山形 コロナ ニュース。 山形・出羽桜酒造「オンライン飲み会」開催、みんなでコロナを乗り越えよう!「エール酒プロジェクト」第3弾(食品産業新聞社ニュースWEB)

山形の工場でクラスターか 従業員5人、同じ更衣室使用 [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

山形 コロナ ニュース

新型コロナウイルスの感染拡大を防ごうと、山形県は18日、高速道路のパーキングエリア(PA)などで来県者の体温測定の試行を始めた。 大型連休中に県境を越える帰省や観光の抑止効果を見込み、25日〜5月10日に本格実施する。 評価する見方の一方、通勤で県境を越える人たちからは批判の声も上がった。 山形自動車道下りの山形蔵王PA(山形市)では午前10時〜午後4時、マスクや顔を覆うフェースシールドを着けた県職員が、入って来る一般車の運転席に近づいた。 「体調はいかがですか」。 協力者に声を掛け、非接触型の体温計をかざして検温したり、不要不急の外出自粛を要請するチラシを渡したりした。 県内感染者(18日現在60人)の大半が県外からの経路で感染したとみられ、県は16日の危機対策本部会議で実施を決めた。 発熱が判明した場合は外出や他人との接触を避けるよう勧め、症状が改善しない場合は受診相談を促すが、来県自体は拒まない。 仕事で山形道を利用した山形市の会社員山田剛さん(52)は「安心感につながる取り組み。 中長期的に実施してほしい」と評価。 仕事で置賜方面に向かう仙台市若林区の会社員男性(57)も「個々の危機感を高める点でも意義がある」と取り組みに賛同した。 25日から検温実施場所となる米沢市の「道の駅米沢」の坂川好則駅長(67)は「山形県が感染防止に力を入れていることが伝わればいい」と理解を示した。 県の取り組みに複雑な心中を明かす人もいる。 「山形の『いじわる作戦』と感じる」と話すのは、高速バスで仙台市まで通勤している山形市の団体職員男性(61)。 「逆に宮城県がやればどう思うだろうか。 首都圏であればパニックになる」と憤った。 県の方針が明らかになると、仙台の人たちから「山形は関所を設けるのか」と皮肉られた。 「通勤や通学で仙山圏の交通網を利用する県民は肩身が狭く、苦痛を感じている」と話した。

次の

【山形コロナ】山形空港で検温拒否!「到着便に2名乗ってて2名ともに検温拒否された」

山形 コロナ ニュース

山形県と山形市は15日、県内で新型コロナウイルスの感染者が新たに6人確認されたと発表した。 うち5人は米沢市の食品工場の従業員。 この工場の感染者は計10人となり、県は工場内でクラスター(感染者集団)が発生したとの認識を示した。 一方、これまでに県内で確認された感染者のうち2人はPCR検査で2回連続で陰性となり、近く退院できる見通しとなった。 15日に感染が公表された6人はいずれも女性。 米沢市の4人(60代2人、50代と40代が各1人)、高畠町の40代、山形市の40代。 これで県内の感染者は49人になった。 米沢市の50代女性は肺炎の所見があるが重くなく、ほかの人は軽症。 米沢市と高畠町の計5人は、すでに5人の感染が確認されている東京都の食品会社「佐勇」の山形工場(米沢市アルカディア1丁目)の従業員。 この工場に勤務する高畠町の40代女性が家族から感染し、同僚に広がったとみられる。 当初は、この女性と昼食を一緒に食べた従業員らに検査を実施していたが、同じ更衣室を使っている従業員にも検査を広げ、感染拡大が判明したという。 同社によると、工場は操業を自粛し、全従業員が自宅待機中だという。 阿彦忠之・医療統括監は「仕事の前後や昼食などの休憩時間に感染しやすい『3密』の状況ができたり、同じロッカーを使っていたりして感染が広がったと考えられる」と語った。 山形市の女性は、3人の感染が判明した市内の飲食店との関連は確認されておらず、感染経路は不明。 女性は会社従業員だが、仕事上で不特定多数の人との接触はなかったという。 中川勝市長は記者会見で「迷惑をかけ深くおわびする。 感染拡大防止のため理解と協力をお願いします」と話した。 (三宅範和、石井力).

次の

山形「日本一の芋煮会」初めて中止に 新型コロナ影響

山形 コロナ ニュース

イベント開催については4つの時期に分け、収容人数の上限など要件を段階的に緩和する。 例えば、屋外の場合、6月18日までは200人以下に設定。 その後は7月9日まで1000人以下、同31日まで5000人以下とし、8月1日からは「人と人との距離を十分に確保」という要件にする。 プロスポーツは6月19日以降、無観客での開催を求め、7月10日以降は収容人数などの基準に応じて観客を入れて開催できるようにする。 地域の祭りや花火大会などは感染防止策を開催条件にするが、参加者の把握が困難な大規模な行事は「中止を含めて慎重に検討する」ことを求めた。 危機対策本部では新たに「山形県における新型コロナウイルス感染症注意・警戒レベル」も設定した。 新規感染者数などに応じて「警戒」「非常事態」といった4段階のレベルを設定。 新規感染者数が5人以上などレベル3の「特別警戒」になったら不要不急の外出自粛などを要請する。 ただ、基準は目安のひとつとし、実際の運用では専門家の意見などをもとに総合的に判断するという。 移動自粛について、25日に開いた医療専門家との意見交換会では「東北と新潟県」との往来をまず解除、その後全国に広げることを検討していた。 ただ、意見交換会後に国が方針をしめしたことから、山形県だけ独自の方針を示すことは困難と判断したという。

次の