パク・ソジュン 本名。 【2020最新版】パク・ソジュン主演の人気ドラマランキングBEST5!

パクソジュンの最新彼女はパクミニョン?歴代の熱愛・整形疑惑の真相は?

パク・ソジュン 本名

パク・ソジュンの所属事務所Awsome ENTの関係者は本日(11日)午後、マイデイリーに「パク・ソジュンが本名で1億ウォン(約1000万円)を寄付したのは正しい」とし、「今週静かに寄付していたことを確認した。 事務所も知らなかった部分」と話した。 パク・ソジュンは本名であるパク・ヨンギュ名義で、希望ブリッジ全国災害救援協会を通じて1億ウォンを寄付した。 周辺に知らせずにこっそりと行った善行だったが、報道を通じて明らかになった。 被害住民のための温かい心を垣間見ることができる。 以前にもパク・ソジュンは複数回に渡って分かち合いに力を入れてきた。 彼は難病の子供たちを支援するバザーに参加して愛蔵品を寄付したり、小児・青少年の患者の治療費支援のための寄付に心よく参加したことがあり、より一層意味が深い。 今月4日に江原道・高城(コソン)近くで発生した山火事は、東海岸近くの野山まで被害が拡大した。 これを受けて、政府は山火事の発生地域である高城郡、束草(ソクチョ)市、江陵(カンヌン)市、東海(トンンヘ)市、麟蹄(インジェ)郡一帯に「国家災難事態」を宣布した。 その後、数々の有名人が寄付とボランティア活動に参加し、大衆の手本になっている。 元記事配信日時 : 2019年04月11日14時02分 記者 : イ・イェウン.

次の

【パク・ソジュン】のプロフィール&関連情報|韓国ドラマ俳優・女優名鑑プロフィール一覧

パク・ソジュン 本名

25-2015. 過去に熱愛彼女と噂された女性は2人いますが、どちらも噂だけで実態はなかったようです。 報道ではドラマ共演後にパク・ソジュンがペク・ジニの自宅がある街「金湖洞」に引っ越したので「頻繁に、ご近所デートを重ねている」とのことでした。 しかし、この報道に双方否定しパク・ソジュン自身も「金湖洞に住んでいる芸能人は多い」とコメントして終結しました。 番組の中インタビューで「SISTAR(女性4人組)のメンバーで、一番仲良しなの誰?」との質問に「ヒョリン」と答えた場面だけを見ていた視聴者が、噂を拡散したようです。 番組を初めから終わりまで見ていれば、パク・ソジュンがヒョリンとの長い期間の友情について語っているので彼女ではないと判断できます、しかし、その発言だけを切り取ってネットで拡散したようですが、真相はすぐに判明し噂は一瞬で消えました。 パク・ソジュンとヒョリンは、2012年のドラマ「ドリームハイ2」で共演しています。 その後友人としての付き合いはありますが、恋愛関係ではないとパク・ソジュンは発言しています。 「ドリームハイ2」はパク・ソジュンのドラマデビュー作ですしヒョリンも恐らくドラマ初出演だと思いますから、当時2人が意気投合した理由もそんなことがあったのでは? 「パク・ソジュン」の兵役は? パク・ソジュンは大学を休学して兵役についています(2008年~2010年まで) パク・ソジュンが中学生時代、アニメクラブに所属し年に1回舞台に上がりパフォーマンスをしていたそうです。 舞台に上がり人々の注目を浴びる快感を知ったものの、一方でプロ野球選手を夢見ていました。 それが俳優への夢が強くなり、高校1年の2学期から演技塾に通い始め、大学進学はソウル芸術大学演技科へ進みます。 しかし、実際に本格的な演技の勉強をするうちに自分の表現力の乏しさから「一度頭の中をリセットしてみよう」と思い立ち、大学1年の1学期を終えた時点で大学を休学し入隊します。 いざ、入隊してみると「わざわざ20代前半の楽しい時期をなんで軍で過ごしているのか?」と後悔したものの、デビュー後に同年代の俳優たちがゾロゾロと入隊するのをみて「早い段階で兵役を済ましておいて良かった」と思ったそうです。 「パク・ソジュン」のファンミーテングの話 パク・ソジュンは2012年にドラマ「ドリームハイ2」でデビュー後、着実にドラマ出演での実績をあげながら2014年「魔女の恋愛」で19歳年上のオム・ジョンファと共演、年下男子を演じて世の女性たちの母性本能を見事にくすぐり、過去最高の評価を得ました。 そして翌年2015年にはMBCドラマに2本出演(「キルミーヒールミー」「彼女はキレイだった」)し、韓国内での人気もMAXに達した年末12月14日に、初めてのファンミーテングを開催します。 このチケットが発売開始わずか1分でソールドアウト!慌てた事務所は、追加日程を組み再度発売するも、これも1分でソールドアウトとなり韓国内でのパク・ソジュン人気がどれだけたかいかわかりますね。 「パク・ソジュン」についての感想 韓国人俳優パク・ソジュンっていいですよね、私も大好きな俳優です。 優しい雰囲気が漂っていて、癒し感があるところが女性たちの心に染みわたります。 役柄によってはオチャメな顔もありますし、年上女性からはモテモテでしょう。 しかし私は、「魔女の恋愛」でオム・ジョンファとのキスシーンを見た時に思わず「パク・ソジュンが可哀そう・・・」と思ってしまいました。 でも今回のプロフィール作成でパク・ソジュンが、どんな役のオファーがいつ来てもいいようにボクシングや乗馬を習得していたとは、見事な俳優魂だと感心しました。 これからも期待しています。

次の

パク・ソジュンのプロフィール・出演ドラマ・インスタ・兵役情報をご紹介!

パク・ソジュン 本名

芸名にした理由は?本名は? 本名はパクヨンギュ 박용규 さん。 大学在学中に兵役を終え、24歳(韓国年齢)でデビューしたものの、オーディションは落ちてばかりでなかなかうまくいきませんでした。 そんな時芸能界ではよくあることですが、「名前を変えたらどうだろうか?」とパクソジュンさんも思ったようです。 たいがいは作名所へ行き作名士が占いで決めるのですが、パクソジュンさんの場合は自分で考え、それを作名士にみてもらいOKを出されたというケースだそうです。 本名も改名したの? 韓国では芸名で活動していて、本名まで改名する人が時々います。 さんがそうですね。 パクソジュンさんは本名までは改名していません。 今も家ではヨンギュと呼ばれているとのこと。 韓国で「ソジュン」という名前は洗練された都会的な、いまどきなイメージがあります。 いかにも現代的な名前で、ソジュンというおじいさんはまずいないでしょう。 対して、ヨンギュというとすごく庶民的な、全然あか抜けない感じの、おじさん、おじいさんにもいそうなお名前なのです。 そのため 「近所のお兄さんみたいな親近感ある本名を持つスター」に選ばれたことがあります。 そして 「いつでもどこででも自信を持ってお見せできるようにする、というのが俳優としての役割だと思う」 と語っています。 キム秘書がなぜそうか、のタイトルになぞらえて「パクソジュンの体つきはなぜそうか」というパロディ記事もありました(笑) 映画「ミッドナイトランナー」の時は役作りのために、主にウェイトトレーニングをやり、アクションスクールで柔道も習ったそうです。 2019年1月のさんのインタビューで 「私が通っているジムがパクソジュンさんと同じところなんです。 同い年だけど、彼は学校の先輩だからお互い敬語使う仲で。 osen. kr参考) とのことで、パクソジュンさんがミルクシスルを愛用していることがわかりました。 ミルクシスルとは肝臓に効き目があると言われるハーブです。 どのメーカーまでは特定されていないのですが、楽天でも売っています。 筋肉のための食事は? 体を作るために 「朝起きてすぐ、さつまいもを食べる。 2時間ごとにさつまいも、鶏の胸肉を食べる。 」 とのこと。 「時々オレは何をやってるんだろうってすごく苦痛になる時もある。 運動を始めたら3週間は耐えなければならない。 そうすれば体のリズムができて継続できるようになる。 ピラティスも時々やるけど、すごくいい」 やはりすごく苦痛な瞬間がたくさんあるんですね。 2017年のインタビューで 「運動を始めて8年目ですでに習慣となった」と話していて今では運動しないほうが体の調子が悪くなるのだとか。 ストレッチをたくさんして、汗を流すことで一日を気分良く過ごすことができるんだそうです。 スポンサーリンク パクソジュンの性格は真面目? パクソジュンさんは、たびたびインタビューでご自身の性格について「人見知り」だと語っています。 子供時代は恥ずかしがりやで消極的だった、人見知りをどうにかしたいけど天性のものだ、と。 しかし、俳優になってからは自分から先に近づいていくようにし、 「打ち解けるために冗談もよくいいます。 」 と話しています。 またご自身の最大の強みは「忍耐」だそうです。 目標に向かって、簡単にあきらめずできるところまで頑張る。 そんなところが自分をぶれることなく俳優を続けてきた原動力になっているのだとか。 実は無名時代はルックスのことをたくさん指摘されていたようです。 「自分の顔がコンプレックスでした。 見た目のことでたくさん指摘されて、この道は自分に正しいんだろうか、いつも悩んでいました。 そんなコンプレックスを作ってくださった方々が今は私に見た目がいいと言ってくれるんですよ。 (笑)その方に今は感謝しています。 絶えず努力できたのはその方々のおかげだから。 以前は話し方も今よりはるかにどもりがちで、子供っぽく、男らしくないと言われたこともあります。 そのような部分を直そうと努力したので今の自分になることができたと思います」 大変な努力家なんですね。 そしてパクソジュンさんを調べていくとよく出てくるキーワードが「責任感」 「撮影現場の雰囲気はいつもよくなければいい作品は作れない、主演として自分がその雰囲気を作ってリードする責任があると思う」 (2015年魔女の恋愛インタビュー) 責任感が強いあまり、反省が多いようです。 「キム秘書がなぜそうか」で演じたナルシストのイ・ヨンジュン役によって、パクソジュンさん自身の性格にも影響したとのこと。 「自分の行動や結果について、足りなかった部分ばかり考えている。 だからいつも悲観的で冷静になる。 ところが、イヨンジュンというキャラクターは自分自身を愛している。 私はこれまで自分をほめるということをしてこなかった。 」 イヨンジュン役との出会いにより、自分に厳しすぎる性格を省みるようになったとのことです。 礼儀正しくて、人柄がめっちゃよかった とのことです。 スタッフや共演者に評判がいいというのは、本当のようですね。 今もその気持ちは変わらないけど、座右の銘というほどではない。 特に座右の銘っていうのもない。 あるときから、言葉に縛られたくないと思うようになった。 以前は自分はいつも正直で正しい人間でなければいけない、と思っていて、そうすると行動に制約がかかる。 犯罪を犯すわけでもないのだから、楽に過ごせるように座右の銘というのは決めないことにした」 責任感が強いことはいいことですが、そのあまりに自分で自分を苦しめているのではないか、30代はもっと肩の力を抜いていこうと思っているようでした。

次の