惑星 歌詞。 惑星

【ナユタン星人/惑星ループ】歌詞の意味を徹底解釈!正体は切なすぎる片想いソング!?

惑星 歌詞

今でこそ抜群の知名度を誇り日本を代表するアーティストにまで上り詰めましたが、 米津玄師さんにはもう一つの音楽活動があります。 それはボカロPとしての顔です。 今回は久しぶりにボカロPのハチとして製作された楽曲「砂の惑星」の歌詞の意味やMVについてをお伝えしていきたいと思います。 ハチ(米津玄師)「砂の惑星」ってどんな曲?? 「砂の惑星」は2017年7月21日にyoutubeとニコニコ動画にてミュージックビデオが公開されました。 南方研究所とは実に5年ぶりのタッグです。 米津玄師さんの4枚目のアルバム「BOOTLEG」でもセルフカバーをしている楽曲です。 ハチとして「ドーナツホール」から約3年9ヶ月ぶりに発表された楽曲ともあり米津玄師さんのファンもハチ時代の魅力に少し触れることができたのではないでしょうか。 この「砂の惑星」は初音ミク10周年のアニバーサリーイヤーに開催される「マジカルミライ 2017」のテーマソング楽曲制作のオファーを受けたことをきっかけに作られました。 タイトルにもなっている「砂」という言葉はニコニコ動画などで発表されていく楽曲が少なくなってきており衰退していくサイト内を砂漠と捉えたのだとインタビューの内容から受けました。 またそれはボカロ業界を突き放すということではなく、次世代へ繋ぐというメッセージ性のようにも感じます。 過去にボカロ界で一世風靡した楽曲のオマージュしたフレーズも登場します。 ハチ(米津玄師)「砂の惑星」のMVに込められた思いは?? 「砂の惑星」のMVは米津玄師さんが幾度となく共演してきた南方研究所とのアニメーションです。 MVに登場するのは初音ミクと18人の仮面を被った人物です。 ネット上では• 初音ミク=ハチ(米津玄師)• 仮面を被った18人=ハチが作曲した楽曲たち という構図が1番有力だと考えられています。 楽器を持っていたりするので確かに音楽と関係ありそうな雰囲気ですね。 またケーキに刺さったろうそくを消すシーンがあるのですが、 これもロウソクとイチゴの数を合わせると18となります。 これもハチとして残した18曲という風に捉えることができます。 そしてその数にはハチさん自身の数は含まれておらず、 最後には砂漠の外へ向かっていきます。 これは「自分は一旦いなくなるが、18曲の作品はボカロ界に残していく」というメッセージなのかもしれません。 イントロ部分のガヤガヤした声が「Back to the history and remember when I was born」とも聞き取れることができ、「私の過去に戻って、私の誕生を思い出して。 」という意味になります。 これはニコニコ動画への警鐘のようにも捉えることができます。 ボカロが飽和しすぎたため、一度原点に戻って見よう。 そんな米津玄師さんなりの愛を感じる言葉ですね。 途中で離脱してしまった二人は「ドーナツホール」「沙上の夢喰い少女」でセルフカバーした楽曲ではないかという考察もされていますが、本人からのコメントがないので真実はわかりません。 ハチ(米津玄師)「砂の惑星」の歌詞の意味について それではハチ(米津玄師)さんの「砂の惑星」の歌詞の意味についてお伝えしていきたいと思います。 ぶっ飛んで行こうぜもっと エイエイオーでよーいどんと あのダンスホール モザイクの奥 太古代のオーパーツ 光線銃でバンババンバン 少年少女謳う希望論 驚天動地そんで古今未曾有の思い出は電子音 ここから数々のボカロの今日をオマージしたフレーズが登場します。 ねえねえねえあなたと私でランデブー?=マトリョシカ 今だパッパパッと飛び出せマイヒーロー=パンダヒーロー ぶっ飛んで行こうぜもっと=え?あぁ、そう。 エイエイオーでよーいどんと=おこちゃま戦争 あのダンスホール モザイクの奥=ワールズ・エンドダンスホール、モザイクロール 太古代のオーパーツ=カミサマネジマキ 光線銃でバンババンバン=千本桜 少年少女謳う希望論=チルドレンレコード 驚天動地そんで古今未曾有の思い出は電子音=お姫様は電子音で眠る 砂漠になる前の全盛期のボカロ時代のことを歌っている部分ですね。 ボカロファンにとってはたまらない歌詞となっています。

次の

「砂の惑星 feat.初音ミク」_ハチ 歌詞@平仮名付き @ キャキャ :: 痞客邦 ::

惑星 歌詞

CEREMONYの中で1番の爽やかさを感じさせる本楽曲と、都会の街を颯爽と駆け抜けていくVEZEL車の疾走感が絶妙にマッチしている。 書き下ろし楽曲としては文句のつけようがないのではないでしょうか。 またKing Gnuは本楽曲の作成にあたって これからの季節感、疾走感を意識して作らせていただきました。 とコメントを残しています。 この発表があったのは11月でしたので、これからの季節とは「冬」から「春」になっていく季節感のことを指しています。 しっかり後述していく歌詞に関与してきます 最後に余談ですが、HONDAのCMと言えば、これまで 米津玄師、ONE OK ROCK、Suchmos、Nulbarich、 SIRUPなど、日本のアーティストが多く起用されており、とにかく 「選曲がお洒落」だと定評があります。 スポンサーリンク 歌詞 ずっと夢を見ていたいのに 決まった時間に今日も 叩き起こされるんだ 大きな欠伸くらい許してよ 酸素が足りずに今日も 産声をあげているんだ 小さな惑星の いつもの街角の 何気ない陽だまりの中で 凍った愛が静かに溶け出したんだ 街から仄かに春の匂いがした 結局何処へも行けやしない僕らは 冬の風に思わずくしゃみをした 終わらない歌を 歌っているんだ 意味のない日々に 何を恐れてるのか 鳥たちは無心で飛んでゆく ただただ空の青に 魅せられてしまったのか 同じ夢を見たんだ 在り来たりな夢だったと あなたがふっと笑うから 凍った愛がみるみる溶け出したんだ 心の奥底に春の風が吹いた 次第に綻びボロが出てきたとして まあそれも別にいいかと くしゃみをして笑い合うのさ ずっと夢を見ていたいのに 決まった時間に今日も 叩き起こされるんだ 大きな欠伸くらい許してよ 酸素が足りずに今日も 産声をあげているんだ 作詞作曲:常田大希 私は圧倒的にあります。 小さな惑星の いつもの街角の 何気ない陽だまりの中で この 「陽だまり」という 暖色カラーの言葉が、上記の歌詞で述べられていたネガティブ要素まみれの小さな惑星をポジティブ要素に切り替えようとしています。 歌詞を追っていきましょう。 サビ1 凍った愛が静かに溶け出したんだ 街から仄かに春の匂いがした 結局何処へも行けやしない僕らは 冬の風に思わずくしゃみをした 氷が溶けて行くように、歌詞に温かみが出てきます。 これは完全に考えられた意図で 「凍った愛が静かに溶ける」という歌詞は、まさに情景全体が温かみを持つイメージと重なります。 さてこの 温かみに溢れたサビを解釈していきましょう。 1番のAメロで述べられていたネガティブな情景を重なるのですが、 「結局どこにも行けない」とあるように、私たちは窮屈な社会で生きていかなければならない。 しかし窮屈な社会だからこそ、人々が寄り添い「温かさ」を感じることができるのです。 だから歌詞では 「凍った愛が静かに溶けて行く」と、 小さな惑星だからこそ起こる奇跡が描かれているのでしょう。 終わらないとあるのは、社会の中で生活する人間である以上、1番で述べられたような苦悩は一生ついて回るものであるし、サビ1で述べたような人間愛もついて回るものだからでしょう。 自分の葛藤を 「悩むだけ無駄!」だと感じたからこそ 「意味のない日々に何を恐れてるのか」と前向きな言葉が歌詞で綴られていくのでしょう。 鳥たちは無心で飛んでゆく ただただ空の青に 魅せられてしまったのか 同じ夢を見たんだ 在り来たりな夢だったと あなたがふっと笑うから 「悩むのが無駄!」 と理屈では解った主人公ですが、やはり心の奥底では「窮屈な社会」に対するうんざりを隠し持っている。 私たちもきっとそうですよね。 知らず知らずのうちに「本当の欲求」を諦めているのではないでしょうか。 だから主人公は自由を象徴する鳥を眺めながらも 「まあ仕方がない。 窮屈な社会を愛していくしかないか。 」と諦めて、「空」から「あなた」に視点を切り替えるのです。 きっと歌詞中の「あなた」は 広義的な愛する者の象徴 なのでしょう。 サビ2 凍った愛がみるみる溶け出したんだ 心の奥底に春の風が吹いた 次第に綻びボロが出てきたとして まあそれも別にいいかと くしゃみをして笑い合うのさ ニュアンスとしてはサビ1とほどんど同じ。 ただ大きく違うのは「思わずくしゃみをした」と締められるサビ1に対して、サビ2は 「くしゃみをして笑い合うのさ」というフレーズで終わりを迎える。 これこそ人類愛の象徴なのではないか。 そう思わせるように仕向けたのではないか。 と感じています。 私たちが生きている社会は決して「自由」とは言い難い。 だが「愛がない社会」とも言い難い。 空に羽ばたくための大いなる風を待ち望むのもいいが、まずは心に吹いてくれている春の風を感じることが大切なのだ。 「小さな惑星」の歌詞には 小さな惑星だからこそ感じれる愛情。 それに気付かされるメッセージ性が隠されていたのです。 感想 楽曲が持つ爽やかさに負けずと、前向きな歌詞が素敵すぎました。 考察中では触れませんでしたが、散々遠まわしに 「人間愛の素敵さ」を説いたにも関わらず 「次第に綻びボロが出てきたとして」と、愛は恒久的ではないことを意味する歌詞をさりげなく入れてきているのは、常田さんらしいなと勝手に感じました。 歌詞考察を終えたうえで楽曲から感じたことは、遠く広がる空の大きさに憧れるのもいいけど、小さな惑星の中にある些細な幸せに目をやるのもいいものだということ。 というより当たり前に居てくれる存在をまずは大切にしたいなと。

次の

【ナユタン星人/惑星ループ】歌詞の意味を徹底解釈!正体は切なすぎる片想いソング!?

惑星 歌詞

今でこそ抜群の知名度を誇り日本を代表するアーティストにまで上り詰めましたが、 米津玄師さんにはもう一つの音楽活動があります。 それはボカロPとしての顔です。 今回は久しぶりにボカロPのハチとして製作された楽曲「砂の惑星」の歌詞の意味やMVについてをお伝えしていきたいと思います。 ハチ(米津玄師)「砂の惑星」ってどんな曲?? 「砂の惑星」は2017年7月21日にyoutubeとニコニコ動画にてミュージックビデオが公開されました。 南方研究所とは実に5年ぶりのタッグです。 米津玄師さんの4枚目のアルバム「BOOTLEG」でもセルフカバーをしている楽曲です。 ハチとして「ドーナツホール」から約3年9ヶ月ぶりに発表された楽曲ともあり米津玄師さんのファンもハチ時代の魅力に少し触れることができたのではないでしょうか。 この「砂の惑星」は初音ミク10周年のアニバーサリーイヤーに開催される「マジカルミライ 2017」のテーマソング楽曲制作のオファーを受けたことをきっかけに作られました。 タイトルにもなっている「砂」という言葉はニコニコ動画などで発表されていく楽曲が少なくなってきており衰退していくサイト内を砂漠と捉えたのだとインタビューの内容から受けました。 またそれはボカロ業界を突き放すということではなく、次世代へ繋ぐというメッセージ性のようにも感じます。 過去にボカロ界で一世風靡した楽曲のオマージュしたフレーズも登場します。 ハチ(米津玄師)「砂の惑星」のMVに込められた思いは?? 「砂の惑星」のMVは米津玄師さんが幾度となく共演してきた南方研究所とのアニメーションです。 MVに登場するのは初音ミクと18人の仮面を被った人物です。 ネット上では• 初音ミク=ハチ(米津玄師)• 仮面を被った18人=ハチが作曲した楽曲たち という構図が1番有力だと考えられています。 楽器を持っていたりするので確かに音楽と関係ありそうな雰囲気ですね。 またケーキに刺さったろうそくを消すシーンがあるのですが、 これもロウソクとイチゴの数を合わせると18となります。 これもハチとして残した18曲という風に捉えることができます。 そしてその数にはハチさん自身の数は含まれておらず、 最後には砂漠の外へ向かっていきます。 これは「自分は一旦いなくなるが、18曲の作品はボカロ界に残していく」というメッセージなのかもしれません。 イントロ部分のガヤガヤした声が「Back to the history and remember when I was born」とも聞き取れることができ、「私の過去に戻って、私の誕生を思い出して。 」という意味になります。 これはニコニコ動画への警鐘のようにも捉えることができます。 ボカロが飽和しすぎたため、一度原点に戻って見よう。 そんな米津玄師さんなりの愛を感じる言葉ですね。 途中で離脱してしまった二人は「ドーナツホール」「沙上の夢喰い少女」でセルフカバーした楽曲ではないかという考察もされていますが、本人からのコメントがないので真実はわかりません。 ハチ(米津玄師)「砂の惑星」の歌詞の意味について それではハチ(米津玄師)さんの「砂の惑星」の歌詞の意味についてお伝えしていきたいと思います。 ぶっ飛んで行こうぜもっと エイエイオーでよーいどんと あのダンスホール モザイクの奥 太古代のオーパーツ 光線銃でバンババンバン 少年少女謳う希望論 驚天動地そんで古今未曾有の思い出は電子音 ここから数々のボカロの今日をオマージしたフレーズが登場します。 ねえねえねえあなたと私でランデブー?=マトリョシカ 今だパッパパッと飛び出せマイヒーロー=パンダヒーロー ぶっ飛んで行こうぜもっと=え?あぁ、そう。 エイエイオーでよーいどんと=おこちゃま戦争 あのダンスホール モザイクの奥=ワールズ・エンドダンスホール、モザイクロール 太古代のオーパーツ=カミサマネジマキ 光線銃でバンババンバン=千本桜 少年少女謳う希望論=チルドレンレコード 驚天動地そんで古今未曾有の思い出は電子音=お姫様は電子音で眠る 砂漠になる前の全盛期のボカロ時代のことを歌っている部分ですね。 ボカロファンにとってはたまらない歌詞となっています。

次の