ピエン 超え て。 ピエン(ぴえん)の意味とは何なのか?JKや若者に流行の言葉の使い方を、例文でご紹介!

代表挨拶・経歴

ピエン 超え て

少し前になりますが… 昨秋にお休みをいただいて、イタリアはトスカーナ地方へ行ってきました。 トスカーナといえば… 州都でもある花の都・フィレンツェが有名ですね。 たくさんのルネッサンス作品に出逢える、芸術の街として知られています。 また少し田舎の方へ行けば、 広大な丘陵地帯が広がるオルチャ渓谷や まるでおとぎ話のようなかわいい村々が。 そして忘れちゃいけない、トスカーナ料理! 初めて食べるものでも、どこか懐かしい。 …そう、 私がトスカーナで感じたもの、それは郷愁!郷土愛! 人はもちろん、お料理、街並みにいたるまで… 愛にあふれるトスカーナ精神が、深〜く染み付いてる! さらに印象的だったのは、聖母の作品。 これには、トスカーナとか土地の限定を超えた、もっと大きな「ふるさと感」があります。 郷土愛もとい、郷母愛! を彷彿とさせるものを感じました。 今回は、旅のテーマを 「聖母」「自然」「グレゴリオ聖歌」 に絞って行ったのですが… 結局すべてに通じるのは「愛」だと氣付いた、そんな旅になりました。 まずはフィレンツェで合流・一泊し、翌朝シエナへ! フィレンツェ〜シエナはバスで1時間半ほどです。 シエナについて 町中きれいな茶色で統一されている、シエナ。 ここは、中世にはフィレンツェと競い合ったほど栄えていた都市です。 とくに金融業で栄えましたが、最盛期にはその経済力をもって芸術の中心地の1つとしても重要な土地となりました。 その中で 「シエナ派」という新たな画派が花開き、ゴシック〜ルネッサンスへと移行する中で、フィレンツェ派とは異なる独特な絵画作品がたくさん生まれました。 (あとでくわしく触れます) また大学や音楽院、外国人のためのイタリア語学校などもあり、学問の町としても有名です。 1995年には旧市街が世界遺産に登録され、とくに夏のパリオ(競馬のお祭り)シーズンには、地元の人はもちろん、多くの観光客でにぎわいます。 向かって左、高さ102mの「マンジャの塔」に登れば、カンポ広場の美しい扇型を見ることができるのですが… 今回は登らず。 ちなみにこの日はあいにくのお天気で、超〜寒かった。。 東京はまだ秋だったので、一気に冬へ来た感じ。 石畳って本当に冷たいのね〜( ; ; )足の芯から冷えます! が、街並みは本当にきれい。 石造りの建物は、想像以上に高くて(しかも垂直感がすごい!) 向こう側が見えないため、自分が今どこにいるのかすぐわからなくなります。 笑 町のいたるところに祭壇が。 レストランのオープンまでちょっと時間があったので、バールでお茶をしました。 ここ「」は、シエナ生まれの老舗お菓子屋さん。 写真がこれしかないのですが… 奥のショーケースにはお菓子やパンがいっぱい並んでて、持ち帰りはもちろん、併設のバールでカフェとともにいただけます。 このお菓子は「Ricciarelli(リッチャレッリ)」 アーモンド(いわゆる杏仁)味で、噛み心地しっとり、とっても甘〜い! チョコ味もあります。 トスカーナの伝統的な味を守りつつも洗練されたお料理を、素敵な空間でいただけます。 天井が高くて、同じく高さのあるこげ茶色の家具。 Antipasto(アンティパスト=前菜)は、 アーティチョークにチーズクリームが入って、レモンのソースでいただくもの。 お皿が洗面器のように大きい…! 素材を生かした上品なお味で、美味〜^^ Primo piatto(プリモ・ピアット=パスタ)は、 リコッタチーズのトルテッリ(ラビオリの皮にじゃがいもが入ったもの)ビーツ添え。 固くてボソボソなのですが…、それがなんとも滋味深い。 トスカーナ料理が塩分多めな理由は、塩なしパンにあるのです。 パンと一緒に「Olio nuovo(オーリオ ヌゥオヴォ)」と言って出してくれたのは、つまりヌーヴォー! 今年採れたての、新物オリーブオイルでした。 調べたら、オリーブもワインと同じく秋に収穫されるものが多いんですね〜 フレッシュなオリーブオイルは、喉の奥でピリッとするんですよ! シエナ大聖堂(ドゥオーモ)とその美術館 お腹もいっぱいになったところで、シエナ大聖堂の美術家へ。 シエナ派でお目当ての作品を目指して行きました。 カンポ広場から大聖堂へは近いのに、シエナの街並みは本当に先が見えなくてちょっと迷いました。 壁の高~い迷路を歩いてる感じ… お!見えてきた! どぉーーん!!と突然あらわれた、こちらがシエナ大聖堂。 いわゆるドゥオーモ。 イタリアンゴシックの典型だそうな。 写真だと伝わりにくいのですが… どっしりとした「鎮座感」、本当にすごいんですよ〜 中に入ると、さらに圧巻…! 大聖堂って、、こんなにすごいんかぁー!!! クレーンもなかった時代に、石で、こんなに高くて大きなものを作るなんて… しかも装飾の緻密なこと!! 昔の人ってすごい! 天井も、高い…! 祭壇部。 アーメン… キリストの沐浴(洗礼)シーン。 大聖堂内部に別室への入口があり、 こちら 「ピッコローミニ家の図書室」 きらびやか〜! 室内をぐるりと囲んでいる壁には、巨大なフレスコ画。 どこまでが壁で、どこからだまし絵か、わかりますか? 聖歌の楽譜(ネウマ譜)も展示されています。 まるでおとぎ話の絵本みたい。 床のモザイクも、職人技や! 図書室から、また大聖堂の方に戻りまして… この聖母子、授乳中なんですよ〜^^ Paolo di Giovanni(パオロ・ディ・ジョバンニ)作 「授乳の聖母」 母も子も、こっち見てる〜 美術館でも、同じものを発見。 こちらのステンドグラスは、ドゥッチョの下絵によるもの。 石像の展示ゾーンには、聖母のレリーフ。 そして、いよいよお目当ての作品!! …の前に、 シエナ派について シエナ派の絵画はビザンチン美術の影響を受けているため神秘主義的で、リアリティを追求したフィレンツェ派とはひと味異なる、独特な画風が特徴です。 13世紀後半から14世紀前半にかけてシエナに誕生した、 ドゥッチョ・ディ・ブォンセーニャ、 シモーネ・マルティーニ、 ロレンツェッティ兄弟に代表されるシエナ派画家の活躍は、 それまでの完全な平面(二次元)だった絵画に、光やシワ、ゆたかな色彩を使って進化させ、ゴシック〜ルネッサンス期への橋渡しとも言える役割を担いました。 また、シエナの黄金期ともいえるこの時代、政府がシエナ派画家たちの最大のパトロン(=スポンサー)だったこともあり、政治と宗教の関係はとても密接でした。 実はシエナは、別名「聖母の町」と呼ばれるほど、聖母信仰が厚い!! シエナ派の神秘的で繊細な作品は、この黄金期の市民の愛国心と、聖母への厚い信仰心が一体となって誕生したものなのです。 想像するだけで胸が熱くなるぜ! 絵のど真ん前に椅子があるので、しばし座ってじっくり鑑賞できますよ^^ こちらもドゥッチョ師匠 作。 こちらは マエストロ・ディ・テレッサ(テレッサの師匠) 作 「大きな目の聖母」 木版に描かれたテンペラ画では、シエナ派で最も古い作品だそうです。 …ここまでビザンチン色が強いと私の好みではない。 やはりドゥッチョ師匠のが好き。 実は、あの塔の高さ102mとドゥォーモの高さは全く一緒! これは、「政府と教会がどちらも同等な権利のもとにある」ということを表しているのだそうです。 色の名前になるのも納得です^^ シエナにはわずか1日の滞在なので、観光はこれにて終了。 夜は地元食材がたくさん売ってるスーパーマーケットへ行ったり、町をプラプラ。 そしてなんとか到着! ピエンツァについて ピエンツァは人口わずか2000人ほどの小さな村。 世界遺産のオルチャ渓谷(あとで説明)の中にあるので、周りにはすばらしい景色が広がっています。 昔はコルシニャーノという名前でしたが、1458年にローマ法王となったピウス2世がこの村の出身で、自分の故郷を理想の都市にしようと計画したことから、村の名前も彼の名にちなんで改称されました。 また、設計をフィレンツェの建築家ベルナルド・ロッセリーノに依頼して、ルネッサンス式の大聖堂など立派な建築物が造られました。 しかし法王の死で計画は中断。 町は次第にさびれ、一時は人口もかなり減りましたが、20世紀に入って復興の工夫がなされてから再び活気を取り戻しました。 1996年には世界遺産にも登録され、ハリウッド映画のロケ地に使われたり、シーズンには多くの観光客でにぎわいます。 またピエンツァは、羊乳から作られるペコリーノチーズの有名な産地でもあります。 ペコリーノはイタリア各地で作られており、ロマーノ、シチリアーノ、サルドなどありますが、ペコリーノトスカーノは塩気が少なくマイルドな味が特徴です。 ーーー*ーーー 早速ホテルに荷物を置いて、町を散策。 こちらが大聖堂。 聖母マリアを祀っています。 ローソクお供え?しました。 それにしても、本っ当に寒かった…! オルチャ渓谷を一望できるスポットはいくつかあって、このポイントともう1つ、聖カテリーナ教会へ続く道でもすばらしいパノラマ景色を堪能できます。 ピエンツァもシエナ県の一部なので、こうして彼女の教会があるのですね。 大聖堂も、このような町の教会も、それぞれが素敵。 この翌日に行った修道院もすばらしかったので、また後編にて… ピエンツァでのお宿は、 「」にしました。 お部屋も広々、クリーム色でかわいくて素敵なホテルです。 なんと!またしてもお部屋が108!! 、再来。

次の

ピアッティ ペコリーノ・ディ・ピエンツァ【葡萄絞りカス】

ピエン 超え て

美しい田園風景で世界遺産にもなっている。 その中でも単独でも世界遺産にもなっているに、バスで行けるアグリツーリズモがあるのです。 オルチャ渓谷にせよ、アグリツーリズモにせよ、両方とも基本的には車がないと無理なのですが、ここはシエナからバスで1本、バス停からは徒歩2分ほど、旧市街へも5分もかからない!という、とても便利な立地。 なので、表側は道路に面しているのですが、裏側はオリーブ畑や連なる丘が見られる絶景も見られます。 お部屋は、シンプルなダブルルーム、 ミニキッチン付きのワンルームアパート、 寝室とDKの2部屋からなるアパートの3つ。 前者2つは2名まで、アパートはDKのソファーベッドも使えば4名まで、ダブルルームとアパートはつなげることもできるので、最大6名まで宿泊することができます。 アグリツーリズモですので、オーナーはもちろん農家。 ここはワインとオリーブオイル、そして飼育している豚を使用したサラミなどを生産しています。 嬉しいのは、宿泊のお客様なら無料でワインセラー見学とテイスティングができること! ワインセラーは地下に1つ、別棟に1つ。 両方とも小さいスペースで、テーブルワインとDOGのオルチャワインの2種類、年間の生産は6,000本と、家族経営ならではのこじんまりとしたワイナリーです。 ワインもオリーブオイルも、生産品はもちろん購入して頂けますよ。 地下のテイスティングルームには、お友達などが生産する地元のジャムやハチミツ、チーズやパスタなども販売しているので、お土産にも良いです。 そしてお子様連れに更に嬉しいのが、裏にある動物スペース。 宿泊者の方なら、こちらもご自由に入って触れ合って頂けます!飼っているのは、豚、羊、ウサギ、鶏など。 鶏の卵や作っている野菜も、スタッフに言えば分けてもらえるという気前の良さ!!訪問した日も、何個も卵があったので、6つもお土産に頂いてしまいました。 そして時期が合えば、子豚や子ウサギなどもいるので、まさにミニ動物園!豚ちゃんは生産物である生ハムやサラミに変身するで、それが頭によぎると複雑な気持ちになるかもしれませんが・・・農家にとっては、それが当たり前。 大事に命を頂くことも、ここで学ぶことかもしれませんね。 お客様の都合には合わせられませんが、タイミングがあえば9月のブドウの収穫(ただし2日間終わるので、見学できるのはすごい確率!)、11月にはオリーブの収穫(そして搾油所へ行く時も同行できます)、12月のサラミ作りも無料で見学できるんです。 今やアグリツーリズモは星の数ほどあり、田舎にあるリゾートホテルのようなアグリも少なくない中、ある意味とても珍しい昔ながらの農家の良さを体験できる貴重なアグリツーリズモと言えるでしょう。 宿泊用の部屋とアパートは全て1階にありますが、お父さん家族とラウラ家族は2階に住んでいるので、何かあれば階段を上がってトントン、と叩けばOK!食事サービスはしていませんが、コルネットやジャム、ハチミツ、牛乳やジュースが入った「朝食セット」を部屋においてくれます。 キッチン付きの2つのアパート宿泊の場合は、これまた目と鼻の先にあるミニスーパーで買い出しして自炊を楽しむことも。 もちろん旧市街までは徒歩5分もかかりませんので、レストランに行ったり、旧市街の食材店で買い物してもOKです。 そして最後に、歴史に興味がある方は、彼らが所有権を持っているロミトーリオ=隠れ家へ。 この場所は元々、エトルリア時代の墓だったとされています。 時を超え、中世にそれを見つけた修道士などが隠れ家的な祈りの場所として使用していたそう。 そんな歴史に思いを馳せ、独特の世界に浸ってみて下さい。 見学希望の方はスタッフに言えば、鍵がもらえます。

次の

愛するピエン

ピエン 超え て

ピエンツァってどんな町? ピエンツァ(Pienza は、なだらかな丘に糸杉と家が点在する、まるで絵本の世界のような世界遺産・オルチャ渓谷の中にある、丘の上の小さな町です。 ピエンツァは、一人の人物によって計画的に作られた町です。 その人物とは、15世紀の教皇ピウス2世。 彼は、自分の故郷・コルシ二ャーノがあまりに貧しい村だったため、理想郷に作り変えようと決心し、芸術家ロッセッリーノがその責任者として抜擢されます。 こうして、当時のフィレンツェをお手本にした町づくりが始まりました。 そのため、ピエンツァは、町が迷宮状ではなく、直線状の道路が直角に交わる、ルネサンス的な街並みです。 ただし、もともとこの地にあった、中世の町並みが残されている場所もあり、そのような地区では、狭い路地が続く中世の趣が見られます。 この町づくりプロジェクトによって、町の名前も、コルシニャーノから、ピウス2世にちなんだ「ピエンツァ」と改名されました。 しかしこの理想の町づくりは、町が完成する前にピウス2世が死んでしまったため、計画は中断し、再開されることはありませんでした。 つまりは、故郷を立派な町にしたいという、ピウス2世の公私混同にすぎない計画だったのでしょう…。 しかし、おかげで、現在、絵画のように広がるオルチャ渓谷の丘の上に、ぽつんとたたずむ、宝石のような美しい町が残されました。 計画が中断されたこともあって、ピエンツァは本当に小さな町なのですが、その小ささが、逆にオルチャ渓谷の風景と見事に調和しています。 しばらくはピエンツァが、人々に見捨てられた町のようになってしまったこともあり、現在のピエンツァは人口が少なく、交通も非常に不便な場所にあります。 ですが、数あるイタリアの魅力的な小都市の中でも、私は特に心に残った町の一つです。 ピエンツァの位置は? ピエンツァは、中部イタリア、フィレンツェのあるトスカーナ州南部に位置します。 シエナの、さらに南側に位置する、オルチャ渓谷の中にある町です。 ピエンツァへのアクセス方法の詳細はこちらのページをどうぞ ピエンツァ観光に必要な所要時間は? ピエンツァは、本当に小さな町なので、大聖堂やピッコローミニ宮などに入っても、町自体を歩くには数時間あればじゅうぶんです。 ですが、レンタカーやタクシーで移動するのでなければ、アクセスがしにくい町なので、宿泊観光をおすすめしたいです。 オルチャ渓谷の見晴らしは、えも言われぬ感動がありますし、時間があれば、オルチャ渓谷の方に、少し降りて歩いてみるのも、よい思い出になります。 ピエンツァの名産品 ピエンツァといえば、何といっても、羊の乳から作るペコリーノチーズ Pecorino が有名。 バルサミコ酢をかけて食べると美味しく、ワインにも合います。 また、ハチミツやジャムも、この辺りの名産品で、宿泊したアグリツーリズモで頂いたものが、非常ーーーに美味しかったです! また、うどんのような太麺パスタ「ピチ(pici)」も、この辺り一帯の郷土料理なので、レストランに入った際は、オーダーすることをおすすめします。 ピエンツァ旅行におすすめの本 ピエンツァがかなり詳しく掲載されている地球の歩き方の中部イタリア版。 2017~2018年版は、何とオルチャ渓谷の特集が組まれているそうです!購入前に最新版かどうか確認を。 2011年に出たクレアトラベラーの、トスカーナ特集号。 表紙がピエンツァです。 女性に嬉しいお店情報があります。 ピエンツァはツアーで行ける? ピエンツァを含むオルチャ渓谷一帯は、もともと映画のロケ地などになったこともあり、アメリカ人に人気の観光地でしたが、最近は日本での知名度も上がってきました。 そのためか、旅程にオルチャ渓谷を含むツアーを目にするようになってきました。 フィレンツェ発のオプショナルツアーも、結構増えてきました。 オルチャ渓谷一帯は、個人で行くには交通が不便な地域です。 また、オルチャ渓谷の有名な撮影スポットは、なかなか公共交通機関では行きにくい場所にあるので、ツアーを利用するのが便利です。

次の