ビット コイン 採掘。 仮想通貨・ビットコインのマイニング(採掘)で稼ぐ方法

ビットコインの採掘難易度調整が行われる理由、いつ行われるの?

ビット コイン 採掘

そもそもBitcoin(ビットコイン)って? 皆さん、そもそも、Bitcoin(以下ビットコイン)というものがどういったものなのかをご存知でしょうか。 ビットコインとは、仮想通貨の一つの種類の名前です。 私たちが日常的に使っている通貨にも、円やドル、ユーロのように様々な種類がありますが、このビットコインも、仮想通貨の一つの種類になります。 仮想通貨ってなに? では、仮想通貨とはどのようなものかイメージがつきますでしょうか。 これらは、円やドルと交換することで、ゲーム内のアイテムに交換することができます。 ゲーム上で使える「仮想」の「通貨」ということになります。 仮想通貨としてのビットコインの特徴 それでは、これらのオンラインゲーム上の仮想通貨とビットコインはどのような違いがあるのでしょうか。 オンラインゲーム上で使用することのできる通貨は、あくまでそのゲームの中でのみ利用可能なものです。 基本的には、それらのゲームを運営している会社が利益を上げるために作られたものです。 一方、ビットコインはその目的が大きく異なります。 ビットコインは、円やドル、ユーロなどと同じく、世界中で日常的にビットコインで様々な商品の購入や支払いができるようになることを目的として作られています。 先日、日本でも が利用できるようになったり、リクルートライフスタイルの運営している でビットコイン決済が利用できるようになることが発表されました。 このように、ビットコインは単なる1ゲーム内の仮想通貨ではなく、世界中での利用を目的として作られた通貨なのです。 ビットコインを手に入れる方法とは? 続いて、本題に入っていきましょう。 ビットコインを手に入れる方法には、主に2つの種類があります。 ビットコイン採掘(マイニング)とは? ビットコインは、その性質上、全ての取引記録を取引台帳に記録をします。 それらの処理には、非常に莫大な計算量が必要になります。 そのためビットコインでは、これらの追記作業に、世界の各地に存在する有志のコンピュータリソースを借りています。 どういうことかというと、コンピュータを使っていない時間や、余っているCPUのリソースの一部を、ビットコインの運営に必要な計算に当ててもらっているのです。 この作業のために、コンピュータリソースを貸してくれたユーザーに対して、見返りとしてビットコインが支払われます。 これが、ビットコインマイニングと呼ばれる、ビットコインを手に入れるための方法の1つです。 実際にビットコインマイニングをやってみよう それでは、実際にビットコインマイニングを行ってみましょう。 今回は、初心者にもおすすめのマイニングツール「MINER GATE」を使ってビットコインのマイニングを行ってみましょう。 MINER GATEをダウンロードする まずは、下記の公式サイトからMINER GATEをダウンロードしましょう。 MINER GATE(URL: ) MINER GATEでアカウントを作成する MINER GATEのダウンロードが完了したら、ダウンロードしたファイルを開き、インストールを行います。 インストールが完了したら、続いてアカウント登録を行いましょう。 こちらのアカウント登録が完了すれば、必要な作業はほぼ終わりです。 MINER GATEでビットコインを採掘する 実は、このMINER GATEではビットコイン以外にも様々な仮想通貨を採掘することができます。 登録完了時に自動で選ばれている「SMART MINER」では、そのときに最も効率の良い仮想通貨を自動的に発掘してくれます。 今回はビットコインを採掘したいので、「MINER」を選び、ビットコインを選択してみましょう。 これで必要な作業は全て終了です。 実際にビットコイン採掘で利益は出せるのか計算してみた 今回ご紹介した、このビットコイン採掘ですが、実際に利益を出すことはできるのでしょうか。 今回使用した一般的なノートパソコンを利用すると、 24時間あたり、 0. 00002BTC(現在のレートで約2. 4円)のビットコインを採掘することができました。 一見、「無料でビットコイン手に入れることができる!」と思いがちなのですが、実はそうではありません。 ビットコイン採掘のためには、マイニングに使うパソコンを起動させておくための電力(電気代)が必要になります。 ディスプレイがオンの状態でノートパソコンを起動させておき、マイニングの処理を走らせている状態では、おおよそ5. 5Wの電気使用量となります。 92円かかります。 92円の赤字 となるため、この状態では掘れども掘れども電力(電気代)のほうが多くかかり、損をしてしまうことになります。 今回のケースはあくまで普段使っているノートパソコンでビットコインの採掘をおこなったらどうなるのか?という実験でしたが、ビットコインマイニング専用にチューニングしたハイスペックマシンを使用すれば、電気代などのコストを上回る量のビットコインを採掘できる場合もあります。 今回の実験でお分かりいただけたように、ビットコインマイニング専用でないパソコンを用いて、ビットコインマイニングを行い、利益を出すというのは現実的ではありません。 では、仮想通貨の採掘では、もう利益を上げることはできないのでしょうか。 クラウドマイニング(プールマイニング)という方法 現在は、ビットコインのdifficulty 採掘難易度 が非常に高くなっているため、専用のハイスペックマシンを用意しないと利益を上げることが難しくなっているのは前述のとおりです。 しかし、このビットコインマイニング専用マシンを構築するためには、数百万円レベルでの投資が必要になります。 そのため、現在では、「クラウドマイニング(プールマイニング)」と呼ばれる、多くのユーザで協力しあい、複数のコンピュータをインターネットによって接続し、採掘する方法も登場しています。 アルトコインの採掘を行う ビットコインはその存在が有名になり、マイニングを行う採掘者(マイナー)も増えたことから、利益を出すことが難しくなっていますが、アルトコインと呼ばれる、Bitcoin以外の仮想通貨の採掘であれば、まだ利益を出すことも十分に可能です。 ただし、注意していただきたいのが、アルトコインは、ビットコインよりも知名度が低く、その分流通量も少ないため、突然使えなくなる、価値がゼロになってしまうというリスクもあるという点です。 こうしたリスクも考慮した上でアルトコインのマイニングを行い、採掘したアルトコインをビットコインと交換することで、マイニングによる利益を上げることも可能となっています。 日本は、世界の中で見ても、非常に電気代が高いため、ビットコイン採掘、アルトコイン採掘を始める際には、事前に必ず採算性をよく検討してはじめることをおすすめします。 SMART MINERでアルトコイン発掘をしてみた せっかくですので、さきほどご紹介したMINER GATEのSMART MINERという機能を使って、アルトコインの発掘を行ってみました。 先程と同様に、利益が出るのか計算してみましょう。 今回は、FantomCoinというアルトコインの採掘を行います。 先程と同様に、利益が出るのかどうかを計算してみました。 110. 61円の黒字 今回のSMART MINERによる発掘では、わずかではありますが、 非力なノートパソコンでも1ヶ月あたり3. 61円ほど利益が出ることがわかりました。 まとめ 2017年に入り、何かと話題のビットコインですが、普通のパソコンと電力を使ってマイニングで利益を上げても、ほとんど儲からない事が分かりました。 しかし、クラウドマイニングと呼ばれる方法や、アルトコインの発掘など、仮想通貨のマイニングで利益を上げることができるような方法は、まだまだ残されています。 ビットコイン採掘に興味をお持ちの方は、一度こうした方法も試されてみてはいかがでしょうか。 法定通貨と違って紙幣や通過は存在せず、取引手数料を低く抑えて個人間で直接送金ができる上に、パソコンやスマホで物の売買も可能です。 パソコンを持っている人ならば誰でもminerという無料アプリを使ってビットコインを採掘(マイニング)することが可能で、ビットコイン採掘USBのASICを使えばより効率的に採掘活動を行えると言われています。 インドネシアのように欧米と比べて電力が10分の1程度の開発途上国では、ASICを24時間フル稼働して1日あたり11,000円を生み出す凄腕マイナーが登場したものの、日本は電力が高いため、黒字を維持するのは相当難しいという結果が出ています。 1日あたりの利益100円を見込んでRockminerというASICを9,500円で購入した日本在住の男性は、35円しか出せずに3ヵ月で赤字転落してしまいました。 本気で利益を出したいなら、電力が日本の3分の1程度で済むアメリカや韓国が狙い目です。 iphoneやandroid等のスマホで採掘できるアプリってあるの? ビットコインはパソコンだけでなくiphoneやandroid等のスマホでも、専用アプリをインストールすれば採掘ができます。 ただし、無料マイニングアプリを使うとユーザーが知らぬ間に採掘が実行されて、スマホ端末が熱を持ったり、バッテリーが大幅に減少する原因になりますので注意してください。 Google Playストアで人気のスマホ用無料マイニングアプリはMycelium Wallet、Bitcoin Billionaire、Bitcoin Map、Free Bitcoins、Bitcoin Checkout等で4つ星以上の評価を得ています。 モバイル端末上の財布にはペーパーウォレットとハードウェアウォレットがあり、盗難リスクやハッキングの懸念性を考慮すると、パスワードや承認システムで厳重に保護されているハードウェアウォレットがセキュリティに優れていておすすめです。 必ず利用後にバックアップをとってビットコインを紛失しないよう気を付けてください。 ビットコイン採掘ウイルスとは何? 2008年に発表された仮想通過ビットコインは2011年9月頃から世界的に注目を浴びるようになり、ユーザー数を着実に伸ばしている反面、サーバー犯罪のために開発されたビットコイン採掘ウィルスが問題視されています。 2017年にはイギリスの病院がビットコインによる身代金請求の被害に遭いました。 トレンドマイクロの調査によると、国別感染割合のうち日本と米国が各20%を超しており、パソコンやスマホに侵入されないよう注意喚起をしています。 不正なウェブサイトからダウンロードすることで侵入するウィルスに注意してください。 特定のIPアドレスを取得またはアクセスして、情報の受送信、他のマルウェアをダウンロード、新しいIPアドレスリストの取得などを行います。 コンピューターを脅威的なウィルスから守るためには、不審なアプリケーションインストールしない、SNSの短縮URLを安易にクリックしない、セキュリティ製品をインストールする等の工夫をしてください。 FPGAとASICの違いは? ビットコインで採掘をする方法はこれまでに4つ登場しました。 開発当初は参加者が少なかったため、汎用コンピューターのCPUを使ってマイニングを行えば、簡単に報酬を得ることが出来ました。 CPUの後、GPU(Graphics Processing Unit)が利用されるようになり、複雑な計算を同時並行してブロックを作成することが可能になりました。 3番目に開発されたのがFPGA(フィールド プログラマブル ゲート アレイ)というツールです。 GPUよりも効率的にマイニングのための解を探せると一時期人気を呼びました。 しかし、消費電力を抑えてよりスピーディーにブロック採掘ができることから、今現在はASIC(特定アプリケーション向け集積回路)という集積回路を利用したマイニングが主流となっています。 FPGAはFLASH ROMに何度も書き換え可能ですが、ASICはROMなので中身の作り直しが不可能です。 一長一短があるものの、ビットコインに集積回路を使用する場合、消費電力を最適化しやすいASICが人気を呼んでいます。

次の

仮想通貨・ビットコインのマイニング(採掘)で稼ぐ方法

ビット コイン 採掘

「ビットコインのマイニング(採掘)って何?」「個人でもマイニング(採掘)報酬で利益が出せるの?」などビットコインのマイニング(採掘)について気になっている人は多いと思います。 僕もビットコインの勉強をし始めた頃は、マイニングについていまいち理解出来ずに悩みました。 そして、「ビットコインって金みたいに掘り出せるのかあ」と漠然とした認識をもっていました。 そこで、 今回はビットコインのマイニング(採掘)について簡単に解説した後にビットコインマイニング(採掘)で利益を出すことができるのか?解説していきます。 最後まで読んで頂ければビットコインのマイニングについての初歩的な悩みは解決するので、是非参考にしてください。 ビットコインのマイニング(採掘)とは?仕組みを解説 マイニングとは、ビットコインの取引を記録しているブロックチェーンと呼ばれる取引名簿に新たなビットコインの取引を記帳する行為のことです。 ビットコインが作られてから今までの全ての取引はブロックチェーンと呼ばれる名簿に記帳されており、この名簿があることがビットコインの信頼性を確保しています。 ブロックチェーンに取引履歴を記帳する際にハッシュ値と呼ばれる鍵のようなものが必要で、その鍵(ハッシュ値)を見つけるのに膨大な計算が必要になります。 鍵(ハッシュ値)を見つけるための計算には高性能なコンピューターが使われています。 結果、名簿に新たな取引を記帳するためには、コンピューターで膨大な量の計算をするための高額な電気料金がかかります。 もちろん、マイニングを行う人はボランティアでそんな高額な電気料金を払っているわけではありません。 マイニングをしてブロックチェーンへの記帳に協力した人には報酬としてビットコインが配布されます。 このように、マイニング報酬でビットコインが貰えることから「マイニングは儲かる」とネット上で言われています。 やり方は?ビットコインマイニング(採掘)とマイニング報酬で利益を出す方法 ここでは、自宅でもできるビットコインマイニング(採掘)の方法について紹介していきます。 残念ながら、個人が家でマイニング報酬から利益を得る事ができる時代は終わってしまいました。 ですが、どんなものか実際に試してみるのは勉強になって良いと思います。 freebitcoinを使ったマイニング ここでは、最も簡単なビットコインマイニング方法であるfreebitcoinを使っマイニング方法を紹介していきます。 まずはこちらのサイト「」にアクセスしましょう。 すると、このような画面が表示されたと思います。 枠で囲った部分がそれぞれ、水色:CPUスレッド数 紫:CPU使用率です。 どちらもより多い値に設定するほど効率良くビットコインを採掘することができます。 基本的には全てのソフトウェアを終了して、水色・紫どちらの数値もMAXまで上げて採掘をしてみることをおすすめします。 水色と紫の枠内の設定が終わったら、赤枠で囲ったSART MAININGボタンを押せばビットコインの採掘が開始されます。 結論から言ってしまうと、仮に1日放置したとしても家庭用のパソコンではビットコイン採掘量は0のままかと思います。 ビットコインを採掘するためにはPCの処理能力が必要で、現在はマイニング難易度が上がっているためマイニング専用の高性能PCでないとマイニングできなくなってきています。 マイニングで利益を出すならアルトコイン 先ほど紹介したように、現在ビットコインのマイニング難易度が上がっており家庭用のPCでは利益を出すことができません。 ですが、イーサリアムやモネロなどのアルトコインであれば、利益が出せる可能性のある通貨が残っています。 もし、あなたがネットゲームが趣味で10万円近くするグラフィックボードを持っているならMoneroの採掘で利益を出すことができます。 Mainer Gateと呼ばれる仮想通貨採掘専用のソフトを使って採掘した場合次の画像が採掘できる仮想通貨量の目安です。 この表に従うと、 2018年3月現在の相場に換算すると1週間で約800円分のMoneroが採掘できます。 1月にすると3200円1年で約38400円分のMoneroを採掘できることになりますね。 もし、自宅にハイスペックなグラフィックボードを搭載したパソコンがあるのであればアルコインマイニングに挑戦してみてはいかがでしょうか。 ノーリスクで、ちょっとしたお小遣い稼ぎ程度の利益が出せるのでおすすめです。 アルトコイン採掘ソフトマイナーゲートの使い方 ここでは、アルトコインマイニング(採掘)ソフト「MainerGate」の使い方を紹介します。 アカウント作成方法〜採掘したコインの出金方法まで解説していくので是非参考にしてください。 まずはにアクセスしてアカウントを作成します。 このようなメールが届いていれば登録完了です。 15 days of free Monero XMR mining のリンクをクリックするとソフトウェアのダウンロード画面に飛びます。 windosのOSが64bitの人は上のGet itボタンを、32bitの人は下のGet itボタンからソフトウェアをダウンロードしましょう。 ソフトウェアのインストールを始めるとこのような画面が表示されます。 こちらは一番上のDo not add〜を選択してください。 下の2つはMainerGateを起動時に起動するスタートアッププログラムにする設定です。 ソフトウェアのインストールが完了してソフトを立ち上げると、このような画面が表示されます。 アカウント登録時に登録したメールアドレスを入力してStartMainingボタンを押すとマイニングが始まります。 個人はビットコインマイニング(採掘)報酬で儲けることができるのか ここでは、個人がビットコインマイニング(採掘)報酬で儲けることができるのかについて書いていきます。 インターネット上で検索すると、実際にマイニングに挑戦した人の記録が沢山出てきます。 その一部を紹介しますね。 15万円投資して4万5千円の利益 約5ヶ月、お小遣い制お父さんが本気で採掘してみた結果、投入費用15万円に対して約9万円分のビットコイン(投入額の60%)を採掘できました。 でも、電気代が収入の半分近くかかっています。 したがって、5ヶ月間での回収率は30%というところです。 出典: こちらは、ビットコイン採掘専用にパソコンをかってLinuxをインストールして採掘をしていた人の体験結果です。 個人でできる採掘の中では、一番本格的な採掘体験弾でした。 92円の赤字 出典: こちらは、一般的なノートパソコンで24時間採掘した場合の収益を元に1月採掘し続けた結果を計算で算出したサイトです。 採掘したビットコインの値段から電気代を引くと赤字になってしまうようです。 2017年9月に採掘した場合1時間で採掘できたビットコイン0BTC 獲得ビットコイン数量:0. 00000000 BTC すなわち、1時間マイニングして得られたビットコインはありません。 ゼロです。 出典: こちらは仮想通貨のやさしい始め方というサイトでの実験結果です。 少し古いパソコンでビットコイン採掘を行った結果採掘できたビットコインは0BTCだったようです。 マイニングの難易度は日に日にあがっているので、最近だと普通のパソコンで採掘するのは難しいようですね。 ビットコインマイニング(採掘)で個人が儲けるならクラウドマイニング ここでは、ビットコインのマイニング(採掘)で個人でも利益が出すことができるクラウドマイニングについて紹介していきます。 クラウドマイニングは、リスクが低く収益が出せる可能性が高い投資なので投資に興味がある人は是非参考にしてください。 クラウドマイニングとは クラウドマイニングは、マイニングを行うマイニングセンターに投資することで投資額に見合った配当を得ることができる投資です。 自宅にマイニング専用のPCを設置する必要が無いためスペースをとりませんし、PC故障のリスクなども無いので 低リスクで定期的な収入が得られる投資です。 個人がマイニングで利益を得ることは難しくなってきましたが、クラウドマイニング投資であれば未だ利益を出す事が可能です。 おすすめのクラウドマイニングはHASHFLARE 代表的なクラウドマイニング投資先として• の2つの投資先があります。 genesis miningが最も有名で日本でも普及しているクラウドマイニングですが、加入者が増えたため利益率が悪いです。 その点、 HASHFLAREは後発で出資者が少ないため比較的利益率が良いことが特徴です。 クラウドマイニングでは、ハッシュレートと呼ばれるコンピューターの計算速度を購入することになります。 8$(約200円)です。 000014BTC 約15円 が採掘できるため、1年間で180円のビットコインを採掘できることになります。 現状相場が落ち込んでいるため、投資額を下回る回収額となっていますね。 ですが、ビットコインの相場が1BTC当たり200万台に回復すれば十分収益化は可能です。 まとめ• マイニングすると報酬としてビットコインが貰える• ビットコインマイニングはパソコンで簡単にできる• 個人がマイニングで収益を出すのは難しくなっている• クラウドマイニングなら安定した収入が見込める 今回は、ビットコインのマイニングについてまとめました。 ビットコインのマイニングとはコンピューターでビットコインの取引台帳に取引記録を記入することのことです。 取引台帳に記入するための鍵を探すために莫大な計算量が必要となるため、マイニングして手伝ってくれた人には報酬にビットコインが配られれます。 マイニング自体はパソコンがあれば簡単に出来ますが、 マイニングで収益を出すのは年々難しくなっています。 現状個人がマイニングで儲けをだすのはとても難しいですが、クラウドマイニングなら安定的に収入を得ることができます。 なので、マイニングで儲けたい!と思っている人はクラウドマイニングに投資することをおすすめします。

次の

ビットコインはマイニング(採掘)で手にいれた方が賢い!?

ビット コイン 採掘

ビットコインのフォーク版からさらに分裂したのは最初の事例となります。 SegWitの有効化による効果の一つとして、理論上ブロック上限が4MB 現実的には最大約2MB まで上昇、その分取引処理能力も上昇することとなりました。 新しく誕生したBitcoin Cashには今までビットコインのフォーク版としてリリースされながら分岐はしていなかった、Bitcoin XT・Bitcoin Classic・Bitcoin Unlimitedなどのコミュニティ・チームが合流し、長年続いていたスケーラビリティ問題の議論に対する一定の結論となりました。 Bitcoin Cashのようなスケーラビリティ問題の議論の結果によるものではありませんが、Bitcoin Cash誕生以降、いくつかのビットコインのフォーク版が公開され同様なかたちでハードフォークが行われました。 これにより大きく価格が下落することとなりました。 また、この後数週間にわたって中国国内の他の取引所を含めてさらなる会合・調査が行われ、結果的に中国取引所の取引手数料無料が撤廃されるなど中国人民銀行による規制による影響で、圧倒的な取引高を誇っていた中国取引所の取引高が大きく減少しました。 Gox事件前の最高価格を超える史上最高価格をつけました。 この事件後ビットコイン価格が急落することとなりました。 サイトコンテンツ• 入門者向け• ビットコインとは何か? さらなる理解のために• twitter 更新情報等 お問い合わせ 当サイトに関するお問い合わせは、 または、からお願いいたします。 免責事項 当サイトで公開している内容は情報提供のみを目的とするものであり、ビットコインその他暗号通貨への勧誘を行うものではありません。 また、掲載情報が誤っているかまたは古い可能性もあります。 当サイトの情報を利用することで発生したいかなる事故・損害に対しても当サイトは一切その責任を負いません。 スポンサーリンク.

次の