考え あぐね る 意味。 「考えております」の使い方と例文・敬語の種類・別の敬語表現

「思いあぐねる」と「考えあぐねる」の意味と違いは何でしょうか?また、例文も...

考え あぐね る 意味

公開日: 2018. 14 更新日: 2018. 14 「ご一考」の正しい意味や使い方とは?例文、「ご検討」「ご思案」との違いを解説 「ご一考」という言葉をご存知でしょうか。 「ご一考」はビジネスメールや会話において、多々使う機会がありますが、正しい意味を理解しているでしょうか。 「ご一考」は取引先など目上の人に対して、何かをお願いするときに使う言葉です。 失礼にならずに、かつこちらの誠意を伝えたいというときに使えるのが「ご一考」になります。 そこで今回は「ご一考」の意味や使い方、「ご検討」「ご思案」との使い分けについて解説していきます。 「ご一考」の正しい使い方を知って、使いこなせるようにしましょう。 「ご一考」の読み方と意味 「ご一考」は <ごいっこう>と読みます。 同じ読みの言葉に「御一行」がありますが、「同じ行動をする人々」という全く別の意味を表しているので間違えないように気をつけましょう。 「一」は音読みだと「イチ」「イツ」、訓読みだと「ひとつ」と読みます。 「一」は「最上のもの」「物事の最初」を意味します。 「考」は音読みだと「コウ」、訓読みだと「かんがえる」と読みます。 「考」は「かんがえる」「調べる」を意味します。 「ご一考」は 「よく調べて一度考えてみること」を意味します。 例えば「ご一考いただきたい」とした場合は、「少し考えてみて」という意味合いになります。 「ご一考」の「ご」は尊敬を表す接頭語で、「御一考」とすることもあります。 ・先日の企画の件なのですが、ご一考のほどお願い申し上げます。 ・新しい企画について是非ともご一考くださいますよう、お願いいたします。 ・貴社には決してご迷惑はおかけしないので、何卒ご一考ください。 ・パンフレットをご覧いただけ、何卒内容をご一考いただけるようお願いいたします。 ・その案については予算の面で一考を要する。 ・ご一考していただいた上で、お返事くださいますようお願いいたします。 ・ご多忙のところ大変恐れ入りますが、ご査収の上、ご一考の程よろしくお願いします。 「ご一考」と「ご検討」の使い分け 「検討」は 「調べたずねること」「詳しく調べ当否を考えること」を意味します。 「検討」は「物事を様々な場面からよく調べて、良いかどうかを考えること」という意味合いです。 「ご検討」は、尊敬を表す接頭語「ご」が付くので、例えば「ご検討ください」とした場合は「(目上の人 に対して)よく調べて良いかどうか考えてください」というニュアンスになります。 「ご検討」は主に締めの言葉として使われ、相手に催促するときなどにも使うことができます。 「ご一考」と「ご検討」は非常に似ている言葉ですが、 「ご一考」「よく調べて一度考えてみること」を意味するのに対して、「ご検討」は「よく調べて良いかどうかを考えること」を意味します。 ニュアンスが少々異なるので、間違わないように気をつけましょう。 「ご一考」と「ご思案」の使い分け 「思案」の意味は、 ・思いめぐらすこと。 考えること。 また、その考え ・ものおもい。 心配 となります。 「思案が浮かぶ」「行こうか帰ろうか思案する」などと使いますよね。 「思案」は「どうするのが最善であるのかをあれこれと考える」という意味合いです。 「ご思案」は尊敬を表す接頭語「ご」を付けた形なので、例えば「ご思案ください」といった場合は「(目上の人に対して)よく調べてどうするのが最善なのか考えてください」というニュアンスになります。 「ご一考」と「ご思案」は非常に似ている言葉ですが、 「ご一考」は「よく調べて一度考えてみること」を意味するのに対して、「ご思案」は「どうするのがベストであるかをよく考えること」を意味します。 ニュアンスが少々異なるので間違わないように注意しましょう。

次の

女は子宮で考えるの意味とは?男は頭で考えるって事実なの?

考え あぐね る 意味

「考えあぐねる」の意味とは? 「考えあぐねる」の読み方• 「考えあぐねる」の英語 解釈• 「思いあぐねる」と「考えあぐねる」の違い• 「考えあぐねる」の言葉の使い方• 「考えあぐねる」を使った例文や短文 解釈• 「考えあぐねる」の類語や類義表現 「考えあぐねる」の意味とは? 「考えあぐねる」という言葉の 「あぐねる」ですが努力しても、思うような結果が得られない、困っている、持て余すといった意味があります。 それを理解した上で 「考えあぐねる」を見てみますと、意味がわかることでしょう。 考えても、思うような結果が得られない、考えが迷って結論が出ない、わからないといった意味合いとなるのです。 「思いあぐねる」と「考えあぐねる」の違い よく似た表現で 「思いあぐねる」と 「考えあぐねる」があります。 ほぼ同義語のようではありますが、微妙な違いはあります。 まず 「考えあぐねる」というのは、考えてもわからない、どうしていいかわからないといったことに対して使います。 仕事などにおいては 「今後の方針について考えあぐねてしまう」などと表すこともあります。 一方で 「思いあぐねる」ですが、これは自分の思い、内面、感情的なニュアンスで使うことが多い言葉でしょう。 仕事のことに対して 「思いあぐねる」とはあまり使いません。 自分のもやもやとした思いに整理がつかない、気持ちを持て余しているといった感覚です。 また、考えるより前の状態、気持ちが迷っているような印象にもなりますので、特に仕事面においては 「思いあぐねる」より 「考えあぐねる」の方がいいでしょう。 「考えあぐねる」の言葉の使い方 「考えあぐねる」の言葉の使い方としては、一つの物事に対してあらゆる角度から考えている、考えているけどベストな方法が見つからない、どうしていいかわからないで困っているといった気持ちを伝えることができます。 「どうしていいかわからなくて困る」とそのままストレートに言いますと、無責任とか何も考えていないといった悪いイメージにもなります。 しかし 「考えあぐねている」と使えば 「考えているけれどわからなくて困っている」となりますので、結果的にはどうしていいかわからず物事が停滞している状態には変わりないのですが、印象としてはそう悪くならないのです。 物事に対して迷っている、考えが決まらないといった時には黙っているのではなく 「考えあぐねている」という言葉を使うようにしましょう。 また人の状態を表す時にも 「考えあぐねている様子だ」などと使うこともできます。

次の

考える/勘える(かんがえる)の意味

考え あぐね る 意味

通じると通ずるの違い 通じると通ずるの違いを分かりやすく言うと、 辞書に載っている現代風の読み方か、古い読み方かの違いです。 「通じる」と「通ずる」は、どちらも同じ意味を持つ言葉で、現代では「通じる」の方を一般的な読み方として使用しています。 一つ目の通じるを使った分かりやすい例としては、「野球とサッカーは通じるところがある」「話が通じる人でありがたい」「この人とは相通じるものがある」「話が通じる人に担当になってほしかった」「外国では通じない英語を和製英語と言う」などがあります。 二つ目の通ずるを使った分かりやすい例としては、「この歴史上の二人の戦い方は相通ずるものがある」「歌と芝居は相通ずるものがある」「比較的多くに通ずるところを採る芸風」などがあります。 なぜ、通「じる」と通「ずる」という二種類の語尾が存在するのか。 これは、日本語の口語文法と文語文法の決まりによる違いがあるからです。 口語文法とは、しゃべり言葉のことで、文語文法とは、文章で書く際の言葉という意味です。 これらの日本語文法には「活用法」という考え方があります。 活用法とは、文章の流れによって単語の語尾を違和感のないように変えることを意味します。 まさしく「通じる」「通ずる」のように、最初の言葉は同じであっても語尾が違う言葉が存在するのは、活用法によって文脈に合うかたちで語尾が変えられているからです。 通じる、通ずるという言葉は「サ行変格活用」という活用法によって、語尾を変えています。 サ行変格活用では、文章の流れによって語尾をサ行の言葉である「さしすせそ」を元にして変えていきます。 「通じる」「通ずる」という言葉の場合、「通」という先頭の言葉はそのままに、語尾を「未然形:じ」「連用形:じ」「終止形:じる・ずる」「連体形:じる・ずる」「仮定形:じれ・ずれ」「命令形:じろ・じよ・ぜよ」という風に変化させます。 語尾の変化の形である未然形や連用形などの名称は、その言葉がどのような文脈で使われているかの形のことを指しています。 例えば「未然形」というのは「まだそうなってはいない」という意味を持ち、否定形と一緒に使われます。 つまり、通じるの未然形の表現は「通じない」となります。 変化しない先頭の「通」に未然形の「じ」をつけて、最後に否定形の「ない」を付けた形です。 このように、日本語には、様々な文法上の決まりがあります。 「通じる」「通ずる」というのは、両方ともこの文法で言うところの「終止形」です。 終止形というのは、言い切りの形という意味があります。 文章ではなく、ひとつの単語として使う際には終止形を使います。 「通」の終止形には「じる」と「ずる」の二種類があります。 これが「通じる」と「通ずる」の違いです。 二種類の語尾がある場合、どちらを使っても間違いではありませんが、どちらか一方が、一般的に使われているものであることがほとんどです。 「通」の場合、辞書に記載されているのは「通じる」という言葉です。 こちらが、現代では一般的に使用されている言葉であり、「通ずる」というのは古い言い方になります。 しかし、意味に違いはありませんし、どちらも文法的には使えるものですので、個々人の好みや文章の前後の文脈などを考えて、自由に使い分けが出来るものであると言えます。 通じるの意味 通じるとは、 道筋が通ることを意味しています。 通じるを使った分かりやすい例としては、「中国でも日本語は通じる」「この考え方は今のビジネスに通じる」「東西に通じる道路」「祈りは通じて合格した」「通じる英語と通じない英語がある」「そもそも話が通じない」などがあります。 その他にも、「日本旅館のサービスに相通じる」「恋愛と経営は相通じるものがある」「他のテーマにも相通じるものがある」「言葉にしなくても心で通じることができる」などがあります。 通じるの類語・類義語としては、人や車が行き来することを意味する「通る」、相手の気持ちに寄り添うことを意味する「理解する」、あやふやなものがはっきりすることを意味する「分かる」などがあります。 通じるの対義語・反対語としては、行き詰まることを意味する「窮する」(読み方:きゅうする)があります。 通じるの通の字を使った別の言葉としては、病院に治療や検査に行くことを意味する「通院」、過ぎることを意味する「通過」、学校に行くことを意味する「通学」、貫くことを意味する「通貫」などがあります。 通ずるの意味 通ずるとは、 通じるという言葉の少し古い言い方を意味しています。 通ずるというのは「通ず」という言葉のサ行変格活用の終止形です。 通ずるを使った分かりやすい例としては、「国際機関を通ずる協力を求む」「日本の神話にも通ずる感覚」「日々の積み重ねがマラソンにも通ずる」「この考え方は仏教の教えに通ずる」「一芸は道に通ずる」などがあります。 その他にも、「議論になったが相通ずる点はあった」「経営理念に相通ずるものがある社員の行動」「万人に相通ずると信じている」などがあります。 意味としては、通じると全く同じものであり、文章の前後の文脈などによって使い分けることが出来るものです。 辞書には「通じる」は載っていても、「通ずる」という言葉は載っていないことが多く、通ずるは現代語よりも少し古い表現です。 しかし、意味は同じであるので、「通じる」「通ずる」のどちらを使っても間違いではありません。 古風な雰囲気を出したい時などには、あえて「通ずる」という言葉を使うのも良いでしょう。 他にも、例えば「通ず」という言葉の命令形を考えてみると、現代風の言い方であれば「通じろ」となりますが、古風な言い回しになると「通じよ」または「通ぜよ」となります。 この「通じよ」「通ぜよ」と同じ雰囲気を持つのが「通ずる」であると考えると、わかりやすいでしょう。 通じるの例文と使い方.

次の