電子 レンジ 臭い 重曹。 簡単!電子レンジの掃除術|焦げ、汚れ、消臭もこれでOK| Pacoma パコマ | 暮らしの冒険Webマガジン

電子レンジの焦げや臭い取りはどうしてる?効果的な掃除方法

電子 レンジ 臭い 重曹

この記事のもくじ• 電子レンジ内はなぜ臭くなる?その原因とは 電子レンジ内が臭くなる原因は、飛び散った食材の腐敗によるものです。 電子レンジで加熱をすると食材の内側から外側に向かって熱が広がる仕組みになっているので、それに伴って汁物が飛び散ったり油物が弾けたりすることで、細かな食材が庫内に付着していきます。 この付着した汚れを放置したものが積み重なって、不衛生な状態になってしまうことがニオイの主な原因です。 また、不衛生な状態を長く続けてしまうと電子レンジの加熱効率が低下することも考えられます。 なので電子レンジの臭いを取るためには、こまめに内部を清掃することが大切と言えます。 この方法でアルカリ性の汚れを取ることが可能です。 独特のニオイで咳が出るなど、酢が苦手な方はクエン酸を使用しましょう。 クエン酸は揮発しないため、酢のようにむせることは少なくなります。 それでもしっかりと酸性の役割を果たしてくれるので、アルカリ汚れを落とす時の味方になってくれますよ。 クエン酸は200ccに対して小さじ2~4杯を目安に使用すると良いでしょう。 重曹を掃除の前に使う ここでは、酸性の汚れの落とし方を見ていきましょう。 手順としては、今までとあまり変わりはありませんが、大きく違うのは重曹がアルカリ性の性質を持っているという事です。 この性質を利用して、酸性の汚れを中和させて落とすことが可能です。

次の

電子レンジの中の嫌な臭いを取る簡単な方法!生臭い・焦げた匂いに効果的なのは?

電子 レンジ 臭い 重曹

濡れぞうきんで拭いてあげて、それで簡単に汚れが落ちるのであればそれでも問題はありません。 しかしもし、簡単には落ちない場合には、どうすれば良いでしょうか? 電子レンジの中ですから、大々的に洗剤などを使って掃除するのは気がひけるものです。 それによって電子レンジが壊れてしまったりしたらすごく面倒です。 だから、洗剤ではない方法で、頑固な汚れを落としていかないとなりません。 その方法としてあげられるのが、「緑茶で濡らした雑巾で拭いてみる」という方法です。 緑茶には、抗菌成分もあれば消臭成分もあります。 汚れを落としやすくなると同時に、さらに悪臭対策としても適しているのが、緑茶なのです。 もちろん、びちゃびちゃに緑茶で濡らした雑巾で拭けというわけではありません。 電子レンジもあくまでも電化製品ですから、あまり水分を与えることは望ましくありません。 だから濡れぞうきんでもそうですが、しっかりと絞って拭くべきなのです。 それは覚えておいてください。 加熱時間はだいたい3分から5分程度で問題ありません。 それよりもポイントとなるのは、温めた後のことです。 温めた後に、普通だったらすぐにあけますよね。 でも、この場合にはすぐに空けるのは良くないのです。 温めた後には、しばらくそのまま開けないで放置しないとなりません。 そうすることによって、重曹水が蒸発したものが電子レンジ内全体を蒸していくのです。 結果、汚れが落ちやすくなっていきます。 もちろんある程度は長い時間温めているわけなのですから、別にすぐにあけても効果がないわけではないでしょう。 でも、しっかりといきわたらせた方が効果が高くなる可能性は高いので、直ぐには開けないようにするのがおすすめです。 だいたい、5分から10分程度は放置してください。 ただもし、電子レンジでの過熱が終わったら一度開けないとピーピー音がなってしまうというタイプの電子レンジを使用している場合には、一度温め終わった段階で一瞬だけ開けてすぐに閉めるようにした方が良いでしょう。 ピーピーうるさいのはストレスですから。 これでもまだ臭いがするという場合には、もしかしたら温め方に問題がある可能性があります。 たとえば、何かを温める際にラップをしない事も多いのではないでしょうか? ラップをしないで温めると、当然ながらその料理の臭いがこびりつきやすくなります。 そして当然、油などが跳ねる可能性が飛躍的に増していきます。 電子レンジでは、たとえばチーズなどを温める際にはバチバチ飛び散るくらいまで温まってしまうこともあります。 そして当然それらもまた新たなにおいの火種になります。 せっかく掃除をしても、その日のよるにそういう使い方で電子レンジを使っていたら、翌日また臭くなるのは当然です。 なんなら、掃除の際ににおいと混じって、より臭くなってしまう可能性すらあります。 それは避けないとなりません。 ただ、電子レンジで何かを温める度にラップをするとなると、ラップがあっという間になくなってしまうということもでてきます。 ラップは別にそれ単独ですごく高価な物だというわけではありません。 でも、ラップやティッシュなどのちょっとした出費が実は家計を圧迫していたということだってあるものなのです。 なので、ラップをあまり無駄に使いたくないという方も多いでしょう。 そんな方におすすめなのが、ふた付きの容器です。 電子レンジ使用に耐えることが出来るふた付きの容器を使用していれば、当然ながら電子レンジで温めても臭いは漏れないし飛び散る事もなくなります。 それでいて、洗えば何回でも使えるのですごく経済的です。 そんな電子レンジ専用のアイテムを用意してみるのもアリです。

次の

電子レンジ内が臭い原因と対処法まとめ

電子 レンジ 臭い 重曹

電子レンジの汚れの種類 電子レンジの汚れは、温めるときに料理がこぼれたり、 飛び散ったりする食べものがこびりついた油(酸性)汚れとたんぱく質(アルカリ性)汚れの2種類が主な原因です。 最近の電子レンジは、ラップをかけずに使えるタイプも多いですよね。 そのため、料理の汁などが飛び散りやすくなっているのです。 飛び散ったりこぼれたりしても、すぐに気づいて拭き取れば簡単に汚れを落とせます。 しかし、やっかいなのが放置してしまった汚れです。 電子レンジの庫内は開けっ放しにはしないので、いつの間にか料理が飛び散っていたけれど、気づかなかったという経験がないでしょうか。 汚れたことを知らずに繰り返し使ってしまい、 何度も過熱されたために焦げ付いて、落ちにくい頑固な汚れになっていくこともめずらしくありません。 汚れを放置すると、掃除してもなかなかきれいにならないだけでなく、いやなニオイを発生させることがあるほか、電子レンジの機能に悪影響が出たり、電力の消費量が高くなったりする可能性もあります。 さらに、電子レンジの庫内に残った食品のカスや汚れが、電子レンジ使用中に加熱されて発煙や発火するという事故もあるのです。 清潔に、そして安全に使うために、定期的に掃除をして、見過ごしがちな汚れを落としましょう。 【1】耐熱容器に重曹を溶かした水を入れて温めます。 【2】沸騰し水蒸気が庫内に充満したら、そのまま30分、扉を開けずに待ちます。 水蒸気が汚れをふやかし、落としやすくする時間です。 【3】30分経ったら重曹水が入った容器を取り出し、濡れたふきんで庫内の汚れをふき取ります。 重曹水と器は熱くなっているので火傷をしないように!• 【4】庫内側面の他、天井、床部分も丁寧に拭いましょう。 ターンテーブルは取り外して洗います。 電子レンジの汚れは、油(酸性)汚れとたんぱく質(アルカリ性)汚れの2種類です。 重曹は酸性なので、油汚れに効果的です。 洗剤と違い、肌に触れても害がありません。 また、お掃除の強い味方として覚えておきたいのが、 セスキ炭酸ソーダです。 これも重曹のような粉で、ドラッグストアで販売されています。 重曹と同じく油汚れの掃除に使える、人体に無害なお掃除アイテムです。 使い方は重曹とほとんど変わりませんが、重曹よりも強いアルカリ性で水に溶けやすく、汚れをしっかり落とします。 食品を入れる電子レンジの掃除には、これらのアイテムを積極的に使いましょう。 頑固な汚れ 重曹水をチンして掃除する方法でも落ちない汚れには、 スチームクリーナーを使った掃除がおすすめです。 スチームクリーナーは電子レンジのほか、コンロや換気扇などのキッチン回りの大掃除で使用できます。 高温のスチームを直接汚れに吹きかけ、短時間で効率的にお掃除できるのが魅力です。 また、手が届きにくい場所の汚れも、スチームクリーナーなら簡単に落とせます。 アイリスオーヤマのスチームクリーナー コンパクトタイプ STM-304Nなら、120cmの長いホースが付いているので、本体を置いたまま簡単にお掃除できます。 お風呂やトイレ掃除にも使えるので、1台あると家じゅうの汚れを簡単に落とせるので、とても便利です。 ・モニターの声• レモンやミカンの皮• お茶の出がらし(茶葉) 柑橘類の皮を使う方法 レモンやミカンなど、柑橘類の皮には リモネンという成分が含まれています。 このリモネンが、電子レンジ内の嫌なニオイを、柑橘類の爽やかな香りに変えてくれるのです。 使い方はとても簡単。 柑橘類の皮をお皿に乗せ、1分~2分温めます。 これだけです。 皮は乾燥していない、むきたてのものでOKですが、濡れている場合は水分を拭きとってから温めましょう。 お酢を使う方法 お酢は アルカリ性(たんぱく質)の汚れを落とすと同時に、ニオイ対策もしてくれる、キッチンには欠かせない調味料です。 耐熱容器にお酢を入れ、水で約5倍に薄めます。 電子レンジに入れて温め、水蒸気が庫内に満ちたら、そのまま30分ほど待ちましょう。 アルカリ性(タンパク質)の汚れをふやかして浮かしてくれます。 酢の入った容器を取り出し、内部を水拭きして汚れもきれいにしましょう。 扉を開けた直後は酢のにおいを強く感じるかもしれませんが、酢のにおいは短時間で飛び、気にならなくなります。 また、酢の作用で元の嫌なニオイもしなくなっているはずです。 お茶の出がらしを使う方法 茶葉にはニオイを吸い取る効果があるので、緑茶や紅茶を飲んだあとに出る茶葉も、ニオイ消しに役立ちます。 使い方は、お皿に飲み終わった後の茶葉を入れて温めるだけ。 また、コーヒーのカスにも脱臭作用があります。 お茶は飲まないけれど、コーヒーはドリップして飲んでいるという方は、ドリップした後のコーヒーカスをレンジでチンしてみてください。

次の