コロナ ウイルス スポーツ ジム。 【新型コロナ】スポーツジム&スイミングは危険?感染対策やリスクは?

【新型コロナ】ジムやヨガは大丈夫?危険性と安全な感染予防の対策

コロナ ウイルス スポーツ ジム

スポーツクラブ大手の2020年3月期は軒並み、減収減益に見舞われた。 新型コロナウイルスの感染拡大で3月以降、臨時休業に入ったのに伴い、休会者や退会者が増加し、売上高を落とした。 先行きの業績にも暗雲が漂っている。 コナミスポーツ、60億円の営業赤字に転落 コナミホールディングス(HD)傘下のスポーツ事業(コナミスポーツクラブ)の2020年3月期の部門業績は売上高が7. 1%減の589億円、営業損益が60億円の赤字転落(前期は21億円の黒字)だった。 直営店舗の閉鎖、自然災害・固定資産の減損損失の計上に加え、新型コロナを受けて年度末の3月にスクールの休講や一部店舗の休業を実施したことなどが響いた。 コナミスポーツは直営180店舗のほか、自治体などからの業務受託203施設を運営する業界最大手。 日本テレビホールディングスの子会社で、173店舗(24時間ジム「FASTGYM24」111店舗を含む)を運営するティップネスも大幅に業績が悪化。 最終損益は前期約13億円の黒字から11億5000万円の赤字に転落した。 ティップネスの店舗(都内) 退会者増え、新入会員勧誘もままならず スポーツクラブ各社は3月に入り、感染防止のためスタジオプログラム休止や営業時間短縮などを打ち出したが、これに伴い、休会登録扱いの希望者が続出。 4月初めに緊急事態宣言が出て、全面的な休業に突入したことで、退会の手続きに移行する会員が広がった。 しかも、この時期最も重要な新入会員の勧誘もままならず、まさに八方ふさがりの状態だ。 セントラルスポーツは3月単月の売上高が前年の79. 5%まで落ち込んだ。 野外スクール・ツアーの中止による減収や休会登録者の増加による月会費差額の返還などで、通期の営業・最終利益はいずれも2ケタの減益となった。 ルネサンスは3月の入会者数が前年の半分以下に減った。 退会者も増加し、3月末の在籍会員数は40万4906人と1年前より1. 6%減った。 休会者も大幅に増えたという。 ルネサンスの最終利益は43%強ダウンした。 その要因の一つは新型コロナの感染拡大によるインストラクターなどへの休業補償を特別損失として計上したことだ。 また、同社は取引銀行のコロナ特別ファンドを利用して、4月末に40億円を資金調達した。 ホリデイスポーツを中核にホテル、不動産事業を展開するのが東祥。 東海地区を地盤とするスポーツクラブ事業は全売上高の6割近くを占めるが、部門営業利益は約20%減った。 3月に北海道の7店舗を休業したことなどが響いた。 また、来年3月に予定していた3店舗の新規出店を中止した。 ホリデイスポーツ…休業中の店舗(都内) メガロスを傘下に持つ野村不動産ホールディングスのフィットネス事業の部門売上高は前年度比5. 3減の157億円。 メガロスは主要クラブで唯一、3月初めから全47店舗で一斉休業に踏み切った。 業績予想はできず セントラル、ルネサンスの専業上場2社は2021年3月期の業績予想について算定が困難だとして見送っている。 政府は14日、緊急事態宣言を39県で解除した。 残る8都府県については21日をめどに解除の可否を判断する見通し。 6%減) 38(10. 1%減) 179 ルネサンス 450(2. 2%減) 32(13. 6%減) 98 ティップネス 358(5. 0%減) 8. 4(63. 6%減) 173 ホリデイスポーツ 194(3. 4%減) 41(19. 5%減) 94 メガロス 157(5. 店舗は直営店舗(3月末) 文:M&A Online編集部.

次の

【特定】大田原市新型コロナ感染のスポーツジムの名前?場所どこ?パインズ?

コロナ ウイルス スポーツ ジム

日本フィットネス産業協会が発表した新型コロナウイルス対策のガイドライン 4月8日、日本フィットネス産業協会 FIA がスポーツジムの利用者並びに運動指導者、従業員の生命と健康を守るために、 業界共通の施設提供継続のための対応指針 ガイドライン を発表しました。 各スポーツジムは日本フィットネス産業協会 FIA が発表したガイドラインに準じて、コロナウイルス予防対策を実施しています。 あなたが通っているジムの運営は 日本フィットネス産業協会 FIA のガイドラインがベースになるため、まずはじめにを知ることがたいせつです。 日本フィットネス産業協会 FIA が発表しているガイドラインVer. 6は、かなりボリュームがあります。 ですので 今回は重要なポイントに絞ってお伝えしていきます。 特に重要なポイントについては「太字」で記載しました。 利用者の注意喚起 ホームページ・店頭掲示・書面配布等) 各スポーツジムが利用者に対して明確な注意喚起するよう、下記のガイドラインが作成されました。 マスク着用の徹底のお願い• 次の症状がある人はジムの利用を控えてもらう:「風邪の症状(くしゃみや咳が出る)や37. 5度以上の熱がある」「強いだるさや息苦しさがある」「咳、痰、胸部不快感のある」「同居家族や身近な知人に感染が疑われる人がいる」「その他新型コロナウイルス感染可能性の症状がある」• 過去14日以内に、政府から入国制限、入国後の観察期間を必要と発表されている国・地域渡への渡航、並びに当該在住者との濃厚接触がある人はジムの利用を控えてもらう• 地域の学校にて休業の措置が取られている場合、幼児・学童・学生(18歳未満)の利用は控えてもらう• 感染による重症化を引き起こしうる疾病 糖尿病や心不全など)がある人の利用は控えてもらう ジムの利用者に対して「 マスクの着用」の呼びかけの指示が出されています。 ちなみにFIAのガイドラインでは、 国の注意喚起が解除されるまでスタッフのマスク着用が義務付けられています。 「くしゃみや咳が出たり、37. 5度以上の熱があるなど風邪の症状がある利用者に対してジムに来場しないこと」をホームページや店頭掲示で注意喚起するよう、FIAは各スポーツジムに対して指示を出しています。 ジムやスポーツクラブ利用時のマスク着用について詳しく知りたい方は、下記の記事を参考にして下さい。 施設内の消毒殺菌 入場口への手指消毒剤配置、施設内の殺菌消毒• 更衣室・手洗い場は清掃・除菌の通常以上の徹底。 トイレや出入り口のドアノブなど、不特定多数が触れる箇所の こまめな清拭と除菌( 最低推奨回数:2時間に1回• トレーニングエリアの密閉空間を避けるため、 1時間以内に3回以上を目安に空気の入れ替えを行う• マシン・トレッドミル使用後の汗を拭き取る場合、 共有で使う雑巾(タオル)は避け、消毒剤とペーパー類、ごみ箱を用意し使い捨て方式の措置を取る• マシン、トレッドミルの 隣同士のマシンを一台使用不可にしてスペースを確保(最低2メートル前提が望ましい)• フリーウエイトが密集している場合、優先順位の高いマシン以外は使用を禁止する• 集団型スタジオレッスンはしばらくの間、中止が望ましい• 集団型スタジオレッスンを開催する場合、「1時間あたりの空気の入れ替え回数を3回以上目安とする」「人数制限を設ける」「隣人との間隔は最低2メートル前提」「年齢制限を成人(18歳以上)」を厳守する• プールレッスンはしばらくの間、中止が望ましい 営業を再開するジムは入場口に手指消毒剤を設置することや、施設内の消毒徹底が求められています。 密閉空間の空気の入れ替えは、 1時間以内に3回以上が目安になっています。 マシン使用後の汗拭きタオルの使用はできる限り避け、消毒剤とペーパー類、ごみ箱を用意し使い捨て方式が推奨されています。 ウエイトマシンやランニングマシンは最低2メートルの間隔を確保できるよう、隣同士のマシンを使用不要にするなどの対策が必要になります。 どうしてもスペースが確保できない場合、 透明のビニールカーテンの使用が推奨されています。 フリーウエイトが密集していて、撤去が難しい場合、トレーニング部位の優先順位を検証し、優先順位の高い部位のマシン以外で間引けるマシンは使用禁止とする対応が求められています。 集団型スタジオレッスンやプールレッスンは、しばらくの間、中止が望ましいとしています。 以上が日本フィットネス産業協会 FIA が発表したガイドラインのポイントになるところです。 各スポーツジムはこのガイドラインをもとに、独自の対応を行っています。 次の章では各スポーツジムの感染予防対策についてご紹介していきます。 マスク着用必須• 入館時の手洗い・手指の消毒・マシン利用時の消毒の徹底• 利用時間制限 1時間程度• 入館制限 利用状況により制限実施する場合あり• 社会的距離を保ったマシンの稼働台数制限 半分程度など• 所属店舗以外の利用禁止 相互利用禁止• オリエンテーション・パーソナルトレーニングなど休止 グループトレーニング含む• マスク着用が必須になります。 入館制限を行っているかどうかは、店舗のホームページで確認できます。 店舗名の上に「入館制限中」の案内が出ていたら現在、入場制限を行っていることになります。 入場制限をしている場合、店舗の中で待つことはできません。 また外で並んで待つことは禁止となっています。 エニタイムフィットネスの現在の営業状況について詳しく知りたい方は、下記の記事を参考にして下さい。 入館時、すべての利用者に対し「検温」を実施• 有酸素マシンは一台ずつ間隔を空け、ランニングマシン・バイクマシンは約2メートルの距離を保つ• マシン1台1台に除菌用のアルコールを設置• マシンの除菌清掃は次亜塩素酸を使用• 館内の入り口、ドアノブ、マシングリップ、椅子、テーブル、接触頻度の高い箇所は、次亜塩素酸で使用の都度、除菌清掃強化を実施• 館内は常に窓を開けた常時換気と、給排気を使用した24時間換気、スタジオプログラムが終了するたびに1日10回以上30分間の換気を実施• スタジオプログラム間隔は45分以上空け、除菌清掃の徹底• スタジオプログラムは一定の距離を保つため4坪に1人の数で定員制とし、ドアを開放した状態で実施• 感染拡大防止のため、冷水器、ハンドドライヤー、血圧計は使用停止• 館内のトイレ、更衣室は、15分毎に次亜塩素酸による除菌清掃を実施• ロッカーは、一窓ずつ感覚を開け、隣の方と距離をとって利用 上記はすでに営業を再開している店舗が発表している感染予防対策になります。 内容は店舗によって若干異なります。 ジョイフィット JOY FIT は、 利用者に対して「検温」実施や マシン1台1台にアルコールを設置するなど、厳重な感染予防対策を行っています。 またマスクを持っていない人や忘れてしまった人のために、 一部の店舗では手作りマスクを配布しています。 利用制限については有酸素マシンの台数制限はあるものの、入場制限や相互利用の禁止などは行っておりません。 ワールドプラスジム• 施設利用時はマスク着用• 0度以上の発熱等、体調不良時の利用は不可• 登録店以外の利用は禁止• 利用状況により、入場制限を行う場合あり• マシンジム、ロッカールームのみ利用可能• ジムマシンの使用台数制限や間引き運転の実施• マシンジム、ロッカールームについても、「3密」を回避するため、間引きでの運営• 時間短縮営業• 2時間毎にクリーンタイムを設け、 清掃&館内換気を実施• 各エリアに 消毒液を設置・増設• ドアノブや手すりなど 人が触れる箇所を 巡回除菌清掃 コナミスポーツは マスク着用が必須であり、また利用状況に応じて入場制限を行うことをホームページで発表しています。 利用できるのはマシンジムとロッカールームのみで、「3密」を避けるために間引きでの運営をしています。 2時間毎にクリーンタイムを設けたり、ドアノブなどの人が触れやすい箇所の巡回除菌清掃の徹底をしています。 コナミスポーツでは、 利用者の入館時の 体温チェックは行っておりません。 ルネサンス• レッスン時のフェイスシールド着用• 全スタッフ マウスカバー 水着素材 着用• 来館者の入館時体温チェックシステムの導入• フロント等でのパーティション設置• 館内除菌の徹底• ソーシャルディスタンス 社会的距離 の徹底 5月31日まで全施設の休業を発表しているルネサンスは、ホームページ上で再開に向けた取り組みの一部を発表しています。 レッスン時の フェイスシールド着用や、全スタッフが ミズノ製のルネサンス専用マウスカバー 水着素材 を着用する点は、ルネサンス独自の取り組みになります。 マウスカバーのことを初めて聞く人が多いかもなので、イメージしやすいように下記に写真を載せておきます。 ミズノの水着素材のマウスカバー。 15日から予約受け付け、2万枚が即完売しました。 マスク着用の協力• 館内の除菌作業の強化のため営業時間を短縮• 清掃・除菌の徹底• 入館時の手洗いの徹底・体温チェックの協力• ビニールカーテンでの仕切りを設置• グループレッスンの人数制限• 換気扉は24時間運転。 レッスン時は扉を開けて実施• トレーニングマシンの利用時間制限• 県をまたぐ他クラブ利用の自粛 ルネサンスはマスク着用や体温チェックが 必須でなく、協力のお願いをしています。 換気については24時間運転をしています。 コナミスポーツのような2時間おきのクリーンタイムなどは実施されていない模様です。 セントラルスポーツクラブのホームページでは、 スタッフが 臨時休館中に除菌及び清掃を実施したことが写真付きで紹介されています。 スポーツクラブNAS• 可能な限り、マスク等の着用• 施設入館の際に「健康チェックシート」の記入• 館内の換気を強化• 手指消毒液を各所へ設置• トレーニングジムエリアの各マシンに設置された 清掃タオルの撤去• カーディオマシンの利用台数制限• スタジオプログラム、レッスンの上限時間設定およびご利用時の換気強化• プールご利用開始時、終了時のシャワーは充分に浴びること• ロッカー・お風呂(浴槽内・体洗い場)・サウナ等を利用する際は、ソーシャルディスタンスを保つ スポーツクラブNASは、 入館時に「健康チェックシート」記入の徹底をしています。 記入する項目は、日本フィットネス産業協会 FIA が定めた『熱やだるさがないかのチェック、 過去 14 日以内に海外への渡航履歴のチェックなど』になります。 またマシンに設置された清掃タオルの撤去や、手指消毒液の設置台数を増やすなどの取り組みをしています。 ホットヨガ「LAVA ラバ 」• 来店時に「ヘルスチェックシート」の記入• 受付時に手指の消毒• 会員証・鍵・金銭等の手渡しを控える• フロントにて 弱酸性電解水(次亜塩素酸水)のヨギッシュプラスを、お一人様1本無料で貸し出し• 従来よりもレッスン間隔を長く取り、レッスン間に消毒を徹底• マスク着用の協力(施設内・レッスン時)• 手拭き用の各種タオルは撤去• スタジオ内の感染予防のため、 定員数を半減• インストラクターと会員が触れるアジャスト ポーズ調整 は中止• レッスン後に、弱酸性電解水(次亜塩素酸水)を空中散布して消毒• ヨガマットを持参を推奨 ホットヨガ「LAVA ラバ 」は 入館時に「ヘルスチェックシート」記入の徹底をしています。 チェック項目は日本フィットネス産業協会 FIA のガイドラインの内容がベースになっていて、過去14日以内に発熱や風邪の症状、海外の渡航歴の確認になります。 LAVA ラバ では、コロナウイルス感染予防に効果的な次亜塩素酸水を 1本無料で提供しています。 またレッスン後は、次亜塩素酸水を使ってスタジオの消毒を徹底しています。 スタジオに完備されているヨガマットを利用することもできますが、LAVA ラバ は ヨガマット持参の推奨をしています。 LAVA ラバ の5月以降の運営情報について詳しく知りたい方は、下記の記事を参考にして下さい。 まとめ これまで各スポーツジムのコロナウイルス感染予防策についてご紹介してきました。 感染予防策を比較すると分かると思いますが、各スポーツジムによって対応が異なります。 入館時に検温を実施しているジムもあれば、ヘルスチェックシートを実施しているジム、特にチェックを行っていないジムなど対応は様々です。 今回ご紹介したスポーツジムの中で 感染予防対策の内容が最も充実していたジムは「 ジョイフィット JOY FIT 」になります。 利用者全員に検温の実施、除菌や清掃の頻度について具体的な時間をホームページで公表しています。 スタッフが入念にコロナウイルスの感染予防対策していることが確認できるので、ジョイフィット会員の方は安心してジムが利用できることでしょう。 独自の感染予防対策を計画しているルネサンスにも注目です。 レッスン時のフェイスシールド着用や、 全スタッフがミズノ製の水着素材マウスカバーを着用することがホームページで告知されています。 ルンサンスは5月末まで、すべての施設が臨時休業となりますが、再開後は大きな注目を集めそうです。 最後に興味深い記事を1つご紹介します。 世界の循環器疾患領域に強い影響力をもつ米国心臓協会(American heart association;AHA)がコロナウイルス状況においても安全性を確保しながら運動を継続することの重要性を訴える記事をしました。 オハイオ州インディペンデンスにあるケント州立大学のMark Dalman氏は、 スポーツジムで最も汚染が少ないのは、バスルームのレバーとドアハンドルであり、一方「 木材、革、多くの手袋、そのような多孔質のものはウイルス粒子が付着している可能性がかなり高い」と言っています。 各スポーツジムではコロナウイルス感染予防対策を発表しています。 ぼくたちジム利用者は ジム側の予防策にすべて頼るのではなく、一人ひとりが下記のような感染予防を心がける必要があります。 アルコール除菌シートを持参する• ヨガを受ける場合はヨガマットを持参する• 利用者が少ない時間帯をスタッフに確認する• 着替え用のかばんを別で持っていく(細菌の繁殖防止) 各スポーツジムで新型コロナに対する万全の感染予防策を実施してくれていますが、ぼくたち一人ひとりができる予防策もあります。 緊急事態宣言が解除されたとはいえ、コロナウイルス感染予防に対して細心の注意を払わなければいけません。 楽しく、そして気分良く快適にジムが利用できるよう、本記事の内容を参考にしていただければと思います。 ぼくはコロナウイルスが完全に収束するまで、 4年間通っていたジムを退会を決心しました。 それについての記事が下記になります。

次の

スポーツ関係の新型コロナウイルス感染拡大予防ガイドラインについて:スポーツ庁

コロナ ウイルス スポーツ ジム

新型コロナウイルス対策に伴う在宅勤務の実施や、スポーツ・リクリエーション施設の休業により、自宅で過ごす時間が長くなり運動不足を感じている人も多いと思います。 そんな皆さんに、ウィズコロナ時代に向けたエクササイズの話題を幾つか紹介します。 まずは、ソーシャルディスタンス型のスポーツジム。 完全予約システムで人の動線を管理、遠隔コーチングで感染を防ぎます。 「自宅でオンライントレーニングを受けたいけど、スペースがない」という人に対し、プロが家の中におしゃれなジムコーナーをデザインするサービスも始まりました。 その他にも、マインドフルネス瞑想がウイルス撃退に効果的、アントシアニンがアスリートのパフォーマンスを最大化など、脳と筋肉を活性化して健康を目指す意識も高まっています。 各項目をクリックすると、それぞれのプレスリリース(ウェブサイトやPDFなど)に移動します。 【ビジネス】• ・ジムに通いたい人にソーシャルディスタンス型デジタルジム• 各国政府がロックダウンを解除し始める中、スポーツジムも少しずつ営業を再開している。 何週間もの間、家に閉じ込められたスポーツ愛好家たちはもちろんのこと、普段特に体を動かす習慣のなかった人たちも、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響により改めて運動の大切さを実感する機会となった。 専門のインストラクターから正しい体の動かし方を指導してもらえるスポーツジムが再注目されている。 ロックダウンの間にスポーツジム界に訪れた一番の変化は、デジタル化だ。 自宅でコーチのサポートを受けながらトレーニングに励めるオンラインフィットネスが一気に利用者を増やした。 一方で、イタリアのTechnogym社は「Mywellnessプラットフォーム」を打ち出し、あくまでもジムへ通うことにこだわるアウトドア派の人たちを対象に、ソーシャルディスタンスを保ちつつ、人と人の間隔を十分に取って安全に運動に専念できる新しいジム環境を提案する。 この新たなデジタルジムとは、どのようなものだろうか。 まず、利用者はジムに行く前に自分専用の運動スポットをスマートフォンからピンポイントで予約し、ジムに着いたらその場所へ行って、好きなだけ運動できる。 トレーナーは、遠隔からスクリーンで一人ひとりの運動の様子を見ながらアドバイスや指示を出してくれるので、人との接触を防止。 人の安全な動線を確保するためにはジムのレイアウトも入念に設計する必要がある。 Technogym社のサーキットトレーニングフォーマットである「バイオサーキット」は、その人に合った運動器具やワークロード、ペースや休憩時間などを自動で設定することができ、隣の人との距離を適切に保ちながらパーソナルトレーニングに励むのに最適だ。 Technogym社はジムを進化するべく、デジタルコーチング、清掃とメンテナンス、インテリアやマーケティング支援などを提案し、新たな時代に合わせた未来型のジム運営をサポートする。 ・マインドフルネス瞑想エクササイズでウイルス撃退• 5月31日は米国のNational Meditation Day(瞑想の日)だ。 この日に合わせ、Legally Mindful社の創設者ゲイリー・パウエル氏が、YouTubeで「免疫が反応する瞑想法」という新たなチャンネルを無料で打ち出す。 米国人にアンケートを行ったところ、このまま6月中旬までロックダウンが継続した場合、精神的に限界だと答えたのは72%であり、慢性的なストレスと心労により免疫系にも影響が出ることに懸念が広がっている。 同社は既にLegally Mindfulのアプリを提供しており、20分のエクササイズを通してユーザーが体を動かしながら、体の免疫反応の改善を促す。 パウエル氏は自らの経験から「体の病気を治すためには、脳をパワフルなツールとして活用することが効果的。 当社が提供するエクササイズで、体と脳が一体となり健康にポジティブな効果を発揮する」と説明する。 近年、「マインドフルネス瞑想」がウイルス感染に対する体の反応や細胞生育力を促す酵素の遺伝子発現を促進することが、ハーバードメディカルスクールをはじめとする複数の研究施設で実証されている。 マインドフルネスとは、「今この瞬間を大切にする生き方」として医療や福祉の現場でも取り入れられている人気の瞑想法だ。 Legally Mindfulのエクササイズで体のリラックスと脳のポジティブなイメージを体現し、ウイルスに対抗する体の機能を活性化しよう。 ・ドバイのリゾートホテル、世界最高レベルの衛生基準とは• 5つ星リゾートホテルである、ドバイのジュメイラ・アル・ナシームが世界でホテルとして初めて、権威のあるビューローベリタス(Bureau Veritas)のセーフガードラベルを獲得した。 これにより、世界最高レベルの衛生基準を宿泊客に保証できるようになった。 米ビューローベリタスは試験、検査、認定を行う世界的リーダーだ。 各地で営業を開始するビジネスに対し、チェックリストで検査を実施し、健康、安全、衛生の専門家と一緒に国際基準の準拠状況やベストプラクティスとの照合、監査を行っている。 ジュメイラグループは顧客や従業員のための様々な安全対策を導入している。 マスクの義務化や日次の検温、衛生に関する継続的なトレーニング、ビーチを含むホテルの敷地内におけるソーシャルディスタンスの確保、プールやジムの衛生、換気、1日3回の消毒剤散布、エレベーターの1回の利用者を1人に制限することなどが盛り込まれている。 宿泊室は顧客がチェックアウト後3日間は使用禁止とし、消毒剤を部屋全体に散布するなど、衛生管理がこれでもかというほど行き届いている。 ホテルの楽しみの一つであるレストランも安全対策として、毎回の食事のたびに消毒を実施。 ビュッフェはアラカルトに代替、テーブルとテーブルの間隔を空けて、テーブルには消毒用のアメニティーを配置する。 時代に合わせた最高レベルの衛生基準で、リゾートが健康と安全を実現する場所となる。

次の