テニスサーブ練習。 テニス スライスサーブ 練習法

テニスのサーブが上手くなる練習方法!試合で勝つために!

テニスサーブ練習

テニスは、相手が必要なスポーツである。 しかし、自分が練習したいときに必ず相手がいるとは限らない。 そんなときは、練習をあきらめてしまうか、もしくは、一人で練習するしかない。 筆者もテニスをやり始めたころは 、練習相手が見つからず、一人で練習することがあった。 よく壁打ちに行って打ち方のバリエーションを工夫したものだ。 テニス用のネットが描いてある壁に打つことに飽きて、時には、ダムにある壁や近所のトンネルの壁(早朝の車の往来がないとき)を相手して練習したこともある。 (危険なのでお勧めはできない) 今回はその 一人でできる練習方法について提案していきたい。 その中にはテニスの技術を向上することができるものもあれば、『練習をしたぞ』と自己満足させるだけのもある。 提案した練習方法を読者の方なりにアレンジして、さらなる テニス愛とテニス技術の向上を目指していただきたいと思う。 壁打ちエリアでの練習 フォアハンドストローク(右利きの場合) まず、ゆっくり打って 打点のチェックをする。 一番力の入る位置で打っているかどうか確かめる。 一番力の入るところは、右利きなら左足のつま先位よりやや前になるはずである。 次は右足から左足へ体重が移動しているかを確認する。 ボールにパワーが生じない場合は、 後ろ足に体重が残っていることが多い。 バックハンドストローク バックもフォアと同じように練習する。 片手バックハンドの場合はフォアハンドより打点が自分の肩幅分前になる。 それを意識して 一番力の入るポイントを確認しながら取り組む。 フォアのスライス 試合では、フォアでスライスを使う場面はあまりないかもしれないが、打てる方が 攻撃のバリエーションが広がる。 最初は放物線を描くスライスボールでもよい。 慣れてきたら、 ボールを押すことを意識して、直線的に勢いよく飛ばすようにする。 やはり 体重移動を意識し、フィニッシュは左足に体重が乗るのが理想である。 バックのスライス フォアのスライスと同じように体重移動と面の向きを意識して練習する。 フォロースルーの際は、右足に体重が乗っているかどうか確認しながら取り組む。 フィニッシュの際は、 全体重が右足に移動し、 右足一本で体を支えるようなフォームが理想的だ。 バックのスライス練習 サーブ サーブの練習するときは、ターゲットを置きたい。 そんなときは、ラケットのエッジを傷から守る ガードテープの活用がお勧めだ。 距離の測り方は、壁に背中をピタリと付けて小股で17歩歩いたところをベースラインと想定する。 その位置にガードテープを貼っておくとサーブ位置の目印になる。 そして、フラット、スライス、スピンなどの球種の練習をしたい。 壁に向かってサーブ練習 テニスコートで一人練習 サーブはコートで練習する際もターゲットが欲しい。 ボールの空き缶やミニパイロンを5個準備しておく。 1個はTに置く。 他は、サービスラインの外側の端辺りへ(デュースコート・アドコートに1個ずつ)と、リターンする者のボディーにあたる辺りにも置く。 (デュースコート・アドコートへ1個ずつ) ファーストサーブとセカンドサーブではボールの速度と球質を変えながら行う。 そして、ダブルフォルトをしてしまった場合は、 自分にペナルティを与える。 例えば、コート周りを1周ランニングしてくるとか、腕立て伏せを1~2回するとかである。 小さなペナルティを自らに課すことで 試合時のプレッシャーに強くなるようメンタルも鍛えておきたい。 また、20メートル位の直線が取れるようなところであれば、庭でサーブ練習も可能だ。 筆者は、庭にその距離がぎりぎりとれる場所があるのでよくやっていた。 簡易ネットを購入し、サーブ位置からおよそ18. 5メートルあたりにターゲットを置く。 (小股で37歩) そのターゲットめがけてスライスサーブやスピンサーブの練習に励んでいた。 横幅5メートル、長さ20メートルほどの面積があれば十分に練習することができる。 住宅密集地で行う際、ボールがとんでもないところへ飛ばないように細心の注意を払う必要がある。 サーブ&ボレー 次にサーブ&ボレーの練習をする。 サーブを入れることと、 スプリットステップを意識したい。 特に注意することはサービスラインのやや手前でスプリットステップをすることである。 そして、さらに気を付けることは、スプリットステップの際、ジャンプするのではなく、 膝を曲げて少し沈みこむことだ。 高くジャンプすると着地するまでに時間を使うので、スピードボールが返球された際には対応が遅れる可能性がある。 それによりのタイミングが合わなくなり 質の良いボレーができなくなるからだ。 球出し打ち(右利きの場合) 左手で、ボール自分の打点の辺りにバウンドするようにやや高く弾ませる。 それをフォアハンドストロークで打つ。 そのとき、右足から左足へ体重が移動しているか確認する。 向こう側のコートに入るかどうかを確認しながら打つとよい。 コート内にコンスタントに入るようになれば、ターゲットを置き、当てることを目指していく。 同じようにバックの練習もしたいが、シングルハンドよりダブルハンドの方が慣れが必要だ。 どこでもできる練習 壁やコートが使えない時は ボディーバランスとボールタッチの練習をしたい。 ボールをラケットで垂直に弾ませる(ラケットでのテニスボールのリフティングのようなイメージ)。 ボールの弾みを高くしたり低くしたりして慣れる。 表面で10回、裏面で10回練習する。 それができるようになったら、片足で立ってリフティングする。 その後、片足で小刻みにケンケンをしながらリフティングをする。 これができるようになったら、かなり バランス感覚が養われたと考えてもいいだろう。 その後、ボールがガットの触れる瞬間にラケットを左右にスライドさせ、 スピンの練習にも同じようにして取り組みたい。 ラケットとボールでリフティング 普通に立ってラケットとボールを持つ。 ボールを上へ投げあげてラケットのガットでキャッチする。 その際、 バドミントン選手がシャトルをラケットで受け取るようなイメージで、 ボールを弾ませないように気を付ける。 それができるようになったら、もう片方の面でも練習する。 これで ドロップショットやドロップボレーの感覚をつかむ。 片足ケンケンでリフティング テニス練習器具を購入する テニストレーナー ボールとおもりの間に丈夫なゴム紐がついており、ボール打つと戻ってくる仕組みのテニスグッズ。 強く打つと勢いよく戻るし、やさしく打つと緩やかに戻る。 不規則に戻って来るボールを打つことになる。 (バウンドも不規則) しかし、これは 初心者には非常に難しい。 昔からあるテニスの一人練習の器具だが、購入してはみたもの1,2回使ったらお蔵入りになっている人が多いではないだろうか。 マイオートテニス2 YouTube動画でテニスコーチが話している。 この3要素を一体化してテニスが上手くなるらしい。 この3つの中で1つや2つを網羅した内容の一人練習ができたらよいと思う。 さて、話をもとに戻そう。 この装置は筆者も欲しい。 ストローク練習だけでなく、出玉のノズルの角度を変えると、ボレーやスマッシュなどの練習もできるようだ。 テニスのことをよく知っている人がしっかり考えて製作したのだと思う。 値段は 18万円と高価ではある。 サークルの仲間複数で 費用を出し合って購入し、輪番で回しながら使うといいと思う。 設置するにはある程度のスペースは必要だ。 サークルメンバーに尋ねてみると 我がサークルのテニス馬鹿たちに一人での練習方法について尋ねてみた。 また、自分の試合や練習の姿を録画してき、それと比較して修正点を見つけるという猛者もいた。 理想のフォームができるまで、それを繰り返すそうだ。 以上、筆者が知っている限りの一人でできる練習方法を紹介してきた。 工夫さえすればもっと効果的な練習方法があるかもしれない。 このコラムを読まれた方で 一人練習のよい方法があればこの下欄に投稿していただきたい。 是非、今後の一人練習の参考にしたい。 やはり、 人間相手が一番効果的な練習だとは思うが・・・.

次の

テニス スライスサーブ 練習法

テニスサーブ練習

テニスのサーブとリターンは 軽視されがちで、 いわゆるラリー練習で使うストロークばかりが 練習というイメージが強いですが、 サーブとリターンはとても重要です。 特に、サーブはかなり重要で、 試合で勝つためには、 逃げて通れない技術です。 上級者同士の試合では、 サーブで優位に立たないと、 一気にリターンで攻め込まれますし、 特にセカンドサーブは相手の嫌なところにコントロールすることがとても 大切です。 バックハンドの高いところに跳ねる キックサーブや フォアハンドの浅いところに角度をつける スライスサーブ。 どちらもリターナーにしたら嫌なボールです。 どのサーブも角度をつけるのにとても重宝するサーブです。 このサーブをうてることで、 サーブ後のラリーを優位に進め、 ポイントをとるということの繰り返しですねw この精度を高めることで、 どんどん試合に勝てるようになってきます。 そういうこともあって、 サーブを強化するのは、 ストローク以上に大切なことなんです。 サーブの練習ときくと、 どうやってやるの? と疑問に思う人が大半だと 思います。 私は以前、サーブの練習をしたかったのですが、 まさに、サーブの練習ってどうやるの? という感じで、まったく練習せず、 試合に臨み、そして1回戦敗退という流れを 良くやっていました。 しかし、サーブの効果的な練習をすることで、 まず、サーブの確率がよくなりましたし、 ダブルフォルトが減りました。 それだけで、 今まで勝てなかった相手に勝つことができたのです!! サーブの確率を上げると ポイントを獲得する確率も上がります。 確率をあげるためにも、 しっかりと練習しましょう。 しかし、ただ、練習するだけでは、 不十分です。 大事なポイントを抑えつつ、 意識しながらサーブの練習をする方法を ご紹介します!! サーブを練習するときの意識 まず、サーブの練習はほかの練習と比べて、 意識することがとっても大切です。 本当にとってもですよ!! 意識して練習することで、 サーブを1球、1球、しっかりと 打つことで、自分の経験として入っていきます。 よく、何も意識せずに、 簡単にポンポンうつ人を見かけますが、 あれはまったく意味ないですねw あんな感じで練習していると、 ある程度、中級者くらいまでのサーブは打てうようになる 可能性はありますが、 センスが良くても、 その程度です。 上級者にも通用するようなサーブを打つには、 ただ打つだけの練習では、 物足りません。 しっかりと体の使い方、 腕の使い方、いろいろな部分を意識しながら、 確実に自分のものにすることで、 どんどん上達していきます。 部活などで、練習をするときにバンバン打つよりは しっかりと意識して練習に取り組んでください!! おすすめのサーブ練習 サーブ練習で 実際に自分が行っている 練習をご紹介します。 私はこの練習で、 サーブがかなりよくなったので、 是非お試し下さい。 主に3つあるのですが、 まずは、 「ソフトボール投げ」 です。 ソフトボールを遠投するだけなのですが、 キャッチボール風にだれか相手がいると 楽しみながらできるので、 お勧めです。 ポイントは最初はゆっくりとフォームを確認するように、 投げることです。 大きなフォームで、足からの力が 指先に伝わるように ボールを投げます。 3か月ほど続けていると、 かなりサーブが速くなります。 スピードを出す練習はこれで決まりです。 次の練習は、 さらにラケットを加速させるためのテクニックを 覚える練習です。 それは、 「サービスライン付近からサーブを打つこと」 です。 イメージはサンプラスのサーブですねw サンプラス選手のように、 速くフォロースルーすることで、 ラケットを加速させるリストワークがわかります。 ポイントとしては、 「可能な限りたたきつけること」 です。 たたきつけて奥の壁に力強くぶつけるような 打球です。 できるだけ高く跳ねさせるように意識することで、 フォロースルーが速くなり、 鋭いリストワークが身に付きます。 次の練習はコントロールをするための、 練習です。 コントロールの練習とは何かというと、 回転をかける練習です。 回転をかけることで的を立体的に狙えますし、 相手の視線をぶらすことができるので、 必須の技術です。 速いサーブが打ててもしっかりと回転がかからなければ、 意味がありません。 回転をかけることで、 確率がよくなりますし、 バウンド後の伸びも出てきます。 スピードをだしつつ、回転でコントロールする サーブを身に着けるための練習が 「面が伏せていることを意識してサーブを打つ」 練習です。 テイクバックの時から、面を伏せて テイクバックし、 インパクトまで面が開かないようにする リストワークを学ぶ練習です。 この練習は、スピードを出す必要はありません。 しかし、 しっかりと回転がかかることを意識してください。 面を伏せると、まず、バックアウトがなくなるでしょう。 そのくらい、回転がかかります。 ロディック選手もテイクバックで面をしっかりと伏せています。 今までスピンサーブに回転がかからないと悩んでいる人ほど、 面が開いてインパクトしていることが 大半です。 面が開くと、インパクトの時に、 上下のぶれが出やすくなり、 安定しません。 面を伏せてインパクトする方法を学ぶことで、 ボールに回転がかかるようになり、 振り切ってサーブが打てるようになります。 是非、この面を伏せることを意識してサーブを打ってみてください。 トッププロも簡単に打っているようで、 こういったポイントを意識して打っているのです。 錦織選手はまったく同じ練習をして いいサーブが打てるようになってきています。 是非、この3つの練習はお勧めなので、 数が月後、 強烈なサーブを打っている 自分を想像して、練習して下さい!! 肘が痛くなったときは、無理せずに、 体の使い方を意識して ラケットを置いて素振りなどをして下さいね! まとめ• サーブは試合に勝つためにとても大事• サーブの上達は意識がとても大切• 3つの練習を続けると、確実に強力なサーブが打てます 以上でした。 サーブの練習は皆迷いがちですが、 紹介した練習をすると本当に上達します。 やらなかったとしても、 3つのポイントを意識することで、 サーブの上達につながるので、 是非、ただ打つことをやめ、 体の使い方を 意識してサーブの練習をしましょう!! ご意見・ご感想などはこちらに テニス サーブ 練習関連ページ 数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!! 数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!! 数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!! 数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!! 数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!! 数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!! 数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!! 数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!! 数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!! 数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!! 数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!! 数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!! 数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!! 数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!! 数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!! 数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!! 数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!! 数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!! 数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!! 数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!! 数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!! 数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!! 数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!! 数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!! 数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!! 数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!! 数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!! 数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!! 数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!! 数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!! 数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!! 数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!! 数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!! 数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!! 数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!! 数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!! 数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!! 数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!! 数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!! 数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!! 数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!! 数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!! 数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!! 数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!! 数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!! 数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!! 数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!! 数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!! 数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!! 数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!! 数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!! 数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!! 数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!! 数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!! 数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!! 数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!! 数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!! 数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!! 数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!! 数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!! 数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!! 数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!! 数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!! 数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!! 数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!! 数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!! 数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!! 数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!! 数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!! 数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!!.

次の

上からのサーブの打ち方と練習方法

テニスサーブ練習

今回は、1人で出来るテニスのサーブの練習メニューについて詳しく解説していきたいと思います。 なにか1人で出来るメニューはありませんか? これはテニスコーチとして良く聞かれる質問です。 オンコートでもオフコート(家・室内)でも1人で練習できるショットといえばサーブです。 もし、あなたが以下のようなお悩みを抱えているなら、いつもの練習にこれから紹介するような練習メニューを追加すると良いでしょう。 サーブのトスがいつもバラバラ… サーブが不安定でダブルフォルトが心配… サーブに回転がかからない… 試合では羽子板のように当てて入れるサーブになってしまう… 今回の記事では、自信を持ってサーブを打てるようになるためにぜひ取り組んで欲しい練習メニューとその意識について書きました。 それではさっそく内容に入っていきましょう。 テニスのサーブの練習メニュー サーブ練習(オンコート) テニスコートが空いているけど、自分1人しかいない…。 これはサーブをひたすら練習するチャンスです! サーブ練習は、唯一1人で出来るオンコートでの練習です。 ただひたすらにサーブを打ち続けましょう。 しかし、何の目的意識もなくただやみくもに打っているだけでは上達することはできないでしょう。 サーブ練習で意識すべきことは大きく分けて3つあります。 まずは「フォームを固めること」です。 これは、1番初めに意識して取り組むべき課題です。 毎回フォームがバラバラであれば、安定してコートに入れることはまず難しいでしょう。 つまり、試合においてサーブから主導権を握ることは難しくなるでしょう。 理にかなったフォームを身に付けるためには正しいスイングをひたすら反復するしかないので、チェックポイントを明確にして意識を持って練習するようにしましょう。 次は、「コース・球種の打ち分けること」です。 サーブはただ速いだけでは、主導権を握り続けることはできません。 緩急を使ったり、ワイドに切れるスライスサーブを打って相手をコートの外に追い出したり、センターへ速いサーブを打ち込みサービスエースをとったり、様々な引き出しを持っておくことが大切でしょう。 コース3種類(ワイド・センター・ボディ)と球種3種類(フラット・スライス・スピン)を打ち分けることが出来れば合格といえるでしょう。 そして最後は「それらの確率・質を高めること」です。 いくらいろんな球種を打てたとしても、その精度と質が低ければ相手は簡単にレシーブすることができるでしょう。 10球中何球を狙ったところに打てるのか、センサー等でボールのスピードやスピン量はどのくらい出ているのかを数字として確認するようにしましょう。 このように、サーブ練習をするときにはきちんと目的意識を持つことが大切です。 テニスのサーブの練習メニュー 素振り(家・室内) 「サーブ練習が家で1人でも出来ないかな…」と悩んでいるあなたはまず素振りに取り組みましょう。 ただ回数を決めて素振りをするのではなく、動画を撮って自分のスイングを確認するようにしましょう。 すると、「綺麗なスイングが出来ていると思っていたけど…」と新たな改善点が見つかること間違いなしでしょう。 また、プロのサーブのフォームやお手本となる動画と比較するのも良い練習方法と言えるでしょう。 改善点を克服できるまで、無理のない範囲で素振りを継続しましょう。 テニスのサーブの練習メニュー ストレッチ(家・室内) 最後に絶対にやって欲しいのが肩甲骨周りのストレッチです。 ジュニア選手から一般・シニアまで、肩甲骨周りの筋肉や関節を柔らかく保つことは、サーブ力の向上と怪我の予防につながります。 肩甲骨周りの可動域が狭いとスイングが小さくなり、ボールに伝わるエネルギーも半減してしまいます。 また、肩甲骨周りの筋肉が固いと肩や肘の関節やその周りの筋肉に大きな負担をかけることになり、テニス肘やテニス肩といった怪我につながるでしょう。 そのため、お風呂上りなど筋肉が柔らかくなっているときに気持ちいい範囲でストレッチを継続するようにしましょう。

次の