ソーマファミリア。 ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか【魔を滅する転生窟】

3話:集結(コンバージョン)【ダンまち】TVシーズン2

ソーマファミリア

これ程に上がった能力、ヘスティアも驚愕して絶叫をするしかない。 「何がどうなってるんだいこれは!? ついこないだまでベル君の基本アビリティはH評価すら無かった。 なのにF評価に俊敏に到ってはD評価ぁぁっ!?」 躱すタイプだからだろう耐久は低いが、それにしても大きく上がっている。 「えっと、神様?」 「あ、ああ……ごめんよ、ベル君。 余りにも現実離れしてたもんだからさ」 「は、はぁ……」 そこまでなのかと何だかいまいち他人事みたいな、現実味が沸かないベル。 以前、ステイタス更新をしたのがミノタウロスに襲われた直後、それから日数もそれなりに経っており、ベルもその日数を遊んでいた訳でもなく、修業やそれに準じたダンジョンに於ける実戦経験の獲得、ユート曰く低い能力値の侭で強い敵と戦えば、それらの分だけ獲られる 経験値 エクセリア が何割増しかになる筈との事で、実は更新許可を楽しみにしていた。 元々の能力がヘスティア・ファミリアに入って半月程度で低く、それから行き成り第十層でインファント・ドラゴンと戦わされて、更に第七層でキラーアントと延々と戦い、遂先日に到っては本来なら有り得ない中層たる第一五層で戦闘。 メインで戦っていたのがユート、サブがラブレスで自分はオマケに過ぎなかったとはいえ、それでも戦って経験値を獲ていたのだ。 苦労に見合うだけのリターンが無ければ心が折れ、二度とは立ち上がれなかったかも知れない。 何処か現実味が無かったベルの頭に、徐々にだけど今のステイタスが染み渡ってきて、顔を真っ赤にしながら『報われた!』と涙すら流して羊皮紙を抱き締めてしまう。 「ぶっちゃけ、今のベル君はソロで七層くらいはイケるくらいだと思う。 おめでとうベル君、ユート君からの虐めにも等しい修業に克ち残った君の勝利だ!」 「か、神様……ありがとうございます!」 感極まったベルは…… 「ふえ? ベ、ベル君?」 ヘスティアに抱き付く。 茹で蛸の如く真っ赤になったヘスティア。 「そういえば、ユート君はどうしたんだい?」 ちょっと惜しみながら、それでもベルから離れて話を進める。 ヘスティア的にはこれからベッドインでも良かったのだが、流石に其処までをベルに期待するのは酷というものだろう。 ダンジョンに出会いを求めて来たにしては初心で、今だってステイタス更新で感極まったから抱き付いたに過ぎない。 冷静ならまず不可能だ。 「ああ、何だか用事があるみたいで別れて来ました」 「そっか、最後の更新……正確には最初で最後の更新をしておきたかったけど、仕方がないのかな?」 実はユート、全く更新をした事がなかった。 つまり未だに初期値。 まあ、アテナ・ファミリアに改宗をしたらその際に更新もされようが、彼女としては自分も一度くらいは更新しておきたかった。 改宗自体はアテナであるサーシャが引っ越してから行う予定で、彼女の引っ越しは 怪物祭 モンスターフィリア 後に行われる。 つまり、ユートは未だにヘスティア・ファミリアに所属の侭であった。 「お、お久し振りです……ソーマ様」 主神に頭を下げるリリ。 「うむ、誰だったかな? 我がファミリアにも団員はそれなりに居ってな、一人一人を覚えてはおらん」 随分な言い種であるが、そもそもリリは一団員に過ぎない身分な上、冒険者ではなくサポーターに過ぎなかったし、何よりここ最近はステイタス更新に訪れてもいなかった。 何より、主神ソーマとは酒造りにしか興味を示さない超暇神で、団員の顔を覚えるくらいならリソースを酒造に割くし、ファミリアそのものがソーマにとっては酒造りの為の組織。 ユートが見るに、ソーマは今でさえ早く酒造りへと戻りたいと考え、視線など御座なりでしかない。 「随分と前に死にました、アーデ夫妻の娘でリリルカ・アーデと申します」 「そんな事もあったか?」 何年も前だとはいえど、仮にも自らのファミリアの団員、それを忘れていたのだから業が深い。 だけどリリは思い出していた、嘗て両親が死んだばかりの頃にひもじい思いをしていた時、じゃが丸君を恵んで貰った事を。 あの時の男性とソーマの顔がダブる。 きっと余りにもひもじそうで、自分の本拠に居るから団員の一人だと考えて、単なる気紛れだったのだろうけど、施しをした。 偶々、目に入ったから。 それでも、当時のリリはそれで生き延びたのだ。 「本日はお願いがあって、ソーマ様の貴重な御時間を割いて頂きました」 「まったくだ。 早く済ませてくれ……」 「じ、実は同行された方に誘われまして……リリを雇いたいと仰有られ、それを受けたいと思っています。 ザニスはソーマ・ファミリアの団長で、LV.2とランクは低いものの謂わば最古参の一人。 ソーマが、ファミリアの運営に興味を持たないのを良い事に、好き勝手をしている独裁者でもある。 ザニスが居ては話が拗れるだけだとリリは判断し、彼が所用で出ている今の内に済ませる心算だった。 ユートの提案に乗ったのは理由がある。 元々、ファミリア脱退は目的の一つでもあったし、その為に犯罪行為にすらも手を染めていた。 別にユートの所属しているファミリアに入りたいという訳でもないが、此処に来るまでの会話からその気になったリリは、実の処は御安いのかも知れない。 「前に抱いた時、十回くらいはヤっちゃっただろ?」 「そ、そうですね……」 その時の事を想起したらしく、モジモジとして曖昧な返事をする。 初めてだった。 十五年間、碌に触られた事も無い自らの肉体だが、それをあんな好きに貪られた訳で、しかも中盤からははしたない嬌声を上げて、自分で股を開いてしまって濡れそぼる秘部に、ユートの分身を納めて激しく動いてしまった程。 もう『赤ちゃんがデキるかも……』とか、後の事は考えられなくなった。 激しく淫らに乱れてしまったものだ。 アレを思い出すと女の疼きを感じてしまい、お腹の奥がジュンと熱くなる。 「相手が処女だと普通なら二〜三回くらいで留めるんだけど、リリが余りに可愛かったから十回とか遂々、ヤってしまったんだよ」 「う゛……」 こんなに女として持ち上げられたのは初めてだし、それであんなにされたとか言われては、複雑な心境ではあってもちょっと嬉しいかもとか思ってしまった。 この際、何人もの女性とヤっている発言はリリ自身の心の平穏の為、全力でのスルーを決め込んでいる。 「ふ、ふんだ! ど、どうせ他にも沢山の娘に同じ事を言ってるのでしょう?」 だけども女の甘い疼きが子宮を直撃していたリリ、思わずユートに対して本音が漏れてしまった。 「まあ、そうだね」 ムカッ! 言い知れない苛立ちを感じる。 「そ、其処は御世辞でも嘘でも『君だけだよ』とか、そう言われればリリは内心で喜びますよ?」 勿論、そんな解り易過ぎる御世辞で喜ぶ程にリリは世間知らずではない。 リリは茫然となった表情ながら、顔を真っ赤に染めて今の科白を反芻して…… 「あう……」 胸を高鳴らせた。 嘘でも良いなんてそれこそ大嘘だったリリだけど、真面目な顔で微笑みを浮かべながら『御世辞も嘘も言わない』なんて言われて、唯でさえ胸がドキドキしていたのに、不意討ちみたいに言われた所為か『嬉しい』と感じてしまう。 沢山の中の一人であると公言されたのに、ニヤケるのが止められなかった。 「〜〜っっ!」 今なら『これから宿屋でしけ込もう』だとか誘われたら、ひょっとして断らずにのこのこと付いて行ってしまうかも知れない。 冒険者が嫌いで、自分の初めてを奪ったユートなんか大嫌いとか思っていた筈なのに、何とも御安いものだとリリは自身のチョロさに頭を抱えたい。 パッと手が握られる。 「【ソーマ・ファミリア】の本拠に着いたぞ?」 「へ? あ、はい!」 目的を履き違えていた事に驚愕し、ブンブンと首を横に振って気合いを入れ直して本拠を睨む。 そして団長である以上、決して弱くてはならない。 基本的にソーマ・ファミリアの団員は殆んどの者がLV.1で、何人か幹部級がやっとLV.2である。 何が言いたいか? ザニス・ルストラも偶にダンジョンへ赴き、少なくともステイタスが追い付かれない様にしているのだと云う事。 そして、今日がその日。 「ザニス様が本拠に居ない今がチャンスです!」 ザニス・ルストラを評するなら、それは厭らしい男であろうか? 別に女性にセクハラを働く訳ではなくて、性格的な厭らしさではあるが…… リリが曰く、ソーマ・ファミリアの主神ソーマは、趣味の酒作りにしか興味は無くて、ファミリアの運営は団長のザニスに丸投げ。 これ幸いとザニスは好き放題し放題、私利私欲の為に 神酒 ソーマ を利用して操り、金の荒稼ぎなどやってきたのだとか。 ザニス・ルストラとは、正に欲望一直線な男。 何しろ、片やLV.6で片や最強のLV.7だ。 ユートは識らないけど、大抵のファミリアの団長はLV.3くらいである。 中にはそれこそザニスと同じLV.2で団長というのもあるだろうし、そもそもアテナ・ファミリアだとLV.1のユートが団長を務めるのだから。 ソーマ・ファミリア本拠にやって来た二人、早速だけどソーマに会うべく彼の部屋へと向かった。 「本日はソーマ様に御願いがあって参りました」 「俺は忙しい。 聞いてはやるが手短にしろ」 リリからすればこいつは謂わばラッキー。 ソーマは完全な趣味神、趣味の酒作り以外には全く以て関心を示さないというのに、今回はどんな風の吹き回しかは知らないけど、話は聞いてくれるらしい。 これ幸いに改宗の話をした訳だが…… 「ほう、我々の〝同士〟を引き抜きたいと?」 聞き覚えのある声が背後から響く。 「……っ!?」 その声に思わずリリが振り返ると…… 「随分な話の様だ」 「ザ、ザニス様!?」 ザニス・ルストラがニヤニヤしながら立っていた。 「ど、どうして? 今日は確かダンジョンに降りる日の筈では!?」 「なーに、ちょいっとお前の姿を見てなアーデ」 しまった! リリは舌打ちしたくなるのを何とか堪えつつザニスを見る。 「珍しく男と愉しげに手を繋いでいたから何事かと思ったら、まさかソーマ様に退団の話をしているとは。 よもやその男に誑らかされでもしたのか?」 「なっ!?」 紅くなるのを止められないリリを冷ややかに見て、ザニスは自分の考えが正しいと理解した。 「ほう? そこの男、どうしてアーデを欲する?」 「別に、うちのファミリアと同盟を組むファミリアに新人が居てね。 サポーターを付けたいから知り合いのリリを選んだだけだ」 「成程?」 ユートは間違っても自分自身のリリを欲した理由を伝えず、建前だけを冷静に口に出してやる。 建前も理由といえば理由だが、ユートがリリを手に入れたい本音は女として。 だけど、それを正直に話そうものならザニス・ルストラは間違いなく足元を見てくるだろうから、ユートは建前のみを伝えたのだ。 「ソーマ様、私が交渉をして構いませんな?」 「……任せる」 雑事に興味は無いと謂わんばかりに頷くと、自らの作業に戻るソーマを見て、リリは悲鳴を上げたい。 ソーマだけなら或いは、交渉を面倒臭がり二つ返事で認めたかも知れないが、相手がザニスではもう駄目かも知れないからだ。 「まあ、退団を認めるのは吝かではない」 「本当ですか!?」 「然しだ、本来ならアーデが稼いだであろう金額一部でも支払って貰わねばな」 要は金を出せと云う。 ユートからすれば想定の範囲内だが、問題は脱退金の金額だった。 「私はアーデを評価していてね、彼女はきっと十億だって稼ぎ出せる。 ならば、一億は妥当な線だろう?」 莫迦な、有り得ない。 自分は所詮、サポーターに過ぎない上に他の連中から搾取され続け、ノームの貸金庫に三百万ヴァリスがやっとの額。 しかも百万はユートから受け取ったもので、実質的にはこの数年間で漸く稼いだ二百万ヴァリス程度。 それもサポーターとして稼いだのではなく、冒険者を食い物にした犯罪行為で稼いだ金額なのだ。 それが十億を稼げる? 有り得る筈もない。 それに搾取されたりして確実に目減りしてるのに、これは完っ全っにザニスの嫌がらせでしかなかった。 ザニスからすればユートを恐らく良くてLV.2、下手をすればLV.1だと見ており、間違いなく一億など支払えぬと理解をした上で吹っ掛けたのに、あろう事か 主神 ソーマ が邪魔をしてくれたのだから当然であろう。 「これを飲み、感想を言って尚もその娘に執心するなら一億の一割で改宗を認めて構わない」 コトリと置かれたグラスには透明な液体が並々と注がれており、先程ソーマが席を外したのがこれを用意する為だと解る。 「こいつは……」 何とも涼やかな香りが、テーブルから少し離れているユートにも芳しい。 「ソーマ……か。 しかも、ロキが随分と飲みたがっていた完成品ってやつだな」 行き成りの事で困惑するユートだが、リリは青褪めた表情となる。 「だ、駄目です! それを飲んでは!」 「黙れアーデ、貴様はまだソーマ・ファミリアの一員だぞ? 情報漏洩は決して許されん!」 「くっ!」 見ればザニスが先程とは打って変わってニヤニヤと厭らしい笑みを浮かべて、まるでこれから起こる事が楽しみで仕方がないと謂わんばかりに、口角を吊り上げていた。 リリは識っている。 完成品のソーマを飲むと人はケダモノになり、それを求めるばかりになると。 何故なら、リリも嘗ては一杯の 神酒 ソーマ を飲んでケダモノになり、無茶な金稼ぎに躍起となった時期が確かに在ったのだから。 それこそが、ユートが前に見たソーマ・ファミリアの冒険者の必死さの理由。 神酒欲しさに金金金。 リリは怖い。 神酒を飲んでユートが変わってしまい、自分を捨てるかも知れないから。 リリは怖い。 あの濁った目で神酒を求めるユートを見るのが。 リリは怖い。 結局、ユートが他の連中と同じだと失望してしまう自分自身が。 嫌だ嫌だ嫌だ嫌だ嫌だ嫌だ嫌だ嫌だ嫌だ嫌だ嫌だ嫌だ嫌だ嫌だ嫌だ嫌だ嫌だ嫌だ嫌だ嫌だ嫌だ嫌だ嫌だ! そんな場面は見たくも無かったし、何よりもまたも神酒に未来を奪われるなど絶対に嫌だった。 「ふ〜ん……まあ、僕も飲んでみたかったし丁度良いかな? 後でロキに自慢も出来そうだし」 事情もリリの葛藤も知らないユートは、グラスを手に取ると口を付ける。 コクリ…… 見紛う事無く飲んだ。 鼻を香る涼やかな匂い、失敗作なんて比べ物にもならない喉越し、清涼な後味などが渾然一体となる。 終わった。 リリは泣きたくなる。 自分が元のファミリアに戻るのはまだ良かったが、ユートまでが神酒の虜になってしまう。 そうなれば彼の所属するファミリアは滅茶苦茶だ。 「美味い、ロキが飲みたがる訳だね」 それが一口を煽った……ユートの感想だった。

次の

ソーマとは

ソーマファミリア

GA文庫より 2013年1月から刊行されており、外伝の ソード・オラトリアは2014年1月に、さらに別部門の 外伝ファミリアクロニクルは2017年3月に刊行されています。 また、アニメ化もされており、 本編は2015年4月~1クール、 外伝は2017年4月から1クールの放送が行われました。 更に ゲーム化もされており クロス・イストリア、メモリア・フレーゼ、オラリオ・ラプソティア(2017~事前登録開始)がある、大変人気な作品です。 今回はそんなダンまちに登場する 冒険者のなかで、誰が一番強いのかを私選で TOP10形式で紹介していこうと思います。 彼女は ロキ・ファミリアに所属している Lv3の冒険者で 魔道師のエルフです。 Lv4に上げれるのですが、 アビリティの上昇を優先するためにLv3に留まっています。 同じファミリアの アイズ・ヴァレンシュタインに強い憧れを抱いており、外伝ソード・オラトリアでは憧れのあまり浮かぶ妄想の数々が話題を呼びました。 Lv4にランクアップ出来る実力の持ち主ですが、本人の 自身の無さからその力を出し切れずにいます。 二つ名の由来は神々さえ驚いたという 前代未聞のレア魔法エルフ・リングと、本人の中に眠る すさまじい魔力量からその名がつきました。 エルフ・リングはレフィーヤと同じ エルフの使用する魔法なら、詠唱と効果を完全に把握していればレフィーヤ自身も使用できるという魔法で、自身の保有している魔力量も相まって様々な魔法を使いこなせる事から ファミリア内で期待されています。 しかし、チートとも思われるほどの強い魔法、高い魔力を持っていても 本人は自らの魔法に対しての自信と仲間を信じきる勇気が無く、ファミリア内では 二軍に収まってしまっています。 ヘルメスの意向により公開されているステイタスはLv2ですが、実際のステイタスは Lv4の冒険者で、 魔道具作成者という一面もある女性です。 装備武器…アノーヴァル・ダガー、 発展アビリティ…神秘、調合、彫金、 スキル…不明、 発現魔法…カロフ・アルゴール 実はお姫様!? この神秘とは、 作成したアイテムに様々な特殊効果を付与するもので、アスフィの作成した道具には装備者を完全な透明状態にする 漆黒兜、羽が生えたように空を飛ぶ事ができる 飛翔靴、空気に触れるだけで爆発する効果の有る 爆炸薬、少量の血をインクの代わりに出来る 血潮の筆などがあります。 洗礼された立ち振る舞いや深い教養を見せることがあり、ダンまちOVAの温泉回ではヘルメスが お姫様といったとおり、オラリオの外の とある海国の姫君で城から連れ出してくれたヘルメスに対しては愚痴を言いつつも 感謝をしています。 カーリーを主神とする国家系ファミリアの テルスキュラ出身で、かつてテルスキュラの風習によってモンスターや同族のアマゾネスを相手に 日々死闘を繰り広げていた経歴があります。 戦女神カーリーが治める 戦士の国テルスキュラでは、幼いアマゾネス達は親から離れ 石部屋と呼ばれる部屋で共同生活を強いられます。 毎日モンスターや同族のアマゾネス達と 命懸けの死闘を繰り返し、ようやく Lv2に上がると今度は 高レベルのアマゾネスに師事して 戦闘訓練を受けることになります。 ティオネは Lv6のアルガナに、ティオナは Lv6のパーチェにそれぞれ師事し、後に国を出てオラリオのロキ・ファミリアに改宗した後に二人の師が尋ねてきた際には、それぞれの 師と一騎打ちをして見事二人とも 勝利を収めています。 ステイタスは Lv6で、非常に攻撃的な物言いや好戦的な正確をした 狼人の男性です。 放浪の獣人部族、 平原の獣民の族長の息子で幼い頃から 弱肉強食の教えの元で強さを磨いてきました。 しかしベート以外の 全ての部族民が平原の主によって惨殺され、ベートは強さを求めてオラリオへとやってきました。 ロキ・ファミリアに入る前には ウィーザル・ファミリアの団長を務めており、ともに強さを目指す 仲間達が居ました。 一傷、拘束 ゲルギア。 二傷、痛叫 ギオル。 三傷、打杭 セビテ。 飢えなる涎 ぜん が唯一の希望。 川を築き、血潮と交ざり、涙を洗え。 癒さぬ傷よ、忘れるな。 この怒りと憎悪、汝の惰弱と汝の烈火。 世界 すべて を憎み、摂理 すべて を認め、涙 すべて を枯らせ。 傷を牙に、慟哭 こえ を猛哮 たけび にーー喪いし血肉 ともがら を力に、解き放たれる縛鎖、轟く天叫。 怒りの系譜よ、この身の代わりに月を喰らえ、数多を飲み干せ。 その炎牙 きば をもってーー平らげろ】 【ハティ】 出典: 神々から受けた二つ名は 【凶狼】(ヴァナルガンド)。 ベートが 弱者が戦場に出てくるのを嫌っている理由は、雑魚が戦場に出てくると 死にやすいからです。 平原の主によって大切なものを滅ぼされ行き着いた先のファミリアでも 恋した人を失っているベートは、どれだけ強くなっても 守りきれない弱者という存在を次第に 呪うようになりました。 ベートが弱者に発する厳しい言葉は 死ねばそこで終わることを誰よりも知っているから出るもので、 身の程知らずの弱者が不用意に戦場に出るのを防ぎたいというベートなりの思いから来ていた行動でした。 ベートの 魔法ハティとは、 魔力吸収、損害吸収をする魔法で使 用者が傷つけばそれだけ際限なく上がっていく自罰的な魔法です。 詠唱は 長文詠唱(以下引用)でベートは自らの深層から弱さが曝け出されるためこの魔法を嫌っています。 ハイエルフの冒険者は大変珍しいですが、リヴェリアには 世界中を旅したいという夢があり、ダンジョンでお金を貯めるためにロキ・ファミリアに在籍しています。 その名の通りリヴェリアは 9の魔法を使いこなすことが出来ます。 9の魔法というのは単純に魔法を9種類覚えているというのではなく、 詠唱連結によってそれぞれの 詠唱の長さを調整して 3段階の強さを引き出すというものです。 例えば攻撃魔法のヴァース・ヴィンドヘイムの場合は、第一階位がウィン・フィンブルヴェトル、第二階位がレア・ラーヴィテイン、第三階位がヴァース・ヴィンドヘイムといって 詠唱を連結させて強さを調節できます。 その為、 即効使用できる第一階位から 長文で威力が高い第三階位までを使い分けており、魔法においては オラリオ最強の魔道師の地位を確立しています。 しかし、最強の魔道師とはいえ 戦闘の際は後衛に回って支援と高威力の魔法を放つ役割の為、今回の 順位は6位です。 同じフレイア・ファミリアの元団長、 【小巨人】ミア・グランドが経営する冒険者御用達の酒場 豊穣の女主人では妹のアーニャが働いています。 以前は妹の【戦車の片割れ】アーニャと共にフレイヤ・ファミリアに属ていましたが、 今はアレンだけが在籍しており過去にはフレイヤの命令によって ベルとアイズを闇討ちして実力の確認と警告を行っています。 (妹アーニャの二つ名は【戦車の片割れ】) 装備、スキル等は 一切不明の猫人ですがフレイヤに強く魅了されているのは明らかで、フレイヤの寵愛を受けるベルに対して 強い嫉妬心を感じています。 アイズへの警告を行った際には同じファミリアに所属する 【炎金の四戦士】ガリバー兄弟と共にベルの前にあらわれ、発現した 魔法や力量を確かめる役目をしています。 また、フレイヤが娘と呼ぶ豊穣の女主人の従業員 シル・フローバをモンスターから助けた際には礼を言われて 頬を赤らめるなど、 魅了の効果以上にフレイヤに心を奪われている様子が描かれています。 ロキ・ファミリアに所属する Lv6・ヒューマンで 16歳の女性です。 本人の 表情の乏しい事から 人形姫と呼ばれていた時期が有り、ひたすらに 剣のように自分を研ぎ澄まし強さに対して 直向に向かっていた時期が有りました。 最近はファミリアの後輩のレフィーヤや、同僚のティオナ・ティオネの双子、 戦闘訓練を施した師弟のベル・クラネルなどとの 交流により、当時と比べるとかなり表情も和らぎ【碧眼の巨師】椿・コルブランド曰く 剥き出しの刀身だった心がきちんと 鞘に収まった様子だそう。 アイズの 出生の殆どは謎に包まれており、 主神ロキとファミリアの幹部達しかその秘密は知らないようです。 アリアという 風の精霊と同じ名前の母を持ち、幼い頃に両親と生き別れた後に 6歳でファミリアに加入し、 8歳でLv2に到達という凄まじい記録を持っており、これはベル・クラネルが記録を書き換えるまでは 最速レコードでもありました。 エアリアルを剣に纏わせた 刺突技リル・ラファーガは、本来なら 技名を言わなくてもいいのですが、 主神ロキによって 必殺技の名前を攻撃時に唱えると威力が上がると誑かされており、今でもその 嘘を信じています。 ファミリアの 最古参の一人で、オラリオでは1,2を争う力と 防御力の持ち主です。 その 強固さは折り紙付きで、かつてのクロッゾの魔剣以上の威力と言われている ヴェルフ・クロッゾの魔剣の攻撃を直撃で受けてもびくともしないほどです。 ロキ・ファミリアの 首脳陣の一人でもあり、ダンジョンではその強固な体を生かして 魔導士たちを守る前衛の役割を務めています。 また、ファミリアの 若手育成にも力を入れており、大規模遠征の時には若手たちが多く在籍する 第二陣の指揮を執っています。 まだロキ・ファミリアに入団したての頃は今や幹部のガレス、リヴェリア、フィンの三人は 大変仲が悪く、 喧嘩ばかりの日々だったそうです。 リヴェリアの事を いけ好かないエルフ、フィンの事を クソ生意気なパルゥムと呼び、睨み合うことが多かった時期もありますが、時は流れ数々の死線と死闘を超えて徐々に 信頼し合うようになりました。 かつては互いを疎ましく感じていた3人でしたが、アイズやベートが加入し団員も増え気が付けば 無二の戦友とも呼べるほどの絆になっていました。 更に時は流れ・・・今では ファミリアの最古参となった3人ですが、築き上げた信頼は多少の憎まれ口程度では 揺るがず互いに昔を思い出しては 笑い合う仲になっています。 小人族という種族と主神ロキから受けている恩恵が相まって 外見こそ20代前後の若者に見えますが、 実は40代で作中の回想シーンを見ても外見年齢は殆どと言っていいほど変化が有りません。  小人が崇拝していた 女神フィアナは実は架空の神仏だった事から小人族は 衰退し、フィンは 小人族の希望になるべくオラリオにやってきました。 小人族の復興という大きすぎる夢と責任を抱えて常に 勇気を持った行動を心がけています。 フィンがオラリオで活動し、ファミリアの名前と共に 小人族の【勇者】フィン・ディムナの名前が有名になれば、衰退の一途をたどる 小人族達を奮い立たせる事ができ、一族の再興に近づくと考えています。 フィンの強さはLv6の肉体的な強さもありますが、何よりも 知略に優れています。 親指が疼くというフィン特有の 危険回避能力と 戦略性、 戦況を見通す能力に長けており、何よりも 味方を鼓舞する才能に優れています。 更に発現魔法の ヘル・フィネガスを使用し まともな判断力と引き換えに身体能力を大幅に引き上げる事ができるため多くの冒険者から一目置かれています。 都市最強を誇る強さの Lv7で、今のところ オラリオにはオッタル以上に強い冒険者は存在していません。 (都市外か過去には他のLv7の冒険者がいた可能性があります) 常にフレイヤの傍に仕えており、フレイヤを侮辱する人間がいると 激しく激昂しますが、普段は 冷静沈着で実直な武人肌な人柄をしています。 また、果敢な戦いをする冒険者にはしっかりと 敬意を示す行動をとっており、イシュタル・ファミリアとの戦争の際には ヤマト・命が自らを犠牲にして仲間を守ろうとした行動を 高く評価し、瀕死の命に万能薬を使用して救うなど 敵味方関係なく敬意を示す行動をとっています。 主神フレイヤの全てを受け入れている様子で、ベル・クラネルがフレイヤの 寵愛を受ける事に対し同ファミリアのアレン・フローメルは嫉妬している様子が描かれていましたが、オッタルの場合はそうではなく、 女神の寵愛を受けた者として認めている節が有ります。 敬愛する女神フレイヤの寵愛は まるで大地を撫でる風のようなものだと考えており、 風は留まる事も捕まえる事もできずただ身を任せるように受け入れるものだとしています。 その為、 自分以外に寵愛の対象を向けてもそれを受け入れており、フレイヤによる、ベルを高みへと上らせる試練に対しても 女神の寵愛を受けた洗礼として 乗り越えて欲しいと心の中で激励を送っています。 1はなんといってもイシュタル・ファミリアからヘスティア・ファミリアに改宗した サンジョウノ・春姫。 狐人・16歳の女性です。 極東の出身の春姫は、同ファミリアのヤマト・命やタケミカヅチ・ファミリアの面々とは 幼馴染で、紆余曲折の末にオラリオのイシュタル・ファミリアで 娼婦見習いをしていました。 狐人は 数ある種族の中でも数が少ない為に珍しく、 殺生石の儀式(石に狐人の魂を宿してその能力を引き出すもの)の犧牲になろうとしていたところを ベル・クラネルとヤマト・命に助けられ、それ以降ヘスティア・ファミリアに身を置いて 妖術師として活動をしています。 ウチデノコヅチとは、 対象のステイタスを一定の時間だけ1段階レベルアップさせる魔法で、およそ 15分間その効果は持続します。 春姫が倒れてもその効果は持続しますが 消耗が激しい為一度使用すると 10分間程度使用が出来なくなります。 ココノエとは、 ココノエの魔法詠唱のあとに別の魔法の詠唱を続ける事で、後に続ける魔法を複数発動させる事ができます。 複数といっても無尽蔵ではなく 春姫の場合は 尻尾の数だけ発動できるとされており、 5本の尻尾に1つずつ魔法を載せて対象者にかけることが出来ます。 ヘスティア・ファミリアの団長で 猛牛殺しの異名を持つベルは ダンまちの物語の主人公でもあります。 白い髪に 赤い瞳という特徴がある ヒューマンの14歳の少年で、その容姿から 兎呼ばわりをされることが多くあります。 二つ名にも 【白兎の脚】 ラビット・フット という名前が付けられました。 そんなアイズの最速記録と比べてもベルの 一ヵ月半という記録は異例中の異例で、Lv2到達時点では 神々からの疑惑や 冒険者からのやっかみを受ける事になります。 しかしLv1にして ミノタウロスとの戦闘に勝利し、Lv2で協力したとはいえ 階層主を吹き飛ばし、格上である Lv3の冒険者にも勝利した功績を目の当たりにした 神々はその武勲を称え、冒険者達からは 羨望と尊敬のまなざしを受けるなど、 誰もが認める世界最速記録保持者としての 地位を確立させました。 こちらの記事もオススメ! 果たしてベル・クラネルは追いつけるのか!? オラリオ最強の冒険者達を見逃すな! 今回は ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかに登場する 冒険者の強さランキングの上位10位までを書かせていただきました。 小説、マンガ、アニメをすべて見て選んでみましたがやはり 一位はオラリオ唯一のLv7到達者、【猛者】オッタルしかありません。 今後ベルの成長次第では 最速でLv7に到達する事もありえるので、そのときにオッタルや、今回は紹介しなかったミノタウロスのアステリウスとの対決がどうなるかがとても気になります。 原作最新刊の12巻では遂に Lv4に到達し、ファミリアのランクも高くなり、いよいよベルの活躍が多くの冒険者に注目されてくるようになり、 英雄としての階段を駆け上がり始めました。 自作の 2018年2月に発売予定の13巻が楽しみですね。 こちらの記事もオススメ!.

次の

ヘスティア・ファミリア (へすてぃあふぁみりあ)とは【ピクシブ百科事典】

ソーマファミリア

概要 迷宮都市オラリアに存在するが主神を務めるファミリア。 最も最初に眷属となったが、なし崩し的に団長を務める事になっている。 【アポロン・ファミリア】との『戦争遊戯』の勝利によって得た 「竈火 かまど の館」が拠点で、その際にエンブレムも作成して描かれていたのは 「重なり合った炎と鐘」であり、「炎」がヘスティアで「鐘」が団長のベルという意味が込められている。 【】や【】といった「一流」の名のついたファミリアに比べると、メンバー個々のレベルや実力に関しては、まだまだ発展途上にあるのだが、どのメンバーも、他の冒険者には無い固有のスキルや特殊な魔法の習得等によって秘めた可能性を持っており、今後の活躍次第では十分に「化ける」可能性を秘めている。 団長であるベルの飛躍的ともいえる成長から、現在ファミリアのランクは「D」となっている。 一応ヘスティアが主神だがベル以外の眷属達からはあまり崇拝されていない というかベル以外の眷属の加入動機は「ヘスティアの眷属になりたい」ではなく「 ベルの仲間になりたい」である。 ただし、ヘスティアはベルを始めとする眷属達の事を常に優先して行動し、いかなる時があっても彼等を理解し、味方をする行動に出ている為、「崇拝」は無くとも「信頼」はされている。 【ロキ・ファミリア】とは主神同士の仲が悪いため対立関係にあるがメンバー同士には特に隔意はない。 ただし、を巡る事件では、互いのメンバーの信念や主義が全く相容れなかった結果、ほぼ全面的に敵対する事態となってしまったが、名声を捨ててでも異端児達を守り抜く信念を変えようとしなかったベルの姿から、団長のが最終的に「異端児を利用していく」という形で異端児の殲滅から手を引く決断をした為、何とか元の鞘に納まっている。 【】、【】とは同じ弱小ファミリアかつ主神同士の関係が良好の為か交流が深い。 その他は【】とは何かと縁があるため交流があり【】はがヘスティアと神友ということもあり また借金があるため 交流がある。 物語の開始時点では、主神であるヘスティアと最初の眷属である初心者冒険者のベルしか所属しておらず、拠点も廃教会の隠し部屋と非常に小規模の弱小ファミリアだった。 ベルの飛躍的な活躍により徐々に知名度が広まり、【アポロン・ファミリア】との『戦争遊戯』の開始前に、新たに3人のメンバーが団員に加わり、『戦争遊戯』における勝利を機に、オラリアで一目置かれるファミリアとなっている。 その後はヘスティアの募集を見て入団希望者が殺到していたのだが、ヘスティアの抱える 2億ヴァリスという莫大な借金が原因で、「極貧ファミリア」というレッテルが張り付いてしまい、眷属になろうとする冒険者は現状ほぼ皆無となってしまっている。 メンバー• ファミリアの主神。 ベルと相思相愛になることを夢見ている。 4 ファミリアの最初の眷属。 ファミリアの団長でもある。 物語の開始当初は初心者冒険者であったが、との出会いで発現したスキルで、飛躍的な成長を遂げている。 自覚は無いが男女問わずの人たらしで、癖が強くて周囲から実力を過小評価されていた隠れた実力者を次々とファミリアに連れ込んでいる。 神々から与えられた異名は『 未完の少年(リトル・ルーキー)』であったが、レベル4になってからは『 白兎の脚(ラビット・フット)』の新たな二つ名が与えられている。 2 元【ソーマ・ファミリア】所属のサポーター。 ファミリアの指揮・補給を担当する。 一度は鴨にするつもりで近付き裏切り行為を働いた自分を救ってくれたベルに深い心酔と好意を抱いており、紆余曲折を経て【アポロン・ファミリア】との一件で改宗し、正式に団員となった。 ヘスティアの借金を知ってからは、ファミリアの金庫番も担当する事になっている。 2 元【ヘファイストス・ファミリア】所属の鍛冶師兼冒険者。 「クロッゾの魔剣」の一族で、ベルの装備の数々を製作した張本人。 ベルが自身の制作した軽装の鎧を購入していたのを知ったのを機に専属契約を行ってパーティーを組み、後の【アポロン・ファミリア】との一件を機に改宗して、正式に団員となった。 2 元【タケミカヅチ・ファミリア】所属の冒険者。 かつて『』によってベル達を陥れてしまった過去があり、それを許し自分達に協力して欲しいと頼んできたヘスティアの慈愛に感銘を受け、後の【アポロン・ファミリア】との一件から、義理を返すために一年間限定で所属する事になっている。 1 元【】所属の娼婦 ただし処女。 妖術師。 命の親友。 父親に追放され、様々な経緯を経てオラリオの歓楽街に流れ着き、イシュタルの謀略によって殺生石に封印されて生贄にされそうだった所をベルに助けられ冒険者に転身している。 秘めた可能性は持っているものの、冒険者としての戦闘経験がほぼ皆無である為に、「妖術師」としての身の振り方も学ばせる為、ランクアップは保留扱いされている。 正確に言うとメンバーではなく一時的にかくまわれた居候。 差別嫌い このファミリアは、メンバーの大部分が の被害者で構成されており、その為、主神のヘスティアと団長のベルを含め、誰もが差別に繋がる言動等を行わない様に心掛けており、また差別を平然と行う者に対しては、毅然とした意志を貫いている。 ベル…オラリアに来たばっかの頃、既存のファミリアへの入団を考えていたが、 弱そうな外見だからと速攻かつ問答無用で門前払いを受け続け、ヘスティア・ファミリアを立ち上げた後もアポロン・ファミリアとの戦争遊戯に勝つまでインチキ呼ばわり等されていた。 リリ…ソーマ・ファミリアにいた頃、サポーターの立場であるが故に、 同然の生活ばかりを強制させられる事になり、相手が感情的になっていたとはいえ、逃げ込み先の花屋の老夫婦から心無い暴言を浴びせられる事になった結果、極度の冒険者嫌いになっていた。 ヴェルフ…ヘファイストス・ファミリアにいた頃、非常に残念なネーミングセンスと彼自身の意固地、強力な魔剣を作れる事で他の鍛冶師に嫉妬の目を向けられていた事で、ファミリア内でも浮いた存在になってしまっていた。 更に、クロッゾ家の過去の所業が原因で戦神による惨劇も起こっていた結果、特にその被害を受けたエルフ達からは、理不尽な憎悪を向けられている。 春姫…イシュタル・ファミリアにいた頃、イシュタルから道具扱いされ、からも見下されていた。 関連タグ 関連記事 親記事.

次の