アナ 雪 4dx。 『アナ雪2』4DXマジカルエディションで体感できることは?上映劇場と値段もご紹介

『アナと雪の女王2』4DX体験レポート|“没入感”を増幅させる「4DXマジカルエディション」でエルサたちと“未知の旅へ” « 映画ランドNEWS

アナ 雪 4dx

『』4DXマジカルエディション体験レポート 『アナと雪の女王2』 C 2019 Disney. All Rights Reserved. 待望の続編『』が11月22日(金)より全国公開中だ。 東京・町田エリアにオープン(リニューアル)したばかりの「109シネマズグランベリーパーク」にて、『』公開初日・初回に4DXマジカルエディションを体験してきた(取材・文:渡邊玲子)。 All Rights Reserved. 11月22日(金)に全国公開されるや、SNS上には「姉妹の絆の深さに感動した!」「アナやオラフの成長ぶりに驚いた!」といった声が続々とアップされ、予想を裏切らない盛り上がりを見せている『』。 日本語吹替版の声優としてエルサ役を続投する松たか子がメイン楽曲を再び劇中で歌唱しているほか、アナ役も同様に神田沙也加という最強の布陣となっており、5年の歳月を一気に遡って、冒頭から一瞬で『アナ雪』ワールドに引き込まれてしまうこと請け合いだ。 前作のエンディングでは、エルサが「触れるものすべてを凍らせてしまう」という特殊なパワーをコントロールできるようになり、雪と氷に覆われたアレンデール王国に暖かな季節が到来。 困難を乗り越えたエルサ&アナ姉妹は、王国の仲間たち共に幸せな日々を過ごしていた。 All Rights Reserved. 今回体験した「4DXマジカルエディション」とは、前後・上下・左右に動くモーションチェアと、水や風など全20種類の演出効果によって、観る者を「身体で感じる」新たな映画体験へと誘う上映フォーマットの一つである「4DX」をさらにパワーアップさせたもの。 たとえば、エルサによって放たれる雪(スノー)で劇場内にパーッと閃光が煌めいたり、オラフが「ゲイル」と名付けた風の精をエアーと香りで表現しつつ、スクリーンに映し出される映像とモーションチェアとを巧みに連動させたりすることによって、まるで空を飛んでいるかのような浮遊感が味わえるのは、まさに「4DXマジカルエディション」ならではの効果と言えるだろう。 なかでもアナとオラフが氷の小舟に乗って激流を下るシーンや、エルサが荒波に正面から立ち向かい、氷の馬を乗りこなして駆けていくシーンなどについては、もっとも顕著に「4DXマジカルエディション」の威力が体感できる、象徴的な場面として挙げられる。 顔や足元へのミストやエアーの連続噴射によって、鑑賞者もスクリーンの中の登場人物たちが置かれた困難な状況の一部を疑似体験させられることで、より一層世界観を深く味わい尽くすことができるのだ。 All Rights Reserved. さらに、登場人物たちのキャラクターが前作以上にしっかりと掘り下げられているのも、深い絆で結ばれた物語の続編である『』ならではの特長だ。 前作を通じて築き上げてきた絶対的な信頼関係があることで、本作のエピソードにも必然性が感じられる。 「4DX」は登場人物たちの心情を歌詞やメロディで表現した「ミュージカルアニメ」との相性も抜群で、軽やかなリズムや美しい旋律に身を任せられるのはもちろん、エルサたちが様々な出来事に直面していく中で経験する「複雑な感情の変化」さえ微細に感じ取ることができるのも、ひとえに「4DXマジカルエディション」のおかげと言えるに違いない。 冒険シーンを盛り上げるダイナミックな動きと、エルサやアナが抒情感たっぷりに歌い上げるシーンとが「4DXマジカルエディション」でエモーショナルにつながることで、観る者に心地よい興奮と感動をもたらしてくれるのだ。 だからこそ、たとえ再び離れ離れになろうとも、互いに与えられた役割を果たそうとするエルサとアナの勇敢さに胸を打たれ、「雑学王」ばりに蓄えた知識を得意げに披露するオラフのいじらしさや、冷静なトナカイのスヴェンにアドバイスを仰ぎつつ、アナへのプロポーズを何度も試みるクリストフの健気さにも、心をくすぐられずにはいられない。 All Rights Reserved. お馴染みのキャラクターたちが「魔法の力の謎を解き明かす」というアドベンチャー的な要素と、ディズニーアニメーションならではの圧倒的な映像美、そして新たに誕生した名曲の数々が楽しめる『』。 「4DXマジカルエディション」で体験することによって、エルサやアナたちが繰り広げる冒険の壮大さを、より一層リアルに感じられるはずだ。 『』に魅了され、「続編では前作以上の驚きや発見に出会いたい」と願う『』未体験者はもちろんのこと、既にいち早く劇場に駆け付けたという人たちにこそ、「4DXマジカルエディション」バージョンでリピートされることをおすすめしたい。 『アナと雪の女王2』 C 2019 Disney. All Rights Reserved.

次の

『アナ雪2』驚きと感動の4DXが全国の専用劇場で大ヒット!その理由は?

アナ 雪 4dx

『アナと雪の女王2』4DXマジカルエディションで体感できることは? 4DX映画は最新の体感型映画上映システム 4DX映画は、動く座席と、水や香り、風などの演出を体で感じながら映画を鑑賞出来る映画上映システムです。 映画が始まる前の4DX効果のデモ映像に驚く子どもを見かけたことがありますが、どの作品も幼稚園くらいの子どもさんも大丈夫な様子でした。 どちらも風が吹いて、映画を見ながら、4D体感が出来ますが 『アナと雪の女王2』で、 雪<スノー>の効果は【4DX】だけです。 『アナと雪の女王2』4DXマジカルエディションで体感できることは? 4DXで映画では11種類の効果を体感できます。 『4DXマジカルエディション』は その体感効果をさらに大きくさせたものです。 4DX映画は 通常の映画チケット代金に 追加で 1000円の料金がかかります。 <フラッシュ>の効果をより体感しやすいのは真ん中から後方となっている劇場が多いでしょう。 Q:4DXを見ながら飲食は出来る? A:劇場内で購入した飲食物は持ち込みできますが、座席が大きく揺れることがあるので注意が必要です。 参照: Q:荷物は劇場に持って入る? A:手荷物はすべて、劇場内にあるロッカーに預けます。 Q:アナ雪の4DXは、服が濡れてしまう? A:いくつかのシーンで水<ミスト>がかかりますが、座席ごとに手元にスイッチがあり、水<ミスト>の効果をオフにすることが出来ます。 上映中いつでも、オン・オフの切り替えができます。 ユナイテッドシネマで、 アナと雪の女王2オリジナルポップコーンバケツアンドドリンクカップセットが販売されていました。 中でも楽しかったポイントを3つ紹介すると! エルサの魔法のパワーを体感できる 魔法の森で出会う精霊たちにエルサは魔法で戦います 風の精霊ゲイルとは、強い風と 火の精霊ブルーニとは火をおさめようと 水の精霊ノックとは海の中で 戦うほどにつよくなっていくエルサの魔法を、風や、水、霧、光、を一緒に体感出来る! アース・ジャイアントの大きさを体感できる アース・ジャイアントがどんな姿なのか? 登場するまえに足音が聞こえてきます。 それが、モーションチェアで、ドン、ドンって身体に響いてくる時のドキドキ。 その謎がアナ雪2でわかります。 さらに、両親から娘たちへの深い深い愛が、過去とともに明かされていきます。 ひとつひとつ謎が解けていく度に、ジーンとしちゃいました。 大切な人と一緒に見たい作品です。 『アナ雪2』を見たみんなのレビュー 4DXの映画を見るときは、手荷物はロッカーに預けるのでスマホを手にする人はあまり居ませんね。 アナ雪2観るんだったら 4DX マジカルエディション がおすすめ 通常料金+1000だから、マナー無い人はいないし、手荷物は全部コインロッカーってルールだから、エンドロールでスマホの光もほぼ無いし。 マジカルエディションの酔い具合が気になる アラジンより激しいって見かけたから不安 — maa dmuuhalloween 劇場の中で「酔った」って声を聞いたことがなかったですが、ちょっと酔った人もいるようです。 酔いやすい人は、通常の4DXや2Dも良いかも知れませんね。

次の

【ネタバレ注意】『アナと雪の女王2』あらすじまとめ!新キャラ&新曲も!

アナ 雪 4dx

その一方で、なぜ自分だけが魔法がつかえるのか、なぜ周りの人と違うのかと、疑問に思っていた。 彼女たちが行き着く先には何が待っているのか…。 この度、4DXでの公開が決定した『アナと雪の女王2』。 前作『アナと雪の女王』4DXでは(音楽や情景とマッチしてすごく楽しかった〜!)(雪山などの世界間が伝わり、鳥肌と涙が浮かんだ)など大好評だったこともあり、今回の作品も絶対4DXで観たい!とすでにファンの間では期待が膨らんでいる。 様々な動きを見せる<モーションチェア>、舞台となる雪山やエルサが自在に操る魔法(氷)を<ミスト><エアー><フラッシュ>でリアルに演出! 4DXの演出効果で会場内がまるでアナと雪の世界に! 11月22日(金)、4DXがこの冬一番の物語をあなたに届ける。 【4DX(フォー・ディー・エックス)シアターについて】 4DXとは、いま映画業界で最も注目を集める最新の体感型上映システムです。 映画のシーンに完全にマッチした形で、モーションシートが前後・上下・左右に動き、頭上からは雨が降り、水や風が吹きつけ、閃光が瞬く、など全20種類の特殊効果が稼働し、まるで映画の主人公になったかのような感覚で映画を鑑賞できます。 さらに、演出を盛り上げる香りや、臨場感を演出する煙など、様々な特殊効果で映画を<観る>から<体感する>へと転換します。 3年の歳月が過 ぎ、アレンデール王国の女王となったエルサは、アナ、クリストフ、そしてオラフと共に幸せな日々を過ごしていた。 All Rights Reserved. 9点 (11月20日時点) ・流石のディズニーアニメ!文句のつけようのない展開、カタルシス!名作としてながく残るでしょうな。 ・ディズニーでお姫様の話だからてっきりラブストーリーかと思っていたらもっと根本的な愛の物語でしたね。 思ってた以上に面白かったです。 ハラハラドキドキしたし、いつものディズニーの展開とはちょっと違いつつもディズニーらしいエンディングで良かった。 ・アレンデール王国の王女アナと産まれながら触れたものを凍らせるエルサの姉妹。 成長してその力を制御できなくなったエルサは城から抜け出し、遠く離れた雪山に氷の城を築く。 アナはエルサを救うため危険な道のりを向かう。 真実の愛が必要という件が出てきたときには、またこのパターンかよと思ったが、愛の意味をひねった解き方には好感が持てる。 雪と氷の表現もここまで出来るのかと驚く映像技術。

次の