コロナ で 死に たい。 コロナ禍の中でこそ読みたい本:差別や悲しみ、命や死と向き合う物語 渡辺憲司・自由学園最高学部長

新型コロナで亡くなった家族との最後の対面はなぜ許されないのか “おくりびと”も苦悩

コロナ で 死に たい

今月3日、東京・青梅市の住宅で1人暮らしの70代の男性が誰にもみとられず死亡しているのが見つかり、その後の検査で新型コロナウイルスに感染していたことが関係者への取材でわかりました。 男性は死亡する2か月ほど前、親族と疎遠になっているうえ、足が不自由になり困っているとして、60年以上会っていなかった中学時代の友人に助けを求めてきたということです。 友人によりますと、男性は小学校で教師をしていましたが、50代で辞め、その後、家に閉じこもるようになっていたということです。 友人は買い物に連れて行くなど支援していましたが、男性は死亡する前日、「胸の辺りが気持ち悪い」と言うようになり、翌日、風呂場で死亡しているのが見つかりました。 心が痛い」と無念の思いを語りました。 この友人は男性と接触していたため、保健所から2週間、自宅待機を求められましたが、その後、発熱などの症状はありませんでした。 感染の広がりで、民生委員など地域の見守り活動が難しくなっていて、高齢化の問題に詳しい「みずほ情報総研」の藤森克彦主席研究員は、「新型コロナウイルスは、感染力が強く急変のリスクもあるので、見守りを密にしなければいけないが、一方で直接会えないという課題がある。 支援方法を工夫しなくてはいけない」と指摘します。 そのうえで「再び感染が広がると、こうした事態はさらに起きるので、電話やウェブを通して見守るなど、社会として態勢を整備することが求められる」と訴えています。 死亡した70代の男性は、2か月ほど前に、親族とは疎遠になっているうえ、足が不自由になり買い物にも行けず困っているとして、60年以上会っていなかった中学時代の友人に助けを求めてきたということです。 男性と友人は中学校で同じ野球部に所属していたということです。 男性は大学卒業後、小学校の教師をしていましたが、50代で辞め、それ以降、家に閉じこもるようになっていったということです。 男性は兄に面倒を見てもらっていましたが、ことしに入ってその兄も亡くなり、男性は乗っていた車を壊してしまい、足も不自由になってスーパーにも行けず、困っていたということです。 そして、死亡する2か月ほど前、食べ物もなくなってきて友人を頼ってきたということで、その時の様子について「やせていてフラフラしていた。 これまで本人はきちんと食べていなかったようだ。 学校を辞めた後、家に閉じこもってしまい、誰も家に入れなくなっていたようだ」と話しました。 友人は男性を買い物に連れて行くなど支援を続けました。 しかし、死亡する2週間ほど前、男性の体調がすぐれない様子だったため、病院に行くよう促しましたが、男性は「病院は嫌いだ」と受診を断ったということです。 さらに死亡する前日の5月2日、男性は「胸の辺りが気持ち悪い」と言うようになり、薬局で薬を買いましたが、発熱やせきなどの症状はみられなかったということです。 そして、5月3日の朝、友人が様子を確かめようと家を訪れたところ、男性は風呂場で死亡していたということです。 友人は「どんなことがあっても返事をしてくれていたが、今回は返事がなかった。 お風呂で見つけた時は、顔が半分くらい水につかっていて、びっくりした」と発見した際の状況を話しました。 そして、男性の火葬が終わった後、保健所から、男性は新型コロナウイルスに感染していたと告げられたということです。 友人は男性と接触していたため、保健所から2週間、自宅待機を求められましたが、その後、発熱などの症状はありませんでした。 本当は家族愛に飢えていたのだと、こういう人ほどさみしがり屋なのだと思った。 心が痛い」と無念の思いを語りました。 そのうえで「家には思い出の品があった。 ピンクのピアノが残されていて、彼の心の宝物だったのだと思う。 小学校の先生だったから音楽の授業の練習をしていたのではないか。 家にこもっていたので、世間には楽しいことがいっぱいあると教えてあげたかった」と話していました。 独り暮らしの高齢者が誰にもみとられず死亡し、その後、新型コロナウイルスの感染が発覚したことについて、高齢化の問題に詳しい「みずほ情報総研」の主席研究員で、日本福祉大学の教授、藤森克彦さんは「心配していたことが実際に起きてしまった」と話しました。 藤森さんは「新型コロナウイルスは感染力が強く急変するリスクもあるので、見守りを密にする態勢を作らなければいけないが、一方で直接会えないという課題がある。 これまでのように直接会って支援することが難しいので、支援のしかたも工夫しなくてはいけない」と新型コロナウイルスの特有の問題点を指摘します。 そのうえで「電話やウェブなどの媒体を通して会話をするという態勢を少しずつ整備していく必要がある。 身寄りのない単身高齢者が増えていくことと、秋以降も感染が再び広がるかもしれないと考えるとこうした事態はさらに起こりうることなので、社会として見守り態勢を整備することが求められる」と訴えています。

次の

新型コロナで亡くなった家族との最後の対面はなぜ許されないのか “おくりびと”も苦悩(デイリー新潮)

コロナ で 死に たい

アメリカの感染者は160万人超、死者は10万人に迫る。 日本は感染者1万7000人弱、死者は900人弱。 日本政府がやっている唯一といってもいい対策は、「自粛」を呼びかけるだけ。 有効な対策をほとんどとっていないのに、なぜ感染者も死者もこれほど少ないのか。 世界中のメディアは「ジャパン・パラドックス」と呼んで不思議がっている。 甘いものが大好きなフランス女性にスリムな人が多いことを「フレンチ・パラドックス」と呼ぶことに由来するそうだが、山中伸弥・京都大学教授はこのことを「ファクターX」と名付けた。 矢野邦夫・浜松医療センター医院長補佐は、マスクの着用習慣が大きいという。 マスクは感染を防ぐし、日本人はハグやキスをしないからだというが、いま一つ納得しがたい。 寺嶋毅・東京歯科大学市川総合病院呼吸器内科教授は、肥満という要素を指摘する。 肥満の人は、そうでない人に比べて、新型コロナウイルスによる重症化リスクの高いことがオックスフォード大学の研究で示されているという。 肥満というのは内臓脂肪が蓄積された状態をいうが、肥大化した脂肪細胞からは通常より多くの免疫細胞のたんぱく質が分泌され、慢性的に血管に炎症を起こす。 そのため、ウイルスに感染すると重症化する血栓などができやすいからだという。 ニューズウイーク日本版は、アメリカでは、黒人が新型コロナウイルスで死亡する割合は2000人に1人、アジア系と中南米系は4300人に1人、白人は4700人に1人だと報じている。 アジア系は黒人より少ないが、白人よりはやや多い。 週刊新潮によれば、日本人の死者の少なさを遺伝子解析に求めようという研究が進められているという。 「日本人は新型コロナウイルスに抵抗力を持つ遺伝子を獲得しているのではないかという仮説を立てる」のだと、金井隆典・慶応大学医学部教授がいう。 つまり、人種によって重症化リスクの違いがあり、それは免疫の働きの差ではないかというのだ。 結果は9月ぐらいには出るようだが、当のわれわれ日本人が不思議でならない新型コロナウイルス最大の疑問に、早く答えが出てほしいものだ。 厳しい声は、足並みをそろえるはずの神奈川県の知事からも出ている。 小池からしたら、緊急事態宣言が出されてすぐに、休業要請に応じる店や施設に1店舗50万円、最大100万円まで支払うと大盤振る舞いしたのに、なぜそんなことをいわれるのと、お冠だろう。 だが、大盤振る舞いしたために、約9300億円あった財政調整基金が、今は500億円程しか残っていないようだ。 自分の選挙のために湯水のようにカネをばらまき、毎日のように会見を開き、自身のCMを流し続けるのでは、都の財政が破たんする恐れがあると、元都知事の舛添要一が批判している。 週刊新潮は、なかなか全面解除しない小池のやり方では、景気回復はほど遠く、「死のロードマップ」だと批判する。 しかし、都知事選は楽勝ムードで、ホリエモンや元日本弁護士連合会会長の宇都宮健児が出ても、勝負にはならないだろう。 そこへ殴り込んだのが週刊文春である。 これまでも何度か報じられたが、小池の学歴詐称の動かぬ証拠を握ったというのである。 この記事は、文藝春秋から出す、ノンフィクション作家・石井妙子の「女帝 小池百合子」のパブだが、学歴詐称に関しては、かなりの信ぴょう性があるようだ。 小池は選挙のプロフィールには、必ず「カイロ大では日本人としては二人目、女性では初めて、しかも首席で卒業した」と謳っている。 これが真っ赤なウソだと、当時、カイロで同じ部屋に同居していた早川玲子(仮名)が証言している。 週刊文春によれば、アラビア語を全く知らなかった小池が難関のカイロ大学を首席で卒業するというのは、日本語を話さない人物が東大に入学して首席で卒業したようなものだそうだ。 不可能ではないとは思うが、小池ではね。 なぜ小池がカイロ大に入学できたのかというと、当時、小池の父親が貿易会社をやっていて、当時のエジプト情報相と知り合いだったから、コネで入れてもらえると安心していたと、早川はいう。 入学はしたが、小池は夜遅くまで遊び、昼近くまで寝ている生活の繰り返し。 そのうち、語学学校で知り合った男と結婚するが、3年後に離婚。 その後、父親に呼び戻されて帰国。 再びカイロに来ると、小池は新聞を早川に見せた(その紙面が記事上に掲載)。 そこには、「カイロ大学を卒業した小池百合子」と書かれてあった。 彼女のことを取り上げたのは産経新聞と東京新聞だったというが、当時から、記者というのは「裏取り」をせず、本人のいうがままに書いてしまう"悪癖"があったようだ。 その後、キャスターとして活躍し、1992年に日本新党から出馬する際、学歴詐称疑惑が表面化するが、小池は週刊ポストに彼女の卒業証書を掲載させるのだ。 その卒業証書は偽造臭いし、カイロ大教授が「彼女は卒業していないけど、卒業証書は持っている」と話したことがあるという。 さらに小池は、片山さつき(現参院議員)と結婚・離婚した舛添要一と付き合っていて、周囲に結婚したいと打ち明けたことがあったというのである。 週刊文春の直撃に、舛添は付き合っていたことは認めているが、そんな仲ではないと否定している。 片山といい小池といい、女性の趣味はあまりいいとはいえない舛添のことだから、あってもおかしくはないがね。 小池をよく知る舛添だから、小池をこう喝破する。 「彼女は痴情を気にする人ではないですよ。 すべては権力」。 権力のためなら、利用できるものは何でも利用する。 小池流処世術である。 小池に、何度出ても懲りない宇都宮、バカ者たちの神、ホリエモンか。 東京都民をやめたくなってきた。 「黒川賭け麻雀」タレ込むならやっぱり週刊文春か!取材力も取材費も他誌とケタ違い 検事総長間違いないと思われていた黒川弘務東京高検検事長を見事な「賭け麻雀」スクープで追い落とした週刊文春が、その経緯の一端を明かしている。 黒川の異例の定年延長がなされた後の今年2月(2020年)、週刊文春の情報提供サイト「文春リークス」に情報が寄せられたという。 「黒川が産経の記者と賭け麻雀をしている」というものだった。 すぐに連絡を取り、対面したところ、情報提供者は自ら身分を明らかにしたという。 件の産経新聞関係者が腹を括っていたことがわかる。 この時点の情報では、正確な日時、場所、4人目が誰なのかはわからなかった。 そこから取材に2ヵ月をかけ、産経のAのマンションでやるということを突き止める。 何度かここで書いているが、こうした情報は、今は週刊文春にしか入らない。 情報を持っている人間は、もし「現代リークス」や「ポストリークス」というのがあっても、そこへは行かない。 なぜなら、提供しても、取材力も取材費もない編集部では、満足なものにはならないからだ。 週刊文春がうらやましい。 週刊誌が火花を散らしていた往時なら、こうした情報が各週刊誌編集部に舞い込み、熾烈な取材合戦になっただろう。 スクープは売れないといわれるが、この黒川賭け麻雀スクープは完売したそうだ。 週刊新潮は悔しいだろうな。 今週、黒川事件をどう扱うのかと思ったら、「雀卓実況中継」ときた。 黒川の雀荘での生態を描写している。 黒川はいくら負けがこんでいても、黙り込むようなことはない。 酒が弱いので、タバコぷかぷか、陽気で、途中で片尻を上げて"プッ"とおならもしていた。 法改正の論点や、他省庁の人事、同僚の批判には饒舌だったが、肝心の捜査の話になると、巧みに逸らしていた。 どんなに負けても一晩で3~4万円...... などなど。 週刊文春によると、朝日新聞の人間は経営企画室という社の中枢にいるが、「当該社員については管理職からも解いたうえ、人事部付けとしています」(朝日新聞)。 読者からの反発は強く、解約が相次いでいるそうだ。 黒川が不祥事で消え、コロナ対策は打つ手打つ手がうまくいかず、女房役の菅官房長官との間には秋風が吹き、安倍首相は周囲に「もう嫌になった」と漏らしているという。 安倍ちゃん、遠慮しないですぐに辞めていいんだよ。 私ならそう声を掛けるな。 もう年金はもらえない!新型コロナのどさくさ紛れで厚労省が画策する「支給年齢75歳引き上げ」 今週の週刊ポストは巻頭特集で、厚生労働省がコロナ騒ぎに便乗して、年金受給年齢を75歳に引き上げてしまえという、悪だくみをしていると報じている。 この中で一番驚いたのは、GPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)が株で運用している資金が、今年の1~3月だけで約18兆円の損失を出していたということである。 このままハイリスクの株に投資を続ければ、国民の老後資金を根こそぎ失うことになる。 安倍首相は、この一事だけをとっても、万死に値するはずである。 コロナ騒ぎの中、厚労省が3月に年金改正法案を国会に提出し、5月12日に衆院を通過し、今国会で成立することが確実になったそうだ。 法案の中身は、パートなどの短時間労働者の年金適用の拡大、在職老齢年金の支給停止基準の緩和などがあるが、問題は、年金繰り下げの年齢の上限を75歳に引き上げというところである。 この制度導入の陰で厚労省は、年金支給開始年齢を70歳に引き上げようとしている。 そして、今回、年齢を繰り下げできる年齢を75歳まで引き上げたのは、いずれは完全な年金75歳支給にするための布石だというのである。 年金の株での運用の失敗を隠し、年金積立金が減り続ければ、年金制度が破綻するのは間違いない。 だから、75歳まで年金をもらえないようにしてしまえということである。 あくどいというより犯罪的である。 即刻、こんな政権は崩壊させなくてはいけない。 いつ終わるか分からない新型コロナウイルス騒動で、経済はガタガタになり、自殺者は増え続け、高齢者は死ぬまで働かされる。 こんな国にあんたは住みたいかね。 (文中敬称略).

次の

コロナ禍の中でこそ読みたい本:差別や悲しみ、命や死と向き合う物語 渡辺憲司・自由学園最高学部長

コロナ で 死に たい

「3keys」は、虐待や貧困などの家庭で育った子どもたちへの学習支援事業や、オンラインでの情報提供、相談・啓発事業などをしている。 もともと虐待に関する相談や検索は多かったが、小中高校が休校となり、外出自粛を要請されてからも、10代の相談内容の傾向には大きな変化はない、と森山さんは感じているという。 「妊娠したかもしれないという相談や、恋人関係の相談は、相変わらず多くあります。 家にいたくない子は、友達や恋人と遊んだりしているようです」 「死にたいとずっと感じていて、別に死んだっていい、という子もいます。 コロナにかかれば、抱えている問題から逃れられる。 『コロナで死にたい』という声さえ聞こえてきます」 大人に大切にされた経験がないのに 若者は、感染しても重症化のリスクが低いうえ、行動範囲が広いため、感染を広げる可能性があるということは、国の「新型コロナウイルス感染症対策専門家会議」でもされている。 テレビの情報番組などでは、東京・渋谷の繁華街を出歩く若者たちが「不要不急の外出」の象徴としてたびたび取り上げられる。 外出を自粛していない同級生と密閉空間で過ごすことを恐れ、高校生が休校の延長を求める署名活動を始めるなど、生徒間での温度差も生まれている。 感染経路が特定できない感染者が増えている今、外出が大きなリスクを伴うのは事実だ。 だが、そうやって出歩いている子どもの一部が、深刻な暴力や貧困にさらされ、居場所がないという事情を抱えていることには目を向けられているだろうか。 森山さんは言う。 「『高齢者や周りの人の命を大切にしよう』という呼びかけがされていますが、大人に大切にされた経験がなく、さんざん傷つけられてきた子どもたちには響きにくいです」 「自己肯定感が非常に低い子たちにとっては、自分の命でさえ、ましてや他の人の命を大切にするという感覚をリアルにもつことが、とても難しいのです」 居場所がどこにもなくなった 全国の小中高校に一斉の臨時休校が要請された後、3keysはサイト上で、中高生が無料で過ごせる場所を紹介していた。 だが、公共施設や地域のNPOが運営する施設などが軒並み休館となり、紹介できる居場所がなくなってしまった。 「実際に利用は多くないとしても、大人はあなたたちの居場所をつくる努力をしているよ、というメッセージを伝えたい」と、東京・新宿の3keysの事務所の感染対策をしたうえで、3月9日から無料で臨時開放することにした。 ところが、Twitterで事務所の開放を伝える投稿をしたところ、一部のTwitterユーザーから「感染拡大を助長するのではないか」という指摘を受けてしまった。 背景まで想像してもらえない 「子どもに届けるための投稿なので、虐待や貧困という直接的な言葉は使っていなかったんです。 事情を知らない人からは、空気を読めていない投稿に見えてしまったのかもしれません」 利用する子どもが、虐待や貧困のスティグマ(レッテル貼り)に抵抗を感じないように表現を工夫したら、本来の事情や目的を知らない人から「こんな状況なのに不謹慎だ」と批判されてしまったのだ。 結局、中高生に広く伝えることができないまま、感染拡大の状況を踏まえ、事務所の臨時開放は終了することにした。 両方から守りたい 家にいることで死ぬかもしれない子どもがいる。 そうした事情にまで想像が及ぶ人はまだ少ない、と森山さんは言う。 「今は、感染拡大を防ぐことを最優先する時期ですから、外出してもいいとは思いません。 ただ、問題を抱えた子どもたちが外出せざるを得ないのは、大人たちが居場所を整備してこなかったからで、そのツケがいま回ってきたともいえます」 「新型コロナウイルスからも、虐待や暴力からも、両方から子どもを守る方法を、大人は考えていかなければならないのではないでしょうか」.

次の