今日 の お天気 検定 の 答え は。 ことば検定・お天気検定・ニュース検定|グッド!モーニング|テレビ朝日

ことば検定・お天気検定・ニュース検定|グッド!モーニング|テレビ朝日

今日 の お天気 検定 の 答え は

今日2月21日は日刊新聞創刊の日です。 1872年の今日、毎日新聞の前身、「東京日日新聞」が創刊されました。 この新聞が東京初の日刊紙だったそうです。 ところで「刊」という字、刊行という言葉でも使いますね。 左側が読みを表しています。 右側部分のりっとうには刀という意味があります。 剣という字を見ればそのことがよく分かりますね。 では何故りっとうが使われているのか。 それが今日の問題です。 問題 刊行の「刊」、なぜ刀を意味する「りっとう」? 青 刀で紙を切って製本 赤 刀で誤字を削った 緑 調査団 今日の緑、調査団はりっとうではなくリットン。 リットン調査団ですね。 満州事変などを調査するために派遣された調査団で、その団長がリットン伯爵でした。 今日のポイントは紙と文字、どちらの方が昔からあったかということだった・・・かもしれないってどういう解説だよ林先生。 紙は紀元前2世紀に中国で開発されたとされているそうですが、文字は言うまでもなくもっと昔からありましたね。 紙が無かった頃は木などに字を書いていました。 木簡(字を書く細長い木)を束ねた状態から出来た漢字が「冊」です。 そして木簡に書いた字を訂正する場合はどうするのか。 それが今日の答えです。 ということで正解は赤でした。 もともと「刊」は削るという意味だったんですね。 削って訂正することから文章を整えるという意味になり、「刊」を行う「刊行」が出版という意味で使われるようになりました。 今日はお天気検定も日刊新聞創刊の日にちなんだ問題です。 問題 天気図が新聞に初めて載ったのはいつ? 青 明治13年 赤 大正13年 緑 昭和13年 正解は赤でした。 新聞に天気予報が初めて掲載されたのが明治21年。 そして天気図が初めて掲載されたのが大正13年だったんですね。

次の

ことば検定・お天気検定・ニュース検定|グッド!モーニング|テレビ朝日

今日 の お天気 検定 の 答え は

I went to the Tama River to see fireworks last night. 昨日多摩川で花火を見ました。 They were gorgeous! きれいでしたね。 Were you by any chance there, too? あなたも、もしかして行きました? 昨日の日常英会話表現 昨日の カフェでの会話 Part 10 では を ご紹介しました。 と答えます。 晴れです。 曇りです。 雨です。 暑いです。 暖かいです。 warm の発音に 気を付けてくださいね。 「わー」より「わぉー」に 近い発音になります。 涼しいです。 寒いです。 むしむしします。 乾燥しています。 蒸し暑いよ。 とても暑いわ。 sponsored link 今日のまとめ 今日は天気を表す英語表現を ご紹介しました。 いつものように 場面をイメージしながら 何度も英語で声に出して 練習してください。 そして使ってくださいね。 Enjoy the rest of your weekend! ポチッと押して 応援してくださいね。

次の

中国語検定4級対策:12日目:リスニング

今日 の お天気 検定 の 答え は

(来たことがありません。 (来ました。 (来ません。 (来ませんでした。 (はい、難しいと思います。 (中国語の文法は難しくありません。 (韓国語の発音は難しいです。 (私は3年学びました。 (私は踊るのはあまり上手ではありません。 (踊るのは私の趣味です。 (私は踊るのが好きです。 (私は聞いたことがありません。 (雨です。 (今日は私は行きません。 (私は夏は好きではありません。 (私はスキーに行きたいです。 (机の上にノートはありません。 (机の下に鉛筆があります。 (机の上にお金があります。 (机に座ってはいけません。 (私も留学生です。 (私は学生です。 (私も弁護士です。 (私は医者ではありません。 (銀行はあそこです。 (私は銀行で働いています。 (あそこが郵便局です。 (私は銀行へ行きたいです。 (私には中国人の友達が3人います。 (彼は中国人の友達はいません。 (彼は中国人です。 (私は中国へ行ったことがあります。 (私は中国語の雑誌を買いたいです。 (私は雑誌を売りたいです。 (これは中国語の雑誌です。 (私はあの雑誌を見たことがあります。 (私は買い物に行きたいです。 (明日は日曜日です。 (昨日雑誌を見ました。 (ちょっと難しいです。

次の