白血球 数 が 少ない。 犬の白血球数の正常値は?百分比は?少ないときはどんな病気?

白血球が低いといわれました。

白血球 数 が 少ない

50歳代の主婦です。 少し高めのコレストロールの方ばかり気に掛けて 白血球の少なめは差ほど注意もしていなかったのですが、最近気になりだしています。 医者が言うには「これは病気というよりタイプだから、何かをしたら数値が上がるというものはなく、ただ鎮痛剤 消炎剤のような薬をあまり飲まないように。 数値が下がるから」とのこと。 知り合いの元医者に聞いても「かぜをひきやすいとか、特に抵抗力が落ちたというのでなければ別に心配いらないのでは?」言うのですが、毎年私は風邪をひくとすぐ気管支炎になり、消炎剤を飲まなくては治りません。 今年はもう2回もかぜをひいてしまいとうとう消炎剤を1週間も飲まなくてはなりませんでした。 だんだん抵抗力が落ちているんだなーと思います。 同じようなタイプの方、毎日の生活の中でどんなことに気を付け、何か良いことしていますか? 参考になる事や注意したら良い事などありましたら、ぜひお知らせください。 ユーザーID: 4864818721 私も全く同じ体質です。 白血球は基準の最低ラインです。 気管支が弱いことは、手相や足ツボでも指摘され、加えて江原ヒロユキさんのサイトでも「あなたは気管支が弱いです」と書かれていてびっくりしました。 話がそれましたが、やはり風邪をひきやすく、頭痛もちなので鎮痛剤、風邪薬はよく飲んでしまいます。 あと、栄養ドリンクも。。 ですがやっぱりうがいと栄養バランスのとれた食事、規則正しい生活、適度な運動が大事のように思います。 何か運動はされてますか? 風邪をひきやすいってつらいですよね。 体力のある人よりずっとずっとおとなしい暮らしをしてるのに。 がんばりましょう! ユーザーID: 4474493232• 私は 結婚前から、生理用ナプキンにかぶれやすく、カンジダ膣炎にしょっちゅうなっていました。 血液検査で調べてもらったところ、白血球が人より少ないのが原因とのことでした。 すごーくかゆくて辛いし、毎日病院に行かないといけないし、一度感染すると再発しやすいので悩んでいましたが、結婚後、布ナプキンに替えてからは一度も感染していません。 以前、バナナを食べると白血球が増える?とネットで見たので一時期は毎日食べていましたが、私の場合は、風邪をひきやすいとかがないので、カンジダにかからなくなってからは何もしていません。 中学のときは気管支喘息でした。 今思えば、白血球が少ないのが原因だったのかな? ユーザーID: 2850023535• 外出しない&無理をしない 私も白血球が低く、風邪ひくとリンパ節炎や 気管支炎になり、時には肺炎で入院しました。 血液内科、膠原病科で時々検査をしていますが、原因は分かりません。 今、体調が落ちついているのは 働くのをやめて、専業主婦になり、以下の事を守っています。 ・なるべく外出しない 買い物は宅配や通販 ・雨の日には外出しない・風邪をひいている人には会わない ・体調がちょっとでも悪い時はひたすら寝る ・鎮痛剤などあらゆる薬をなるべく飲まない ・副流煙を吸わない ・外出時はマスク ・体調が良い時だけウォーキング ・ストレスをためない 人間関係で無理するのをやめました ・冷やさない ・部屋の換気をかなりマメに まだまだありますが、もちろん手洗いなどは基本で。 我が家の家計だとずっと専業主婦でいるのは無理ですが、 専業主婦の間に体質を変えていく努力をして、 いつかは短期のパートや週1〜3日のパートから始めたいと思っています。 ユーザーID: 0039521113• 今は何も 私も白血球の数値は基準最低ラインをちょっと割っています。 ずっとこんなです。 今のところ自覚症状はありませんが、人より疲れやすいのかな? と思うことはあります。 疲れたらなるべく休むようにしているせいで、大事に至ることはいまだありません。 喉が弱いので、うがいはしっかりしています。 確かに健康診断の結果を聞くときに、お医者さんは高い数値に対してはアドバイスがありますが、低い場合はありませんね。 変な話ですが、どちらかといえば肥満に近い体型なのですが、コレステロール値は最低ラインを割ってました。 本当はもうちょっとやせたほうがいいんだろうと思うんですが、太っていてもコレステロール値が低ければ問題ないんでしょうか??? ユーザーID: 6960081714• 病的に白血球が減少しているなら、風邪や気管支炎程度ではすみません。 病的な白血球減少でなければ、特に気をつけなければならない事は何もありません。 ただ、私はあなたを診察したわけでも、実際の検査値を見ているわけでもないので、やはり、主治医に聞くべきでしょう。 健康や病気についてこのような場所で何か情報を得ようとするのは間違いですよ。 人間の体は一人一人違い、状況も異なるので、個人の体験談はあまり役にたちません。 時に有害ですらあります。 また、実際に会って話を聞き、診察をし、検査をしない限り、確実な事は何も言えません。 限られた情報を基に何かアドバイスをするというのは本当に危険な事なんですよ。 ユーザーID: 0177513264• 私も2100くらいです こんにちは。 コレステロールが高くて、白血球が少ない、って私のことかと思ってしまいました。 私は、すごく風邪ひきやすいです、最近は頭痛も・・・、風邪薬、頭痛薬、は家に必ず常備です。 少ないと言っても、正常範囲数値圏の低い所を、微妙に圏外になったり、ぎりぎり圏内にはいったり、なので御医者様も「これは、毎日左右されるものだから、そんなに気にしないくてもいいよ」といわれるのですが、とても気になります(インフルエンザの予防接種をした後に、計ると必ず100パーセント圏外に数値がでます)。 なるべく、キノコとか免疫システムを活性化してくれるというテレビで見た食材をとるよう心がけてります。 体も温めるように心がけています。 あとなるべく夜飲み会とかに出かけない、昼まの外出もひかえる(悲)が、やっぱりひとより弱いな〜と小さい頃から思っています。 ユーザーID: 5037362221• あまり気にしていませんでした 白血球が少なめの40代女性です。 血液検査をするといつも標準範囲を少し下回るくらいの数字が出てきます。 でも、身体は全然弱くないんですよねー。 風邪ひくことも少ないですし、たまにちょっと風邪気味?と思っても、だいたいのときは ひどくなることなく治ってしまいます。 同僚や友人からも「丈夫だよね」と言われてます。 ただ、ひとつだけ思い当たることと言えば、口内炎ができやすいことかな。 口内炎に関しては、小さいころからずっとなので、そういう体質なんだろうって思ってます。 それと、私もコレステロールが少し高めなんです。 でも、これも全然思い当たることがなくて・・・ 脂っこいものは好きじゃないし、甘い物もほとんど食べない・・・。 果物や野菜は大好きで、たくさん食べている・・・。 運動不足がいけないのでしょうか。 白血球数もコレステロールも、それほど極端な数字ではないので、いまのところはあまり 気にしていないのですが、何か手軽な対策なんかあるなら、してみたいですね。 ユーザーID: 4304511876• 私もです 白血球は多分少なめだと思います。 以前、親が「少なめだ」とか言っているのを聞いたことがあったので、体質かも?と大して気にしていなかったです。 風邪はひきやすい体質かもしれないな、とは思いますが、たまにひいても実際は大事に至らないで(のどが痛くなる程度で)治ります。 気をつけている事は、年中薄着を避けて身体を冷やさないようにしています。 あとは、運動もしますし、睡眠もしっかりとって、食事も何でも食べてます。 以前本で、免疫力UPにきのこ類、熟れて茶色くなってきたバナナがよいと聞いて、時々買って食べてます。 でも食べたからといって、「やっぱり免疫がアップしたなぁ」という実感は全くないですね(笑 ユーザーID: 2902292824• 特に気にはしなくていいらしいですけど? 30代後半の女性です。 毎年の健康診断で要精密検査と書かれています。 以前の精密検査では、多少の貧血はあるけど成分のバランスが問題ないので、大丈夫ですよと言われました。 ただ、それはその時だけの事なので、健康診断で前年より数値が大きく変わっていたら精密検査を受けるようにしています。 トピ主さんも毎年の健康チェックは欠かさないで下さいね。 病気に関しては、他の方とほぼ一緒で気管支が弱く、カンジダにもなり、リンパ腺も良く腫らせます。 予防接種にも弱いです。 子供の頃はインフルエンザの予防接種ですぐに熱を出していたので、今は受けていません。 (今の時代、迷う所なんですけどねぇ・・・) 薬も普通に飲みますよ。 少なめにとは言われましたけど、ただでさえ抵抗力が低いのに、飲まずに長引かせる方が良くないでしょうって事らしいです。 予防としては、疲れが溜まりやすいので、1日遊びに行ったら次の日は必ず休養するようにしています。 そんな私でも1日7時間の仕事を週5日こなして家に帰ったら主婦していますよ。 疲れたら迷わず休憩しますけど(笑) ユーザーID: 9393786164• 私も少ない 私も全く同じで、いつも職場の血液検査は白血球のみひっかかり、 無意味な再検査をしていました。 (再検査しても同じだから) 一度だけ職場の激務から38度台の熱が数週間続き、 検査で1600になっていたことがありました。 「一応診断書かいておくから、家でゆっくりしてれば大丈夫でしょう」 とドクターに言われ、1週間のんびり過ごしたら、4000まで回復しました。 そのときにしたことといえば、ビタミンCをたっぷりとったこと(免疫力を上げる) あと、後輩に言われた「たくさん笑うと白血球増えるらしいですよ」 を参考に、家でおもしろいTV番組いっぱい見たっけ。 診察してくれた血液内科のドクター曰く、 「白血球は数より質の問題で、細菌が侵入した時にちゃんと数が増えてくれれば 問題ないよ。 」とのこと。 翌年に結構ひどい風邪(?)をひいた時は、白血球が1万以上になっていたので、 私の白血球は問題なしと思ってます。 今でも普段からビタミンCは欠かさず摂取(サプリなど)して、 風邪のひきかけの時は、きのこ類を食べて免疫力あがるよう努力してます。 ユーザーID: 9515208643• 上限、下限の意味 はじめまして。 私は思いっきり白血球すくないです。 癌で抗がん剤を飲んでるママです。 白血球の組成をお調べになりましたか? 好中球という成分があるのですが、その数が感染症に対する抵抗力の多くを担っていると主治医から聞きました。 白血球数とかけて、それなりの数があれば大丈夫ですよ。 私は、薬を続行できるかできないかのぎりぎりのとこなんです。 しかも 幼稚園児がいる生活ですが、ほとんど風邪をひきません! 気をつけているのは、 マスクはしていませんが、外出したら手洗いうがいは必ず。 冬場は混雑する場所へは(できるだけ)いかない。 好き嫌いなく食べる。 あと一番は・・・・疲れないように生活すること。 下限ぎりぎりでも、標準域であれば標準の範囲でご心配無用かもしれません。 先生と話し合われてはいかがですか?くよくよするのも免疫力をおとすとききましたよ? ユーザーID: 1710401423• 私も2400〜3600位を行ったり来たりしています。 一度検査に病院を訪れましたが、特に問題もなく「変動しますからね」と言われ帰ってきました。 皆さんの意見を読んでいて私だけでなかったんだ、と思ったところは「気管支炎」「カンジタ膣炎」「口内炎」がよくなります。 自分だけと悩んでいたところなので、他にも同じように悩んでいる方がいて向き合っていくんだな、と思いました。 口内炎のことで悩んで病院に行った際、「ビタミンC」を摂る努力をしてくださいと言われたことと、風邪を引かないよう(私は鼻が乾燥していると風邪を引いて高熱を出すことがあり)花粉症に効く鼻に塗る薬をサンプルでもらって、よさそうだなと思い、自己療法ですが鼻に「メンタム」を塗って乾燥を防いでいます。 (一年中) あと疲れた時は、後先考えず寝ます。 (休日は1日寝ていることもあります) 皆さんと同じようなことですが、無理せず風邪引かないようにすることがいいのかな と思っています。 ユーザーID: 5948594560.

次の

健康診断や人間ドックでたまにある「白血球が少ないです」これってなあに?

白血球 数 が 少ない

目 次• また個人差も大きいこともあり一概に基準範囲を想定することは現実的にはできません。 その為、各医療機関や検査を行う担当の医師、また被験者の状態などを考慮し適切な基準範囲を導きながら検査結果を診断していく形となります。 但し、以下の表から大きく逸脱して変化することはありませんので結果表をお持ちの場合は参照指標となるはずです。 引用元- 白血球が減少する原因 白血球数の減少は、白血球を作っている造血幹細胞が障害を受けることによって産生が低下してしまう場合と、白血球が消費されたり破壊されることによって起こります。 白血球が減少してしまうと免疫力も減少するため病原体やウイルスの侵入を許し病気になってしまうのです。 それは、『ストレス』でした…。 引用元- はっきり言ってどの病気もストレスは関わってくるとは思いますが、今の私にはドンピシャの理由です!(汗) 仕事環境の変化による毎晩1時〜2時くらいまでの残業…(自宅で)。 その仕事内容でのストレス…。 ここ、数年間休みなしの生活です。 仕事ばかりしている私に愛想をつかしているのか妻はもちろんの事、娘もほとんど話をしてくれません。 つまりストレスによって免疫機能の低下することが証明された。 環境的なストレスも影響する。 高圧環境下にマウスをおくと免疫機能は低下するが、良い香りをかがせると低下した免疫機能が上昇するという実験もある。 つまり「アロマテラピー」は免疫機能を高めるということだ。 41歳の女史。 朝、5時に起き1時間半電車に揺られ、会社には7時に入って仕事をはじめ、夜は10時、12時まで仕事をし、家に帰ると毎日御前様。 それから翌日のご主人の夕食の支度をして風呂に入って寝る。 睡眠時間は毎日、3、4時間。 土曜、日曜も時々出勤していた。 この女性がある時、39. 5度の高熱を出した。 私のところまで2時間もかかるので、近くの医者を受診したが風邪だということで薬をもらったが軽快せず。 翌日、下肢に出血したような斑点が多数出てきたと電話がかかってきた。 当人は腎盂腎炎が気になり自分から検査をしてくれと近くの医者に頼んだ。 その結果、尿は異常ないが白血球が1,700しかないといわれたが帰された。 夜再び、この結果を私のところに電話してきた。 高熱が持続し、白血球が減少し、出血班が出たとなると、まずは白血病が疑わしい。 翌日、私のところを受診した。 下肢の出血班はウイルスによる反応性のものであろうということになった。 5日経過しても高熱は軽快せず、自宅療養をすることにした。 1週間経過して37度以下になったが、平熱には至らなかった。 しかし、白血球は5日後には3400と増加してきた。 そして10日後には4700に増加していた。 発病2週間後ドック検診を受けに私のところを受診、白血球は5300に増加した。 この間の治療法は、ただ自宅でブラブラしているだけという自宅療養だけだった。 血小板も当初は11万しかなかったが、自宅療養しているだけで18万、27万と自然治癒したのだ。 引用元-1)免疫力を高める この女性の場合は、オーバーワークというストレスだが、ストレスによって白血球減少症を引き起こし、免疫力が低下し、感染への抵抗力を無くしたのだ。 免疫力が低下するということは、ガンにもなりうるのだ。 引用元-1)免疫力を高める 白血球を活性化するために 免疫力をつけたいことと、白血球の数を増やすことは同じとも言えますが、「免疫力をアップする」というのは、白血球を活性化するという意味もありますね。 白血球は免疫の要です。 免疫力をアップするには、この数を増やすか、活性を高めるかになります。 また、高麗人参、三七人参、ローヤルゼリー、そして最近人気のエキナセアというインフルエンザ予防のハーブなども白血球増加作用、免疫活性作用があります。 大病を予防する意味でも、摂ってみてはいかがでしょうか。 引用元- 白血球をコントロールする神経系のしくみ 白血球のバランスに大きくかかわるのが、じつは自律神経です。 自律神経とはその名のとおり脳の指令を受けない自律した神経のことで、眠っていても呼吸したり心臓が休みなく働きつづけるのも、自律神経がこれらの働きを調整しているからなんです。 引用元-免疫力が病を治す 交感神経と副交感神経ですが、仕事中やスポーツ時には交感神経が優位となり、リラックス時や食事をしているときには副交感神経優位に働きます。 ですから、通常働いたり適度に休息している分には、自律神経や白血球もバランス的にまったく問題ありませんが、たとえば休息時にリラックスできない状態のときがあったりします。 この状態が長くつづくと自律神経はバランスをくずすことになります。 休息時にリラックスできない最大の原因とは? 過度のストレスを受けているときです。 これは、働きすぎによる過労だったり、あるいは人間関係や経済面・家庭の問題など心の悩みであったりします。 この過度のストレスが高じると、休息時にリラックスできなくなり、本来なら副交感神経優位な状態が交感神経優位となり、これが長期間つづくと自律神経のバランスをくずすことになります。 ここで注意していただきたいのは「過度のストレスを長期にわたって受ける」ということです。 つまり、私たちはストレスを受けたとき、その受け止め方いかんで、自律神経を右か左のいずれかへ導いているわけです。 よって、間接的にはリンパ球の増減を明らかにコントロールしているとも言えます。 引用元-免疫力が病を治す 心の中から煩悶を取り去り、平静を保つのはたやすいことではありません。 人間は感情の生きものとよく言いますが、そうではなく、この感情を意志に置き換えてみたとしたらどうでしょう。 「人間の中心は意志である」と思ってみる。 気分や感情はどうしても受け身ですから、認められれば嬉しいし、批判されれば悲しくなります。 それよりも意志を自分の中心に持ってきて、なにがあっても貫くぞという自分の意志をいつも頭の片隅に置いておく。 とくにストレスを受けたときは感情で受け止めるより、自分の意志にしたがうほうが守備よくいく気がします。 引用元-免疫力が病を治す 「人間は神経によって生かされている。 その神経は、心の支配下にあり、心の状態によって、神経は広くなったり狭くなったり、ときには気絶からショック死をする。 「したがって、心は如何なることがあろうとも、明るく、朗らかに、生き生きと、勇ましく、常に笑顔とユーモアを忘れずに生きていると、どんな状況にあっても、神経が和らぎ、宇宙霊の気がたくさん入ってきて、健康で、豊かで長生きできる・・・・・・ 「たとえ運命に非なるものがあっても、心まで悩ますまい。 否、いっさいの苦しみをも、なお楽しみとなすの強さを心にもたせよう」 引用元-免疫力が病を治す まとめ 「ストレス」の無い方はいらっしゃらないだろうし、「ストレス」の元を断ち切るのはケースバイケースですが、難しい場合が多いです。 「煩悶」を「意志」に変えて前に進むという説には説得力を感じました。 — ミミタン mimi04838745 白血球が少ないのもストレスが関係しているらしい。 おそるべしストレス。 中性脂肪、肝臓、血尿が危うい…ストレスかな…? あと視力が去年左1. 2右1. 5だったのに、今年は左1. 5右1. 2だった。 ここ5年きちんと検査受けてないけど、いま勤めている会社の健康診断で、むしろ問題視されてるのは貧血(苦笑)元々、白血球が人より少ないからね。 気をつければ大丈夫だと思うけど。 ストレスのせい? — みる genkigatorieda -.

次の

白血球数(WBC)の正常値は?基準値より多い・少ない時の原因と症状

白血球 数 が 少ない

目 次• また個人差も大きいこともあり一概に基準範囲を想定することは現実的にはできません。 その為、各医療機関や検査を行う担当の医師、また被験者の状態などを考慮し適切な基準範囲を導きながら検査結果を診断していく形となります。 但し、以下の表から大きく逸脱して変化することはありませんので結果表をお持ちの場合は参照指標となるはずです。 引用元- 白血球が減少する原因 白血球数の減少は、白血球を作っている造血幹細胞が障害を受けることによって産生が低下してしまう場合と、白血球が消費されたり破壊されることによって起こります。 白血球が減少してしまうと免疫力も減少するため病原体やウイルスの侵入を許し病気になってしまうのです。 それは、『ストレス』でした…。 引用元- はっきり言ってどの病気もストレスは関わってくるとは思いますが、今の私にはドンピシャの理由です!(汗) 仕事環境の変化による毎晩1時〜2時くらいまでの残業…(自宅で)。 その仕事内容でのストレス…。 ここ、数年間休みなしの生活です。 仕事ばかりしている私に愛想をつかしているのか妻はもちろんの事、娘もほとんど話をしてくれません。 つまりストレスによって免疫機能の低下することが証明された。 環境的なストレスも影響する。 高圧環境下にマウスをおくと免疫機能は低下するが、良い香りをかがせると低下した免疫機能が上昇するという実験もある。 つまり「アロマテラピー」は免疫機能を高めるということだ。 41歳の女史。 朝、5時に起き1時間半電車に揺られ、会社には7時に入って仕事をはじめ、夜は10時、12時まで仕事をし、家に帰ると毎日御前様。 それから翌日のご主人の夕食の支度をして風呂に入って寝る。 睡眠時間は毎日、3、4時間。 土曜、日曜も時々出勤していた。 この女性がある時、39. 5度の高熱を出した。 私のところまで2時間もかかるので、近くの医者を受診したが風邪だということで薬をもらったが軽快せず。 翌日、下肢に出血したような斑点が多数出てきたと電話がかかってきた。 当人は腎盂腎炎が気になり自分から検査をしてくれと近くの医者に頼んだ。 その結果、尿は異常ないが白血球が1,700しかないといわれたが帰された。 夜再び、この結果を私のところに電話してきた。 高熱が持続し、白血球が減少し、出血班が出たとなると、まずは白血病が疑わしい。 翌日、私のところを受診した。 下肢の出血班はウイルスによる反応性のものであろうということになった。 5日経過しても高熱は軽快せず、自宅療養をすることにした。 1週間経過して37度以下になったが、平熱には至らなかった。 しかし、白血球は5日後には3400と増加してきた。 そして10日後には4700に増加していた。 発病2週間後ドック検診を受けに私のところを受診、白血球は5300に増加した。 この間の治療法は、ただ自宅でブラブラしているだけという自宅療養だけだった。 血小板も当初は11万しかなかったが、自宅療養しているだけで18万、27万と自然治癒したのだ。 引用元-1)免疫力を高める この女性の場合は、オーバーワークというストレスだが、ストレスによって白血球減少症を引き起こし、免疫力が低下し、感染への抵抗力を無くしたのだ。 免疫力が低下するということは、ガンにもなりうるのだ。 引用元-1)免疫力を高める 白血球を活性化するために 免疫力をつけたいことと、白血球の数を増やすことは同じとも言えますが、「免疫力をアップする」というのは、白血球を活性化するという意味もありますね。 白血球は免疫の要です。 免疫力をアップするには、この数を増やすか、活性を高めるかになります。 また、高麗人参、三七人参、ローヤルゼリー、そして最近人気のエキナセアというインフルエンザ予防のハーブなども白血球増加作用、免疫活性作用があります。 大病を予防する意味でも、摂ってみてはいかがでしょうか。 引用元- 白血球をコントロールする神経系のしくみ 白血球のバランスに大きくかかわるのが、じつは自律神経です。 自律神経とはその名のとおり脳の指令を受けない自律した神経のことで、眠っていても呼吸したり心臓が休みなく働きつづけるのも、自律神経がこれらの働きを調整しているからなんです。 引用元-免疫力が病を治す 交感神経と副交感神経ですが、仕事中やスポーツ時には交感神経が優位となり、リラックス時や食事をしているときには副交感神経優位に働きます。 ですから、通常働いたり適度に休息している分には、自律神経や白血球もバランス的にまったく問題ありませんが、たとえば休息時にリラックスできない状態のときがあったりします。 この状態が長くつづくと自律神経はバランスをくずすことになります。 休息時にリラックスできない最大の原因とは? 過度のストレスを受けているときです。 これは、働きすぎによる過労だったり、あるいは人間関係や経済面・家庭の問題など心の悩みであったりします。 この過度のストレスが高じると、休息時にリラックスできなくなり、本来なら副交感神経優位な状態が交感神経優位となり、これが長期間つづくと自律神経のバランスをくずすことになります。 ここで注意していただきたいのは「過度のストレスを長期にわたって受ける」ということです。 つまり、私たちはストレスを受けたとき、その受け止め方いかんで、自律神経を右か左のいずれかへ導いているわけです。 よって、間接的にはリンパ球の増減を明らかにコントロールしているとも言えます。 引用元-免疫力が病を治す 心の中から煩悶を取り去り、平静を保つのはたやすいことではありません。 人間は感情の生きものとよく言いますが、そうではなく、この感情を意志に置き換えてみたとしたらどうでしょう。 「人間の中心は意志である」と思ってみる。 気分や感情はどうしても受け身ですから、認められれば嬉しいし、批判されれば悲しくなります。 それよりも意志を自分の中心に持ってきて、なにがあっても貫くぞという自分の意志をいつも頭の片隅に置いておく。 とくにストレスを受けたときは感情で受け止めるより、自分の意志にしたがうほうが守備よくいく気がします。 引用元-免疫力が病を治す 「人間は神経によって生かされている。 その神経は、心の支配下にあり、心の状態によって、神経は広くなったり狭くなったり、ときには気絶からショック死をする。 「したがって、心は如何なることがあろうとも、明るく、朗らかに、生き生きと、勇ましく、常に笑顔とユーモアを忘れずに生きていると、どんな状況にあっても、神経が和らぎ、宇宙霊の気がたくさん入ってきて、健康で、豊かで長生きできる・・・・・・ 「たとえ運命に非なるものがあっても、心まで悩ますまい。 否、いっさいの苦しみをも、なお楽しみとなすの強さを心にもたせよう」 引用元-免疫力が病を治す まとめ 「ストレス」の無い方はいらっしゃらないだろうし、「ストレス」の元を断ち切るのはケースバイケースですが、難しい場合が多いです。 「煩悶」を「意志」に変えて前に進むという説には説得力を感じました。 — ミミタン mimi04838745 白血球が少ないのもストレスが関係しているらしい。 おそるべしストレス。 中性脂肪、肝臓、血尿が危うい…ストレスかな…? あと視力が去年左1. 2右1. 5だったのに、今年は左1. 5右1. 2だった。 ここ5年きちんと検査受けてないけど、いま勤めている会社の健康診断で、むしろ問題視されてるのは貧血(苦笑)元々、白血球が人より少ないからね。 気をつければ大丈夫だと思うけど。 ストレスのせい? — みる genkigatorieda -.

次の