ポケモン サトシ 父親。 ポケモンサトシの父親は何をしている?過去の話も紹介

サトシ (アニメポケットモンスター)

ポケモン サトシ 父親

Contents• サトシに関する都市伝説 サトシといえば、 言わずと知れたポケットモンスターの主人公。 ポケモンの世界でピカチュウと共に、明るく元気いっぱいに活躍する男の子です。 そんな陽気な彼にも、いくつかの興味深い話があるようてす…… 父親について ポケモンのアニメを見た人も、ゲームをプレイした人も、一度も見た事のない人物。 それが サトシのお父さんです。 ポケモンは全て自宅から始まる物語であるのに、 なぜか本来そこにいるはずのお父さんが不在なのです。 そう聞くとなにやら不穏な気がしますが、実は自宅から始まるゲームの多くは複雑な家庭の設定が多いのです。 病気やケガ、戦いで両親のどちらかが亡くなっていたり、もしスタート時に円満な家庭であっても、これから起こる悲劇により誰かが亡くなってしまったり…… 家族に焦点を当ててからそういう悲劇的な面を出した方がストーリーに深みが増しますから、これはよく使われる手法です。 ですから、 家庭から始まっているのに家族団らんがなく、お父さんがいない状態というのは定番の設定であると言えます。 しかしそれは裏を返せば、サトシの家から始まりお父さんが一切出てこないという事は、サトシのお父さんが何らかの悲劇に見舞われて亡くなってしまっていて、当然の設定でもあるという事。 けれどサトシは公式のQ&Aで、 「お父さんはポケモントレーナーになるって旅に出たっきり、帰ってこないんだってさ。 そのうちどこかで会えるかもしれないぜ!」 と答えています。 これは一体どういう事なのでしょうか? 一番に考えられる可能性は、本当はお父さんは亡くなってしまっているのに、それを言い出せないお母さんがサトシに嘘をついているという事です。 だってもし生きていたなら、 電話の一本くらいかかってきていてもおかしくないはずですよね。 現にサトシも、時々お母さんに電話をかけてきています。 ましてやサトシのお父さんにとって、家にはまだ年端もいかぬ息子がいる状態。 家族を愛する気持ちがあるならマメに連絡をとってきて当然と言えます。 なのに、それが一切ないという事は…… つまりサトシは、 父親はもういない事を知らないまま、父と同じ道を目指しているという訳です。 けれどもし、このお母さんの言葉が本当で、旅に出ているだけだとしたら、サトシのお父さんは今、一体どこで何をしているのでしょうか? 原作者が書いた公式小説によると、サトシのお母さんは18歳でサトシのお父さんと出会い、現在は29歳との事。 それを考えると、お父さんは今、30歳前後の可能性が高いですね。 ずいぶんと早い結婚のようですが、 ポケモンの世界では小学校を卒業する10歳で成人となりますから、これくらいが一般的なのかもしれません。 ともかく働き盛りといえる年齢のお父さん。 本来なら、ポケモントレーナーとしてあちこちで活躍しているはずです。 けれどそれなら、家族に連絡をしてくるでしょう。 なのに何も連絡がないという事は…… 考えられる可能性はふたつ。 ひとつはお母さんの台詞の 「サトシが1日でついたトキワシティにお父さんは4日もかかっていた」 という事から、 お父さんはサトシのように才能がなかったのではないか? ポケモントレーナーになる為に家を出て旅に出ながらも、トレーナーになれずにいるという説です。 もうひとつは旅をしているうちに家族の事など忘れ、悪の心に染まり、 ラスボスとして現れるのではないかという説。 どちらも家族と連絡出来ない理由としては十分あり得ます。 サトシのお父さんは果たして亡くなっているのか、それとも落ちぶれたまま家に帰れずにいるのか・・・はたまやラスボスとしていずれ出てくるのか。 いつかその真実が、わかる時が来るのでしょうか? サトシの正体はいじめられっ子? また、同じく公式小説で興味深い事実が明かされました。 なんと、 サトシは幼い頃はいじめられっ子だったというのです。 今の明るいサトシからは信じられない事ですね。 それに映画に出てきた写真の中の5歳の頃のサトシは、今のサトシと同じ満面の笑顔。 いじめられていたなんてとても思えません。 そしていつもサトシを見下しているようなシゲルの存在。 これらの事から、ひとつの話が生まれました。 実は、 本来のサトシは気弱で大人しい男の子だというのです。 そしてシゲルに毎日のようにいじめられていながらも、なにも反抗出来ずにただ黙って我慢する事しか出来ませんでした。 そんなサトシはある日、夢を見ました。 不思議なモンスターを使って、シゲルをやっつける夢です。 その夢は、サトシの心に心地よさを与えました。 そして、その夢を見る回数は日に日に増えていきました。 同時に、 サトシはその夢に徐々に浸り、逃避するようになっていったのです。 モンスターボールを使って自分の手元に置いておくモンスターたちはサトシに懐き、心許せる友人たちと共に旅をし、サトシは悪人たちに敢然と立ち向かいます。 そして自分を慕うモンスターを使い、自分をいじめてくるシゲルをやっつけポケモンリーグで頂点に立ちチャンピオンになる。 それはどんなにいじめられても逆らう事が出来ず、我慢する事しか出来なかった少年の、 憧れ・なりたかった自分のすべてを詰め込んだ夢なのでした。 そう、つまりポケットモンスターの世界は、そんな気弱な少年・サトシが見ていた夢の世界だったという事なのです。 夢から覚めればまた辛い現実が待っている。 私たちは、そんないじめられっ子な少年・サトシが見るひとときの安らぎの世界を楽しんでいたのです。 まとめ ポケットモンスターの主人公、サトシに関する都市伝説でした。 人気作品の主人公に相応しい、正義感が強く明るく元気な少年・サトシ。 彼とピカチューの活躍は、見ている私達をワクワクさせてくれます。 けれどそんなサトシからは想像つかない意外な悲しい話が伝えられているようです。 寧ろ そんな彼だからこそ、切ない噂に人は興味をそそられるのかもしれません。 しかしどの噂も、ピカチューや仲間たちと旅をし活躍しているサトシ自身はあずかり知らぬものばかり。 ポケモントレーナーとして活躍しているサトシが、このまま無邪気に笑い続けられる事を祈るばかりです。

次の

ポケモンサトシの父親は何をしている?過去の話も紹介

ポケモン サトシ 父親

概要 名前の由来はポケモンの生みの親から。 この名前自体は、赤における主人公、及び緑におけるライバルの名前候補の一つとして、最初期からゲームに登場している。 英語圏などでの名前は Ashだが、これはローマ字表記の S ato shiからつくられた名前である。 XY編の回想シーンに登場した幼少期のサトシの声は松本梨香が担当していたが、新無印編では武田華が担当。 人物 ポケモンマスターを目指して、ら仲間と共に色んな地方を冒険している。 正義感が強く熱い心の持ち主だが、やや調子に乗りやすい性格。 気合を入れるときは、帽子を後ろ向きにする。 超人のような運動神経と怪力を持つ。 そのためネット上ではと並んで「スーパーマサラ人」というスラングがある。 テレ東系列放送「おはスタ」2016年2月4日放送分でも、アニポケ20周年特集の一環としてサトシの超人ぶりがピックアップされた。 ただし、踊りに関しては苦手な模様。 SM編以降は、これまでのシリーズよりも身体能力を発揮するシーンが減り、たまにあってもこれまでのシリーズ程ではないような描写が多いが、あくまでもこれまでのシリーズよりは控えめに描かれてるだけで、今も運動神経は悪いということではない模様。 無印初期の頃はなどの目上の人物に対してタメ口で話したり挑発をするなど失礼な言動をとっていたが、オレンジ諸島編でに負け、トレーナーとして大切な事を教わってからは敬語を使い、厳しい指摘も素直に受け入れるなど礼儀を心得るようになる。 上記の性格なのでよく異性 ポケモンも含む に好意を抱かれる。 例を挙げると・・・・・など。 だが、大概の場合は何も気付かずに終わる。 この傾向は各シリーズのヒロインに対しても同様で、たまに喧嘩こそあれど、恋愛感情は持たない仲の良い友人的なポジションに落ち着くケースが多い ただしヒロイン達も、恋愛的な目でサトシを見ていないケースが殆どではある。 唯一の例外はで、明確にサトシを意識しており、サトシ側も最終話でその気持ちを知った。 初期の頃はシリーズ途中に見られたような完全な無知ではなく、多少は理解していると見られるシーンも存在し、BW編の終盤頃からは色恋沙汰で本来の実力を失っているの状況を理解した上での行動を取りもするため、概念に対する理解度は、シリーズによってまちまちと思われる。 SM編ではそのような絡みが全くなかったため、どの位理解しているのかは不明。 このような事から、一時期以外は他人事であれば多少は理解があると言えるが、自身のそれには例外なく疎く、XY編におけるセレナとのやりとりの中には、鈍感さでセレナを知らずのうちに振り回すことも多かった。 とはいえ、他のヒロインと比較すると、気を使って接しているシーンもそれなりに多く、無意識のうちに喜ばせていた場面もある。 」と言う。 と何かと縁があり、何度も遭遇している。 それ以外でも、各地で何かと伝説のポケモンと出くわす機会は多い。 また、何故かがと同じで、ほんの僅かながら波導を操る才能があった。 を旅立ち、その後、、、、、 カントー地方 、、、、白の遺跡、、の順に旅をして、のに通った後、現在はサクラギ研究所のリサーチフェローをしている。 一人称は「オレ」。 という母親がいる。 また、小説やのハナコの台詞によると父親と祖父もいるらしいが詳細は不明。 XY編ではのに対し、「 科学の力ってすげー! 」と感心することも。 これはゲームの主人公の出発地のNPCでもお馴染みの台詞である。 物語開始当初は、同時期に旅に出た4人の中で最劣等生的な扱いであり、作中のモブキャラが、先に会ったマサラタウン出身の3人 同時期に旅に出た面々 はもっと強かった旨を述べていたり、カスミからは、バッジをお情けで貰ったと揶揄されるなど、そもそもトレーナーとして弱小の部類にいるような描写だった。 しかし旅を通し、相手の戦略次第で戦況が大きく振り回されたりする描写が減り、人の使っていた戦術を取り入れて戦略の幅を広げる等成長している。 AG編以降は第三者からの評価も高く、時には四天王やチャンピオン等からも優秀なトレーナーとして認められるケースが増えた。 そればかりか、SM編ではリーグ優勝を果たすなど、物語開始当初と比較して、相当の成長をしていることが伺える。 ただしXY編のポケモンリーグでは準優勝しており、周囲からの評価もそれに恥じぬものではあったが、手持ちポケモンのタイプは、過去最も偏ってバランスが悪い ドラゴンとひこうに集中気味だった など、完璧なわけではない。 バトルスタイル 基本的に勢いで攻めるタイプ。 全編通して相手のポケモンの特徴や技、フィールドを最大限に利用して戦う。 また、誰も思い付かないようなことを瞬時に考え実行する柔軟な戦法を使う事も多い。 だが、タイプ相性を考えずにポケモンを出したり くさタイプのにみずタイプのを出すなど 、何度も痛い目にあっている技や特性を忘れたり やなど ポケモンの知識はあまり安定してない。 また、相手がやなどの防御系の技を使うポケモンとの対戦では相性が悪い(近年、そういった傾向は薄れつつある)。 自身が扱う場合は、スピードのあるポケモンの扱いを得意とする反面、遅いパワータイプのポケモンの扱いが苦手なのか、そのようなポケモンでの戦績があまり良くない傾向がある ただし例外もある。 DP編でのバトルを観戦してからは、ポケモンを頻繁に交代するなど、相手のバトルスタイルを吸収し自分の戦略の幅を広げており、XY編においてもが使ったリズム戦法を取り入れようと努力するなどの一面が見られる。 ただしリズム戦法は、先述の通り踊りが苦手な為、教わった通りに体得することは出来なかった。 ユニフォーム サトシが着ているユニフォームは、シリーズが変わるごとによって変更されている。 ポケモン サトシはをポケモンに任せており、無理にさせようとはせず、たびたびライバルからもそのことを指摘される。 各シリーズで必ず、の各タイプのポケモンをゲットしている。 はBW編まではその地方のくさタイプの御三家をゲットしていた。 のように初期に言うことを聞かなかったものもいるが、どのポケモンも基本的にサトシによく懐いており、愛情表現で彼に攻撃することもよくある。 ゲットされたほのおタイプのポケモンの内リザードンとゴウカザルとチャオブーは、全て他のトレーナーに弱いからと見捨てられたポケモンであるという共通点がある。 のポケモンとは対照的に、オスの割合が圧倒的にが多く、メスは少ない(ただし性別はゲットしてから分かることがほとんどで、サトシ自身が性別を考えてゲットすることはほぼ皆無である)。 無印では出会ったポケモンを見つけるとすぐにゲットしようとする描写も見られた。 シリーズが新しくなるごとに、ピカチュウ以外の全ての手持ちポケモンをオーキド研究所 SM編では に預けて旅立っている。 アドバンスジェネレーション時代は、初心に帰りカメックス(最初のパートナー)1匹で新たにやり直すに影響されての事ではあるが、それ以降のシリーズにおけるこの理由は明らかにされていない。 BW編では7匹以上ゲットしているが、カントー編とは異なり捕まえてすぐにオーキド研究所へ送られる形ではなくモンスターボールが反応しなくなる(ボタンが赤く点灯する)形になっている。 そのため7匹目以上はに預けており、話によって手持ちと交代している。 サトシがカントーに戻るに当たってアララギ研究所にいるポケモンは全てオーキド研究所へ送られ、そこからまた手持ちの交換をしていた。 バリヤードは『ポケモンだいすきクラブ』の「サトシのポケモン チェックだぜ!! 」では、サトシのポケモンとして扱われており、実際に新無印編ではバトルで使用している。 新無印編でゴーストタイプのゲンガーをゲットしたことにより全18タイプのゲットを完了した。 手持ちポケモン 時点。 ()-• オーキド研究所のポケモン カントー・オレンジ・ジョウト編• - -• - AG編• - -• - DP編• - -• - -• - -• BW編• - -• - -• ()- - XY編• - -• - ククイ博士宅にいるポケモン• - (たそがれのすがた)• - -• - サクラギ研究所のポケモン• 離脱したポケモン• - -• () -• - -• - - 交換した、一時的に預かっていた等• - ポケモン検定試験• ポケモンサマースクール• のポケモン 手持ち: - - - オーキド研究所: - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - ククイ博士宅: - - - サクラギ研究所: 離脱: - - - - - 一時的: - - - - - - - 戦績• :ベスト16(に敗れる)• :名誉トレーナー認定• :ベスト8(に敗れる)• :ベスト8(に敗れる)• :完全制覇(フロンティアブレーン候補)• :ベスト4(に敗れる)• :ベスト8(に敗れる)• :準優勝(に敗れる)• :優勝 そのほかの経歴• の「波導の勇者」に選ばれる• ポケランティス王にとりつかれる。 ・トネリコ大会:優勝 と同時優勝• ・コトブキ大会:二次審査初戦敗退 に敗れる• ヨスガシティ・ポケモンタッグバトル大会:優勝• ミクリカップ(ポケモンコンテスト):ベスト8 に敗れる• :準優勝 に敗れる• :準決勝敗退 に敗れる• :準優勝 に敗れる• ・ビードロカップ:優勝• で行われた、「夏のフェスタ」において水上レースに参加、コース脱落により失格。 カップリング 全て非公式のものである点に注意。 ポケモンカードにおけるサトシ• 「サトシの~」については、参照。 の「名前の登録」で「おまかせ」を選ぶと、「サトシ」となることがある。 小説版のではいじめられっ子であり、ポケモントレーナーになる少し前までは1人でポケモンと遊んでいたとなっている。 ただしではは幼少期にサトシに会っている為、アニメでも同じかは不明。 とはいえセレナは、サマーキャンプのために一時的にカントーに居たに過ぎず、サトシの帰還を出迎えてくれるのも母親とオーキド博士程度で、他の誰からも迎え入れられている描写はないので、同様の設定である可能性は有り得る。 ではシゲルに対抗意識を燃やしていたことはアニメと変わらないが、家でいたずらをしていたピカチュウを捕まえて旅を始めている。 また、シゲルの姉に憧れており、タケシ程ではないが綺麗なお姉さんが好きである。 アニメとは異なりオレンジ諸島では1人で旅をしており、途中からカスミと行動を共にする。 ではおたすけ消しゴムとして登場。 このときはゲームの男主人公に彼の名前が付けられていた。 映03, ミュウツー! 我ハココニ在リ フィリピン語 Klariz Magboo フィンランド語 Sari Moilanen 無印001-無印142, 映01-映04, 短編01-短編07, ミュウツー! - XY編以外の各シリーズで1回ずつ女装させられており、それぞれの概要をまとめてある。 - 無印編で魔法によりピカチュウになってしまった姿。 - AG編でポケランティス王に乗っ取られたときの姿。 - XY編に登場。 本物のサトシに反して気が弱い。 の登場人物 【レギュラー】 - - - - - - - - - - - - - - - - - - 【レギュラーポケモン】 - - - - - - - - - - - - - - - - 【ライバル】 - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - 【博士】 - - - - - - - - - - - 【ロケット団】 - - - - - - - - - - - 【その他秘密結社】 - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - 【主要人物】 - - - - - - - - - - - 【ゲスト】 - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - 【ゲストポケモン】 - - - - - - - - 【家族】 - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - 【ジムリーダー】 - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - 【しまキング・しまクイーン】 - - - 【四天王・チャンピオン】 - - - - - - - - - - - - - - - - - 【フロンティアブレーン】 - - - - - - -.

次の

【悲報】サトシの父親、ポケモントレーナーですらなかった

ポケモン サトシ 父親

サトシと会う前に様々な地方を回っており、トレーナー歴は長いがリーグ優勝の経験はない。 トレーナーに成り立ての頃、兄・レイジがホウエンのフロンティアブレーンの一人、ジンダイとの戦いで一体も倒すことができず敗北、 「卒がなく綺麗にまとまっているだけ。 自分ならではの強さが感じられない」とジンダイに指摘されてトレーナーを引退して、自分のやりたいこととして育て屋に転向したのだが、シンジはこれを良しとせず 『一度負けただけで簡単に諦めた』『兄貴のやり方は駄目だ』と否定。 初期のOPではエレキッドやヒコザルのみが映っていたため、劇中で登場した際には驚きの声もおおきかった。 進化したことにより体重が増え、スピードが出せなくなったサトシのハヤシガメに体重と体格を生かしたバトルを教えるなどわりと優しい性格。 かなりタフ。 珍しくシンジが意志疎通しようとする一体。 地面タイプの相性補完に『ストーンエッジ』を覚えている。 長年育てた結果か、『ストーンエッジ』を自在に制御し相手を追尾する鬼畜仕様。 防御不能の状態だったとは言えギガドレインでシロナのガブリアスに膝をつかせる、タケシのグレッグルを一撃で撃破するなどパワーは相当なレベル。 シンジの手持ちでもエレキブルと並び最強クラスだと思われるが、 スピードで攪乱する方針でピカチュウがサトシに自分を使うよう名乗り出た時は即座に交換したり、 修行前のグライオンに息が上がる所までダメージを与えられたり、高レベルの素早いポケモン相手だと不安要素もある模様。 ジンダイ戦では本来直前に氷タイプの戦が控えていたため実家に預けられていたが、シンジの本来の冷静さと彼がいればもう少し善戦できたのかもしれない。 との戦いを想定して温存していたのかは定かではないが、シンオウリーグのジュン戦やサトシ戦では登場しなかった。 トバリジム挑戦時にはスモモのルカリオを圧倒している。 進化してスピードが下がったが『がんせきふうじ』で岩の壁を無数に作り、ボルテッカーの勢いを弱めるなどしてカバーしている。 『おにび』も使えるが、ジンダイ戦ではレジスチルのアイアンヘッドのひるみ効果により、不発に終わった。 シンオウリーグではジュンのエアームドを火炎放射の一撃でノックアウト。 続くエンペルトにハイドロカノンを命中させられるも倒れないあたり、火力に加えて耐久面もかなりのものと見える。 のデコロラ編のEDでは何故かエレキブルやドダイトスを差し置いてシンジの相棒のように描かれていた。 元々はスズナとのジム戦に備えて用意していたポケモン。 「てっぺき」で防御力を高めて長期戦に持ち込もうとしたが、レジアイスの「冷凍ビーム」によって氷漬けにされ、「電磁砲」を喰らって攻撃できないままダウン。 リーグでは進化して登場。 サトシ戦先発。 ピカチュウ相手に真っ向から渡り合ったものの、ゴウカザルによって倒された。 相手のとくぼうを下げる『きんぞくおん』 、小回りの利く接近戦技『メタルクロー』、遠距離攻撃技の『ラスターカノン』、特性『いしあたま』によって反動を受けずに放てる大技『すてみタックル』と、シンジらしい理詰めの技構成となっている。 シンジによると、サトシの作戦を探るために自ら倒される役を担ったとのこと。 実は兄・レイジも対ジンダイ戦で使用している。 リッシ湖近辺で別個体を捕まえようとして失敗していたが、その後あらためて捕まえたのか、はたまた兄から借りたかは不明。 『どくびし』で相手の自由を奪い、近距離『どくどくのキバ』、近~中距離『クロスポイズン』、遠距離『ミサイルばり』と攻撃にほぼ死角は無い。 特にミサイルばりはサトシの反応から察するに通常のものとは発射弾数が段違いであると思われる。 加えて、尻尾のハサミで相手を捕らえて地面にたたきつけることも可能で、空を飛んでるムクホークをこの技で『どくびし』の餌食にした。 ムクホーク、ブイゼル、ドダイトスをあっさりと倒したうえにゴウカザル、グライオンにもダメージを与えるなど試合への貢献度はずば抜けている。 リセットされたんか -- 名無しさん 2016-08-21 22:40:07• ピカチュウ対策が過剰とも言える程に徹底してるな。 何を出しても電気技対策は施してるし、ボルテッカーは絶対食らわんってくらいに防ぎきってる。 食らったのはユキメノコの一発だけってのは凄い。 -- 名無しさん 2016-10-08 10:52:06• サトシと絡んでるから不動のエースなのは知ってるだろうし、大事な場面で出てこない理由がない、ならどいつも起点にされないように、というところだろうか -- 名無しさん 2017-01-03 18:00:08• ある意味、現実のポケモン廃人に近いキャラだったな。 -- 名無しさん 2017-01-09 14:20:45• アニポケの世界において、ポケモントレーナーの道は人生を投げ捨てる覚悟で挑むものである。 こういう突き詰めたスタイルのトレーナーは割といたんじゃないだろうか。 -- 名無しさん 2017-03-23 22:18:31• 違反コメントを削除しました -- 名無しさん 2017-04-02 14:16:31• イヤミな奴だけど最初から芯は通ってて魅力的なライバルキャラだったよ -- 名無しさん 2017-06-26 22:18:18• 流石にアランには勝てないか? -- 名無しさん 2017-06-26 22:31:09• メガリザ以外ならエレキブル、ドラピオン、リングマ3体いれば余裕で倒せそうだけど、メガリザ倒す手段ないよなぁ…タクト相手にするよりは善戦できるけど -- 名無しさん 2017-06-26 23:24:58• タクト相手ならダークライまでは倒せそうだけどラティオスはさすがに無理だな。 -- 名無しさん 2017-07-20 22:02:15• 今年の映画【ポケットモンスター キミにきめた】に出てくるクロスには勝てる? -- 名無しさん 2017-07-29 21:54:27• 今現在のマリルリの強さ考えると捨てなけりゃよかったような気がせんでもない -- 名無しさん 2017-08-15 02:43:57• こいつがグライオンゲットした件でグライガーの群れがえらい事なった時は怒りを覚えた -- 名無しさん 2017-08-15 23:58:01• こうしてみると 作中で描写されてる限りの 逃がしたポケモン以外に少ないな -- 名無しさん 2017-08-16 00:00:06• 金銀ライバルと類似点が多い -- 名無しさん 2017-10-03 19:42:23• 初代レギュラー以外で唯一イラスト描くくらい岩根さんも印象に残ってるらしいね -- 名無しさん 2017-10-05 21:06:12• こいつアローラの島巡りにも興味抱くかな?あとグラジオとどっちが強い? -- 名無しさん 2017-10-08 10:08:10• 作中登場してないだけで他にも実はポケモン持ってそう。 新たに5世代以降のポケモンとかも捕まえてそう -- 名無しさん 2017-11-12 22:09:54• 中盤からはサトシのやり方も認めて良いライバルキャラなのになぜ次のライバルキャラのシューティーはあんな残念な感じになったのか。 被り意識でもしたんかな? -- 名無しさん 2018-06-08 19:45:44• こいつのドラピオン強すぎてぞっとしたなぁ……ドダイトスとかが次々と倒されていって怖かったわ -- 名無しさん 2019-02-22 21:18:13• -- 名無しさん 2019-03-18 23:00:32• アニポケSMのグズマの戦い方がシンジと良く似てると言われるけど、この二人の違いはなんなんだろうか。 -- 名無しさん 2019-09-02 14:58:07• 色々あって勝てる相手としか戦わなくなったのがグズマ、チャンピオンに勝つの無理とわかったうえで一体は倒そうって前向きなのがシンジ。 子供なのもあるけど色んな地方旅したから案外視野も広いんじゃないかな。 -- 名無しさん 2019-12-07 09:29:08• BWでのサトシの不甲斐なさ見てシンジが正しいと思ったってのあったけど、そもそもBWは迷走してた時期な上サトシとシンジは過ごした人生が違うんだから正しいも間違ってるも無いと思う。 最終的に双方はお互いを認めたんだし。 -- 名無しさん 2020-02-01 17:16:46• なんだかんだヒコザルの件に関しては彼の悪夢に出てくるほとんどある意味追い詰めるような事してたのか問題だと思うんだよな -- 名無しさん 2020-04-22 01:25:34• ジンダイ登場以降は丸くなったけどそれ以前はヒコザルの件以外にもスモモを追い詰めたりグライオンの群れを暴走させといて責任もとらないとかの問題行為もやらかしたな -- 名無しさん 2020-05-06 06:20:17• メガシンカやZワザもその気になれば取り入れたりするかも -- 名無しさん 2020-06-20 17:05:58.

次の