デレステ 理想 編成 ユニゾン。 デレステのシンデレラエールとトリコロールシンフォニーの効果解説!

デレステ スコア理想編成リスト 2020/03 輝け!ビートシューター MASTER+

デレステ 理想 編成 ユニゾン

【2019. 1】「GRAND LIVE」に関して追記等 【2019. 5】「ユニゾン」「アンサンブル」の登場による追記 デレステの理想編成紹介。 2019年上半期の主な変更点• 8高回復の登場(2019. 4) 8高回復が実装されたことで、回復スキルのランキングが変動。 それに伴い属性曲の理想編成における《プリスパ編成》の回復枠が8高に変更されました。 シナジー3周目の登場(2019. 31) なぜかこれまでDa特化の13高スパークルは実装されていなかったのですが、2019. 31の限定ガシャで《 双葉杏》が登場。 続けて翌月の限定ガシャで《 藤原肇》が登場したことでDaトリコでも13高スパークルを使った《トリコスパークル編成》が組めるようになりました。 編成の基本• 《センタースキル》を選ぶ(全属性曲:トリコロール、属性曲:ユニゾン、が最も強い)• 《コンボボーナス系特技》と《スコアアップ系特技》に特化したアイドルをそれぞれ1人ずつ入れる• (コンボナ系特技にスパークルを採用した場合は回復要員を入れる)• 《特技効果アップ》特技を入れる• ユニット内のコンボボーナス同士、スコアアップ同士の秒数が被らないようにする 複合特技 コンボナ スコア 特技up 自由枠• 複合特技:フォーカス、シナジー、コーディネイト• コンボナ特化:スパークル、コンボナ、(オルラン)、(チューニング)• スコア特化:オバロ、アクト、コンセ、スコア• 特技効果アップ:アンサンブル、スキブ 基本的にはこれでOK。 あとは各特技で最も強い秒数のアイドルで組めれば理想編成の完成。 特技の強い秒数については、以下の『特技の秒数による強さまとめ』の記事を参照。 楽曲や難易度によって最適な編成が変わってくる場合があります。 センターは真ん中ではなく先頭に配置しているアイドルです。 ライフスパークルがいる場合はライフが305になるように、ライフポテ振り(ゲストのライフポテは考えない)。 その他総合的な判断により若干例外的な振り方をしている場合あり。 ポテ振りについてはあくまで参考程度にどうぞ。 以下属性曲の理想編成の項目でも同じ。 全タイプ曲では、センタースキルは《トリコロール》を使うため、 特化ステがずば抜けて高くトリコと相性の良い《シナジー》が圧倒的に強い。 全タイプ曲の方が基本的には属性曲よりもスコアが出る上、 トリコ編成はほぼフェス限だけで組めるため、組みやすさの観点からも非常におすすめ。 以下の編成ではゲスト無しで3属性揃うようにしてあるが、 ゲストが使える場合トリコはゲストの属性込みで3属性揃えば良い。 トリコ編成は属性曲でも十分強力。 イベントでも金トロくらいなら獲得できる。 もっとも、 シナジー持ちの特化ステが高すぎるため、スコアアップに特化した特技を採用するよりも3枚目のシナジーを入れたほうが強くなってしまった編成の基本の例外パターン。 強い上に曲を選ばない編成。 3つの中では トリコに4高があるViが若干優勢。 シナジーと秒数のかぶるトリコは使いづらい。 Grooveで使う場合は、同属性のアイドルが3人になるようにトリコかスキブの枠を変える。 スパークルの倍率が非常に高いため、コンボナ トリコ を採用しているにも関わらず、スコア特化特技よりスパークルを入れたほうが強くなってしまったパターン。 ライフが305以上になるようにライフポテを振らなければならないのもデメリット。 また、スパークルは楽曲によっては13高がもっとも強くない場合があるが、シナジーとの秒数の兼ね合いからそういった楽曲でも結局13高を使うことになりがち。 この編成もやはり トリコに4高があるViが若干優勢。 さらにViの場合は自然な形で Cuが3人入るため、Grooveでも強い。 楽曲のノーツの構成に大きく左右されるアクト採用型。 楽曲次第では最も強い。 基本的には高難易度曲向けの編成。 今後アクト持ちが増えればさらに編成の幅が広がりそう。 属性曲の理想編成 属性曲の理想編成は限定アイドルが多く編成難度が高い。 ただどう組むのが最も強いかは、まだ予想の段階なのでこの編成を暫定にしておきます。 シンプルに、これまでのスキブの代わりにアンサンブルを入れたもの。 「アンサンブル」が回復効果に乗らないのは少し気になる。 回復SSRなら大丈夫だと思うけれど、回復役にオルランを代用していた場合は厳しくなるかもしれない。 ユニゾンを使った他の編成案等、以下の記事も参照してください。 プリスパ編成(旧理想編成) 2019. 《7中オバロ》《11中コンセ》の2つについては、腕次第(Great率次第)では《11中コンセ》の方が強くなる。 【2019. 《アクト》は楽曲の構成次第だが、ハマれば強い。 スパークルに関しては楽曲によって13高ではなく11高や9高が一番強い場合がある。 フォーカスの《 島村卯月》と恒常の《 白雪千夜》が総ステ最高値持ちなので、 Cuが一番アピール値が高くなるため強力。 《フリックアクト》《ロングアクト》共に強く使える場合なので、相当楽曲は限られる。 理想編成になるのはかなり例外的だと思う。 現状Cuでしか組めない上に、《 プリ卯月》《 千夜》《 ちとせ》の3人が総ステ最高値持ちなので、どのみちCuで組むのが最も強いためCuのみの紹介。 ーーーーーーーーー このブログでは各イベントの記事で、そのイベントにおける理想編成の検討もしているのでそちらも合わせてどうぞ。 最新のイベント• アタポン:• Groove:• Parade: GRAND LIVE の理想編成 基本的には同じ構成の理想編成3つで組む。 また、アクト系特技は「GRAND LIVE」には向いていないため、スコア特技枠はコンセ推奨。 GRAND LIVEでは、 ユニット毎に特技の発動タイミングがずらしてあるため、異なるユニット間の同じ特技は秒数を揃えると発動が被らない。 そのため、 特技と秒数が同じ構成の編成3種で組むのが良い。 異なるユニット間で同じ特技の違う秒数を採用すると、特技の発動被りが生じてしまいスコアは低下する。 下記記事についても参照。 楽曲と一致した属性で総ステ最大値( 15928)のアイドル10人(ステポテ30)でサポメンは最大値。 これらのアイドルのステは全体的に高めに割り振られており、特化ステはあまり高くない。 Grooveのサポメンについて Grooveでのサポートメンバーの理想値は202280。 GrooveイベントではサポメンにもGrooveの種類に応じたボーナスがサポメンにかかるため、サポートアピール値が通常よりも高くなる。 そのため、特化ステが極端に高い《シナジー》持ちが最もサポメンに適する。 Grooveの種類に応じた《シナジー》持ちアイドル10人(ステポテ30)で最大値。 uraichis.

次の

デレステのセンタースキル【ユニゾン】と特技【アンサンブル】効果解説!

デレステ 理想 編成 ユニゾン

【2019. 1】「GRAND LIVE」に関して追記等 【2019. 5】「ユニゾン」「アンサンブル」の登場による追記 デレステの理想編成紹介。 2019年上半期の主な変更点• 8高回復の登場(2019. 4) 8高回復が実装されたことで、回復スキルのランキングが変動。 それに伴い属性曲の理想編成における《プリスパ編成》の回復枠が8高に変更されました。 シナジー3周目の登場(2019. 31) なぜかこれまでDa特化の13高スパークルは実装されていなかったのですが、2019. 31の限定ガシャで《 双葉杏》が登場。 続けて翌月の限定ガシャで《 藤原肇》が登場したことでDaトリコでも13高スパークルを使った《トリコスパークル編成》が組めるようになりました。 編成の基本• 《センタースキル》を選ぶ(全属性曲:トリコロール、属性曲:ユニゾン、が最も強い)• 《コンボボーナス系特技》と《スコアアップ系特技》に特化したアイドルをそれぞれ1人ずつ入れる• (コンボナ系特技にスパークルを採用した場合は回復要員を入れる)• 《特技効果アップ》特技を入れる• ユニット内のコンボボーナス同士、スコアアップ同士の秒数が被らないようにする 複合特技 コンボナ スコア 特技up 自由枠• 複合特技:フォーカス、シナジー、コーディネイト• コンボナ特化:スパークル、コンボナ、(オルラン)、(チューニング)• スコア特化:オバロ、アクト、コンセ、スコア• 特技効果アップ:アンサンブル、スキブ 基本的にはこれでOK。 あとは各特技で最も強い秒数のアイドルで組めれば理想編成の完成。 特技の強い秒数については、以下の『特技の秒数による強さまとめ』の記事を参照。 楽曲や難易度によって最適な編成が変わってくる場合があります。 センターは真ん中ではなく先頭に配置しているアイドルです。 ライフスパークルがいる場合はライフが305になるように、ライフポテ振り(ゲストのライフポテは考えない)。 その他総合的な判断により若干例外的な振り方をしている場合あり。 ポテ振りについてはあくまで参考程度にどうぞ。 以下属性曲の理想編成の項目でも同じ。 全タイプ曲では、センタースキルは《トリコロール》を使うため、 特化ステがずば抜けて高くトリコと相性の良い《シナジー》が圧倒的に強い。 全タイプ曲の方が基本的には属性曲よりもスコアが出る上、 トリコ編成はほぼフェス限だけで組めるため、組みやすさの観点からも非常におすすめ。 以下の編成ではゲスト無しで3属性揃うようにしてあるが、 ゲストが使える場合トリコはゲストの属性込みで3属性揃えば良い。 トリコ編成は属性曲でも十分強力。 イベントでも金トロくらいなら獲得できる。 もっとも、 シナジー持ちの特化ステが高すぎるため、スコアアップに特化した特技を採用するよりも3枚目のシナジーを入れたほうが強くなってしまった編成の基本の例外パターン。 強い上に曲を選ばない編成。 3つの中では トリコに4高があるViが若干優勢。 シナジーと秒数のかぶるトリコは使いづらい。 Grooveで使う場合は、同属性のアイドルが3人になるようにトリコかスキブの枠を変える。 スパークルの倍率が非常に高いため、コンボナ トリコ を採用しているにも関わらず、スコア特化特技よりスパークルを入れたほうが強くなってしまったパターン。 ライフが305以上になるようにライフポテを振らなければならないのもデメリット。 また、スパークルは楽曲によっては13高がもっとも強くない場合があるが、シナジーとの秒数の兼ね合いからそういった楽曲でも結局13高を使うことになりがち。 この編成もやはり トリコに4高があるViが若干優勢。 さらにViの場合は自然な形で Cuが3人入るため、Grooveでも強い。 楽曲のノーツの構成に大きく左右されるアクト採用型。 楽曲次第では最も強い。 基本的には高難易度曲向けの編成。 今後アクト持ちが増えればさらに編成の幅が広がりそう。 属性曲の理想編成 属性曲の理想編成は限定アイドルが多く編成難度が高い。 ただどう組むのが最も強いかは、まだ予想の段階なのでこの編成を暫定にしておきます。 シンプルに、これまでのスキブの代わりにアンサンブルを入れたもの。 「アンサンブル」が回復効果に乗らないのは少し気になる。 回復SSRなら大丈夫だと思うけれど、回復役にオルランを代用していた場合は厳しくなるかもしれない。 ユニゾンを使った他の編成案等、以下の記事も参照してください。 プリスパ編成(旧理想編成) 2019. 《7中オバロ》《11中コンセ》の2つについては、腕次第(Great率次第)では《11中コンセ》の方が強くなる。 【2019. 《アクト》は楽曲の構成次第だが、ハマれば強い。 スパークルに関しては楽曲によって13高ではなく11高や9高が一番強い場合がある。 フォーカスの《 島村卯月》と恒常の《 白雪千夜》が総ステ最高値持ちなので、 Cuが一番アピール値が高くなるため強力。 《フリックアクト》《ロングアクト》共に強く使える場合なので、相当楽曲は限られる。 理想編成になるのはかなり例外的だと思う。 現状Cuでしか組めない上に、《 プリ卯月》《 千夜》《 ちとせ》の3人が総ステ最高値持ちなので、どのみちCuで組むのが最も強いためCuのみの紹介。 ーーーーーーーーー このブログでは各イベントの記事で、そのイベントにおける理想編成の検討もしているのでそちらも合わせてどうぞ。 最新のイベント• アタポン:• Groove:• Parade: GRAND LIVE の理想編成 基本的には同じ構成の理想編成3つで組む。 また、アクト系特技は「GRAND LIVE」には向いていないため、スコア特技枠はコンセ推奨。 GRAND LIVEでは、 ユニット毎に特技の発動タイミングがずらしてあるため、異なるユニット間の同じ特技は秒数を揃えると発動が被らない。 そのため、 特技と秒数が同じ構成の編成3種で組むのが良い。 異なるユニット間で同じ特技の違う秒数を採用すると、特技の発動被りが生じてしまいスコアは低下する。 下記記事についても参照。 楽曲と一致した属性で総ステ最大値( 15928)のアイドル10人(ステポテ30)でサポメンは最大値。 これらのアイドルのステは全体的に高めに割り振られており、特化ステはあまり高くない。 Grooveのサポメンについて Grooveでのサポートメンバーの理想値は202280。 GrooveイベントではサポメンにもGrooveの種類に応じたボーナスがサポメンにかかるため、サポートアピール値が通常よりも高くなる。 そのため、特化ステが極端に高い《シナジー》持ちが最もサポメンに適する。 Grooveの種類に応じた《シナジー》持ちアイドル10人(ステポテ30)で最大値。 uraichis.

次の

【デレステ】机上の空論で理想編成を考える

デレステ 理想 編成 ユニゾン

私は偶然引けました! ゲットした経緯なんですが、無料ガチャチケットが6枚あり、 気まぐれでガチャを引いたら三回目で引く事ができました! ユニゾンの効果 効果は以下になります。 という認識で問題ないでしょうね。 その場合であれば、 現段階で属性編成でセンターに配置するのに一番いいセンター効果だと言えます。 続いて、新特技「アンサンブル」について 考察をしていきたいと思います。 キュートアンサンブルの効果 効果は以下になります。 こちらもキュート属性の例です。 どの部分が懐かしい気分になるかと言うと「 特大アップ」の部分です。 2012年ぐらいのソシャゲーでよく見た単語ですよね? ……分かる人だけ分かればいいです。 さて、効果について考察をしてみると、 単純に2つの効果があるという認識で問題ないでしょう。 一つ目が「 他のキュートアイドルのスコアアップ」という部分。 これはフェス限でよくある「 スキルブースト」と同じ効果になります。 更に上昇値はスキルブーストより多い事が分かっています。 ここは何故数字ではなく特大アップという抽象的な文字にしてきたんでしょうか。 検証班が張り切ってしまうじゃないですか。 早速探してきました。 前川みくさんのスキルブーストより弱いです! ……たとえ、スキルブーストよりアンサンブルのほうが強くでも 私は前川みくさんのスキブは外しません! 結論:センター効果は最強効果、特技も最強効果 はい、見出しに書いていますが、 センター効果は属性別の楽曲をプレイするなら 現段階で最強のセンター効果になります。 特技に関しては、 スキブの効果(上昇値もスキブ以上)とコンボボーナス効果上昇(%が未定なので?にしてます) という結構いい効果が2つ合体している特技なので、現段階では最強と言わざる終えないでしょう。 ただ、全タイプ曲などには相性が悪いので、気を付けて編成するようにしましょうね。 推しアイドルの前川みくさんの魅力を調査してみた 年末年始にユニゾンで実装された限定SSRが前川みくさんの4週目のSSRになります。 当然、私は全てGETしている訳ですが、 私の担当アイドルである前川みくさんの魅力について書いていきたいと思います。 実は、私がアイドルマスターシンデレラガールズを知ったのはアニメからなんですね。 そして、2015年に放送されたアニメを見ていた時に 前川みくさんというキャラクターを知った訳です。 根が真面目でアイドルに一生懸命の前川みくさん アニメでは、 ニュージェネレーションズの3人に絡んできたりする、 ライバルキャラ的な存在だった前川みくさん。 初代ユニゾンの乙倉悠貴さんの魅力を調査してみた さて、続いてユニゾンの初アイドルに選ばれた乙倉さんですが、 なんと今回がSSRの4週目になります。 私はなぜか恒常SSR以外の 限定SSRの3枚を持っている という 良く分からない運の持ち主なんですが、 そんな乙倉さんの魅力について書いていきたいと思います。 なんと、中学一年生です 乙倉さんは13歳(中一)にして身長が163cmもある方なんです。 驚きですよね。 その事もあり、 親の薦めでジュニアモデルを務めた経験があり、 大人っぽくしっかりしているというイメージで見られがちですが、 本人はむしろ子供っぽくないかと気にしており、 女の子らしく輝きたくてアイドルを志望するようになったようです。 見た目からして伝わってきますが、 とても活発的な子で話し方も• 「ですねっ」• 「どうぞっ」• 「したいなっ」 とほとんどの語尾が跳ねています。 朝の日課がランニングだそうで、 私もランニングをしていた時期があったので一緒にランニングできたら楽しいでしょうね。 完全に 諸星きらりちゃんですね。 引用: もともと高身長であることにコンプレックスを抱えていたので、 自分は可愛くなれないと思い込んでいた乙倉さん。 しかし、諸星きらりさんのような 身長が高い人も輝けるんだと証明した人を目の当たりにして、 諸星きらりさんのように変わりたいという真っ直ぐな想いが 乙倉さん自身の行動を起こすキッカケとなり、アイドルへの道を踏みだせたんですね。 運動神経抜群だけど…野菜が苦手! 乙倉さんは、バリバリの中学生で部活は陸上部に所属しています。 しかし筋肉も脂肪も身長に追いついていないようで、 体脂肪がほぼ無い状態で痩せすぎな彼女。 趣味はミックスジュース作りで、 生野菜が苦手でそれを補うためか 野菜ジュースを飲んでいることが台詞から分かります。 野菜が苦手と感じてしまうのも、 まだ乙倉さんが幼い中学一年生である証拠なんですね。 その苦手な野菜をジュースにして飲む習慣がいつのまにか 「ミックスジュース作り」という趣味になってしまったようです。 また、プロフィールには載っていませんが、 キーホルダーやフィギュアなど可愛いものを集めるのが 好きだという点も幼さがにじみ出ていますよね。 乙倉悠貴さんのソロ楽曲「追い風Running」 これは私も大好きな曲ですね。 乙倉さんの活発でストレートな可愛らしさがこれでもか! というほど詰め込まれた楽曲になっており、 まさに乙倉さんらしい爽やかな曲と言えまね。

次の