ライオン キング 映画。 ライオン・キング|超実写映画/ブルーレイ・DVD・デジタル配信|ディズニー公式

実写版映画「ライオン・キング」のビヨンセが歌う主題歌「愛を感じて」など5曲を紹介!

ライオン キング 映画

ムファサの弟のスカー(江口洋介)は、王になれないことに不満を持っていて、ズル賢くシンバの心理を利用します。 プライドランドの外のハイエナが暮らす場所に興味を持たせて、行ってはいけないし秘密だとあおりました。 無邪気で好奇心の強いシンバは、幼なじみで婚約者のナラと一緒に行ってしまいます。 ハイエナから逃げて、囲まれたときに、ムファサが助けに来ます。 無事にプライドランドに戻れましたが、またスカーの罠にはまります。 谷でカッコイイ雄叫びがあげられたら、ムファサが喜んでくれる! 幼いシンバの雄叫びは、猫のような可愛いものでした! そこへハイエナたちが追い込んだヌーの群れが走り込んできて、シンバが巻き込まれました。 何とか木の枝につかまって耐えているところにムファサが助けに来て、崖に避難することができました。 しかし、ムファサはヌーの群れに落ちてしまって傷を負って、崖を上るのに苦労してます。 そして、崖の上にはスカーがいる! 崖から落ちそうになったムファサは、助けてくれと言いますが、スカーは突き落としました。 ムファサとの別れ 落ちたムファサを見たシンバは、「お父さーん」叫びます。 もう、涙が止まりません!(シンバではなく、私のです。 ) ヌーの群れに落ちたムファサは死んでしまいました。 スカーは、ムファサが死んだのはシンバのせいだと責めて、母親が悲しむから逃げてプライドランドに戻らない方がいいと言います。 スカーは、ムファサとシンバは死んだと伝えて、 プライドランドの王になりました。 スカーの罠を素直に聞いてしまったシンバは、サバンナを歩き続けて、疲れて倒れてしましました。 仲間に出会う シンバが倒れて、ハゲタカが群がってきたときに、イボイノシシのブンバァ(佐藤二朗)とミーアキャットのティモン(亜生)が助けました。 助けたのは良かったけれど、ライオンだったことに驚きます。 しかし、落ち込んでいるシンバにはどうでもよく、プライドが高いシンバは悲しかったことを話そうとしません。 2匹はシンバに「ハクナ・マタタ」の精神(どうにかなるさ、クヨクヨするな)を教えるように一緒に歌います。 3匹で歌いながら、ブンバァとティモンが暮らす森にシンバを連れて行きます。 森では、肉食動物が虫を食べて暮らしていました。 3匹が歌いながら、楽しく森で過ごす生活が始まります。 3人の歌が楽しく続き、歌って過ごしているうちに、シンバが立派な大人のライオンになっている! そこで、ブンバァが「歌い始めから、体重が200kgくらい増えてるぞ!」 これはブンバァ役の 佐藤二朗さんのアドリブとしか思えない! ドラマや映画で自由にアドリブを言っていいとされている佐藤二朗さんが、ディズニー映画でもアドリブを許されている! 映画の中でのツッコミどころではありましたが、まさかの映画のキャストがツッコむとはスゴイ! 仲間との別れ? 王になったスカーは、制限をせずにハイエナに狩りをさせていたので、プライドランドの動物たちはいなくなり、荒廃していました。 耐えていたナラは助けを探しにプライドランドから抜け出します。 森でシンバとナラが再会します。 長老のマンドリルのラフィキが自分を失っていたシンバの使命を再確認させます。 映画のエピソードにはありませんが、ラフィキはブンバァとティモンに「ハクナマタタ」を教えたマンドリルなんです! ラフィキは、占い師でもあるから、シンバに「ハクナマタタ」を教えることへと続く伏線? 父と約束した王になってプライドランドを守るため、故郷に戻ることを決めました。 シンバとの別れを感じ始めたブンバァとティモンですが、プライドランドについていきます。 スカーとの闘い 我慢できなくなったシンバの母は、スカーと戦う決意をしました。 そこへシンバが現れて、スカーと戦います。 シンバに追い込まれたスカーは、命乞いをして、ハイエナたちを裏切る発言をします。 シンバは、スカーを殺さずに、逃げて戻って来るなと言います。 その隙をついて、スカーがシンバに襲い掛かって、谷に落ちます。 スカーは、 谷に落ちても無事でしたが、ハイエナたちは許しませんでした。 シンバが王になる シンバが王になって、プライドランドに平和が訪れました。 ブンバァとティモンもプライドランドで暮らしています。 シンバは、ナラと結婚して、息子が生まれました。 シンバと同じようにラフィキに抱えられて、お披露目されました!.

次の

実写版映画「ライオン・キング」のビヨンセが歌う主題歌「愛を感じて」など5曲を紹介!

ライオン キング 映画

C 2019 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved. これぞ映像技術の勝利! ジョン・ファブローといえば、「アイアンマン」の運転手兼ボディガード役・ハッピーを演じて厚かましい存在感を放っているが、監督として映画撮影の革新に寄与したゲームチェンジャーだ。 ことに前作「ジャングル・ブック」(16)は、スタジオにオンタイムでグラフィックを提供してVR(仮想現実)空間を構築し、役者の演技やカメラモーションを得る「ヴァーチャル・プロダクション」を用い、フォトリアルな密林世界を創り出した。 そんなヴァーチャル・プロダクションをさらに発展させた彼の新作「ライオン・キング」は、3Dでモデリングした自然環境に、キーフレームアニメの動物だけを配したフルCG作品となり、そこにはもはやナマの人物や風景を直に捉えた撮像はない(なので「実写版」という呼び方は不正確)。 にもかかわらず、動物たちが人語を発し、いい歌声を聴かせる状況を除けば、まるで「アース」(07)のようなネイチャー・ドキュメンタリーを見るかのごとき現実の野生そのものである。 そうした成果によって、本作は1994年版以上の何を得ることができたのか? ひとつは「ハムレット」にも似た王位継承と内部闘争のドラマに写実性が与えられることで、セルルックな前回をしのぐ威厳と説得力がもたらされている。 そしてもうひとつは、94年版がこうした映像表現へと変質・進化しても、テーマが普遍性をもって現在の観客に訴えかけてくることの実証がなされているのだ。 また本作は、ナラやシンバの母親サラビなど雌ライオンたちの描写が増しているところに、94年版との違いが見られる。 これは実写版の「アラジン」(19)が王女ジャスミンの自立心を追補して賞賛を得たように、女性の権利に目配りする現代ハリウッドの流動に沿ったものだろう。 そんな彼女たちが劇中で一石を投じることによって、シンバが王たる存在としての自覚をうながされていく。 94年版の彼はどこか歌って踊って悩みなく成長してきた印象があり、こうしたアレンジはオリジナルが抱えていた弱点の補強ともいえる。 なにより幼少期のシンバの可愛らしさは、誰彼かまわず観る者のハートを射抜く。 特にネコ動画を眺めてニヤニヤが止まらなくなる人は、劇場で萌え死ぬかもしれないのでご注意を。 実際のライオン以上に感情表現を演出した、まさにデジタルのなせるワザ。 今年だけで「ダンボ」(19)「アラジン」ときて本作と、ディズニークラシックのリメイクが供給過多だと敬遠してはいけない。 ここ数年の商業映画において「ライオン・キング」は、技術的な成果があまりにも飛び抜けている。 (尾崎一男) (外部リンク) 2019年8月8日 更新.

次の

【ライオン・キング】あらすじ・ネタバレと感想

ライオン キング 映画

C 2019 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved. これぞ映像技術の勝利! ジョン・ファブローといえば、「アイアンマン」の運転手兼ボディガード役・ハッピーを演じて厚かましい存在感を放っているが、監督として映画撮影の革新に寄与したゲームチェンジャーだ。 ことに前作「ジャングル・ブック」(16)は、スタジオにオンタイムでグラフィックを提供してVR(仮想現実)空間を構築し、役者の演技やカメラモーションを得る「ヴァーチャル・プロダクション」を用い、フォトリアルな密林世界を創り出した。 そんなヴァーチャル・プロダクションをさらに発展させた彼の新作「ライオン・キング」は、3Dでモデリングした自然環境に、キーフレームアニメの動物だけを配したフルCG作品となり、そこにはもはやナマの人物や風景を直に捉えた撮像はない(なので「実写版」という呼び方は不正確)。 にもかかわらず、動物たちが人語を発し、いい歌声を聴かせる状況を除けば、まるで「アース」(07)のようなネイチャー・ドキュメンタリーを見るかのごとき現実の野生そのものである。 そうした成果によって、本作は1994年版以上の何を得ることができたのか? ひとつは「ハムレット」にも似た王位継承と内部闘争のドラマに写実性が与えられることで、セルルックな前回をしのぐ威厳と説得力がもたらされている。 そしてもうひとつは、94年版がこうした映像表現へと変質・進化しても、テーマが普遍性をもって現在の観客に訴えかけてくることの実証がなされているのだ。 また本作は、ナラやシンバの母親サラビなど雌ライオンたちの描写が増しているところに、94年版との違いが見られる。 これは実写版の「アラジン」(19)が王女ジャスミンの自立心を追補して賞賛を得たように、女性の権利に目配りする現代ハリウッドの流動に沿ったものだろう。 そんな彼女たちが劇中で一石を投じることによって、シンバが王たる存在としての自覚をうながされていく。 94年版の彼はどこか歌って踊って悩みなく成長してきた印象があり、こうしたアレンジはオリジナルが抱えていた弱点の補強ともいえる。 なにより幼少期のシンバの可愛らしさは、誰彼かまわず観る者のハートを射抜く。 特にネコ動画を眺めてニヤニヤが止まらなくなる人は、劇場で萌え死ぬかもしれないのでご注意を。 実際のライオン以上に感情表現を演出した、まさにデジタルのなせるワザ。 今年だけで「ダンボ」(19)「アラジン」ときて本作と、ディズニークラシックのリメイクが供給過多だと敬遠してはいけない。 ここ数年の商業映画において「ライオン・キング」は、技術的な成果があまりにも飛び抜けている。 (尾崎一男) (外部リンク) 2019年8月8日 更新.

次の