お小遣い 平均。 2017サラリーマンの小遣い平均、40代はいくら、内訳は!?平均年収40代、50代編!|kirrinのネタ帳

夫の小遣い幾らが妥当? [節約] All About

お小遣い 平均

各家庭で異なる「 お小遣い事情」 まず、お小遣いをもらっているのか、いないのか。 そして「Powl」では、調査にご協力頂いた方にポイントを付与しており、そのポイントは 「現金」 や「ギフトコード」などと交換することができます。 お小遣いをもらっているのは中高生ともに約半数!もらう頻度は「月に一回」がスタンダード。 はじめに、「お小遣いをもらっているのか」を中学生145人、高校生301人に尋ねました。 中学生の 52. 続いて、「もらっている」と回答した人に「どのくらいの頻度でお小遣いをもらいますか?」と尋ねたところ、「月に一度」と回答した人が中学生で85. そしてお小遣いを貰っていない人は、決まったお小遣いはないものの、相談して買ってもらう、お年玉をやりくりするなどして欲しいものを購入するようです。 中高生のお小遣いの金額と使い道は…!?使い道の第4位には時代が現れている? 次いで、「お小遣いをもらっている」と答えた中高生にその金額を尋ねました。 中学生は「1,000〜3,000円未満」が56. 高校生はばらつきが見られましたが「3,000〜5,000円未満」が35. 高校生になるともらえるお小遣いの金額が上がっていることがわかります。 さらに「もらっているお小遣いの使い道」について尋ねたところ、中学生、高校生ともに1位は交際費、次いで飲食代や漫画などの娯楽品の購入となりました。 「その他」を選んだ中高生の女性からは「コスメ・化粧品を買う」という回答が見られました。 〈中学生〉 〈高校生〉 そして、中学生、高校生ともに4番目に多く見られたのが「貯金」という回答でした。 そこで、「貯金」と答えた人に貯めたお金の使い道を尋ねました。 中学生 欲しいものができた時に使う 13歳女性 ライブや旅行に使う 15歳女性 欲しいゲームが出た時に買えるように 12歳男性 高校生 友達や家族への誕生日プレゼント 18歳女性 大学に行ったら一人暮らしをするため 16歳女性 将来のため 18歳男性 貯金をしている中学生、高校生の多くは「使い道はまだわからないが、貯金している」という回答でした。 中には「老後のため」という回答も。 現在の景気動向などから経済的不安を抱く若年層が多いという話を聞きますが、10代の頃から将来に漠然とした不安を抱くような回答が見られるのはこの時代ならではと言えそうです。 また、若年層の「 」も行ったので是非ご覧になってください! 高校生のアルバイト事情! さらに、高校生に焦点を当ててアルバイトに関するアンケートを実施しました。 現在アルバイトをしている高校生は、全体の19. 学期末だということもあり、現在アルバイトしている人は少ないようです。 高校生や、大学生のアルバイト経験率や職種など、改めて調査したいと思います。 そして、「アルバイトをしている」と答えた人に月の収入を聞いたところ アルバイトをしている高校生の34. 「どんなアルバイトをしていますか?」と尋ねると 、最も多かった回答は「飲食店」、次いで「コンビニ」、ファストフード店やスーパーのレジ、居酒屋という結果となりました。 「高校生歓迎」のアルバイト募集をしている飲食店が多いこともこの結果の背景にあると言えそうです。 他には「農業」「歯医者」「ブライダル関係」など、将来につながるためのバイトをしているという回答もありました。 また、弊社テスティーでも調査にご協力頂くことによって、 お小遣い稼ぎをすることができます! 「スキマ時間でお小遣い稼ぎをしたい」「テスティーの調査に協力したい」という方がいらっしゃいましたら、ぜひ「Powl」をして弊社の調査にご協力頂けると幸いです! 家庭別のルール。 「お手伝い」で「お小遣い」 最後に、「家庭でのお金に関するルール」について尋ねました。 こちらは様々な意見が見られたので、中学生と高校生それぞれの家庭のルールをご紹介します。 中学生 :欲しいものがある時 高額のものは相談する 13歳女性 必要性があれば良いと言ってくれる 15歳女性 一緒に買い物に行って買ってもらう 13歳女性 :ルール なんでもお手伝い1回50円 12歳女性 お風呂洗いや掃除で10円 15歳女性 マッサージ1分10円 15歳女性 高校生 :欲しいものがある時 高価なものはお手伝いが条件で、買ってもらう 18歳女性 本当に必要か考えてから相談する 16歳女性 :ルール お小遣い帳をつける 18歳女性 貸し借りをしない 17歳女性 テストの結果によってボーナス制 17歳女性 中高生ともに、「学業に関するものは買ってもらえるけれど、欲しいものがあった時はまず自分でよく考えてから相談する」との回答が最も多く、「欲しいものがあっても我慢する」という人もいました。 中学生は「月1回のお小遣い+足りない分はお手伝いをしてまかなう」、高校生は「月1回のお小遣い+テストの結果や勉強に絡めてもらう」というお小遣い制度がスタンダードであることが伺えます。 お小遣い あとがき 以上、中高生のお小遣い事情調査についてご紹介しました。 今回の調査では数が少なかったため取り上げなかったものの、お小遣いをもらうほかに「フリマアプリ」や「ポイントサイト」を活用している中学生、高校生もいました。 また、家庭のルールにおいては「 スマホゲームなどに 課金はしない」「アプリの課金は相談する」など、スマホ世代ならでは回答も見られました。 弊社のプラットフォームでは、豊富な若年層モニターに対してリサーチやPRを行うことが可能です。 そして「Powl」では、調査にご協力頂いた方にポイントを付与しており、そのポイントは 「現金」 や「ギフトコード」などと交換することができます。

次の

旦那のお小遣い平均は?20代の場合のお小遣いはいくら?

お小遣い 平均

「」 をご一読いただき、内容に同意いただけましたら、「探す」ボタンを押してください。 お小遣い制度を採用している? お金のことはなかなか他人には聞きにくいものです。 けれどリアルなテーマなだけに、誰もが興味を持つのもお金の話題。 結婚後に家庭の家計を奥さんが管理するのか、それとも共働きを続けてそれぞれが別の財布を握ることにするのか、旦那さんが一定額を奥さんに生活費として渡すのか、と様々なタイプがあります。 家計を奥さんが管理した場合も、お小遣い制を取るのか、それとも必要な時に必要な額を渡すのかという違いも生まれます。 お小遣いの平均額は4万円弱 2018年新生銀行が20代から50代の有職者の男女約2,300名を対象にした取った「2018年サラリーマンのお小遣い調査」によると、男性のお小遣いの平均額は 39,836円(前年比2,408円増)でした。 「こんなにもらってるの?」「少ないんじゃない?」といろいろな感想がありそうですが、これは平均。 もっと少ない人も多い人もいます。 もう少し詳しく調べてみましょう。 参照: 収入や家族構成、年代でも当然変わるお小遣い ひとくちに「お小遣い」といっても、収入の額や共働きなのかそうでないのか、子供がいるかいないかでだいぶ変わってきます。 また、当然ながら20代と40代でも変わります。 年代別 お小遣いの平均額 年代別のお小遣い額の調査結果があります。 年代 お小遣い平均額 20代 42,018円 30代 36,146円 40代 37,073円 50代 44,017円 50代と20代が一番多い4万円台、そして30代と40代がほぼ横並びでお小遣いが少ないという結果に!飲み会ともなれば、30代・40代の先輩社員は後輩にご馳走してあげたり、多目に出してあげることが一般的です。 それを考えると渋い結果ですね。 背景を考えると、20代の夫婦はまだ子供がおらず、住宅ローンも組んでいない可能性が大きいため、二人で自由に使える金額が大きいといえます。 そして30代になり、子供が生まれると養育費や住宅ローンのために 旦那さんのお小遣いを削る必要が出てくるのです。 参照: 子供のいる・いない、共働きかそうでないか 各家庭の家族構成などで、当然お小遣い事情も変わります。 子どもの有無や、共働きか妻が専業主婦(無職)かで、お小遣いの平均はどうなっているのでしょうか。 家庭の状況 お小遣い平均額 子供なし・共働き(DINKS世帯) 35,005円 子供なし・妻が無職 28,722円 子供あり・共働き 32,554円 子供あり・妻が無職 35,664円 「子どもなし・妻が無職」のお小遣いが最も少ないという結果になりました。 子どもがいない間に二人でしっかり稼いで貯蓄するためなのか、夫の収入だけでは足りないため金銭的にシビアな感覚を持っているのか。 意外にも「子供あり・妻が無職」のお小遣いが最も多いんですね。 収入の安定とともにお小遣いのやりくりもじょうずにできているのでしょうか。 収入の約1割? 子持ち友達数人で集まった時にほんのりと旦那の年収とかの話になって、一人が旦那のお小遣いどれくらい?って直球投げてきて、あっ、そんな直球あり?wって思ったら一人が「給料の1割くらい」って返しててめっちゃ上手いなと思ったよね。 その場の上手な切りかえしなのか、それともリアルな回答なのか気になりますが、お小遣い平均額から考えるとこのくらいのお小遣いは妥当なのかもしれません。 お小遣いを何に使っているの? ところでこのお小遣い、使い道も知りたいですよね。 趣味のお金、交際費、タバコ代や書籍代、携帯電話の料金、床屋代……といろいろ予想できるのですが、なんとトップは 「昼食代」。 お小遣いの使い道の必要不可欠な項目を聞くアンケートで、43. 2%が「昼食代」と回答しています。 そしてそれに続いて、「携帯電話代」「嗜好品代」「飲み代」「趣味の費用」「車関係・ガソリン代」と肩を並べています。 参照: お弁当を作れば、昼食代を節約できる 会社によっては休憩室がない場合や、オフィスの自分の席で食べるとニオイがこもって他の人の迷惑になるから外に食べに行かざるをえない場合などもありますが、奥さんがお弁当を作ってあげれば、とても大きな節約できる項目なのです。 男性会社員の1日の 平均昼食代は570円というアンケート結果が出ています。 お弁当のおかずは朝ご飯のおかずや、前日の夕ご飯の残りを詰めればそれほど手間にはなりません。 また時間があるときにたくさんつくって冷凍しておけば、朝は「詰めるだけ」で手軽にお弁当を作ることもできます。 1カ月1万円の節約でも、1年で12万円。 10年なら120万円です。 大きいですよ! お小遣いが足りないとき 送別会が多く飲み代がかさんだ場合や、冠婚葬祭で出費が続く場合、お小遣いだけでは足りなくなることも当然予想されます。 足りなくなった時にどうするかというアンケートに対して、62%の人が「 使わずに我慢する」と回答しています。 でも冠婚葬祭などの際は「使わずに我慢する」では乗り切ることができませんよね。 そんな時は、「預貯金を取り崩す(21. 6%)」「家計から捻出する(18. 9%)」と回答する人がいるなか、「クレジットカードやカードローンを使う」と答えた人も11. 3%います。 翌月に払える範囲のクレジットカードの利用ならば問題ありませんが、ローンを組んでしまうと高い金利を払わなくてはなりません。 足りなくなったときにどうするのでしょうか。 ローンを組んで無駄な利子を払わずに済むよう、 夫婦でしっかり話し合いをしておくことが重要ですね。 参照: 旦那のお小遣いの平均は4万円弱 旦那さんに渡す お小遣いの平均は約4万円弱という結果でした。 子供がいるのか、共働きなのかによっても変わりますし、年代によっても変化します。 他人から聞かれて「収入の1割」と答えた人がいますが、この考え方も一つの目安になりそうですね。 一方、旦那さんがお小遣いの中で一番たくさん使うのは昼食代で一回につき500円強です。 もしこれをお弁当にして毎日浮かせるとなると、1カ月で1万円強の節約になります。 旦那さんとお小遣いの額、使い道について一度話し合ってみてはいかがでしょうか。 電気代を少しでも浮かせてお小遣いに還元?! 電気代が高くて悩んでいませんか?特に夏場などはクーラーなどで電力の消費も激しいですよね。 旦那さんのお小遣いもそうですが、できれば余計な出費はなるべく避けたいのが主婦の本音です。 電気代が気になるなら、電力会社のプランを見直すことも大事です。 でも、多くの電力会社のさまざまなプランから選ぶのは大変ですよね。 「エネチェンジ電力比較」では、かんたんな質問に答えるだけで電気料金のシミュレーションを行い、あなたのご家庭にぴったりな電気料金プランをご案内いたします。 もちろん、無料でご利用いただけます。

次の

子供と旦那のお小遣い平均!中学生、高校生、大学生、サラリーマンは?

お小遣い 平均

調査は4月に上で実施し、20~50代の有職者の男女7人から回答を得た。 男性の毎月のお小遣い額は、平均3万9419円で、前年比2円増となった。 8 年の水準に回復した。 年代別にみると、50代が最も高く4万1987円、次いで(4万7円)、30代(3万7874円)と続き、40代が3万6449円で最安値となった。 「給与の全額を家庭に入れる」人は6割 別に見ると、「未婚者」(4万6741円)と「既婚・共働き・あり」(3万7円)では1万円以上の差があった。 の学齢別では、「」のいる家庭が最も低く3万7円、次いで「中高生」(3万4647円)、「」(3万7697円)となった。 女性のお小遣い額は平均3万9円で、前年比585円増となった。 年代別にみると、が4万391円、30代が3万7113円、40代が2万9793円、50代が2万8327円。 若い世代になるにつれ高額になる傾向があった 家庭に入れる金額については、男性の6割が「給料の全額」(59. 1%)と回答し、最も多かった。 次いで、「給料の中から一定額を家庭に入れている」(23. 6%)、「給料の中から一定額を手元に残し、残りを家庭に入れている」(11. 8%)と続いた。 一方、中には「全く入れていない」(5. 5%)と言う人もいた。 男性の4人に1人は「仕事後に飲酒をしない」 1回の昼食代について、男性の平均額は585円(前年比30円増)、女性の平均額は583円(前年比2円増)となった。 昼食については「弁当持参」(男性33%、女性56. 4%、以下同順)が最も多く、次いで「購入した弁当」(25. 2%、19. 2%)、「社員食堂」(19. 3%、8. 8%)、「外食」(15. 6%、8. 7%)と続いた。 仕事終わりの飲酒状況を聞くと、男性では「自宅で飲む」(39. 1%)が最も多く、次いで「飲みに行く」(37. 2%)が続いた。 一方、4人に1人は「飲まない」(23. 7%)と回答。 1回あたりの費用は「飲みに行く」が2円で、「自宅で飲む」(7円)を0円程度上回った。 女性では、「飲まない」(34. 2%)が最多。 次いで、「飲みに行く」(31. 6%)、「自宅で飲む」(34. 1%)が続いた。 会社員の平均お小遣いは男性3万9419円、女性は3万3269円 ランチ代の平均は585円 関連ニュース•

次の