一ノ瀬ワタル 有吉反省会。 11/26(土)金爆後輩アンリ(Anli Pollicino)Yo

有吉反省会

一ノ瀬ワタル 有吉反省会

一ノ瀬ワタルは「新宿スワン」「銀魂」で注目の強面俳優!元キックボクサーだった! 一ノ瀬ワタルは注目の強面俳優!「新宿スワン」「銀魂」で抜群の存在感 一ノ瀬ワタルは、ハルク・エンタテインメント所属の俳優です。 1985年7月30日生まれで、佐賀県出身。 身長178㎝で体重92㎏、B112㎝・W98㎝・H110㎝というがっしりした体格とパンチの効いた強面が特徴で、映画やドラマ、舞台で活躍しています。 強面俳優として抜群の存在感を発揮してきました。 一ノ瀬ワタルは元キックボクサー!刺青は本物?それとも特殊メイク?顔のキズは名誉の負傷! 一ノ瀬ワタルの強靱な肉体は、キックボクシングで鍛え上げられた賜物だと言います。 幼い頃から格闘家を目指していたという一ノ瀬ワタルは16才の時に上京し、仕事とトレーニングを両立する毎日を過ごしていました。 そんな中で知り合った真樹ジムオキナワの安里支部長の勧めもあり、内弟子となって沖縄でトレーニングを続けることにします。 その後ムエタイの修行のため、単身タイに渡ったこともありました。 その甲斐もあってプロキックボクシングライセンスを取得した一ノ瀬ワタルは、70㎏級で優勝したこともあるという実力の持ち主。 一ノ瀬ワタルの強面パワーをアップさせている顔のキズも特殊メイクかと思いきや、タイでの武者修行中に負ったケガが原因でできたものとか。 その反面、チンピラ役を演じる時によく見せる刺青姿は、あまりにマッチしているので本物かと言うと……これはペイントによる特殊メイクとのことです。 一ノ瀬ワタルが「有吉反省会」で秘密を暴露!性格は乙女!? 一ノ瀬ワタルが「有吉反省会」でギャップあり過ぎの秘密を暴露! ガタイの良さと強面で近寄りがたい雰囲気のある一ノ瀬ワタル。 しかし、2016年11月に放送された「有吉反省会」に出演した際に外見とはギャップのあり過ぎる一面を暴露し、印象をガラッと変化させて話題になりました。 「有吉反省会」に出演した一ノ瀬ワタルは、「坊主をカツラで隠してしまうことを反省します!」と秘密を告白。 強面俳優としての凄みを引き立たせているスキンヘッドを、プライベートではカツラを被って隠しているという意外な秘密を暴露しました。 強面な外見とは真逆で爽やかなイケメンに憧れているという一ノ瀬ワタルは、プライベートではカツラを被り、顔のキズもファンデーションで隠しているというから意外です。 「有吉反省会」の打ち合わせで会話した気になる女性ディレクターの連絡先を照れながら聞くシャイな姿も放送されるなど、一ノ瀬ワタルのギャップがあり過ぎる新たな魅力が開花しました。 一ノ瀬ワタルは強面だけど性格は乙女!? 「有吉反省会」で、外見とは真逆なかわいい一面を暴露した一ノ瀬ワタルは、実際、乙女のような優しい性格をしています。 自身のTwitterでは、「梅雨は花が綺麗です」「今日は夕陽がとても綺麗でした」と写真付きでツイートするなど、ロマンチストな面も披露。 かわいい猫と触れ合い動物好きな一面も見せるなど、強面な外見とのギャップは広がるばかり。 コメントにも絵文字やハートマークをたくさん使っているばかりか、満面の笑みでセーラー服姿のコスプレをしている写真も公開しています。 強面だけど、笑顔はチャーミングで中身は乙女な一ノ瀬ワタルは、ギャップ萌え女子からの好感度も急上昇。 外見とは真逆の乙女な性格も活かせば、俳優としてもさらにステップアップできそうです。 一ノ瀬ワタルがドラマ「獣になれない私たち」に出演!放送開始から大注目の「けもなれ」での活躍に期待 今もトレーニングを続け、元キックボクサーらしい強靱な肉体をキープしている一ノ瀬ワタル。 強面俳優として、ヤクザ映画やヤンキー映画で「一ノ瀬ワタルらしさ」を発揮して成功を収めてきましたが、2018年の秋ドラマ「獣になれない私たち」では、これまでとはひと味違った一ノ瀬ワタルを見られそうです。 新垣結衣が演じているのは、恋も仕事も頑張りすぎて心身共に疲労困憊気味な30才の深海晶。 そんな晶と行きつけのクラフトビール店が一緒で、少しずつ会話を交わすようになっていくのが、世渡り上手の敏腕会計士で33才の毒舌男・根本恒星(松田龍平)です。 正反対の性格に思える大人の男女が織りなすオリジナルラブ(かもしれない)ストーリーは、放送開始直後から大反響を呼んでいます。 一ノ瀬ワタルは、恒星が営む会計事務所と行きつけのクラフトビール店「5tap」の近所にあるラーメン屋の店員・岡持三郎役で出演。 「アンナチュラル」第8話には、強面で誤解されがちなものの心優しい力持ちという役柄で出演した縁もあり、「けもなれ」公式Twitterでは、野木亜紀子から「アンナチュラルな追加キャスト」としても紹介されました。 これは、強面とはまた違う新たな魅力を発揮する絶好のチャンスと言えるでしょう。 「この役(岡持三郎)の気持ち、今の俺です」とドラマへの意気込みを語っている一ノ瀬ワタルには、「獣になれない私たち」でさらに飛躍する姿を見せて欲しいです!.

次の

11/26(土)金爆後輩アンリ(Anli Pollicino)Yo

一ノ瀬ワタル 有吉反省会

(終了した番組・中継を含みます)は、での販売や公式な、またはが紹介するまで、 出典として用いないで下さい。 に基づき除去される場合があります。 概要 [ ] ゲストが反省したい事を告白し、検証VTR後に司会のが内容を更に掘り下げる。 最後に「のお時間」で、ゲストに科す「禊」の内容が有吉から発表される。 禊のVTRは告白後に放送されるが、ゲストによっては出演数週間後や、「禊スペシャル」と称した禊VTRをまとめた総集編が放送される。 出演ゲストは無名同然、もしくは過去の人気タレントが多い(番組内ではいずれも「一流芸能人」と説明される)が、時折人気タレントが登場することもある。 当番組の出演をきっかけに注目を浴びる事も多く、カミングアウト発言が放送後ネットニュース等で大きな話題となる事もある。 年数回2時間の特別版が放送されており、こちらは『 有吉大反省会』と呼称される。 また、特別版はレギュラー放送と異なり、ネットワークセールス枠で放送される。 2016年からは「反省カレンダー」、「反省パトロール」と題して世間の反省すべき人を見つけてVTRで紹介し、そのうち一人がスタジオに出演する場合がある。 2016年から2018年には『』内で日曜日2:45頃 - 4:00(、以下略)に『有吉生反省会』が生放送されていた。 放送時間の変遷 [ ] 期間 放送時間() 2013. 07 2015. 29 日曜日 22:30 - 22:56(26分) 2015. 04 現在 土曜日 23:30 - 23:55(25分) レギュラー化決定前にはにとして2回放送されており、レギュラー放送開始前日の2013年22:00 - 23:24にも3回目の特別番組が放送された。 開始当初は毎週22:30 - 22:56に放送されていた。 2015年4月より、同年3月までの本番組放送時間帯において『』が編成されることに伴い、放送時間が毎週23:30 - 23:55に変更される。 深夜枠への移動後もローカルセールス枠のままで放送(枠移動後の同時間帯はローカルセールス枠に変更) されている。 出演者 [ ] 司会 [ ]• 反省見届け人 [ ]• レギュラー反省人 [ ]• ナレーター [ ]• (特別番組の際に近藤に代わって担当する場合がある) 過去の見届け人 [ ]• (2013年 - 2016年)• (2013年 - 2014年)• (2013年 - 2016年)• (2014年 - 2015年) 挿入曲 [ ] BGMはの『 』をバックにが自ら告白、(用意した)を読み上げる時に流れる。 なお、何故この曲が採用されたのかは不明である。 なお、通常回放送当日(枠移動後は前夜の場合もある。 )に通常回とは別枠で放送されたものも含む。 ただし、臨時枠移動の上、枠拡大となった回を含まない。 特別番組 放送回 放送日 放送時間 反省見届け人 反省人 第1回 2012年10月1日 () ・浜口初枝・、、 (日本テレビアナウンサー)、() 第2回 2012年12月26日 21:00 - 23:09 友近 、、、、、 ・、ハッピーナ、アニマル浜口・浜口初枝・浜口京子、 ・(日本テレビアナウンサー)、、 、、、、、 第3回 2013年4月6日 22:00 - 23:24 バカリズム () 、有村昆、、、、井上玲菜、 、、、、 第4回 2013年9月28日 21:00 - 22:54 バカリズム 大久保佳代子(オアシズ) 、、、、、 ・・・柏木美子・、 、、花井円香、、 第5回 2013年12月25日 バカリズム 岸博幸 友近 、、・、、 ・・、、、 ・、アレクサンダー、中嶋由美、 第6回 2014年3月31日 バカリズム 岸博幸 大久保佳代子(オアシズ) 、、、、、、 、、、・ 第7回 2014年10月4日 、、、、、、 、(日本テレビアナウンサー)、、 第8回 2015年4月4日 () バカリズム 岸博幸 友近 、、()、、 ・・、アニマル浜口・ 第9回 2015年9月26日 バカリズム 博多大吉(博多華丸・大吉) 岸博幸 大久保佳代子(オアシズ) 友近 [ ]、、、、、、 、、、、 第10回 2016年4月2日 22:00 - 23:24 大久保佳代子(オアシズ) () 博多大吉(博多華丸・大吉) バカリズム 、、、、増田豊 第11回 2016年7月9日 23:20 - 23:50 博多大吉(博多華丸・大吉) 指原莉乃(HKT48) 友近 、 第12回 2016年8月20日 21:00 - 22:54 バカリズム 博多大吉(博多華丸・大吉) 友近 大久保佳代子(オアシズ) 指原莉乃(HKT48) 、、、、、、ZiNEZ 第13回 2016年8月28日 1:45 - 4:00 バカリズム 博多大吉(博多華丸・大吉) 友近 大久保佳代子(オアシズ) 指原莉乃(HKT48) 指原そっくり軍団、、 第14回 2017年4月1日 22:00 - 23:24 バカリズム 博多大吉(博多華丸・大吉) 大久保佳代子(オアシズ) 指原莉乃(HKT48) 、、佐野ヒカル、、武田昴三 第15回 2017年8月27日 1:45 - 4:00 バカリズム 博多大吉(博多華丸・大吉) 友近 大久保佳代子(オアシズ) 指原莉乃(HKT48) 、、、、 、、、、 第16回 2017年9月30日 23:00 - 23:30 バカリズム 大久保佳代子(オアシズ) 博多大吉(博多華丸・大吉) (禊スペシャル) 第17回 2017年12月23日 21:00 - 22:54 バカリズム 博多大吉(博多華丸・大吉) 友近 大久保佳代子(オアシズ) 指原莉乃(HKT48) 、、、大原かおり、 、、、天木じゅん 第18回 2018年3月24日 、、、、、 、、、坂梨カズ 第19回 2018年8月26日 1:45 - 4:00 バカリズム 博多大吉(博多華丸・大吉) 大久保佳代子(オアシズ) 指原莉乃(HKT48) 、()、しずかちゃん、 びっくえんじぇる、大原がおり、水樹たま、 第20回 2018年10月3日 21:00 - 22:54 バカリズム 博多大吉(博多華丸・大吉) 友近 大久保佳代子(オアシズ) 指原莉乃(HKT48) 、早見優、()、、 、()、、、 第21回 2018年12月29日 21:00 - 23:18 、、、、、、 びっくえんじぇる、、、、サイバージャパンダンサーズ 第22回 2019年4月3日 21:00 - 22:54 、、、、、、 、、、()、 第23回 2019年6月26日 バカリズム 博多大吉(博多華丸・大吉) 友近 大久保佳代子(オアシズ) 指原莉乃 草間リチャード敬太・小島健(Aぇ! group)、、、 源藤アンリ、小原春香、、、白葉まり、 第24回 2019年12月28日 21:30 - 23:18 、、いけや賢二、、、 吉田結衣()、高橋ペン、、福住タニア、 第25回 2020年3月21日 21:00 - 22:54 バカリズム 博多大吉(博多華丸・大吉) 友近 大久保佳代子(オアシズ) 指原莉乃 () 、、、()、早見優、 (AKB48)、、、、、 、、西村知美、・() レギュラー番組 [ ] 2013年 放送回 放送日 反省見届け人 反省人 第1回 4月7日 博多大吉(博多華丸・大吉) 友近 、、 第2回 4月14日 () 岸博幸 小沢仁志、・、原リベロ() 第3回 4月21日 バカリズム 名越康文 () 茂出木浩司、、() 第4回 4月28日 博多大吉(博多華丸・大吉) 岸博幸 大久保佳代子(オアシズ) 八幡カオル・キンタロー。 枠移動前は通常時の同時ネット局であっても、知事選挙や県庁所在地の市長選挙の選挙特番や自社制作番組などに差し替えられる場合があり、この場合は翌日未明以降に時差放送となるか、臨時非ネットとすることがあった。 なお、前述の通り、枠移動後もローカルセールス枠で放送される(なお、通常時の同時ネット局であっても、自社制作番組などへの差し替えがあった)。 スタッフ [ ] レギュラー版 [ ]• 企画・総合演出:髙橋利之• TM:小椋敏宏• SW:松嶋賢一• CAM:田代義昭• VE:向山江梨佳• MIX:藤岡絵里子、中村宏美(週替り)• 照明:山内圭• 美術プロデューサー:上條宏美• デザイン:波多野真理• イラスト:吉田友和• 大道具:伊集院正幸• 小道具:伊藤宏美• 電飾:上船海• 美術協力:• 技術協力:、• リサーチ:羽柴千晶、高木洋志、梶谷翔平• 編集:椎名友教、岩崎直樹(週替り)• 音響効果:高取謙• デスク:宮城知代(2014年6月1日-)• AP:佐藤なつね(週替り)、兼平孔明(毎週)• AD:磯部衣世、手嶋晶太、千田野々香、青木俊人、岸野基生、関谷なつみ、藤井千裕、神田有紀、水上雄一朗、岡本佳和、永田茉由子、長田康一、三輪美砂(週替り)• 演出:有田駿介(2019年12月7日-)• 統括プロデューサー:秋山健一郎(2019年6月1日-)• チーフプロデューサー:(2019年6月1日-)• 制作協力:、、• 製作著作:日本テレビ 過去のスタッフ(レギュラー版) [ ]• 構成:• TM:江村多加司、新名大作• SW:望月達史、荻野高康• CAM:早川智晃• VE:斎藤孝行、石山実、古手川大• 照明:三代川大輔、浅見俊一• 美術プロデューサー:林健一• 大道具:前田賢治、佐俣勇• 小道具:佐々木洋平• 電飾:池田大介• CG:キャニットG• イラスト:小野眞智子、平史郎、泉州HIGE工房• 編集:山下直哉、小田健二、小原太希• 音響効果:岡田淳一• 編成企画:吉無田剛、原司• 広報:玉造昌和• デスク:高橋奈津子、濱村吏加• AD:澁谷優介、渡辺邦宏、関友香理、寺下忠、三浦恵太、長冨紗良、本田千穂、中道勇樹、大谷直紀、大須賀美紀、福田和弘、野田梓左、大杉悠介、星野真輝、船越光平、中村映美、江川彩夏、葛生朋美、前田紗里奈、小野千尋、早川沙耶伽、軒悠人、初芝光(週替り)• AP:羽根葵、中川聡子、山岡恭典、杉山直樹、柳井千晴、矢嶋麻実、山本沙織(週替り)、岸加苗(毎週)• ディレクター:長井香織、田中真之、深沢博信、小松利光、犬飼義啓、唐沢宏一、二神新、中島孝志、中山健志、石橋浩二、高橋正人、田辺貴之、宮原健、黒石岳志、児玉章、中村誠二、金光豪、飯高昌宏(週替り)• プロデューサー:岩下英恵、小島俊一• 企画・総合演出:髙橋利之• ナレーション:近藤サト• 構成:桜井慎一(第1~3回)• コンセプト:鈴木おさむ(第1・2回は、構成)• 作家:利光宏治(第2回は、構成)• TM:江村多加司• SW:鎌倉和由• CAM:早川智晃• VE:斎藤孝行• MIX:藤岡絵里子(第3回)• 照明:三代川大輔• 美術プロデューサー:林健一(第2・3回)、上條宏美(第1~3回)• 美術デザイン:波多野真理(第2・3回)• 大道具:前田賢治(第3回)• 小道具:佐々木洋平(第3回)• 電飾:池田大介(第3回)• 美術協力:日本テレビアート• 技術協力:NiTRO、ジャパンテレビ• イラスト:小野眞智子(第1~3回)、吉田友和(第2・3回)• リサーチ:羽柴千晶(第2・3回)、高木洋志(第1~3回)、梶谷翔平(第1・3回)• 編集:椎名友教(第3回)• MA:安河内隆文(第3回)• 音響効果:岡田淳一• 編成:横田崇(第2・3回)• 編成企画:吉無田剛(第2・3回)• 広報:玉造昌和(第3回)• TK:坂本幸子• デスク:高橋奈津子• AP:岸加苗、羽根葵、矢嶋麻実(全員第3回)• AD:山岡恭典(第1~3回)、小田政利(第2・3回)、寺下忠(第3回)、田辺貴之(第3回)• チーフプロデューサー:菅賢治• 製作著作:日本テレビ 過去のスタッフ(スペシャル版) [ ]• VE:石山実• MIX:大島康彦• 照明:内藤晋• 美術デザイン:北原龍一• 大道具:岩瀬充幸(第2回)• 電飾:伊藤伸朗(第2回)• 撮影協力:ノッツエ結婚情報センター(第2回)• リサーチ:宮内智弘(第2回)• 編集:小嶺浩一(第1回)、石田健二(第2回)、花城卓恭(第2回)• MA:兒子仁(第1回、第2回)• 編成:鬼頭直孝• 編成企画:• 広報:(第1回、第2回)• AP:渡辺秀一(第1回、第2回)、中田敦子(第2回)• オープニングタイトルやで形式による表記が確認できる。 日テレニュース24 2013年2月27日閲覧• ウォーカープラス 2015年2月7日閲覧。 2015年3月2日閲覧。 直後の23:50 - 翌0:15に20分遅れでの通常放送も通常時の同時ネット局で別途放送予定(遅れネット局での通常放送は他日振替)。 また、23:14 - 23:20にこのあと枠も別途放送(関東ローカル)。 放送時間は『39』PART3枠の時間帯。 同枠内において、2:45から生放送。 放送時間は『40』PART3枠の時間帯。 同枠内において、2:45から生放送。 放送時間は『41』PART3枠の時間帯。 同枠内において、2:45から生放送。 22:00 - 23:24に臨時枠移動・拡大のSPとして、全編ネットワークセールス枠での放送。 なお、この週の本来の放送時間にあたる12月27日(日)0:00 - 0:25には穴埋め代替として、別の全編ローカルセールス枠の番組を放送。 前夜に別枠で本番組の90分スペシャルを放送したため、30分繰り下げとなり、日曜になってからの放送となった。 前夜のラグビー中継(19:15 - 21:24、当初予定より15分延長)のため、日曜になってからの放送となった。 SP』(第1部19:00 - 21:42・第2部21:45 - 23:34)のため、日曜になってからの放送となった。 前夜にSPを放送したため、日曜になってからの放送となった。 前夜に『8』を放送するため、30分繰り下げとなり、日曜になってからの放送となる予定。 前夜の『グラチャンバレー』が70分延長したため、日曜になってからの放送となった。 先述のように、通常放送の前座である23:00 - 23:30(『』相当枠)にスペシャルを別途放送。 前夜のラグビー中継(19時 - 21時24分、15分延長)のため、当初予定より15分遅れ、通常より30分遅れとなり、日曜0時 - 0時25分の放送となる予定。 また、福井放送は『 進ぬ! 電波少年』以来、日曜22時台後半枠のネットが10年半ぶりに復活したと同時に、『 ダウンタウンのガキの使いやあらへんで! 』共々同時ネットとなった。 2015年3月までは同時ネットだったが、2015年4月から2018年3月までから自社制作番組『 D-sports SHIZUOKA』放送のため時差ネット。 2018年4月から再び同時ネット。 2013年9月17日・18日には2日連続で放送された。 遅れネット時代は本来と異なる順に放送されたり、まれに週末の昼に放送される場合があった。 2015年3月までは自社制作番組『 』を放送のため時差ネット。 2015年4月から同時ネット。 2015年3月までは読売テレビ制作『 』を同時ネットするため時差ネット。 2015年4月から同時ネット。 2015年3月までは自社制作番組『 』を放送するため時差ネットだったが、2015年4月から同時ネット。 自社制作番組『 』の放送開始が2013年5月5日のため(2014年4月から同枠番組は『 』に変更)、同年4月28日まではそのつなぎとして、同時ネットで放送された。 また、土曜・日曜の昼に再放送を行うこともある。 『24時間テレビ』などの特別番組が放送された場合は遅れ幅が1週拡大する。 また、週末の午後に本放送・再放送も行う事がある。 2015年4月からも本番組放送時間帯で『 熱烈! ホットサンド! 』への差し替えを継続するため、日曜 23:25 - 23:50に枠移動。 2016年1月から『 』の放送時間移動に伴い、再び日曜未明(土曜深夜)での放送となった。 2013年9月までは土曜 0:58 - 1:28(金曜深夜)、2014年3月までは日曜 1:20 - 1:50(土曜深夜)に35日遅れで、2014年4月4日までは土曜 0:58 - 1:28(金曜深夜)に遅れ放送されていた。 なお第51回の放送後、第55回・第56回を先行で放送したが、第52回 - 第54回、第57回 - と放送して現在に至っている。 2015年4月4日に第95回・第96回・第97回を連続放送し、月曜日に移動し4月6日には第98回・第99回を連続放送され第100回から日曜 0:55 - 1:25(土曜深夜)での放送となる(毎月1回、『 』の放送がある場合は1時間繰り下げ)。 2017年から「土バラ」放送のため、放送曜日を変更。 また8月2日に第212回の放送後、8月9日に第215回を放送。 8月16日には第216回を放送した。 これは第216回の後半で24時間テレビ40での有吉生反省会の内容があったため。 放送回の変更がなかった場合だと24時間テレビ40の放送後になる事から変更が行われた。 なお、第213回は第212回の放送の終了直前の予告で8月30日に放送する事がテロップで表示された。 第214回は9月6日に放送される。 NNS非加盟局。 日曜22時台後半枠のネットは前番組『 中井正広のブラックバラエティ』が2008年4月に打ち切られて以来5年1か月ぶりに復活。 2016年8月28日の「24時間テレビ」でのスペシャル版はで放送。 外部リンク [ ]•

次の

有吉反省会出演の元格闘家で俳優の一之瀬ワタルが可愛いコスプレ?彼女や家族は?弟がイケメン!

一ノ瀬ワタル 有吉反省会

jp 一ノ瀬ワタルさんが 「有吉反省会」に出演するようですね。 何を反省するのかと思ったら 「イメージと違い過ぎること」のようです。 一ノ瀬ワタルさんといえば 強面ですし、格闘技の経験もありますので 「怖い人」のイメージがありますよね。 しかも俳優として出演されているのも 「クローズ」とかのイメージですよね。 それなのに、実は 凄くお茶目で優しい性格なんだそうですよ? ギャップ萌えというやつですな。 そんな一ノ瀬ワタルさんが、なんとスタジオで 公開告白するという話です。 こちらは番組を観てのお楽しみとなりそうですね。 ということで今回は 一ノ瀬ワタルってどんな人? 一ノ瀬ワタルの性格は優しすぎる? 一ノ瀬ワタルが公開告白? をテーマに検証していきます。 それでは早速見ていきましょう。 一ノ瀬ワタルってどんな人? 一ノ瀬ワタルさんですが、結論から言うと 俳優 ですね。 まずは簡単にプロフィールを見ていきましょう。 wikipedia. org となっています。 この方は 経歴が非常に面白いんですよね。 子供の頃から格闘技が好きだったようで、 中学を卒業してから単身で上京しています。 16歳で佐賀から1人で東京に移り住むって凄いですよね。 そして仕事をしながら格闘技に取り組みますが、仕事と格闘技の両立は難しく悩んでいたそうです。 そんな時に 真樹ジムオキナワの安里支部長と知り合い、事務に住み込みで修業を行うことを決意します。 今度は東京から沖縄に移動してキックボクシングに励むわけですね。 かなりフットワーク軽い方です。 その後は更に強くなりたいと思い、ムエタイの本場である タイに単身修行の旅に出ています。 ちなみにタイでは K2というカテゴリーで優勝、その上の K1というカテゴリーで予選3位という成績を残しています。 帰国後は先ほどの安里支部長の紹介で 映画クローズZERO2に出演しています。 これをきっかけに俳優に興味を持ち、ジム移籍で東京に出た際にエキストラに登録したそうです。 撮影現場でスカウトされて、そのまま現在は俳優の道を進んでいますね。 元キックボクサーの俳優というかなり異色なキャリアなのですが、行動力が凄いですよね。 やはりこの行動力がないと何事も成功しないのでしょう。 そんなガチ格闘家な一ノ瀬ワタルさんなのですが、 実はもの凄く優しい性格なんだそうですよ。 oricon. jp 一ノ瀬ワタルさんの性格ですが、結論から言うと お茶目で優しい ようです。 もうね、上で使わせて頂いた画像で全てがわかりますよね。 こんな 笑顔の素敵な方は中々いないですよ。 そのツイッターやインスタグラムに挙げられている画像を見ると、見た目のイメージとは全然違い 「かなりお茶目」な方だということがわかりますね。 ほぼ一緒のシーンはなかったけど 『闇金ウシジマくんpart3』でも出演の 一ノ瀬ワタルさん。 「恋愛モノの映画やりたいんすよなぁ」って言ってたから。 清栄壁ドン。 皆様、ぜひ劇場へ。 — 一ノ瀬ワタル WATARUICHInose 女装はなかなかインパクトがありますね…。 でも、こういった見た目が怖い方って実は凄く優しい、なんて方が多い気がしませんか? 一ノ瀬ワタルさんがそうかはわかりませんが、格闘技をやっている方は意外と「子供の頃はいじめられっ子だった」なんてパターンも多い気がします。 こういった方は心が綺麗な方が多いのかもしれないですね。 とは言っても、やはり一ノ瀬ワタルさんのイメージは映画やドラマの影響で 「不良」「チンピラ」な感じですよね。 イメージと性格が違い過ぎるということにも納得です。 【関連記事はコチラ】 スポンサーリンク 一ノ瀬ワタルが公開告白? 一之瀬ワタルさんですが、結論から言うと 公開告白する ようです。 11月26日放送予定の 「有吉反省会」で、なんと 公開告白する予定となっています。 もう結構前に撮影は終わっているでしょうから、どうなっているのでしょうね? お相手は 「番組スタッフ」ということなのですが、一体誰なのでしょう? スタッフと言いつつ…実は見届け人の 指原莉乃さん?なんてことはないでしょうね。 相手は一体誰なのか、どういうオチが待っているのか、これはもう見てのお楽しみですね。 34歳独身なんだそうで、優しい正確に惚れてしまったようです。 メガネが特徴的な女性で、水をくれたり話を聞いてくれたりといったことで一ノ瀬ワタルさんはメロメロになってしまいました。 「俺の話を聞いてめっちゃ笑ってくれる」と本当に嬉しそうに語っていましたね。 最後は告白というよりは 「連絡先の交換」でしたが、見事に連絡先の交換に成功しましたね。 まぁ 有吉弘行さんのアシストがなかったら…連絡先も知らずにそのまま帰ることになってそうでしたが…。 でも、なんだかとっても微笑ましい光景に見えたのはきっと私だけではないはず。 これはこの先うまくいくと良いですね。 まとめ ということで今回の記事のまとめです。 一ノ瀬ワタルってどんな人… 俳優 一ノ瀬ワタルの性格は優しすぎる… 優しくお茶目 一ノ瀬ワタルが公開告白… 26日放送予定 改めて調べてみましたが、かなり面白い方ですね。 強面な外見だけでなくガチで格闘技をやっていたわけなんですが、性格はかなりお茶目で優しいというギャップ。 今後は今までのような「不良」役ではなく、違った役で評価されると一気にブレイクするような気がします。 最後までお読み頂き、ありがとうございます。 【関連記事はコチラ】.

次の