厚生年金 何歳まで払う。 年金の保険料は何歳から何歳まで支払うの?60歳で支払いは終わる? [年金] All About

年金はいつまで払うの?【社労士監修】

厚生年金 何歳まで払う

・人生100年の長生きの時代、元気なうちは働いて生活設計貯えの計画をたてます。 今でも毎月給料明細から、健康保険料、介護保険料、 厚生年金保険料などかなり大きい金額が引かれています。 やっと!この中で 厚生年金保険料の支払いが終わると楽しみにしていたのに、何故かそれ以降も毎月 給料から 厚生年金保険料は引かれています。 改めて本人は、会社に聞いてみると言われました。 えー!!年金の支払いは 60歳までで終わりではなかったの?? 年金の支払いは〜 えー!! なぜ?? * 調べました* 疑問: 60歳になっても厚生年金保険保険料は支払わないといけないの? 答え: 厚生年金適用事業所で厚生年金の被保険者となる形で働いる70歳未満の方は、 厚生年金の保険料を負担するという事です。 60歳台前半の老齢厚生年金の支給開始年齢以降の人は、年金を受給できる立場で、保険料を支払う立場でもあるというなんだか?? 何?という事です。 複雑な気持ちになりますが、国の決まりなので仕方ありません。 現状では70歳になると、厚生年金適用事業所で引き続き働いたとしても、厚生年金被保険者資格を喪失するので、厚生年金保険料は支払う必要は無いという事です。 という事は厚生年金適用事業所で働き続けた場合は、現状は、なんと! 同じ会社で働き続けるとしたら、厚生年金は69歳までは支払うのですね。 💦 先はまだ長いなあ~💦 公的年金制度の加入者の分類• 国民年金 (第1号被保険者) 自営業者、農業者、学生、無職の人、および配偶者。 又第2号・第3号に該当しない配偶者などです。 年齢は、20歳以上 60歳未満です。 国民年金 (第3号被保険者)厚生年金加入者している2号被保険者に扶養されている配偶者で年収130万円未満の人です。 年齢は、20歳以上 60歳未満です。 厚生年金 (第2号被保険者) サラリーマン、公務員、OLなどです。 年齢は、 70歳未満です。 国民年金の加入年齢の60歳未満とは、いつまで払うことが必要なの? 国民年金というのは20歳から 加入義務がありますが、60歳になると加入する必要がなくなります。 具体的には? 60歳についてですが、正確には60歳に達する日の 前日の属する月の 前月までということになります。 なんだか・わかりにくいですね! たとえば、2019年5月7日に60歳になる場合です。 法律上では、誕生日の 前日に年齢が加算され、2019年5月6日が誕生日の扱いになります。 そのため5月6日の前月の4月分まで 支払う義務が あります。 5月分の国民年金の 支払い義務は ないということです。 一番気をつけたいのが、年金の支給が自動的に始まるという勘違いされる方もいらっしゃいます。 ご自身で請求しなければ、年金を受け取ることができませんので 注意が必要です。 なんだか? 支払いは、強制的で受給は手続きをしないと支払われないなんて・・・ まだまだ先の事と考えていましたが、年齢を重ねていくと知らないと損する年金制度は自分の事として、学んでいた方が良いですね。 年金制度は本当に難しいとばかり言っていても、もらえるはずの年金が受け取れなくなる事もあります。 今後は、年金の金額も受給開始時期もずれ込みそうですね。 🌊 毎年誕生日月に送られてくる、ねんきん定期便よくみてください。 まとめ 疑問: 60歳になっても厚生年金保険保険料は支払わないといけないの? 答え:厚生年金適用事業所で厚生年金の被保険者となる形で働いる70歳未満の方は、 厚生年金の保険料を負担するという事。 生きていくために、必要な生活資金ベースの 年金です。 長い間生活を送るためにも、 年金は他人事ではありませんよ。 気をつけたいのが、年金の支給が自動的に始まるという勘違いされる方もいらっしゃいます。 ご自身で請求しなければ、年金を受け取ることができませんので注意が必要です。 真剣に一度、ねんきん定期便や年金の支払いや受給開始時期について考えてみませんか? 将来の安心のための、手当の方法がみえてきます。 * 年金の 受給いつか 指おりて *.

次の

厚生年金は最低何年払えば年金もらえますか。何歳まで 支払えば年金も

厚生年金 何歳まで払う

厚生年金はいつまで払うのかという質問の前に、厚生年金と国民年金の違いについて述べておきます。 厚生年金とは社会保険の中の一つで、社会保険完備の会社に入ったらほとんどの人が加入する仕組みになっています。 いつまで払うのかではなく払った期間で算定されます。 厚生年金に対して、会社などの組織に属さない自営業者やフリーランスの人たち20歳〜60歳のすべての人が加入する、公的年金制度です。 国民年金に厚生年金が上乗せされている つまり国が運営している基礎にある年金制度ということになります。 この基礎的な年金制度の上に2階層となって設けられているのが厚生年金制度です。 国民年金だけの人はすべて自分で国民年金基金、確定拠出年金 個人型 等を掛けなければないのですが、厚生年金の制度ははじめから老齢基礎年金+老齢厚生年金という二層構造になっています。 また厚生年金の保険料は掛け金の半分を会社が負担してくれるという特典まで付いています。 厚生年金はいつまで払うのか?その答えは70歳まで 厚生年金は勤務している会社に在籍している間は払い続けます。 ただし、いつまで払うのかというと社員として勤めて70歳になるまでで、70歳を超えて勤務する場合「被保険者は70歳に達したときは、その日にその資格を失う」ものとなっています。 いつまで払うのかは厚生年金の受給期間が関係している いつまで払うのかについては、厚生年金に但し書きがあり、以下の要件を満たした場合は70歳以上であっても、厚生年金を払いながら勤務できることになっています。 その要件とは受給資格期間を満たしていない場合に限られ、受給資格期間を満たすまで(年齢制限なし)厚生年金に加入することができる(高齢任意加入被保険者)ようになっています。 厚生年金が2階建なのは会社員も国民年金へ加入したのと同じ仕組み 日本の年金制度は2階建てになっているとよくいわれますが、それはどういう意味なのでしょうか?ほとんどの会社員は、厚生年金に加入しており、公務員等の方は共済年金に加入しています。 いつまで払うのかというと会社や組織に所属している間は払い続けることになります。 また厚生年金や共済年金保険料の一部については、オートマチックに国民年金・基礎年金に拠出されるシステムになっています。 つまり多く会社員や公務員等の方は、払っていなくても自動的に国民年金にも加入していることと同じ仕組みになっています。 厚生年金の掛け率は給与に依存し何歳まで払うかで変化する 基礎年金としての国民年金に加入した上で、2階にあたる年金制度に加入することになっており、厚生年金・共済年金は、報酬比例(給与によって掛け金が変化し、何歳まで払うかで老後に受け取る額も変化してくる)は、そのため2階建ての制度に例えられています。 厚生年金の支払いは最長70歳までだが条件により異なるのでいつまで払うのかを把握しておこう 厚生年金をいつまで払うのか?また厚生年金と国民年金との違いや厚生年金の特典などについて解説してきました。 厚生年金はいつまで払うのかは最長70歳までとなっているようです。 しかしここには条件があって、受給資格期間を満たしていない場合には、70歳以降でも働きながら厚生年金を払うことができるようです。 高齢化社会に入り今後の制度の変更が検討されています。

次の

70歳以降も働くと厚生年金はどうなる?年金の減額・保険料額に注意

厚生年金 何歳まで払う

厚生年金の保険料は、最大70歳まで納付するんだよ 国民年金の加入期間は20歳〜60歳までですよね。 保険料の払込期間も同じです。 学生時代は支払い免除させてもらっていた方も多いと思います。 何と70歳までは、働いている限り年金保険料を払い続けなければならないのですね。 ちなみに、パート勤務や派遣社員であっても厚生年金に加入しなければならないことがありますが、フルタイムで働いていればこの上限は変わりません。 2019年現在、老齢年金の受け取りは基本的に65歳からですが、繰り上げ受給を希望したり、生年月日によって一部の方は65歳未満でも受給する場合があります。 そうなると、年金を貰うのか払うのか、もう訳が分かりません。 ややこしい話ですが、答えとしては、労働収入と年金収入の合計がある一定額以上になると、年金の受給額が減らされてしまったり停止されてしまうことになります。 これを 在職老齢年金制度と言います。 働いてるなら、年金そんなにいらないでしょ、と言わんばかりですね。 具体的には、60歳〜64歳の方には「28万円」と「47万円」という2つの壁が、65歳以上の方には「47万円」の壁だけがあります。 みのりたのように30代の現役世代が定年を迎える頃には、きっともっと年金の条件は悪くなっているはずから、参考程度にお考え下さい。 でも81歳まで生きないと元が取れないなんて、死んだら意味ないじゃないか。 余計に払わされる分、やっぱり損だ! そう思われる方もいらっしゃるかも知れませんね。 そんな時は、「この保険料は長生きリスクへの対策だ」と考えてはいかがでしょうか? 今や人生90年時代。 悲しい話ですが、長生きすること自体がリスクになりつつあります。 あなたは90歳、100歳まで生きても十分生活できるだけの貯蓄を、自分だけで用意できる自信がありますか? 年金は、世代によって大きく損をすると言われていますが、きちんと計算をしてみると、ある一定以上長生きすれば、必ず得になるようできています。 ですから、長生きしても生活に困らないための保険をかけているんだと思えば、厚生年金保険料を支払う気持ちも、少し変わってくるのではないでしょうか。

次の