アボカド 賞味 期限。 アボカドの賞味期限や腐ると見た目はどうなる?黒い斑点があるのは食べられる?|知っておきたい食のあれこれ!

アボカドを切ったら黒い点と筋!これってカビ?食べられる!?

アボカド 賞味 期限

アボカドの賞味期限・日持ち アボカドの賞味期限・日持ち期間は、熟したものであれば4~5日です。 包丁を入れた場合は1日〜2日程度で食べるようにしましょう。 アボカドの保存方法 軽くにぎっても柔らかくなく緑色がかったアボカドは、まだ熟していないため、常温保存して食べごろを待ちましょう。 冷蔵庫で保存 アボカドを冷蔵庫に入れる場合は、ビニール袋に入れて保存しましょう。 カットしたものを保存するときは、中心の種を残すことで多少日持ちを長引かせることができます。 カットしたアボカドは空気に触れて酸化が進み、茶色に変色してしまいますが、レモン汁をかけることで変色を防ぐことができます。 冷凍して保存 アボカドはそのままで冷凍して保存することはできません。 皮と種をとりのぞき、スプーンなどでつぶしてペースト状にして、ジップロックに入れて空気を抜いて冷凍保存しましょう。 このとき、レモン汁を一緒に混ぜておくと変色を防ぐことができます。 食べるときは自然解凍しましょう。 品質もほぼ一定ですので旬の時期は特にないと言えますが、その中でももっとも美味しくなる時期は3月〜9月です。 アボカドの鮮度の見分け方• 皮にツヤとハリのあるもの• 皮の色が黒と緑の中間くらいのもの• 触った時に皮が浮くものは避ける すぐに食べるなら皮の黒いものを、すこし時間をおいて食べるのなら緑色が強いものを選びましょう。 まれに熟しても皮が黒くならないものもありますが、軽くにぎって柔らかくなっていれば食べごろです。 アボカドの主な産地 スーパーで売られているアボカドのほとんどはメキシコ産です。 少量にはなりますが、チリ産やニュージーランド産のものもありますが、メキシコとは季節が反対になる南半球産になるため、おいしい旬の時期は10月〜1月になります。 国産のアボカドの産地としては、和歌山県、鹿児島県奄美大島、沖縄県、高知県、愛媛県などがありますが、生産量としては少なくなります。

次の

アボカドに黒い点々や筋があるものは食べられるのか?切って気付いた時の対処法

アボカド 賞味 期限

常温保存の場合、 熟すまで• 空気に触れるとすぐに酸化して変色してしまいますので、 切り口にレモン汁をかけて空気に触れないように、 ぴっちりとラップをして冷蔵保存します。 スライスしたものも同様、酸化を防ぐためにレモン汁を かけて、ラップをするかタッパーに入れて、 冷蔵保存すると良いでしょう。 レモンがない場合は、電子レンジで1分程度加熱すると 変色を抑えることができます。 保存期間(賞味期限)の目安は? 切ったアボカドの賞味期限は、 2日程度 冷凍保存で長期保存 アボカドを ペースト状にして、フリーザーバッグや タッパーなど密閉できる容器に入れて、 できるだけ空気を抜いて冷凍保存します。 ペースト状にしたものにレモン汁を混ぜておくと 酸化が防げて保存が長持ちするようになります。 使用する際は、 自然解凍してソースやディップなどに 使用すると良いでしょう。 保存期間(賞味期限)の目安は? 冷凍アボカドの賞味期限は、 1か月~数か月 アボカドの食べごろの見分け方とは? アボカドをどう使うかによって変わってきます。 天ぷらにする場合は、固い物を使用しますし、 ソースやディップに使う場合は、熟し切っていたほうが良いでしょう。 そのままサラダとして食べる場合は、ほどよく熟しているものが良いです。 では、程よく熟しているアボカドの見分け方を見ていきましょう。 皮が 緑から黒に変わった頃で、軽く押してみると 少し柔らかいけど 弾力がある状態が食べ頃です。 皮がしわしわになっていたり、押してみて弾力がなく 柔らかい状態のものは、熟しすぎています。 軟らかく弾力があるときにヘタを取って、中がクリーム色の場合は 食べ頃。 茶褐色になっているようなら、熟しすぎています。 切ってみて、まだ固いときは対策として電子レンジで1分程度加熱すると 軟らかくなります。 固い状態のものを調理する場合は、天ぷらにしたり、 焼いたり炒めたりするような調理法が良いでしょう。 なお、上手な切り方の動画を見つけましたので、参照してください。 キレイな涙型になっているもの• 皮がしわしわになっていないもの• 触ってみて程よく柔らかく弾力があるもの• 皮にツヤとハリがあるもの• 皮の色が黒と緑の中間くらいのもの• ヘタが取れているものは、中が黒や茶色に変色していないもの• ヘタの実に隙間がないもの• ヘタの部分を押してみて、ぷよぷよとしていないもの その日に食べるのであれば、皮は黒っぽく、 触ってみて程よく柔らかく弾力があるものを選びましょう。 保存したいのであれば、皮が緑色でまだ成熟していないものを選びましょう。 ヘタの周辺を押してみて、柔らかいものは中身が変色している恐れがあるので、 避けた方が良いでしょう。 まとめ.

次の

アボカドオイルの効果効能がすごい!オススメの使い方や食べ方│健康野菜ナビ

アボカド 賞味 期限

<目次>• アボカドの栄養や効果とは? アボカドには豊富なビタミンと良質な油分が含まれています。 これにプラスして、ビタミンA・B・D・Eが多く含まれており、鉄分、カリウム、葉酸など女性にうれしい成分も多く含まれています。 特に抗酸化作用のあるビタミンEは、フルーツから摂取しにくい成分なので、大変貴重です。 また、2割を占める油分は、コレステロールを減らしてくれるリノレン酸が多く、動脈硬化予防や中性脂肪を減らす効果が期待できます。 アボカドの選び方 確認するのは、皮の色・皮の弾力・ヘタです。 皮の色がチョコレート色のものが食べ頃です。 緑色の場合は、常温で追熟させます• 手に持ったとき、吸い付くような弾力があるものが食べ頃です• ヘタの周りが皮から浮いてきて、取れそうなくらいなものは食べ頃です アボカドの保存方法 切った途端に変色が始まるので、すぐにレモン汁をかけてあげましょう。 熟したものは、ビニール袋に入れて冷蔵庫で保存。 2~3日くらい持ちます• 切ったアボカドは、種を取り除いた状態で保存します。 空気に触れることで黒ずむので、切り口にレモン汁をかけて、空気を遮断するようにラップをして、冷蔵庫で保存• 熟したものなら冷凍保存できます。 食べるときは自然解凍します 【関連記事】•

次の