多摩川 キャンドル ナイト。 100万人のキャンドルナイト candle

多摩川キャンドルナイト 灯と人

多摩川 キャンドル ナイト

多摩川河川敷にみんなで綺麗なキャンドルスケープを作ります! 「みんなで空間を作る」楽しさを 川崎の地域に住まう人や地域の大学生と2000〜3000本のキャンドルを並べて 多摩川と東急田園都市線が交わる気持ちいい芝生広場に 一夜限定のキャンドルスケープ(キャンドルが広がる光景)を作ります。 キャンドルスケープを作るだけでなく、地元川崎に住まうミュージシャンや ワークショップデザイナーやクリエイターの皆さんと素敵な空間を作っていきます。 環境豊かな多摩川で、多摩川沿いに住む地域の方々が集まる機会を作りながら スローな雰囲気の中で、アートを感じながらも、 環境のことだったり、隣人のことだったり、多様性のことだったり、 いつもは深く考えないことを自然と大事に考える時間を 演出したいと思ってこのイベントを組み立て始めました。 100万人のキャンドルナイトの 「電気を消して、スローな夜を」の考えに則りながら イベントづくりをしていきます。 環境やライフスタイルの「気づき」のきっかけに。 だからこそ視覚的に綺麗なものや、楽しい雰囲気を演出しながら 「ただなんかいいな」「なんだか考えさせられちゃうな」という空間の中で 日常生活では忘れていた大事なことを思い返してもらえるような イベントが必要なんじゃないかと思っています。 キャンドルスケープを通しながら 気づきのきっかけにしていきたいと思っています。 地域のみんなでキャンドルを並べます キャンドル関連の会社さま・アーティストさまに協力いただき 2000〜3000本のキャンドルを準備します。 川崎市内や二子玉川や田園都市線沿線で生活している大学生や若者に ボランティアとして参加していただき、2000本のキャンドルをみんなで並べていきます。 偶然に通りかかった地域の方々にも気軽に参加してもらえるように キャンドル作りのワークショップやキッズエリアを作り、 別々なところから来た方々が交流してもらいやすいようにします。 そして夕方に点灯してからは川崎市内に所縁があるミュージシャンに ミュージシャンの方々にアコースティックの演奏をしていただきながら、 より印象的なイベントになるようにします。 地域連携をめざして。 川崎市周辺もしくは多摩川周辺に住む 「地域活動・環境活動に興味を持つ人」をターゲットにして、 準備スタッフ・当日参加者を集めていきます。 企画段階から近隣の大学生やNPOなどの地域活動団体と企画段階から連動し、 多摩川の地域活性を目指したイベントとして運営します。 音楽や出店の部分でも川崎市内もしくは二子新地・二子玉川周辺で ご活躍している人にお声がけして一緒にイベントを作っていきます。 各地の100万人のキャンドルナイトがどんなことを目指してきたかを伝えたい。 どうしてキャンドルナイトを行っているのかを 効果的にアピールできるような仕組みを作って行きます。 キャンドルが並べられた光景はとても綺麗なものですが、 どうして近年にキャンドルを使ったイベントが増えてきたのかを、 イベント中に工夫して伝えられるようにしたいと考えております。 企画のメインメンバーや多摩川沿いに住むキャンドル作家さんと 協同しながら伝えられていければと思います。 支援金の使いみち ・キャンドルメーカーさまからのホルダーレンタルするために使います。 ・キャンドル作家さまへのデコレーション依頼料に使います。 ・演奏をお願いする音楽アーティストさまへの出演料として使います。 作家さま・アーティストさまには少ない金額しかお渡しできそうもないために そこに支援金を当てはめさせていただければと思っております。 イベント概要 2018年5月12日(土) 準備・ワークショップ 11:00〜17:00 キャンドルナイト 18:30〜21:00(点灯は18:00より開始) 二子新地の多摩川河川敷の芝生広場でキャンドル 2000〜3000本を並べます。 スケジュール 1月から企画会議を進めております。 3月中にワークショップデザイナー・クリエイター・ミュージシャンを確定。 4月前半に装飾品のD. Yやキャンドルホルダーやデザインキャンドルの準備をします。 4月後半からゴールデンウィークにかけてお客様の安心安全に関する仕組みづくりをします。 4月末日にクラウドファンディングの締め切り。 5月中に返礼品の送付予定です。 起案者情報 主催: 多摩川キャンドルナイト灯と人、 駒澤大学 青木ゼミ キャンドルプロジェクトチーム、Candle Studio ASM 後援: 川崎市役所、Kame Candle 、 協力: カメヤマキャンドル ハウス、チーム・ズンチャカ(from 渋谷ズンチャカ!).

次の

【神奈川】幻想的な秋夜のイベント「多摩川キャンドルナイト灯と人」

多摩川 キャンドル ナイト

多摩川のキャンドルナイト「灯と人」 多摩川の河川敷にキャンドルの灯が煌々と灯っているのを見つけました。 キャンドルは、ハートを模した地上絵のように並び、キャンドルの周辺には参加者と思しき若い人たちが集まっていました。 冬の匂いの混じった冷たい風が吹き、空は薄闇に覆われていました。 多摩川の河川敷にキャンドルというのは、初めて目にする光景で、なんのイベントだろう、と疑問に思い、しばらく土手から眺めていると、ギターの演奏と柔らかな女性の歌声が聴こえてきます。 なんだかとても楽しそうで、僕は、その音色に誘われるようにして階段を降り、光る地上絵の方に近寄っていきました。 すると、そこでは、ゆらゆらと揺らめく小さなキャンドルの灯りと30人ほどの観客に囲まれながら二人組のアーティストが歌っていました。 彼らは、女性がボーカル、男性がギターのというデュオで、このイベントは、「灯と人(ひと、ひと)」という名前の「今夜はなるべくロウソクの灯りだけで過ごしませんか」と呼びかけるものだと言います。 優しく幻想的な歌声と、フォークギターの音色に、絵本のような世界観の歌詞。 秋風に揺れるキャンドルの灯りと、好き好きに芝生に座り込んで静かに耳を傾ける老若男女の聴衆。 ときどき頭上を窓から黄色い光の零れる小田急線が走り去っていく。 まだ他のアーティストの演奏も続くようだったのですが、残念ながら僕は用事があったのでhuenicaの演奏が一通り終わったタイミングで河川敷をあとにしました。 それにしても、ライブはこれくらいの規模の方がいいな、と思う。 多摩川のキャンドルナイト。 一年に一度、秋の暮れに一晩だけ現れては消える河原の小さな演奏会でした。

次の

みんなで【キャンドル3000本】使って「光の地上絵」を多摩川河川敷に描きたい!

多摩川 キャンドル ナイト

川崎駅の東口広場にみんなでキャンドル1500本を並べていく活動です。 キャンドルホルダーを並べて小さな地上絵を描いていきます。 ボランティア活動という言い方をしていますが、正確には広場にみんなで地上絵を描いて楽しむ一夜限りの巨大ワークショップに近い活動になります。 「カワサキみちくさサーカス」というイベントの一角となりまして、同会場ではJAZZやPOPSのライブがあったり、キッチンカーがあったり、ワークショップブースがありますので、キャンドルを並べたあとは余裕ができますので、そちらを楽しんでいただく時間ができると思います。 また布を使った会場装飾やアンケート収集の活動もあり、そちらに回っていただく可能性もありますが、どの活動も楽しいと思います。 雨天中止の場合ご登録のメールにご連絡いたします。 あと2〜3名のボランティア様の応募がほしく思っています。 ご了承ください。 多摩川河川敷で1500〜2000本のキャンドルを並べたときの写真です。 このイベントの雰囲気 写真のように、完成形はゆるやかでアーティスティックな空間になります。 今回のイベントでは16時までお昼の部のイベントが行われて、お昼の部の撤収が始まると同時にキャンドルホルダーをいっきに配置していくために、12時に集合してからは15時までの下準備の時間はゆるやかに和気藹々と準備していき、15・16時台にバタバタと急いでキャンドルを並べていくような活動となりますので、この2時間はスピード勝負になりそうです。 いつも多摩川河川敷でキャンドルを並べているときは高いところ(堤防)から眺めると一つの大きな地上絵に見えるように配置デザインを考えますが、今回は下の写真のようにわかりやすい地上絵にしていきたいと考えております。 2時間でキャンドルホルダーを並べ火を点灯したあとは、消えているキャンドルがないかを確認したり、参加する子どもたちが走り回らないように声がけしたりする活動が中心ですので、活動に余裕ができます。 シフトを組んで「カワサキよりみちサーカス」を楽しんでもらえる時間を作りたいと思っています。 初心者歓迎• 友達が増える• 土日中心 雰囲気• 多摩川キャンドルナイト灯と人実行委員会の団体活動内容 毎年11月初旬に小田急線と多摩川と多摩水道橋に囲まれた素敵なロケーションの場所で1500〜2000本のキャンドルを灯しています。 持続可能な社会のために、「100万人のキャンドルナイト」のムーブメントに連動し、『でんきを消して、スローな夜を』を合言葉に、アートを織り交ぜたライフスタイルの提案の空間を作ることを目的にしています。 狛江市の市民活動団体登録をしています。 5月には川崎市の二子新地での「キャンドルスケープ川崎」を実施するようになりました。 2018年度は川崎市の「都市ブランド推進事業」に採択されました。 同じく川崎市では昨年12月に「カワサキよりみちサーカス」にて、川崎駅のタクシー乗り場(南側ロータリー)を貸し切って2000個のキャンドルを灯したり、河川敷以外でも小さな公園で灯すことがありました。 また、2019年5月の「キャンドルスケープ川崎2019」では想像以上のお客様にきていただき(おそらく2000名?)本当にありがとうございました!! 他にも川崎駅前の「カワサキよりみちサーカス」や「キャンドルナイトinいたばし」でも空間演出を行なったり、たまに依頼があるときは、レストランやウェディングの場でキャンドルを灯すこともありました。 雰囲気を少しでも感じていただければと思い、YouTube動画を試しに作成いたしました。 ご覧いただければと思います。 活動実績.

次の