セプテンバー さん 歌詞。 セプテンバーさん RADWIMPS 歌詞情報

RADWIMPS「セプテンバーさん」歌詞の意味解釈・解説!Aimerカバー曲

セプテンバー さん 歌詞

「セプテンバーさん」は、2006年2月15日にリリースされたRADWIMPSの3rdアルバム 「RADWIMPS 3~無人島に持っていき忘れた一枚~」の2曲目に収録された曲です。 曲名の「セプテンバーさん」はそのまま和訳すると「9月さん」になりますが どのような意味があるのでしょうか。 歌詞の紹介と合わせて、意味や解釈の解説をしていきます。 以下、歌詞全文です。 スポンサーリンク ラッドウィンプス「セプテンバーさん」の歌詞 野田洋次郎作詞 一人のために描いた夢を 誰かに使いまわした そんなこともあるさと笑える僕も きっとセプテンバー 「夏」ってだけでキラキラしてた あの気持ちが好きなの 「もう少しだけここにいさせて」そんな顔で僕見るの でも君が笑える理由なら 僕が見つけてきてあげる こんな二人を繋ぐのは きっとなんでもないセプテンバー 本物よりもリアルに見えた あの魔法はもう解けた けどギュっとすればキュンとなるあれは 夏のおかげなんかじゃない 湿る空が乾く色を きっとパパは探していたの そんな時に一人ぽつんと 疼くまってたセプテンバー OH セプテンバー OH セプテンバー OH セプテンバー OH セプテンバー 夢が語りつくした希望を 僕は拾うよ 君は見てるの? さぁ今ならば この声ならば届く気がしたんだ 夏が散らかしてった心を 僕は紡ぐよ さぁいざ行こう そう今だから この声だから 響くセプテンバー 声が響きだす そこに意味はなくとも 君が笑い出す そこに夏はいなくとも OH セプテンバー OH セプテンバー OH セプテンバー OH セプテンバー 僕が笑える理由なら 今まさに目の前にいるよ こんな僕らを繋ぐのは そうさいつも 愛が語り尽くした想いを 僕は歌うよ 人は笑うよ でも今ならば この声ならば届く気がしたんだ 手と手をとれば揺れる心が 抱えた不思議 それはテレパシー さぁ今だから この声だから さぁ今ならば この声ならば こんな僕だけど そう君となら 何もないけれど そう今ならば この声ならば そう君となら 響く気がしたんだ あぁ この季節が語るもの あぁ この季節が繋ぐもの スポンサーリンク 「セプテンバーさん」歌詞の意味解釈・解説 夏に出会った恋人への想いを綴った詞で構成されています。 「一人のために描いた夢を 誰かに使いまわした」 かつての恋人と思い描いた夢を新しい恋人と 一緒にいるときも思い描いてしまう。 そんなときに感じる、今の恋人に対する後ろめたい気持ち。 「使いまわした」という部分に表れています。 「そんなこともあるさと 笑える僕もきっとセプテンバー」 秋はなんとなく哀愁を感じる季節です。 恋の終わりの寂しさを知っている「僕」は 秋に気持ちを重ねているのでしょう。 「君」は夏のキラキラした、 浮き立つような恋する気持ちを忘れられない。 「もう少しだけここにいさせて」なんて「僕」に話す。 「君」は夏が終わってしまって、 「僕」とのことが「ひと夏の恋」になることを恐れているのでしょう。 「君が笑える理由なら 僕が見つけてきてあげる」 「僕」も夏が過ぎても「君」への想いは変わらない。 「君」を抱きしめると心が締め付けられるような感覚は 「夏のおかげなんかじゃない」。 「湿る空が乾く色をきっとパパは探していたの」 「そんな時に一人ぽつんと疼くまってたセプテンバー」 子供の頃の秋の日、父親が泣いていた時の思い出でしょうか。 「僕」は一人うずくまってそれを見ていた。 「夢が語りつくした希望を僕は拾うよ」 「夏が散らかしてった心を僕は紡ぐよ 」 「僕」は「君」と夏に浮かれる心のままに 様々な夢や希望を語り合った。 そして9月になった今だからこそ、「夏が散らかしてった心」 を落ち着いて整理できるんだ。 「君が笑い出す そこに夏はいなくとも」 夏が終わっても変わらぬ「僕」の気持ちを知って 「君」が笑顔を見せたのでしょう。 「僕が笑える理由なら 今まさに目の前にいるよ」 「僕」も笑っている。 「君」が目の前にいるから。 「でも今ならば この声ならば届く気がしたんだ」 情熱の夏が終わって、秋になって紡ぐ言葉だからこそ 不安そうにしていた「君」も「僕」を信じることができるだろう。 「手と手をとれば揺れる心が抱えた不思議 それはテレパシー」 「君」の手を取ると揺れる「僕」の心。 何も言わなくても気持ちが動く。 まるで超能力でも使っているみたいに。 「僕」は特別な人間じゃないけれど、 「君」とならずっと語り合い、心を繋いだままでいられるだろう。 夏は休暇も多く、気持ちが解放的になるので 新しい恋を見つける人も多いでしょう。 でも秋になった途端情熱が冷めて別れるカップルもいますよね。 この歌の「僕」は「君」への気持ちが本物なんだよ、と 秋になって確信したのでしょう。 曲名の「セプテンバーさん」は「9月」「3日」を指すとも 言われています。 野田さんにとっての何かの記念日ではないかとも言われているようです。 恋愛中の人が秋に聴くと、浸れそうな曲です。

次の

【RADWIMPS】「セプテンバーさん」の歌詞の意味を解説します!

セプテンバー さん 歌詞

RADWIMPSを知らない人でも、「セプテンバーさん」という言葉を聞いたことがあるという方もいるのではないでしょうか。 「セプテンバー」とは、日本語で「9月」を意味します。 そんな「セプテンバー」を擬人化したような言葉となっている『セプテンバーさん』。 これはRADWIMPSの人気曲の曲名なのですが、9月に入るとなんとこの「セプテンバーさん」というワードがTwitterのトレンドに入ることも。 そのため、RADWIMPSの曲を知らなくてもこの言葉を目にすることがあり、9月になると多くのRADWIMPSファンが思い出す曲ということからも、この曲がどれだけファンに愛されている楽曲であるかがわかります。 AimerとRADWIMPSといえば、2016年8月17日にリリースされたAimerの11枚目のシングル曲『蝶々結び』を野田洋次郎が楽曲提供とプロデュースしたことで話題となりました。 実は、その『蝶々結び』のカップリングに、Aimerが『セプテンバーさん』をカバーした楽曲が収録されているのです。 Aimerと野田洋次郎のコラボはもともと多くのファンを歓喜させていましたが、この『セプテンバーさん』のカバーもファンにとっては嬉しいコラボとなりました。 Aimerがカバーした『セプテンバーさん』は女性ボーカルの優しいサウンドが魅力的で、本家に比べて切なさの中によりキラキラとした輝きを感じられるアレンジとなっており、本家とはまた別の魅力があると高い評価を受けています。 Aimerのしっとりした声と、本家の楽曲にある優しい耳心地の雰囲気が絶妙にマッチした作品です。 10年以上前に発表された『セプテンバーさん』ですが、最近ではTikTokで使用されたことで再び話題になっています。 TikTokではRADWIMPSが演奏するものはもちろん、Aimerがカバーしたものも多く使用されており、これによって『セプテンバーさん』という曲を知る人も少なくありません。 Aimerの『セプテンバーさん』をTikTokで聴いて本家を知ったり、多くの人がRADWIMPSの楽曲に興味を持つきっかけともなっているのです。 「好きなの」「もう少しだけここにいさせて」と、ちょっとキュンとしてしまうようなフレーズがたくさん盛り込まれている『セプテンバーさん』は、かわいくてキラキラのTikTokにぴったり合っておりたくさんの人に使用される人気曲となっています。 「セプテンバー」を擬人化したような言葉の『セプテンバーさん』。 このタイトルは、「セプテンバー3」、つまり9月3日が由来と言われています。 なぜ9月3日が由来となっているかと言うと、この日はRADWIMPSにとって大切な日だからです。 2005年9月3日、RADWIMPSは横浜BLITZにて初めてのワンマンライブを行いました。 そしてこれは、彼らにとってインディーズ最後のライブとなり、『セプテンバーさん』はその大切な日である9月3日のライブで初めて披露されました。 この日、彼らはメジャーデビューを発表し、そこからこれまで以上の功績を重ねる日々が始まったのです。 RADWIMPSにとって大切な9月3日が由来となっていると知ると、『セプテンバーさん』という言葉にも彼らの強い想いがこもっているんだなと改めて考えさせられます。

次の

【画像解説】1ヵ月で弾ける!?簡単コードでRADWIMPSの「セプテンバーさん」を弾いてみよう!

セプテンバー さん 歌詞

「セプテンバーさん」は、2006年2月15日にリリースされたRADWIMPSの3rdアルバム 「RADWIMPS 3~無人島に持っていき忘れた一枚~」の2曲目に収録された曲です。 曲名の「セプテンバーさん」はそのまま和訳すると「9月さん」になりますが どのような意味があるのでしょうか。 歌詞の紹介と合わせて、意味や解釈の解説をしていきます。 以下、歌詞全文です。 スポンサーリンク ラッドウィンプス「セプテンバーさん」の歌詞 野田洋次郎作詞 一人のために描いた夢を 誰かに使いまわした そんなこともあるさと笑える僕も きっとセプテンバー 「夏」ってだけでキラキラしてた あの気持ちが好きなの 「もう少しだけここにいさせて」そんな顔で僕見るの でも君が笑える理由なら 僕が見つけてきてあげる こんな二人を繋ぐのは きっとなんでもないセプテンバー 本物よりもリアルに見えた あの魔法はもう解けた けどギュっとすればキュンとなるあれは 夏のおかげなんかじゃない 湿る空が乾く色を きっとパパは探していたの そんな時に一人ぽつんと 疼くまってたセプテンバー OH セプテンバー OH セプテンバー OH セプテンバー OH セプテンバー 夢が語りつくした希望を 僕は拾うよ 君は見てるの? さぁ今ならば この声ならば届く気がしたんだ 夏が散らかしてった心を 僕は紡ぐよ さぁいざ行こう そう今だから この声だから 響くセプテンバー 声が響きだす そこに意味はなくとも 君が笑い出す そこに夏はいなくとも OH セプテンバー OH セプテンバー OH セプテンバー OH セプテンバー 僕が笑える理由なら 今まさに目の前にいるよ こんな僕らを繋ぐのは そうさいつも 愛が語り尽くした想いを 僕は歌うよ 人は笑うよ でも今ならば この声ならば届く気がしたんだ 手と手をとれば揺れる心が 抱えた不思議 それはテレパシー さぁ今だから この声だから さぁ今ならば この声ならば こんな僕だけど そう君となら 何もないけれど そう今ならば この声ならば そう君となら 響く気がしたんだ あぁ この季節が語るもの あぁ この季節が繋ぐもの スポンサーリンク 「セプテンバーさん」歌詞の意味解釈・解説 夏に出会った恋人への想いを綴った詞で構成されています。 「一人のために描いた夢を 誰かに使いまわした」 かつての恋人と思い描いた夢を新しい恋人と 一緒にいるときも思い描いてしまう。 そんなときに感じる、今の恋人に対する後ろめたい気持ち。 「使いまわした」という部分に表れています。 「そんなこともあるさと 笑える僕もきっとセプテンバー」 秋はなんとなく哀愁を感じる季節です。 恋の終わりの寂しさを知っている「僕」は 秋に気持ちを重ねているのでしょう。 「君」は夏のキラキラした、 浮き立つような恋する気持ちを忘れられない。 「もう少しだけここにいさせて」なんて「僕」に話す。 「君」は夏が終わってしまって、 「僕」とのことが「ひと夏の恋」になることを恐れているのでしょう。 「君が笑える理由なら 僕が見つけてきてあげる」 「僕」も夏が過ぎても「君」への想いは変わらない。 「君」を抱きしめると心が締め付けられるような感覚は 「夏のおかげなんかじゃない」。 「湿る空が乾く色をきっとパパは探していたの」 「そんな時に一人ぽつんと疼くまってたセプテンバー」 子供の頃の秋の日、父親が泣いていた時の思い出でしょうか。 「僕」は一人うずくまってそれを見ていた。 「夢が語りつくした希望を僕は拾うよ」 「夏が散らかしてった心を僕は紡ぐよ 」 「僕」は「君」と夏に浮かれる心のままに 様々な夢や希望を語り合った。 そして9月になった今だからこそ、「夏が散らかしてった心」 を落ち着いて整理できるんだ。 「君が笑い出す そこに夏はいなくとも」 夏が終わっても変わらぬ「僕」の気持ちを知って 「君」が笑顔を見せたのでしょう。 「僕が笑える理由なら 今まさに目の前にいるよ」 「僕」も笑っている。 「君」が目の前にいるから。 「でも今ならば この声ならば届く気がしたんだ」 情熱の夏が終わって、秋になって紡ぐ言葉だからこそ 不安そうにしていた「君」も「僕」を信じることができるだろう。 「手と手をとれば揺れる心が抱えた不思議 それはテレパシー」 「君」の手を取ると揺れる「僕」の心。 何も言わなくても気持ちが動く。 まるで超能力でも使っているみたいに。 「僕」は特別な人間じゃないけれど、 「君」とならずっと語り合い、心を繋いだままでいられるだろう。 夏は休暇も多く、気持ちが解放的になるので 新しい恋を見つける人も多いでしょう。 でも秋になった途端情熱が冷めて別れるカップルもいますよね。 この歌の「僕」は「君」への気持ちが本物なんだよ、と 秋になって確信したのでしょう。 曲名の「セプテンバーさん」は「9月」「3日」を指すとも 言われています。 野田さんにとっての何かの記念日ではないかとも言われているようです。 恋愛中の人が秋に聴くと、浸れそうな曲です。

次の