イオン カード 20。 【過去の記録】イオンカード新規入会で最大20%還元キャンペーン!キャッシュバック上限10万円は激アツ!

イオンカードセレクトがないとメチャ損。36万円をもらいに行こう。

イオン カード 20

具体的にはキャンペーン期間中に対象カードを新規発行・利用した人が該当し、上限金額は5,000円。 ただ本キャンペーンには、「応募期間」「対象カード」「イオンスクエアIDのログイン」「イオン銀行の設定」といった4つの注意点が存在。 応募期間とはキャッシュバックを受けるための条件で、キャンペーン対象判定日の2020年7月10日(金)がリミットだ。 また応募するためには、対象カードの新規発行で取得したイオンスクエアIDでログインする必要があり、引落口座もイオン銀行に設定しておくことが条件に。 では実際にどのような対象カードがあるかというと、具体的には「イオンカードセレクト」「イオンカード」「イオンデビットカード」など。 カードの種類は様々なので、キャンペーンサイトで事前にチェックしておくことをおすすめする。 最大のメリットはイオン系列で毎月20日・30日が5%オフ 本キャンペーンを機にイオンカードの発行を検討している人のために、イオンカードセレクトのメリットを解説する。 年会費が無料でVisa、Mastercard、JCBの国際ブランドを利用できる本カードは、基本ポイント還元率0. 他にもイオンカードセレクトでWAONカードにオートチャージすると、200円ごとに1ポイント付与されるのも魅力的だ。 つまりメリットから総合的に判断すると、カード利用の対象店舗をイオンなどに絞るとお得なクレジットカードになる。 しかしイオンカードセレクトの引き落とし口座はイオン銀行のみなど、少し気になる点も多い。 普段からイオングループの店舗で買い物をしない人にとっては、あまり発行する魅力が見当たらないクレジットカードともいえる。 一般的な三井住友カードはもちろん、「三井住友カード デビュープラス」「三井住友カード プライムゴールド」「三井住友カード プラチナ」など、かなり幅広いカードがキャンペーンの対象になっている。 キャンペーン期間は2020年2月3日(月)~2020年4月30日(木)までに設定されており、比較的余裕を持って参加できるのも魅力的だ。 さらに三井住友カードでは本キャンペーン以外にも、「タダチャン!」と呼ばれるキャンペーンも開催中。

次の

「イオンカード」が利用額の20%をキャッシュバックするキャンペーンを実施!「イオンカードセレクト」は、イオン銀行の口座も同時に開設できておすすめ!|クレジットカードおすすめ最新ニュース[2020年]|ザイ・オンライン

イオン カード 20

Contents• 期間中に使えば20パーセント還元• 上限は10万円• 1回につき1万円が最大 というやばい企画。 なのですでに持っている人は残念。 対象外になっているものというのは個人間取引や、amazonギフト券など。 なぜ、これがダメかというと、還元を目的としてカードを使う人がいるからですね。 アマゾンギフト券50万円購入して、10万円もらう。 その後、Amazonギフト券を売って現金化する、ってこともできてしまうから。 そういう取引はダメですよってことです。 対象外商品一覧は イオンカードキャンペーンを通して思うお金のこと このような還元キャンペーンは基本的に参加した方がいいです。 広告費としてメディアに払っていたお金が最近は、直接僕たちに還元されることが多くなってきました。 おそらく今後もこの流れは変わらないでしょう。 なぜなら、直接還元した方がSNSなどで拡散されて、広告主からしたら広告効果が高いから。 個人がメディアを持っている状態なので、 そこにお金をかけるイメージですね。 このような人はこれからずーっと得する人生になると思います。 ペイペイの時でも多くの人の元にお金が降ってきましたが、全く新しいものに興味がない人は、ダウンロードしてないって人もいました。 二極化してますね。 結局、新しいものに順応していく人がいつも得をしてるという一例です。 裏技的な使い方で10万円がおこずかいに さて、このクレジットカードのキャンペーンなんて本当はどうでもよくて、伝えたかったのは、こっちです。 このようなキャンペーンがあった時にAmazonギフト券みたいなものはダメなのですが、商品ならなんでもいい訳ですよね。 それならキャンペーン中に「価値の落ちないもの」を購入し、還元を受けてから購入した商品を売ってしまえば、10万円は丸々あなたのおこずかいになります。 要するに転売なんですけど、クレジットカードのキャンペーンと、転売を組み合わせることで、速攻で10万円が稼げます。 このような話はいろんな所であります。 知ってるか知らないかで大きく生涯年収が変わるいい例ですよね。 しかもクレジットカードの通常のポイントも無限に取れます。 だって、買った商品を売ることが前提なので、年間5000万円決済とかも可能な訳です。 そしたら、単純に50万円分のポイントが付随してくる。 利益を出しながら。 それプラス今回のキャンペーンがあるたびに総取りできる。 こうやって表に出ない利益を生み出せるものいいところ。 ポイントには税金がかからないので。 転売なんてと思うひともいるかもしれないけど、一つのスキルを身につけた後は買い物の仕方も、価値観も大きく変わります。 スキルとは自分をアップデートさせるもの。 アップデートされたら全ての行動が少しづつ変わります。 貨幣価値は通り道が違うだけで変化する さっきの話を抽象度をあげて見ると、 「買う物は同じでも、どこを通すかで貨幣価値は変化する」 と言えますね。 この差はどこから来ているのか?なぜお金の価値が変化しているのか? そもそも「なんでクレジットカード会社はポイントをくれるのでしょうか?」誰がその分負担しているのかを考えてみましょう。 クレジットカード会社は何で儲けは二つあります。 カード保有者のから年会費• お店からの手数料 この二つで儲かってるます。 特にお店からの手数料が大きいです。 からです。 粗利が30パーセント切るような小売店で5パーセント取られたらかなり大きいですよね。 お店としては嫌だけど、アメックスは富裕層を囲っているので、外せない。 アメックスで決済できないとなると、その分の顧客を逃しているのと同じ。 そう考えると5000円の商品を買った場合、• あなたが現金で5000円払った場合は、お店は5000円貰える。 あなたがカードで5000円払った場合は、お店は4750円しか貰えない。 じゃあ、この差はどうするのか? お店側はカード会社に支払う手数料も加味して商品の値段を決めるのです。 ということは、本来、現金で払っている人は割引を受けてもいいはずなのです。 カードで払っている人と現金で払っている人のお会計が同じ値段なのはおかしいのです。 でも現実的に値段を分けることができないので同じになってます。 なので、現金で払ってる人は本来より高い値段を払って買い物していることになりますよね。 自分とは関係ないカードで払っている人がいることでモノの値段が高くなっているので。。 高くなった分も負担して払っているということです。 カードで払っている人はポイントや特典があるので、トントンです。 むしろプラス。 でも現金の人にはリターンなし。 実は同じ値段でも圧倒的に不公平な仕組みになっています。 考え方として、お金は移動しているだけ。 「誰が損していて、誰が得しているか」 を考えると面白いです。 なんかも僕はメールでオススメしてますが、経由させるだけで、貰えるものが変わるというのは大きい。 そこから転売に繋げたら加速度的に稼げるようになります。 結論しては、普段から 「どこを通すとお金の価値が増すのか?」という視点で考えるといろんなお得な情報が入ってくるということです。 そして新しいサービスが登場してきたら、とりあえず試してる行動力と勇気が必要です。 というわけで今回は、イオンカードのキャンペーンから見るお金の法則でした。 以上! ps なかなかいい投資案件。 投資先の会社審査はやってくれるので、安心感あります。 (ソーシャルレンディングで貸倒れは今だにゼロ) 今回の新しいサービスは、• 国内成長企業に特化• 日本在住外国人のビジネス支援に特化• 1万円から投資可能 という特徴があります。 日本に住む外国人は今後増え続けることはほぼ確定しているので、固い分野だと思います。 それと、、 2019年7月31日までに登録すると、 オープン記念キャンペーンで、 Amazonギフト券1000円分貰えます。 投資したいけどまだやってないという人もオススメできる案件なので、興味がある人が多かったらお伝えしようと思います。 興味ある人はに返信ください。

次の

イオンカード保有者でもあまり知らない、イオンカードの隠れた5つのメリットまとめ!提示するだけでOKな割引サービスが豊富です。

イオン カード 20

毎月10日は、イオン以外の買い物でも、ときめきポイント2倍 毎月10日の「ときめきWポイントデー」は、イオン以外のカードショッピング利用でも200円(税込)ごとに2ポイントが貯まります。 毎月20日・30日は、イオンでの買い物が5%OFF 毎月20日・30日の「お客様感謝デー」は、イオン、マックスバリュ、イオンスーパーセンター、サンデー、ビブレ、ザ・ビッグなどの対象店舗で、クレジットカードまたはWAONご利用で、買い物代金が5%OFFになります(一部対象外の商品あり)。 毎月15日は、55歳以上ならイオンでの買い物が5%OFF 毎月15日の「G. G感謝デー」は、イオン、マックスバリュ、イオンスーパーセンター、ザ・ビッグなどの対象店舗で、イオンカードのクレジットのご利用でご請求時に、WAONのご利用で買い物代金が5%OFFになります。 Gマークがついていない場合は、別途お申込みが必要です。 割引パスポートが送られてくる 毎月送られてくる「サンキューパスポート」と、誕生日月に送られてくる「バースデーパスポート」があります。 毎回、割引対象の商品が変わりますが、特定の商品が5%〜10%割引される券です。 イオンシネマが割引になる イオンシネマのチケットをイオンマークのクレジットカード払いで購入すると、通常、1枚につき300円割引になります。 さらに、毎月20日・30日の「お客様感謝デー」の場合は、イオンシネマの一般料金1,800円が1,100円で鑑賞できます。 4 その後、イオンセレクトゴールドの有効期限が切れたため、更新カードが届きました。 作った時点で投資信託を購入したのが条件でインビテーションが来ましたが、直ぐに解約しているため、条件を満たしていなくても更新されるかは未定でしたが、無事に更新されました。 続きを読む 5年の有効期限でした。 その間、クレジットカードはほぼ利用せずに5年間累計でも一万円も使っていなかったと思いますが無事に更新されましたのでハードルは低いと思います。 更新カードが送られてくるだけで、旧カードを送るなどは必要なかったので、キャッシュカードと一体型で銀行クレジットカードなどでは更新の間は暫く利用出来ないとかありましたが、このクレジットカードはなかったです。 【以前のレビュー】 流通系の年会費無料のゴールドカードというと、イオン、セブン、エポスが上がります。 イオンとセブンは同じような性能ですが、エポスはゴールドカードと言うよりは高還元カードという形で保障はあまりありません。 流通系のゴールドカードは年会費無料だから作ったけれど、そのまま使わずに財布に入ったままというのが多いと思います。 苦労して入手する割には、一般のゴールドカードと比べると保障、サービスなどは劣化していますので、ほぼヤングゴールドというような感じで捉えた方が良いですね。 無料だから持っているけど、メインで使うには物足りないという事は少なくないでしょう。 結構労力かかりますので、本当に必要か考えた方が良いです。 イオンゴールドカードは二種類あり、イオンゴールドカードとイオンセレクトゴールドカードと二種類あります。 イオンゴールドカードの入手条件は一般カードを作り 1. 年間100万使う 2. 年間80万以上使い、120回以上使う 3. イオンのみで年間60万使う 4. 累計500万使う などが主な条件です。 イオンセレクトゴールドカードの入手条件はイオンセレクトカードを作り 1. 100万の定期預金 2. 投資信託購入 3. 保険契約 4. 住宅ローン契約 などですね。 私は投資信託を10万円分購入し、カードを数万円程度利用したら約3ヶ月でインビテーションが来ました。 手間をかけたくない人にはイオンセレクトゴールドカードの方が楽ですね。 ただし注意点はイオンセレクトゴールドカードはイオン銀行口座しか引き落とし口座を設定出来ないのがネックです。 イオンゴールドカードからイオンゴールドカードへの変更は出来るようだけど、逆は出来ないようです。 思ったよりハードルは高いので、労力をかける価値があるかを考えた方が良いでしょう。 条件付無料のゴールドカードなら三井住友信託銀行の提携ゴールドカードの方が年間30万使用で無料に出来るので、そちらの方が性能も良いし楽ですね。 まあ年会費無料のゴールドカードを入手出来る属性の人は他にもゴールドカードなどを所持している事が多いので、無料だから作ったけど使う機会がない事が少なくないです。 無料だからあっても良いけど、必ず必要かというとそうでもないし、メインカードになるには物足りないので、埋もれやすいです。 目指すならよく考えてから行動した方が良いです。 毎月20・30日の「お客さま感謝デー」に加え、G. イオングループなら200円につき、ときめきポイントが2ポイント貯まります。 ですので、WAONに交 続きを読む 換できる1000ポイントは、10万円使えばOK。 これなら、年金生活者でも、ポイントの有効期限(2年)以内に十分貯まるでしょう。 国際ブランドをVISAかマスターにしておけば、たまに行くかもしれない海外旅行も安心。 あと、ショッピングセーフティ保険が充実しており、このカードで購入した1品5,000円以上の商品が購入日から180日以内、自己負担ゼロで補償してくれます(年間50万円まで)。 クレジットカード盗難保障も付いています。 派手さはありませんが、イオンが近くにある高齢世代なら、これ一枚あればいいやと思えるかもしれせん。

次の