ落ちんとするその瞬間でした。 出典:吾峠呼世晴『鬼滅の刃』第142話 「しっかりしなさい 泣くことは許しません」 鬼滅特有の緊急時に現れる心の幻影……。 しのぶさんの元には姉・胡蝶カナエさんの姿が現れました。 姉の姿をした幻影は、上弦の弐という圧倒的な敵に対して自分の力が通じず、心が折れかけている妹に対して一切の甘えは許さないと言わんばかりの喝を入れます。 しかししのぶさんは重傷。 失血で立つこともままならず、左の肺もざっくり斬られていて、呼吸もできていません。 出典:吾峠呼世晴『鬼滅の刃』第142話 「関係ありません 立ちなさい 蟲柱胡蝶しのぶ」 生前のカナエさんがこれ程厳しかったどうかは分かりません。 これはしのぶさんの心の声。 「倒すと決めたなら倒しなさい」 「どんな犠牲を払っても勝つ」 全て誰に言われるまでもない、しのぶさんが常日頃から自分に言い聞かせていた言葉でしょう。 残されるカナヲの為にも……。 「どんな犠牲を払っても勝つ」 「しのぶならちゃんとやれる 頑張って」 幻は涙を浮かべながら最後の激励を贈ります。 すでにしのぶさんの目から涙は消えています。 命を削り立ち上がったしのぶさんを見た童磨もさすがに驚きを隠せない様子。 息をしようとするだけで肺に血が入りゴロゴロと不快な音がしているしのぶさんが痛々しくて辛い……。 しのぶさんは最後の力を振り絞り、急所である頚への毒撃を狙います。 出典:吾峠呼世晴『鬼滅の刃』第142話 天井をまで突き貫く威力でぶち抜きました!!!! 頚に刺さっているかは分かりません……頚に刺さったところで毒が効くかも分かりません……。 しかし鬼殺隊の柱として、仇を討つ為、後輩を守る為、これ以上悲劇を生み出さない為に! 決死の一撃はどうなる!? しのぶさああああん!!!! 童磨が強すぎます……。 シンプルにして凶悪な血鬼術……。 しのぶさんの速さが無ければ最初の接触でもう動けなくなっていてもおかしくない……。 しかも動きには慣れてくるし身体能力的にも雑魚ではありません。 さすがの上限の弐ですねこれは。 しのぶさんの頚への突き……これで決着するとは思えないくらいには絶望感があります。 もしこれでなんのダメージも与えられなかったらしのぶさんの人生がハードモード過ぎますよ……。 カナヲに色んなものを託しているとはいえ……もう少し報われてほしいんです……。 凄く悲しいので、感情論を抜きにして考えます。 しのぶさんここまで「強すぎる!想定外だ!」的な反応はしていません。 なので、ここまでは想定内だと考えます。 でも実際問題すでに死に体になっていることは否定できません。 これですね。 体内に打ち込んだそれぞれ調合を変えた毒。 これは分解され耐性を作られても、しばらくの間は物質として体内に残留しているはずです。 これらを一定量以上打ち込んだ状態で自分を喰わせることで最後の毒が鬼の体内で化学反応を起こしうんぬんかんぬん……! しのぶさんが自分の命に鞭打ってギリギリまで戦い抜いたのは、それなりのダメージを与えて何度も再生させていれば戦闘後に回復するために自分の死体を喰べる確率が上がるからとか。 それか究極毒発動のために打ち込んでおく布石の毒の量は多ければ多いほどいいとか、7種の組み替えた毒を打ち込んでおかなければいけなかったとか。 そういうのあると思うんですよね。 あると思います……。 しのぶさんのダメージって禰豆子の炎でどうにかなるとかそういう範囲を越えてますよね……。 仮に童磨を滅殺したとしても……。 最近の展開の速さは本当に敵陣での最終決戦感があって恐ろしい……。 この戦闘なんて単行本で読んだらあっという間ですよほんとに……。 次回は読むのに色々覚悟が必要そうです……。 とにかく次回が待ち遠しいです……。 それにしても、天井まで突き抜くような身体能力があっても鬼の頚って斬れないんでしょうか。

次の