エドワード 加藤 アパレル。 エドワード加藤が新アパレル(クロノス)を展開!?気になる価格とプロテイン情報をまとめてみた!!

エドワード加藤のアパレル「LYFT(リフト)」の評判を徹底調査!

エドワード 加藤 アパレル

日本を代表する最も有名なフィットネスモデルの一人、その名も「 エドワード加藤」氏。 フィットネスに携わる者ならば、誰でもその名を一度は聞いたことがあるはずだ。 彗星の如くフィットネス界に現れ、出場したコンテストではことごとく優勝。 プライベートジム BEYONDの代表に加え、自身のアパレルブランド LYFTの立ち上げ。 選手としても経営社としても数々の輝かしい偉業を成し遂げている。 そのように華やかな経歴を持つ彼だが、あまりメディアの表舞台に立ち語ることは少ない。 幸運なことに今回クールフィットネスジャパンは、エドワード加藤さんの独占インタビューをさせていただくことができた。 類稀なる容姿、肉体を持ちながらビジネス面でも成功を収めるエドワード加藤氏。 どのような人物なのか。 その素顔に迫った。 エドワード加藤: 僕はフィットネスモデルというカテゴリーだと思いますが、 そういう方々が大会で結果を出して、そこで終わるのではなくて 「 武器としてビジネスにしていくこと」 そこを僕はすごい考えています。 僕らはスポーツ選手ではあるのですが、 大会に出ることでお金を稼げる訳ではなくて、それをいかに利用するか しっかりとビジネスとして考えていかないと肩書きだけで終わってしまいます。 その肩書きをいかに利用するかということを僕は常に考えていて、それを上手く利用できるには ジムやアパレルを展開したりです。 BEYOND、LYFTを立ち上げた経緯はそこにあります。 さらに、その中で一番必要なのはチームだと思っていて、自分だけの力でやるのには絶対に限界があります。 PCに強い人やマーケティングに強い人、各分野のスペシャリストをしっかりと巻き込み、コミュニケーションを取り、 どういった商品を作るか、目標を立てるのか、しっかりとミーティングしながら会社としてやっていくことが 結果的に自分の生活を裕福にできるということもありますし、自分のトレーニングの環境もどんどん整えることができると思います。 Youtubeやオンラインサロンなど個人で出来るプラットフォームが増えていますが、それらに関しても限界が来る可能性があります。 また、メディアに出るのが得意ではない選手でしたら、 その肩書きを使って、選手としてやりながらも経営者としての仕事が出来れば 自分がフロントに立たなくても他の人を巻き込んでビジネスをしたりなど色々ことが出来ると思っているので、 最悪、自分に何かあったとしても経営の知識や経験などがあれば他の人に助けてもらうこともできると思います。 ーーーー肩書きを生かせない方にアドバイスはありますか エドワード加藤: 一番大事なのはSNSをしっかりと活用すること。 まずは、ビジネスをやる前にコアなファンをいっぱい増やすこと。 フォロワーの数よりもコアなファン。 そういう人達を増やす為に、もっともっと自分の良さをしっかり出す。 かっこいい写真やかっこいい動画出したりとか、地道な作業になってしまうとは思うんですが、 そういった自己ブランディングをすることにより色々な人がファンになってくれると思います。 それらと並行しながらアパレルやプライベートジム、今だったらyoutubeもあると思うので生かしてビジネスに繋げて行くといいのではないでしょうか。 ただ、僕らみたいなフィットネス選手は表に出なくちゃいけないような仕事が多いと思います。 しかし大会に出るということは、ある程度表に露出してもいい人だと思うので、そこはアグレッシブにいくしかないなとは思いますね。 エドワード加藤: youtubeを自分でも踏み出したいけど、踏み出せないくらい難しいなって思ってます。 どこかのタイミングでやりたいとは思ってるんですけど、ただ、やるとしたらしっかり準備したいんですね。 今はLYFTやBEYONDの業務や、フィットネス選手という状況があるので、 あまりyoutubeにフォーカスできない状況です。 youtubeを始めて、LYFT・BEYONDが疎かになったら意味がないので。 僕はどちらかというと、その2つをしっかり形にして ある程度自分に余裕ができたら、youtubeを始めようと思っています。 それこそ 選手引退してから始めようとか。 絶対人間にはキャパがあるので、もちろん僕にもキャパはあります。 そこで無理してやって中途半端に終わるのが一番勿体無いなって思うんですよ。 もしyoutubeやるんだったら自分の違った一面が見えるのかなって思いますね。 むしろそうしなきゃyoutube続かないんですよね。 僕めっちゃyoutube見るんで。 むしろほぼ毎日youtubeみててすごい参考にしてるんですよ。 こういう動画のコンテンツにしようとか、あっこういう人がyoutubeで人気になるんだとか 色々面白く見ながらも、勉強しています。 いつでもやれるように。 ーーーーBEYONDを立ち上げた経緯を教えてください。 エドワード加藤: 始めはパーソナルトレーナーを志していました。 元々大学生の時に筋トレを始めて、全く知識の無い友達にちょっと教えた時に、トレーニング教えるの楽しいなって思ってトレーナーに興味を持ったんですね。 パーソナルトレーナーってどんな形なんだろうって調べてみると、 歩合制で頑張った分、ある程度サラリーマン以上の収入を稼げるって知った時にやってみたいなって思いました。 そこからトレーナーとしてBEYONDの前に勤めていた頃に自分でやってみたいなって思ってBEYONDを立ち上げました。 こう考えてみると僕は行動力があるのかもしれないですね。 BEYOND GYM ーーーーFITNESSアパレルを立ち上げた経緯を教えてください。 エドワード加藤: BEYONDっていうジムに僕のファンが何%来てくれてるのかっていったら、 僕のフォロワーに対して1%もないと思うんですよ。 だってBEYONDって限られた地域に限られたある程度の収入や時間がある人など。 そういった色々な制限がある中で、BEYONDに通ってくれてる人ってすごい少ないなって思っていました。 じゃあどういうった形で自分の良さを生かしたビジネスができるかなって思った時に、 プロテインだったりアパレルだったりするのかなって思っています。 僕としてはサプリメントっていうのはやりたい気持ちはあるんですけど、 大手のプロテインは今でも飲みたいし、 あとは僕っぽく無いなって思って。 アパレルだったらファッションが好きだし、自分の好きなことだったら会社もデカくできるかなって思って自分で立ち上げました。 どうやったら自分を生かしてビジネスできるかってことを常に考えてますね。 現在LYFT、BEYONDこの2つが僕の収入源になっているんですけど、 まだまだやりたいことだったり、やれることって頭にあるんですけど、 この2つをしっかり形にしないと他に手を出しても疎かになって中途半端になってしまうので常に色々考えていますね。 エドワード加藤: 今はジムって本当に一番難しい。 プライベートジムって本当に難しい事業だと思ってます。 今こうやってフランチャイズを展開している理由としては、 しっかり店舗にいるスタッフのケアをできる人がいないといけないと思っていて、 FC店にオーナーさんにしっかりスタッフとコミュニケーションとって エンゲージしてもらう条件で店舗展開をしているんですね。 僕らも我武者羅に店舗展開しているんじゃなくて、 フィットネスが大好きでプラスFC店だからなどではなくて BEYONDを盛り上げたいんですって思ってくれる、BEYONDを大事にしてくれる人を選んで展開しています。 店舗がどんどん増えれば増えるほど僕らも会える機会が減るし、ケアできることができなくなってしまうので、 そこはしっかりFC店の人に協力していただいてます。 そういった意味でFC店を展開しているといった形です。 ーーーープライベートについて教えてください。 エドワード加藤 : 基本家から出ないです。 超インドアなんですよ。 めちゃくちゃインドアで。 それこそ僕 プライベートで旅行行ったことないんですよ。 ちょっと自慢になっちゃうんですが、 マイルたまりすぎちゃって使えないから家族に使ってあげたりとか。 頑張ってマイル貯めていつかいきたいなって思いつつも、行く期間があってももういいやってなっちゃう。 僕映画やyoutube見るのが大好きで、普通に家で休みの時とかベッドの中からyoutube見て 一歩も出ない。 ベッドから出ない。 プライベートほんとそんな感じです。 ちょっと根暗なんで僕(笑) みんなが思ってるほど全然クールじゃないですよ正直言って。 思ってるほど クールフィットネスじゃないんで(笑) ーーーー最愛のワンちゃんについて。 エドワード加藤 : この子たちがいなかったら今メンタルやられてるから。 ほんと感謝。 今こうやって撮られてるから可愛く言ってるとかじゃくて、一人でいるときこの10倍やばいからね。 笑 かわいいわぁ。 この子はマックス君です。 2歳ちょっとかなぁ。 一番最初に飼った子です。 その3ヶ月後に飼ったリズちゃん。 リズちゃんを飼った理由としては、仕事で家にいることが少ないんで、 マックス君一人だと寂しいじゃないですか。 マックス君のためにもう一人家族いた方がいいかなと思ってリズちゃんを飼いました。 この子が達が僕のメンターなんで。 この子達がいなかったらオリンピアだったりビーフでも結果出してないんで。 僕にとってのMVPはこの2匹。 俺のサポーターだから。 マジでかわいい。 ちゃんとトリミングして写りたかったね。 お前らね。 マックス! リズ! sits! sits! ほんとはsits! っていうとおすわりするんだよ。 あ、いや、ちょっと違うなー。 -あなたの最も理想とするBODYへ- BEYONDは、ただのプライベートジムではありません。 お客様が定めた「限界」「想像」「期待」「理想」すべてを超えて頂きます。 そのためのパーソナルトレーニングジムとして、BEYONDを設立しました。 BEYONDでは、痩せるのは「当たり前」で、最低条件だと考えます。 そこからさらにあなただけの「かっこよさ・美しさ」を引き出し、あなたのライフスタイルを変え、理想を超えた未来を提供する。 そして、フィットネスを好きになっていただくくことを目的としています。 それがBEYONDのパーソナルトレーニングです。 そのために、「圧倒的な環境・最高のトレーナー・最適なプラン」をご用意しました。 他のジムよりも本格的で敷居が高く思われるかもしれませんが、未経験の方も大歓迎です。 ぜひお気軽に、BEYONDの店舗へ遊びにいらしてください。 お待ちしております! -Edward 加藤- BEYOND GYMは東京都内のみならず、様々な地域に出店しています。 あなたの最寄りのBEYOND GYMに是非お越しください。 今なら体験トレーニング5,000円+税なので是非この機会に体験してみてはいかがでしょうか。 下記のバナーより体験予約ができます。

次の

エドワード加藤さんの人気アパレルブランドLYFTを購入

エドワード 加藤 アパレル

エドワード加藤の身長・体重・BMI 身長:178cm 体重:増量期 85kg 減量期 75kg BMI:増量期 26. 83 減量期 22. 09 インスタや動画で見てて、身長高いだろうなぁとは思っていたけどかなり高いですね JIN I'M BODY JIN さんとほぼ同じです 体重に関しては、増量期と減量期の体重差すごく、コンテストの時に完璧なぐらい仕上げてくるので、納得!って感じです 身長によって体重も異なるので、彼のような体になりたい場合はBMIを参考にしてみてください エドワード加藤の筋トレメニュー 増量期と減量期で頻度は違うと思いますが、基本は週4で行っているそうです 月曜日:胸• スミスマシン• インクラインプレス• ペックフライ• ダンベル・インクラインプレス• ケーブルフライ• ラットプルダウン• アンダーリップ・ラットプルダウン• ベントオーバーロウ• マシンローイング• ワンアームダンベルロウ• サイドレイズ(8セット)• リアレイズ• アップライトロウ• ケーブルリアレイズ• マシンサイドレイズ• リアデルトフライ• シーテッドレッグカール• レッグエクステンション• レッグプレス• ボックスランジ• グッドモーニング• アウターサイ• ケーブルアームカール• ハンマーカール• リバースカール 上腕三頭筋• プレスダウン• キックバック エドワード加藤の筋トレの特徴 回数が多め 通常、筋肥大に適しているといわれている回数は、8~12回が一般的ですが、エドワード加藤選手は少し多めに設定されています その理由は本人に聞いたわけではないので分かりませんが、この回数が彼にとって1番筋肥大するからだと思います よく言われる8~12回は、あくまで目安であって全ての人に合っている訳ではないので、固定概念に縛られずに色々試して自分に合った回数を見つけましょう 胸と背中の日を隔週で入れ替えている 土日を挟んで休み明けに、胸をやる週と背中をやる週を交互にすることで、どちらの部位も全力で行えるようにしているのだと思います スクワットやデッドリフトは基本的にやらない これは、とても意外でした! 大抵、BIG3であるスクワットやデッドリフトはやるんでね.

次の

エドワード加藤のプロフィールを紹介!筋肉を作る食事とトレーニング内容を徹底解説します!

エドワード 加藤 アパレル

ユーチューバー youtuber でないですが、よく筋トレyoutubeに出てくる 「エドワード加藤」さんについて紹介していきます! エドワード加藤さんについては、 身長・本名・年齢・肩の筋肉・アパレル・インスタなどwiki的な情報がないので、 ぜひチェックしてみてください。 エドワード加藤さんの身長・本名・体重・年齢などのwiki! その番組のトレーナーの一人である「エドワード加藤」さんがイケメンだと話題になりました。 そんな「エドワード加藤」さんのプロフィールについて紹介したいと思います! 本名:加藤・エドワード・真人 あだ名:エディ 身長:178cm 年齢:26歳 生年月日:1992年8月30日 体重:普段80-85kg コンテスト時:70kg 日本人とイギリス人のハーフです。 そのためなのか、ハーフタレントのユージさんやハリー杉山さんとも仲がいいようです。 実は出身ですが、日本生まれです。 そして、日本とイギリスを行き来していたようです。 そして、日本でトレーナーになるために、 大学は中退したそうです。 フィジーク選手としての実績ですが、 2019年のNPCJ「ビーフ佐々木クラシック」のオーバーオールで優勝しました! 今回は、800人ほどの出場者がいたそうですので、その頂点ということになります。 ちなみに、2018年のビーフ佐々木クラシックの 優勝者は「カネキン」さんでした。 instagram. なんと 発売開始から10分で殆どの商品が売り切れとなりました。 アパレルの値段としては、高価格帯のものが多いですが、それでも完売となっております。 ただ、値段は若干高いですが、見ていると全部欲しいです。 価格帯を書いておきますので、参考にしてみて下さい。 instagram. 下記が商品アイテムの一部です。 ご覧ください。 既に売り切れとなっている商品もありますが、在庫が残っている商品もあるので欲しい方はお早めに! 筋トレyoutuberの「ぷろたん」さんも「lyft」を着ております。 紺色カラーがかっこいいですね。 youtube. コチラも人気でした。 出典: Whotwi ですが、こちらは自らプロデュースしたというより「モデル」や「販売」に関わっていたようですね。 「cronos(クロノス)」の時のノウハウを生かした 「lyft(リフト)」なので、 評判が良いのでしょう。 実際に購入した方の感想です。 しかし想像を上回るクオリティでした! 料金も少し高めの設定に感じるかもしれませんが、納得のお値段という感じですね。 先述した通り、人気のあるアイテムは既に売り切れが出ているので、 是非気になる方はお早めにチェックしてみてください! こちらは、「lyft(リフト)」のパーカーです。 instagram. instagram. サイドをかりあげており、いわゆるツーブロックという髪型ですね。 instagram. instagram. ちょっとルーズな感じですね。 instagram. instagram. instagram. この肩は、単純にすごいですね。 instagram. 背中の筋肉もすごいですね。 instagram. 同じ階級ではないですが「jin」さんも出場しております。 今回の大会は「プロカードを獲得できる」「日本からの参加者が多い」ということで注目を集めていました。 残念ながら優勝とはなりませんでしたが、優勝候補ではあったので次の大会に向けて頑張って欲しいですね。 instagram. しかし、あくまで噂で根拠のある情報などは出ていません。 プロティンに関しては、自分のオリジナルプロティンを使用しています。 ご自身でも、筋トレ以前との比較の画像を挙げております。 instagram. 実は左の写真の時もトレーニングはしてました。 instagram. JBBFという団体は、ステロイドには厳しい団体として知られておりますので、 ステロイドは使用していないと思われます。 エドワード加藤のインスタ,ツイッター,ブログなどの情報は? SNSの情報ですが、ツイッターとインスタグラムをやっているようです。 instagram.

次の