二重整形 有名医師。 【名古屋】二重整形でおすすめのクリニック7選!安くて評判のいいところは?

【2020年版】韓国 美容整形のおすすめ10選!日本人が安心して通える有名クリニックはここ

二重整形 有名医師

~完全切開法の特徴~ ヴェリテクリニックでは、希望の二重ラインに沿ってまぶたの皮膚を切開する完全切開法を受けられます。 目元の状態によっては余分な皮膚や脂肪を取り除くことを提案。 一人ひとりが理想の目元を手に入れられるように力を尽くしてくれます。 完全切開法のメリットは、パッチリした目元が半永久的に続くこと。 「腫れぼったい目をすっきりした二重にしたい方」「幅の広い平行型の二重にしたい方」「ばっちりとした印象にしたい方」「埋没法が取れた、緩んでしまった方」におすすめの施術です。 1度施術をすると修正が難しいといわれていますが、理想の目元を長期間保ちます。 そのため、完全切開法を受ける際は腕の確かな名医がいるクリニックを選ぶことをおすすめします。 ヴェリテクリニックの基本情報 ~目頭切開の特徴~ 日本人特有の蒙古ヒダを取り除くための目頭切開は、大きく分けてZ型形成とW型形成という施術法に分かれます。 理想の目元のデザインに合わせて、どちらの方法にするかを検討。 目のバランスは、目の間の距離で決まります。 距離が近すぎると寄り目に見えてしまいますし、離れすぎてしまうと離れ目になってしまうのです。 目頭切開法は複雑な施術なうえに、ミリ単位で幅を調整する技術が必要。 失敗してしまうと不自然な形や目つきが悪くなってしまうこともあります。 きれいな目元を手に入れるためには、技術力の高いクリニックを見極めることが重要です。 また、念入りなカウンセリングをしてくれるクリニックを選びましょう。 品川美容外科の基本情報 大学卒業後、美容外科の基礎となる麻酔科、および形成外科を専門とし、2001年より高須クリニック勤務と並行して複数の医療機関に勤務。 豊富な経験を蓄積したうえで、2007年より高須クリニック専任医師として名古屋院の院長を務めています。 世界的に著名な美容外科医、高須克哉医師は、幹弥医師の父にあたります。 過去に手掛けた最も多くの症例は二重整形。 医師本人も「二重が一番得意」と断言しています。 その技術力は全国トップレベルとの評も。 上まぶたの脂肪取りに関しては、全国でも珍しい「脂肪溶解注射メソシェイプフェイス」という施術を提供しています。 メソシェイプフェイスをすることで、通常の脂肪除去施術では取り除くことができない皮下脂肪を溶かすことができ、スッキリとしたやさしい印象の目元を創ることができます。 脂肪細胞ごと溶かしてしまうことで、リバウンドの心配もありません。 ~脂肪吸引の特徴~ 目元に脂肪が付いてしまうと、腫れぼったい目になってしまい眠そうな印象になってしまいます。 このような場合は、「上まぶたの脂肪取り」の施術を受けることで、すっきりとした印象に。 二重のラインに沿って切開し、脂肪を除去します。 また、加齢とともに現れることの多い「目の下の膨らみ」も脂肪取りを行うことで、改善できます。 目の下の膨らみがひどくなると、たるんでくるため、常に疲れた印象になってしまう場合も。 施術時間は30分程度。 ダウンタイムが取れないという方には、片方ずつ施術する方法も提案しています。 施術した目に眼帯をして、腫れが引きたあとに、もう一方の上まぶたを施術するといった柔軟な対応が可能です。 高須クリニックの基本情報.

次の

【名古屋】二重整形でおすすめのクリニック7選!安くて評判のいいところは?

二重整形 有名医師

ヴェリテクリニックで最も人気なのが、 福田慶三医師です。 1985年に名古屋大学医学部を卒業し、アメリカのクリニックで研修、後に形成外科で経験を積み美容外科医となった先生です。 医学部を卒業した後すぐに美容外科医になる医師よりも、 形成外科医を経て美容外科医になる医師の方が技術力が高いと言われています。 主に二重まぶたの整形手術と鼻の整形手術を得意とした先生なので、埋没法を希望している方におすすめです。 現在は曜日ごとに、銀座院・大阪院・名古屋院すべてに出勤しているようなので、お近くに住んでいる方は検討してみてはいかがでしょうか。 福田先生のカウンセリングを受けられない? ただし、ネットの口コミには「多忙な先生なので、 カウンセリングを受けられない。 」というものがありました。 別のカウンセラーとカウンセリングを行い手術を受けるのは、理想の差が生じる可能性があります。 湘南美容外科の埋没法の名医 全国的に有名な湘南美容外科には、若手からベテランまで多くの医師が在籍しています。 埋没法は2点留め14,700円~と、かなり手頃な料金設定となっているため大変人気なクリニックです。 クリニックは全国にあるので、地方にお住まいの方も通いやすいでしょう。 最新のクリニック所在情報は公式ホームページでご確認ください。 湘南美容外科の埋没法が上手い名医 新明康宏 医師 上野院 一般外科、形成外科歴18年で美容外科医になった名医です。 スタッフからも支持されているのは、技術が高い証ですね。 東京にお住まいの方や、旅行・遊びで東京に行く予定のある方は検討してみてはいかがでしょうか。 横谷先生のクイックコスメティーク法を受けた人の口コミ 今日、めでたく埋没法を受けてきました! 湘南美容外科のクイックコスメティークダブル!横谷先生すごいです。 腫れもほぼなく、旦那に「ちょっと脱毛行ってくるね」と言って施術を受けてきましたが、帰ってきてもバレませんでした。 費用は医療ローンで、クレカよりも安い金利でできて嬉しかったです。 飯田先生の埋没法を受けた人の口コミ 元リッツの飯田先生はベテラン感がすごくて落ち着いていました。 埋没はとても自然な感じに仕上げてくださったので、とても気に入りました。 竹田先生と悩みましたが、飯田先生にお願いしてよかったです。 新明先生の埋没法を受けた人の口コミ 新明先生は診察がすごく丁寧です。 丁寧すぎる故に待ち時間が非常に長いです 笑。 目の手術に関しては、プロの中でもトップに立つんじゃないかと思います。 施術は大満足! 本院の村松先生もすごく上手いと聞いたことがあります。 当サイト管理人も湘南美容外科で埋没法を受けた人の一人です。 埋没法術後1年後までのレポートを書いたので、よかったら参考にしてみてくださいね。 seikeigirls. com 二重埋没法が上手い先生を選ぶポイント ネットには美容整形に関する多くの口コミや評判が転がっているため、本当に上手な先生を見つけるのは難しいです。 しかし、これから説明する3つのポイントを抑えておけば、失敗する可能性はぐんと下がります。 それでは、埋没法が上手い先生を見極めるためのポイントを解説します。 埋没法は簡単だからといって、新人の医師に施術させるクリニックは多いようですが、埋没法は決して簡単な施術ではありません。 症例件数を明かしていない先生を避け、 症例件数が多い医師や、美容外科医の経歴の長い医師を選びましょう。 公式サイトで症例写真を見たり、実際にカウンセリングへ行き写真を見せてもらい、 自分のなりたい二重まぶたを形成できる医師か判断しましょう。 得意な施術に、「目元の整形」や、「埋没法」を挙げている先生を選びましょう。 鼻の整形の名医を選んでも、目元の整形が得意だとは限りませんので、注意しましょう。 二重整形の名医がいる美容外科クリニックまとめ 名医がいるクリニックを3院紹介しましたが、日本には埋没法を得意とする医師が他にも多く存在します。 紹介した名医を選ぶポイントを抑えて、カウンセリングで名医探しをしてみてくださいね。 紹介したクリニックが近くにないという方は、当サイトのおすすめランキングで紹介しているクリニックに足を運んでみてはいかがでしょうか。 複数のクリニックに足を運べば、ご自身にとっての名医が見つかるはずです。

次の

二重整形の名医を紹介!二重手術が得意な医師一覧

二重整形 有名医師

ドクター紹介 id美容クリニック 福澤見菜子医師 福澤医師は、慶應義塾大学卒業後、同大学病院・総合病院での勤務を経て、2008年に東京大学医学部付属病院 形成外科美容外科に入局。 その後、大塚美容整形外科千葉院院長を経て、2013年には湘南美容クリニックに入局。 2017年には同医院の松戸院院長を。 2019年には赤坂見附院院長を務めていた経歴を持ちます。 症例数も多く、2018年には湘南美容外科の「常勤医師顧客満足度全国1位」の実績を持つなど、実力・人気共にある美容外科医になります。 福澤見菜子医師の経歴• 2006年 慶應義塾大学医学部卒業• 2008年 東京大学医学部付属病院 形成外科美容外科 入局• 2012年 大塚美容形成外科 千葉院院長 就任• 2017年 湘南美容クリニック 松戸院院長 就任• 2019年 湘南美容クリニック 赤坂見附院院長 就任 id美容クリニックで セブンロック埋没法を受ける時の流れ 1. 予約 WEB、電話、LINEを使って予約することができます。 受付 スタッフに名前と生年月日を伝え、待合室で待機になります。 問診表の作成 初来院の場合、病歴や体調、アレルギーなど、施術を受けるための問診表を作成します。 カウンセリング 医師とのカウンセリングになります。 カウンセリング後、今度はカウンセラーが 具体的な施術と料金プランの説明を行います。 会計 支払いは現金とカードでの支払いが可能です。 施術 カウンセリングをもとに、医師が直接施術を行います。 治療前後の違いが分かるよう、治療の際に写真撮影があります。 アフターケア 施術内容によっては、複数回の通院が必要になることもあります。 id美容クリニックの基本情報 ドクター紹介 真崎医院 真﨑 信行 医師 1983年、金沢医科大学医学部を卒業後、順天堂大学附属病院麻酔科へ入局。 その後、大手美容クリニックでの勤務を経てから、1989年に久次米秋人先生と共同で共立美容外科・歯科を開設し、2007年までには全国に15院を展開するまでに成長しています。 同年、よりクオリティーの高い医療を提供するため、東京の代官山に真崎医院を開設。 10年以上にわたり、患者と向き合っています。 真崎ドクターは、美容外科医歴25年以上の経験と実績を持つ名医で、その技術力の高さには定評があります。 共立美容外科時代には、訪れる著名人のほとんどを担当していたことでも有名です。 また、医療機器の開発にも携わり、脂肪吸引時に使用する傷跡保護器具、マサキスキンプロテクターを発明。 世界で特許を取得しています。 真﨑医師の経歴• 1983年 金沢医科大学医学部卒業• 1989年 共立美容外科・歯科を久次米秋人先生とともに開設• 2007年 東京・代官山に「真崎医院」を開設 埋没式挙筋短縮法の 特徴! 埋没式挙筋短縮法は、院長の真崎ドクターが2004年に公表したオリジナルの手術法。 切らない眼瞼下垂手術とも呼ばれています。 これまで、眼瞼下垂手術と言えば、切開法が主流となっていました。 この施術法は、確実性が高いものの、ダウンタイムが長く、万が一、気に入らない仕上がりになったとしても修正するのが困難なのがデメリットでした。 真崎院長の埋没式挙筋短縮法は、切開法と違いメスを入れることがないので、ダウンタイムがほとんどなく、施術後に痛みや腫れが続くということはほとんどありません。 また、施術時間も片目につき約10分ほどで済むので、両目あわせても30分もあれば十分です。 また、施術後、5日ほど生活してみて、自分の希望するイメージでなかった場合は、元に戻して返金してもらうことが可能。 術後は修正することができなかった切開法の短所を解消した方法と言えます。 この他、持続性が高いのも魅力。 中には術後4年たっても変わらない状態を維持できているというケースがあるほどです。 ドクター紹介 水の森美容外科 末永 裕信 医師 2009年、長崎大学医学部を卒業後、一宮西病院や大手美容外科での勤務を経て、2014年からこちらのクリニックで勤務をスタートしています。 翌2015年には、銀座院の開設に尽力し、そのまま院長に就任。 数多くの患者の診療にあたっています。 末永ドクターのモットーは、「患者様が期待されている以上の結果を出して感動を与えること」。 医療業界の発展するスピードは目覚ましく、それに対応して、患者の美容医療に対する期待も年々、高くなっています。 そういった期待の高まりに自分の技術で応え続けたいと努力することが、患者から信頼される人格の形成につながると考えているのです。 これまでに年間平均で脂肪吸引200例、目元治療1700例、鼻整形500例、プチ整形1200例、エイジングケア800例とオールラウンドで活躍しているのもポイントです。 二重切開法の 特徴! 二重まぶた治療の切開法と聞くと、埋没法に比べて施術の効果は高いものの、ダウンタイムが長いため、仕事をしている人や学校に通っている人は、長期間の休みがなければ受けにくい施術だと思う人が多いかも知れません。 ですが、水の森美容外科には末永ドクターをはじめ腕の良いドクターが多数、在籍しているため、他院の切開法に比べて術後の腫れを抑えることができます。 二重まぶたの切開法を受ける場合のクリニック選びで重要なのは、執刀する医師が目の解剖を熟知しているかどうかということ。 中には、傷跡を目立たないようにするために、小手先の技術で対応しているドクターがいます。 しかし、そんなことをしなくても、目の解剖を熟知しておけば、適切な内部処置をすることができ、永続的に取れない二重を実現することが可能です。 水の森美容外科には、目の解剖を熟知してしたドクターが念入りなカウンセリングと熟練のシミュレーション技術で施術を行うため、腫れにくく、傷跡の目立たない二重まぶたをデザインすることができます。 水の森美容外科で 切開法を受ける時の流れ 1. 予約、問い合わせ メールまたは電話で無料カウンセリングの予約を行います。 2.受付 まず受付カウンセラーが相談内容をヒアリングします。 3.医師とのカウンセリング 個室のカウンセリングルームで医師とカウンセリングを行います。 4.カウンセラーが再度ヒアリング 受付カウンセラーが医師とのカウンセリングに疑問や不安が無いかを再度ヒアリングします。 4-1.カウンセリングのみの場合 注意事項・見積もりや申し込みに必要な書類をカウンセラーから受け取って終了 4-2.同日手術の場合 受付カウンセラーから手術の注意事項や手術費用、術後の経過などの説明を受け、内容に納得出来たら手術へ案内。 4-3.後日手術の場合 手術日の希望がある場合はその場で予約 予定が分からない場合は後日電話または来院にて予約が可能 5.手術 医師と、希望のデザインや施術方法を再度確認後施術開始 水の森美容外科の基本情報 みずほクリニックの 特徴! 年中無休で19時まで診察を行っているこちらのクリニック。 JR池袋駅西口から直結しているという抜群の立地で、通院するにはこれ以上ない条件が揃っているクリニックの1つです。 診療科目は幅広く、アンチエイジングから美肌のレーザー治療、二重、鼻整形や豊胸、脂肪吸引など美容外科手術まで様々。 20年以上のキャリアを持つ経験豊富な熟練ドクターが、カウンセリングから診療、アフターフォローまでしっかりと対応してくれます。 診察では、1人のドクターが術前のカウンセリングから施術、アフターフォローまでを一貫して行う、ワンドクター制を採用しているため、患者の要望に細かく応えることが可能。 周りのスタッフは複数のスタッフが配置されているので、認識のずれが生じる心配もありません。 また、名ばかりで資格を持たないスタッフをカウンセラーとして、カウンセリングを行うことはないので安心です。 ドクター紹介 みずほクリニック 小松 磨史 医師 1994年、札幌医科大学を卒業後、同大学の形成外科に入局。 その後、同大学の大学院で学びながら医学博士を取得しました。 大学院を出てからは、アメリカへと渡り、フロリダ州にある国立のがんセンターで勤務。 帰国後は、砂川市内にある病院で医長として活躍したほか、大手美容クリニックでも約10年ほど修行を積み、2014年、みずほクリニックを開院しています。 美容外科だけでなく、形成外科医としての経験をミックスさせて相乗効果を発揮し、質の高い美容医療を提供するのが小松ドクターのモットーです。 患者のコンプレックスを克服し、自信に満ちた毎日を送れるようにサポートしてくれます。 小松医師の経歴• 1994年 札幌医科大学卒業(第41期)• 1994年 札幌医科大学・形成外科入局• 1998年 札幌医科大学・大学院卒業 医学博士取得• 1998年 米国フロリダ・モフィット国立癌センター勤務(ポストドクトラル・フェロー)• 2000年 札幌医科大学・形成外科 助教• 2002年 北海道砂川市立病院・形成外科 医長• 2005年 大塚美容形成外科入職(大塚院・金沢院・名古屋院など)• 2014年 みずほクリニック開院(院長) マイクロ切開法の 特徴! マイクロ切開法とは、他のクリニックでは、部分切開法と呼ばれる治療法に似ているのが特徴です。 まぶたの中央の皮膚を5mmから1cmほど切開し、創縁の筋肉を皮下の瞼板に固定。 さらに、中央固定部の両外側を糸で皮膚を瞼板に固定することで、ラインの耐久性をアップさせることができます。 まぶたの目頭から目尻までを切開する全切開法に比べると、少ない腫れで抑えることができ、3点法二重整形術をさらに中央の小切開を加え強化し、はずれにくくしているといも言えるため、二重埋没法と切開法のそれぞれのメリットを兼ね備えた二重整形術となります。 また、ダウンタイムが短いのも見逃せないポイントです。 さらに、皮膚を切開した場所からまぶたが厚くなる原因となる余分な脂肪を引き出して取り除くことができるので、よりすっきりとした目元を演出することもできます。 ドクター紹介 もとび美容外科クリニック 西尾 謙三郎 医師 2002年、札幌医科大学医学部医学科を卒業。 2003年、都立墨東病院へ移り救命救急センターや麻酔科、皮膚科で勤務しました。 2005年からは、有名美容クリニックへ入局し、医長やや技術指導医といった責任のあるポジションを歴任。 また、埼玉医科大学の形成外科・美容外科で非常勤医師としても活躍しました。 2014年、もとび美容外科クリニックの院長に就任しています。 元々は、総合診療医を目指していた西尾ドクター。 医師になった当初は、3年間、様々な科を回りながら修行をしたそうです。 その中で、1つの診療科を極めたいと思うようになり、興味があった形成外科の道を進むことに決めました。 得意な施術は、目や鼻、小顔など、細かな調整が必要になるお顔のプチ整形や手術だそうです。 西尾医師の経歴• 2002年 札幌医科大学医学部医学科 卒業東京医科歯科大学• 2003年 都立墨東病院(救命救急センター、麻酔科、皮膚科)• 2005年 東京女子医科大学形成外科 研修• 2005~2014年 有名美容外科医長・技術指導医など歴任美容外科クリニック院長埼玉医科大学形成外科・美容外科 非常勤医師• 2014年〜もとび美容外科クリニック院長 もとびアイプラチナムの 特徴! メスを使用しない二重術でありながら、戻りにくく、腫れにくい、さらにバレにくいと、全て兼ね備えた理想的な二重術がもとびアイプラチナムです。 通常の点止めで行う施術の場合、点で縛った組織に力が集中するため、組織が伸びてしまったりちぎれてしまうことで、二重の連結がなくなって元に戻りやすくなってしまいます。 ところが、もとびアイプラチナムは点で縛るのではなく、1本の糸を使ってそれぞれの点を縛るため、まぶた全体で力を分散して逃がすことが可能。 組織が伸びにくく、連結が戻りにくくなるため、二重が長持ちしやすくなります。 また使用する糸は柔軟性のあるものを使い、一筆書きの要領で結ぶため、ひとつの結び目の締め具合を調整して糸全体を最適な力加減で結ぶことができます。 さらに、結び目をまぶたの裏側に隠すことができるのも、もとびアイプラチナムの特徴。 通常の埋没法だと、結び目部分は糸の厚みが増しやすく、ポコッとした段差ができてしまうことがありますが、もとびアイプラチナムは、深い位置に結び目を埋没することができるので安心です。 もとび美容外科クリニック新宿院の基本情報 誰もが理想の目元を叶えることが出来る時代になりました。 自分の目元を鏡で見て「あと少し目がぱっちりしていたら…」「あの芸能人のような目だったら…」と溜息をついたことがある人のために、この二重整形手術情報まとめサイトはつくりました。 憧れだった理想の目元を、今はとても手軽に叶えることが出来る時代です。 とはいえ、全くリスクがないわけではありません。 このサイトでは、二重整形手術に関する役立つ知識を、良いことも悪いこともきちんと伝えることを大切にしました。 二重整形に迷う方や検討されている方の参考になれば幸いです。 二重整形・二重手術 パーフェクトガイド 編集部 二重整形の施術について 費用相場 埋没法の場合5万円~15万円程度、切開法の場合は20万円~40万円程度と、施術方法によって開きがあります。 自由診療ですのでクリニックによっても金額設定が異なります。 必ず事前に問い合わせてみることをお勧めします。 治療時間 埋没法の場合10分~30分程度、切開法の場合は1時間程度が一般的です。 通院期間 埋没法の場合は施術後の通院は必要ないと言われることが一般的。 切開法の場合は5~7日後に抜糸のために1度、1ヵ月後に経過観察のためにもう一度と、計3回の通院をすることが多いようです。 副作用・リスク 術後の腫れや内出血、仕上がりの左右差などの可能性があります。 また回復にかかる時間は1週間程度~1ヵ月程度と、個人差が発生します。 元々の目の形、なりたい理想の二重の形、その他症状などにより個人差があるものですので、必ず事前に十分なカウンセリングを行いましょう。 二重整形・二重手術 パーフェクトガイド 編集部 無断転用禁止(Unauthorized copying prohibited. ) 当サイトは、2019年6月時点の情報をもとに作成しています。 最新の情報は、各公式ページをご確認ください。

次の