お墨付き 類語。 【慣用句】「折り紙つき」の意味や使い方は?例文や類語をWebライターが解説!

「お取り計らい 」の意味と使い方、文例、類語、英語、「ご査収」との使い方

お墨付き 類語

「折り紙をつける」の意味 「折り紙をつける」とは、 人や物の価値が確かであることを保証することを意味します。 価値があることを表現する際、ただ、「すごい」とか「間違いない」と言っても、なかなか信憑性が伝わらない時ってありますよね。 そういった時、「折り紙をつける」と言うことによって、書面による保証も付けられるというニュアンスが加わり、保証することの意味が強まります。 また、そういった価値が保証できるものを「折り紙付き」と言い、「その実力は折り紙付き」という表現が使われたりします。 「折り紙をつける」の語源・由来 「折り紙をつける」と聞くと、「なぜ、折り紙なんだろう」と思う方も多いかと思います。 しかし、ここでの「折り紙」は私達が普段、 日本の伝統的な遊びで使う折り紙とは別のものです。 正しくは、 紙を半分に折った文書のことを指し、元々は、平安時代の末期から、公式文書や贈呈品の目録として使われていました。 そして、江戸時代になると、美術品や刀剣などの鑑定書として使われるようになり、確かな物であることを保証する書き付けとして折って保存されたのです。 そこから転じて、人や物の価値を保証することを折り紙をつけると表現するようになりました。 この絵は、最高級の名画であると 折り紙をつけられた作品である。 家の中にある壺を鑑定士に観てもらったところ、1千万円の価値があると、 折り紙をつけてもらった。 彼の身体能力の高さは、私が 折り紙をつけます。 「折り紙をつける」の類語 「折り紙をつける」には以下のような類語があります。 「太鼓判を押す」 「太鼓判を押す」にも、 人や物の質が絶対に良いことを保証するという意味があります。 太鼓判とは、元々、戦国時代の武将、武田氏が鋳造した「甲州金」の一分金 いちぶきん を指し、太鼓判のような大きな印判を押すことによって、価値を保証するという意味が生まれました。 語源は違いますが、「折り紙をつける」も「太鼓判も押す」も同じような意味で使えます。 「お墨付きを与える」 「お墨付きを与える」は、 権力や権威のある人が、保証を与えることを意味します。 元々は、室町時代や江戸時代に、将軍や大名から臣下に与えられた領地の保証を行うための文書を作成する際、署名の代わりに使用された花押 かおう が墨で記されていたことが由来となった慣用句です。 「お墨付きを与える場合は、品質や価値を保証するという意味とは若干異なり、信頼性を保証する際によく使われます.

次の

「お墨付き」と「折り紙付き」の違いと意味、由来とは?

お墨付き 類語

太鼓判=武田信玄考案の甲州金の価値を保証する装飾 簡単に言うと太鼓判の意味は上記の様になります。 甲州金とは 武田信玄が考えた貨幣制度で、のちに江戸幕府にも受け継がれています。 この甲州金の製造過程で、甲州金の縁に太鼓の皮留めの様な装飾を入れて、 その価値を保証したそうです。 この装飾のことを「太鼓判」と言い、太鼓判を押された甲州金は、その価値が保証されました。 そこで「太鼓判を押す」=「価値を保証する」という意味で使われるようになったんですね。 では、次にその使い方の例をみておきましょう。 「太鼓判を押す」の使い方は? 本章では「太鼓判を押す」の例文を3つ程挙げてみます。 証言内容は、彼が太鼓判を押していたから間違いない。 今日は晴れると、テレビでお天気キャスターが太鼓判を押していた。 あいつは「非常に信用できる」、と課長が太鼓判を押した男だ。 どれも物事や事象を保証するという意味で使われていますね。 ところで、「太鼓判を押す」と似たような言葉で「折り紙付き」や「お墨付き」という言葉が有りますよね。 これらはどう違うのでしょうか?次はこのことについて確認していきます。 権力や権限の有る人の承諾や保証などのこと 室町幕府や江戸幕府の将軍や大名が、家臣に与えた領地を保証・確認する為に発行した公式文書のことで、今の実印の役割をしていた 「花押」が墨で書かれていた事に由来している。 「〇〇のお墨付き」の様に使われ、〇〇の部分には人が入りますね。 つまり「折り紙付き」は物に対して使うのに対し、「お墨付き」は人に対して使われることになります。 では、最後に「太鼓判を押す」「折り紙付き」「お墨付き」の違いを一覧表で確認しておきましょう。 「太鼓判を押す」「折り紙付き」「お墨付き」の違い一覧 語源 意味 対象 太鼓判を押す 武田信玄考案の甲州金の縁に押された、太鼓の皮留めに似た装飾。 人や物の価値を保証すること。 人や物に対して使われる。 折り紙付き 奉書紙や檀紙等の高級紙を二つ折りにしたものを鑑定書として付けたこと。 その物が信用出来るものであることを保証すること。 元々は物に対して使われていた。 今では人にも使われる。 お墨付き 領地の保証書に墨で書いた花押を付けたこと。 立場の上の者が物事を承諾・保証すること。 人に対して。 まとめ いかがでしたか?普段何気なく使っている、よく似た言葉たちですが、調べてみると微妙に違っていましたね。 では、最後に今回の内容をまとめておきましょう.

次の

太鼓判の意味や由来とは?使い方の例文や類語も紹介!

お墨付き 類語

お好きな所からどうぞ• 折り紙付き? 何で、今さら「折り紙付き」か?って言うと、昨日、掃除機を買いに行ったら、となりの4人家族が同じように掃除機を買ってたんです。 そのときに、 「このメーカーなら、 折り紙付きですよ!」 って、量販店の店員がおっしゃってました。 そしたら、小学生くらいの子供が、「折り紙もついてくるんだったら、これにしよ!」だって。 その瞬間、 えっー?知らないんだ?っておもいました。 もちろん、その夫婦はすぐに教えていました。 折り紙と言えば、あの千代紙です。 こどもは、正直だから、折り紙と言えば鶴を折ったりする紙しか思い浮かぶわけがないんです。 そこで、ちょっと疑問がでてきました。 なんで、折り紙がつくと、権威が付いたようになるんだろ?って。 折り紙の本当の意味ってなんなんだろうってかんがえてしまいました。 で、いえにかえってきてちょっと調べてみました。 折り紙の意味? ウィキペディアで調べてみると、 折り紙とは、 折り紙(おりがみ、折紙)とは、紙を折って動植物や生活道具などの形を作る日本伝統の遊び。 また、折り上げられた作品そのものや、折り紙用に作られた正方形の専用紙、千代紙などのことを指す。 (ウィキペディアより引用) とかかれていました。 すこし考えて、折り紙付きで調べないとダメなんだ!とおもってふたたび折り紙付きで調べみると、 載ってませんでした。 じゃ、ってんで、家にある広辞苑で調べてみると、 鑑定保証の折り紙が付いているもの。 (広辞苑より) ということでした。 「これ、本物!」っていう鑑定書が 折り紙って事でした。 なんでも鑑定団に出てくる鑑定書が折り紙ってことですね。 家電の保証書なんかと一緒ってことです。 ただ、恋人にその話をしたら、「じゃ、 お墨付きってのは?」ってきかれました。 そう言えば、折り紙つきに似た言葉でお墨付きっていうのもあったことをおもいだしました。 お墨付きの意味は? ふたたび広辞苑をひらいてみると、お墨付きとは、 主君の花押(かおう)の押してある文書。 幕府、大名から証明のために家来に与えた。 御判物(ごはんもの) (広辞苑より) これもなんでも鑑定団とかに良く出てくるもので、昔の文書の一番最後にサインみたいなものがありますが、それが花押で、その花押を押してあるのがお墨付きということでした。 それを恋人に伝えると、さらに、「じゃあ太鼓判は?」ですって。 え?太鼓判?って、二度見ならぬ二度聞きしました。 太鼓判の意味は? ふたたび、広辞苑をひらきました。 転じて、確実な保証の意。 (広辞苑より) なるほど!太鼓の様に大きな印判を押して、保証を証明するんだ・・・ってかんしんしました。 が、 太鼓の様な大きな印判?そんなの、本当にあったの?って言うか、そんなの押したら、字、書けないんじゃない?って、ちょっと疑問におもいました。 古甲金と言うのは、昔、武田信玄よりずっと前、戦国時代のころから甲斐の国で、つくられていた金貨です。 実は、甲斐の国が、日本で一番早く、 お金を作って、流通させてるんです。 金山があったので。 楠木正成がいたころの南北朝の時代の話です。 で、その古甲金の一分金には、まわりが、太鼓のへりみたいに丸い模様がついてるんで、太鼓判とよばれてるということです。 もちろん、どこで作ったか判るようにです。 花とかの模様も押してあるんですよね。 そのしゅんかん、 おおっ!それだっ!っておもいました。 つまり、こんな感じです。 古甲金の太鼓判をどこで作ったか、保証するために模様を付ける。 しかも、ハンコの大きさで保証できたら、だれでも保証できちゃうでしょっておもいました。 まとめると、一番保証が大きいのは、 お墨付き なんてったて、お殿様からですから。 次は、 折り紙付き 最後は、 太鼓判 これは、ちょっと根拠があいまいですからね。 恋人に話すと、やっと納得してくれました。 ちなみに、札付きってのもありますよね。 これは、逆の悪い意味ですけど。 これは、江戸時代の住民登録みたいなとこに、これは、要注意人物だよ! って札を付けておくことから始まったそうです。 以上、折り紙つき、お墨付き、太鼓判、札付きの意味と違いでした。

次の