豚肉 レタス チャーハン。 【みんなが作ってる】 レタスチャーハン 豚肉のレシピ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが335万品

レタス炒めの人気レシピ!色々な具材と味付けで!チャーハンやお弁当にも

豚肉 レタス チャーハン

さけとレタスのチャーハン 料理名 さけとレタスのチャーハン 番組名 NHKきょうの料理ビギナーズ 料理人 武蔵裕子 放送局 NHK 放送日 2015年8月6日(木) 電子レンジで手軽なチャーハン 技あり!電子レンジ&グリルというテーマで、「さけとレタスのチャーハン」の作り方の紹介です。 さけフレークの程よい塩けとレタスのシャキシャキ感がアクセントの簡単チャーハン。 包丁なしで作れる、とびきり手軽なチャーハンです。 電子レンジにかけてから、ご飯の水分をとばすようにしっかり混ぜるのが、パラっと食感よく仕上げるポイント! さけとレタスのチャーハンの材料 2人分 さけフレーク 市販 大さじ4 レタス 大 2枚 60g ご飯 300g さけとレタスのチャーハンの作り方 1. レタス 大 2枚 60g は洗って水けをしっかりときり、小さめにちぎる。 — 2. 耐熱ボウルにさけフレーク 市販 大4 とサラダ油 大1 を入れて軽く混ぜる。 — 3. 2にご飯 300g を加えて混ぜ合わせる。 3をラップをせずに電子レンジ 600W に1分間かける。 — 取り出して1のレタスを加え、ふんわりとラップをして再度1分間かける。 — 5. 取り出して軽く混ぜ合わせ、ラップをせずにさらに電子レンジに30秒間かけ、塩・こしょう 各少々 で味を調える。 — 6. 器に盛り、さけとレタスのチャーハンの完成。

次の

レタス炒めの人気レシピ!色々な具材と味付けで!チャーハンやお弁当にも

豚肉 レタス チャーハン

Directions• ハム、長ねぎ、にんにく、しょうがはみじん切りにする。 レタスは一口大にちぎる。 卵は溶く。 豚肉は1㎝幅の細切りにする。 塩、黒こしょうで下味をつける。 【A】を混ぜる。 フライパンを熱してごま油をひき、豚肉を入れて強火で炒める。 豚肉に焼き目がついたら【A】を加えて、汁気を飛ばすようにして炒める。 一旦取り出す。 フライパンを熱してサラダ油をひき、にんにく、しょうがを中火で炒める。 香りが出てきたら卵を流し入れて、すぐにごはんを加えてフライパンに押し付けるように焼いていく。 ごはんのかたまりを切るようにしながらよく炒める。 ごはんをレタスの上にのせるように炒めていく。 レタスが少ししんなりしたら長ねぎを加えてザッと炒め合わせる。 器に盛って完成。

次の

【男子ごはん】レタスチャーハンのレシピ【6月6日】

豚肉 レタス チャーハン

長ネギは、みじん切りにします。 フライパンに油をひき熱し、溶き卵を一気に流しいれ加熱します。 半熟状になったら、ごはん・長ネギを加え炒めていきます。 塩コショウで軽く味をつけます。 ある程度炒めたら、半量のカニ缶とレタス半量を全て加え、サッと強火で炒めます。 小鍋を用意し、水150cc・鶏ガラスープの素を火にかけ、残りのカニ缶半量・レタス半量を入れ塩コショウとしょうゆで味を整えます。 最後に、水溶き片栗粉で好みの硬さの餡に仕上げます。 器にチャーハンを盛り、上から餡をかけて完成です。 かにかまは、好みの太さに裂いておきます。 長ネギ・しいたけはみじん切りにします。 フライパンに油をひき熱し、長ネギ・しいたけを炒めていきます。 香りがでたところで、ご飯を加え、鶏ガラスープの素・塩コショウ・しょうゆで味をつけさらに炒めていきます。 全体に味が馴染んだらレタスを加え、サッと加熱し火を止めます。 別鍋を用意し、水100cc・かにかまを加えます。 そこに、オイスターソース・塩コショウをし味を整え、溶き卵を流しいれます。 沸騰したところで、片栗粉を水で溶いて加え餡にとろみをつけていきます。 フライパンのチャーハンを再度加熱し温めたら、器にもります。 上から別鍋で作った餡をかけて完成です。 長ネギはみじんぎりにします。 豚バラブロックは、サイコロ状・または細切りにします。 フライパンに油をひき熱し、豚バラブロックを炒めていきます。 しっかりと火を通し、塩コショウで味付けをします。 焼き色がついたらフライパンの真ん中をあけ、そこに溶き卵を流しいれます。 少し加熱してから、一気にかき混ぜます。 さらに、ご飯と長ネギを加え炒めます。 パラパラとしてきたら鶏ガラスープの素・しょうゆ・塩コショウを入れ味を整えます。 全体に味が馴染んだら、レタスを加えサッと強火で加熱し、器に盛り付けます。 完成です。 おわりに あんかけ、豚肉を使ったレタスチャーハンのレシピをご紹介しました。 いかがでしたでしょうか。 餡とレタスチャーハンを別の容器で食卓に出せば、お好みでどちらも楽しめていいですよね。 同様に、お肉も豚や牛を塩味や焼肉のタレ味などで味をつけて、別盛りにすればバリエーションが広がるかと思います。 お楽しみください。 余談です。 チャーハンの原形は「米をスープで炊いたものを炒める」というものだったそうです。 お米そのものに先に味をつけるんですね。 台湾で食べられるチャーハンは今もこの原形だそうですよ。 著者も数年前の台湾旅行の際に、有名店でチャーハンを食べましたが全く気づきませんでした(笑) そして、この調理法がトルコに伝わり「ピラフ」となったようです。 なるほど! アジア諸国で食べられる「カオマンガイ」なども、鶏ガラスープでお米を炊いていますよね。 米食文化がある国には、それぞれのチャーハン原形からインスパイアされた料理があるんですかね・・・。 パエリア・ナシゴレン・ジャンバラヤなど世界各地にある米料理は独特のおいしさがありますよね。

次の