年末の挨拶 会社。 会社への挨拶なら手土産にはのしはどうする?年末年始の渡し方は?

先方が「おっ」と目を引く、年末の挨拶メールの書き方・注意点:社内・社外・取引先向け

年末の挨拶 会社

年末の挨拶状は一年を締めくくる大切なもの! 年末の挨拶状というのは、一年を締めくくる上でも大切になってきます。 特にビジネスにおいては尚更です。 取引先や上司、部下など仕事をする上で必ず関わってくるのですから。 ですから、年末の挨拶文だからと言って手は抜けません。 特に年末の挨拶文は、来年の仕事へつなげる為の橋渡し役的な役割も担います。 ただ、文章の書き方にも、日本独自のルールがあり、極めて難しいものです。 年末に挨拶文を送る時は、必ず自分の文章が正しいものなのか確認するようにしましょう! 年末の挨拶文例(基本文例の場合) 先ずは、基本的な年末の挨拶文の文章例を見ていく事にしましょう。 以下に紹介するのは取引先に送る場合の本当に基本中の基本の文章例です。 貴社に( 皆様に)おかれましてはますますご清栄のこととお慶び申し上げます。 本年は格別のご愛顧を賜り、まことに有難く厚く御礼申し上げます。 来年も、より一層のご支援を賜りますよう、従業員一同心よりお願い申し上げます。 これはあくまで基本形なので、絶対にそのように記載しないといけないという訳ではありません。 但し、挨拶文特有のルールはあるので解説しておきます。 先ず上記の文章で気を付けるのは頭語が「拝啓」なら、結語は必ず「敬具」で締めくくるという事です。 仮に頭語が「前略」なら、結語は「早々」となります。 次に「貴社に( 皆様に)おかれましてはますますご清栄のこととお慶び申し上げます。 」というのは、取引先に対する決まり文章の様なものです。 これもまた、礼儀の一つなので注意して下さい。 「ご清栄」の代わりに「ご清祥」という書き方も良く用いられます。 その他にも以下の様に色々と定型文はあるので参考にして下さい。 ただ、この記事で表記した内容は挨拶文のごく一部にすぎません。 もし、更に詳しいく知りたい時は以下の文章も参考にしてみて下さい。 年末の挨拶文例(取引先に送る場合) 次に先ほどの取引先に送る挨拶例を、もう少し丁寧にした場合ので紹介します。 少しややこしいので、覚えるよりそのままコピーしてもらう方が早いかもしれません。 また平素は格別 のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。 早速ではございますが、年末年始の営業日を下記の通 りご案内申し上げます。 甚だ勝手ではございますが何卒ご了承の上、万障お繰り合わせ頂きますようよろしくお願い申し上げます。 本年中のご愛顧に心より御礼申し上げますと共に、明くる年も変わらぬ ご指導ご鞭撻のほど、よろしくお願い申し上げます。 また、定型文で他にも良く用いられるのが以下の文章例です。 ポイントとしては、誤字脱字や相手先の会社名、個人名は絶対に間違えない事です。 ただの凡ミスと言っても、それが相手方に良くないイメージを与えるのは間違いないことです。 その上で定型文の内容が大切になってきます。 取引先というのは会社内でも特に慎重に事を運ばなくてはいけません。 もし、本当に必要な時は以下の参考書なども参考にされる事をおすすめします。 年末年始の営業日を下記の通りご案内申し上げます。 甚だ勝手ではございますが何卒ご了承下さいますようお願い申し上げます。 本年中のご愛顧に心より御礼申し上げますと共に、明くる年も変わらぬ お引き立てのほど、よろしくお願い申し上げます。 ですが、頭語、結語がないことや定型文の違いには注意が必要です。 取引先の定型文をそのまま使用しない様に気を付けて下さい。 今年もいろんなことがありましたが、皆さんには本当に良く頑張って頂きました。 一年間、本当にご苦労樣でした。 皆さんと心を一つにして取組んでいきたいと思います。 来年も一緒に頑張りましょう。 ですが、繰り返しになりますが、私がここで紹介した内容はあくまでもほんの一例です。 そのままでよい事もあるでしょうが、時と場合により文章を使い分けたいところです。 以下に補足も載せておきますので、良ければ参考にして下さい。 年末の挨拶状を送るタイミングはいつ? 挨拶状というのは文章内容もそうですが、その挨拶状を出すタイミングというのも大切になってきます。 例えばですが、年末の挨拶場だからという事で、年の瀬のギリギリに相手の取引際に挨拶状を送ったとします。 ですが、もしその取引先に挨拶状が届くよりも先に連休人入ってしまったらどうなるでしょうか?言うまでもなく取引先の方は、年末の挨拶状を新年の始めに目にする事になります。 決してマナーが良いとは言えないですよね・・・ やはり、年末は連休に入る会社もあるので多少の余裕を持たせて送るのが良いでしょう。 手紙などの形で郵送する場合は 12月20日前後にすると良いでしょう。 メールなどの場合は25日前後までには送ると良いでしょう。 もし、直接、取引先に訪問する場合は、アポイントを取っておくことを忘れずにしたいところです。 訪問したのに、不在だったという事がないように注意し、「お世話になりました。 来年もよろしくお願いします。 」という気持ちを、しっかりと伝えるべきです。 以上で、年末の挨拶上の内容はまとめておきますが、私自身もまだまだだなと自分自身で思います。 日本のビジネスマナーというのは本当に難しいものですね(苦笑).

次の

年末の挨拶にビジネスメール!お客様に好印象を与える書き方とは|ビジネスフォーマット(雛形)のテンプレートBANK

年末の挨拶 会社

こんにちは、たけのこです。 今年もあと2か月になりました。 私の会社では年末が迫ると、カレンダーや手帳を取引先に配ります。 今回は年末挨拶で付いて回るカレンダーが無駄になっている話です。 カレンダーと手帳が無駄遣いされる時期が来た。 年末挨拶という名の悪習 年末挨拶と称してカレンダーが配られる理由 12月に入ると一斉に始まるのが、取引先への年末挨拶。 その時に必ず営業担当が持参するのが、翌年のカレンダーと手帳です。 カレンダーは自社オリジナルデザインで作成し、手帳は社員用に作成しているもをついでに配っていたりします。 なぜカレンダーなのか。 理由はいくつかあると思います。 使いづらいカレンダーは結局ゴミになってる カレンダーを配る一方で、逆に貰う立場にもなります。 私の会社の場合、取引先も多いことから毎年大量のカレンダーと手帳、そしてよくわからない粗品をもらいます。 また、個人でも付き合いのある会社からは、営業担当から直接カレンダーをもらったりするので、同じ会社のカレンダーや手帳が事務所にいくつもあったりします。 こうして貰ったカレンダーは集めると、すごい数になります。 でも、事務所にカレンダーを飾る場所もそんなにないですし、自社オリジナルカレンダーがあるので、他社からもらったカレンダーは基本飾りません。 では、余ったカレンダー達はどうなるか。 一応、社員にいるかいらないかの確認がありますが、持って帰る人は少なく処分されます。 需要が無いのにも理由がいくつかあります。 また、オリジナルの会社は、デザインに凝りすぎて書き込みスペースが少なかったり、視認性が悪いカレンダーも多い。 そんなカレンダーを家に持って帰っても、雰囲気が合わず結局使わずに捨てられたりします。 〇社名、ロゴがいらない。 こんな理由で、取引先からもらったカレンダーたちは余っていきます。 やがて時期が来るとカレンダーは全て廃棄処分。 ゴミになるのです。 全国で考えるととんでもない数量 ゴミになってしまうカレンダーたち、 その数は膨大です。 完璧に試算するのは難しいですが、うちの会社だけで少なくとも、数万冊単位でカレンダーが処分されているかと思います。 なんという無駄。 また、自社が配っているカレンダーも捨てられていることと思います。 そうやって考えると年末から翌1月にかけては、全国で大量のカレンダーが捨てられ紙資源が無駄になる、なんとも目も当てられない時期になります。 ある日、私はどうせ貰っても捨てることになるならカレンダーを貰わなきゃいいと思い、断ってみることにしました。 しかし、いざその場になるとなかなか断り切れない。 相手の営業さんも年末挨拶なのになぜか必死です。 そんな営業さんを前に 「貰ってもゴミになるから」 なんて私の口からはとても言えませんでした。 また、相手の営業さんの中にはカレンダーを3つ4つ渡してくる人もいて、断るのが大変なこともしばしば。 そんな私の想いとは裏腹に、カレンダーをもらった数がステータスと思っているのか、取引先に会うたびにカレンダーをいくつも確保してくる上司がいました。 自分でも使わないのに、なぜそんなに各社からカレンダーを巻き上げてくるのか私には理解しがたかったです。 そして廃棄物として捨てられるカレンダーたち… 情け容赦なく捨てる私。 まるでお金を燃やしているような感覚です。 でもどうすることもできません。 カレンダーや手帳を作っている会社にとってはこの時期儲けどころなのかもしれませんが、こうして処分される現実に何を思うのでしょうか。 みんながみんなカレンダーを配るのやめてほしい そんなこともあり、年末にカレンダーを配る会社が減ってほしいと願っています。 別の活用手段があればいいのですが、大量にもらうカレンダーは捨てるにしても、再利用するにしても手間がかかります。 貰えば貰うほどに無駄になっていくばかりか、処分するにもお金がかかるのです。 自分の会社にも同じことを言いたいですが、なんかこだわってるので無理でしょう。 営業もこのカレンダー無しに客先に行けない、と良く口にしてますし。 世の中が変わらないと自分から変わろうとしない、そんな社風を感じます。 カレンダーじゃなくて広告宣伝になり、無駄にならないもの無いですかね。 貰った カレンダーを捨てずに済む手段でもいいです。 1冊2冊じゃないですよ。 数万冊単位での再利用です。 これほどにカレンダーを捨てまくってる国も世界には少ないんじゃないかなと、常々年末になると思うのでした。

次の

【年末年始に会社や取引先での挨拶はどんな風に?】マナーや丁寧な挨拶の仕方

年末の挨拶 会社

相手が喜ぶ挨拶メールを書こう 年末年始の挨拶について質問を受ける時期になりました。 メールをおすすめすると、『いつ送るの?』『なんて書けばいいの?』と悩む人が多いようなので、ポイントをお伝えします。 【目次】• 年末の挨拶メールのタイミング まずは、メールを送るタイミングです。 おすすめしたいのは年始より年末です。 というのは、年賀状を先にもらい、「しまった!」と新年から後悔することはありませんか?年末に先手で挨拶してしまえば、年賀状や年始メールを送らずに済む利点もあります。 タイミングは25日のクリスマスを目処にしてはいかがでしょうか。 仕事納めに近づくほど慌ただしくなり、休暇に入ってしまう人もいるためです。 年末の挨拶メールの例文と5つのポイント ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 本年も大変お世話になりましてありがとうございました。 来年こそ「ベストパートナー」と呼んでもらえるよう努めますので、引き続きご指導くださいますようお願いいたします。 メールで失礼ながら、年末年始のご挨拶とさせていただきます。 なお、弊社の年末年始休業期間は、以下のとおりです。 それでは、どうぞよいお年をお迎えくださいませ。 来年もよろしくお願いいたします。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 文面のポイントは5つあります。 今年のお礼を忘れずに書く• 相手の名前を入れる• 「メールで失礼ながら」と書けば、年賀状は出さなくてもよい• 年末年始休業期間・営業開始日を知らせる• 結びに「どうぞよいお年をお迎えください」と書く 年末の挨拶メールの宛先は1人1人に 印刷した年賀状ならともかく、1対1のメールですから、語りかけるように書いてみましょう。 難しい言葉を使う必要はありません。 「ご芳情に社員一同感謝申しあげます」「来年も倍旧のご支援を賜りたく」などと書くと、相手はなんと返信したらよいのか、困ってしまうかもしれません。 宛先ですが、できれば1人にしましょう。 一方、「お取引先各位」と書いて一斉にBCCで送ると、義務的な印象をぬぐえません。 年始に送る場合は、最初のメールでひと言挨拶を 年賀状の代わりに年始の挨拶メールを送りたい人は、タイミングに気をつけましょう。 相手がお正月休みでのんびりしたいのに、仕事上の年始メールが届くのはいかがかと思います。 配信の日時指定ができるからといって、元旦から3日までは遠慮するのがマナーかもしれませんね。 おすすめしたいのは、新年の仕事始め、最初にやりとりするときです。 1月7日まで(松の内)なら、書き出しの挨拶文を変えてみましょう。 本年もよろしくお願いいたします。 年末年始は、仕事にひと区切りをつけるチャンスです。 キチンと挨拶をして、ビジネスパートナーとの絆を深め、お互いが成長・発展できるステージへと進みましょう。 【関連記事】•

次の