反町 ドラマ。 グッドライフ

ワンダフルライフ(ドラマ)1話から最終回を見逃し無料動画フル視聴(キャスト:反町隆史/ 長谷川京子)

反町 ドラマ

『Over Time-オーバー・タイム』は、1999年1月4日〜3月22日にフジテレビの月9枠で放映されていた恋愛ドラマです。 当時第ブレイクしていたふたり、と主演で、、椎名桔平、木村佳乃、加藤晴彦、西田尚美、田中麗奈などが出演。 製作には、現在の日本映画を支える監督の羽住英一郎が演出として参加しているなど、裏方も注目の集まるスタッフが集っています。 恋愛映画において、ハッピーエンドを描くのがセオリーだった潮流のなかで、多様性を用いて結末に据えたのも斬新で反響があるラストで、印象的でした。 合わせて、主題歌を歌ったthe brilliant greenの「そのスピードで」も、当時大ヒットを記録し、このドラマの雰囲気とボーカルの川瀬 智子の歌声がマッチしていて好評を博しています。 その他、象徴する曲としては、劇中歌としてかかっていた「Believe」。 切ない曲調ですが、象徴的な場面では必ずかかっていた、ドラマ『Over Time-オーバー・タイム』を代表する1曲でした。 歌っていたのは、山口由子。 本作のテーマは、「人生の延長戦」。 仕事面での谷間の時期を描いた、この後の人生においてのターニングポイントとなる場面の男女の交流をベースに物語が進んでいく。 主演のふたりは、反町隆史と江角マキコ。 江角マキコは、2017年に芸能界を引退しています。 しかし、当時ではドラマ『ショムニ』のヒットで第ブレイクを果たしている女優として同性からも支持を集め注目されていました。 一方で反町隆史は、 97年に「ビーチ・ボーイズ」、98年には「GTO」と大ヒット作に軒並み出演を続ける人気俳優として絶頂の時期を迎えています。 そんなふたりの月9ドラマということもあり、大きく注目を集めていた作品です。 他の出演者には、加藤晴彦の出演は少し時代を感じさせますが、後輩気質なキャラクターがマッチしていたのは特徴です。 石田ゆり子、木村佳乃、椎名桔平、伊藤英明は今もTVや映画に一線級の活躍を続けている俳優ですが、田中麗奈はこの作品がドラマデビューとなる作品です。 98年にCMで注目を集め、本作をスタートに大きく羽ばたいて行った女優です。 今も一線級で活躍を続ける俳優たちの、フレッシュな演技を見る上でもとても貴重な作品と言えるかもしれません。 『Over Time-オーバー・タイム』のストーリーは、北海道から始まります。 正月旅行に来ていた笠原夏樹(江角マキコ)は、ホテルの一室でまさかのオートロックに締め出され、なんとも恥ずかしい姿で部屋の外に放り出される羽目に。 隣室にいた男性に、厚かましく助けを求めることに。 そんな滑稽なシーンで幕を開ける本作は、舞台は東京に移ります。 笠原夏樹は青山の美容師で、友人の春子(西田尚美)の家に、冬美(石田ゆり子)と共に共同生活をしていました。 夏樹を助けた男性は、宗一郎(反町隆史)。 報道のカメラマンで、取材でガス爆発の現場にいた。 そこに被害者が通りかかる。 本来ならば写真を撮らなければいけないが、女性を気遣い自身のコートを身体にかける。 同業者からは、仕事にならねぇだろと追いやられてしまうも、納得のかないことはやらない、宗一郎の芯の強さと優しさが垣間見れるシーン。 そんな男女の物語の始まり。 夏樹と宗一郎は、北海道で出会っていましたが再開を果たしたのは、夏樹のお見合い。 しかし結局冬美にいいところを持っていかれて、夏樹はふてくされてどこかに行ってしまう。 それを追う宗一郎は、夏樹をバスに乗せ飛行場に連れて行き、セスナで空のドライブに! そんなふたりの姿は、これからの始まりを予感させる第1話の展開でした。 その後、夏樹には久我さん(椎名桔平)、宗一郎にはなずな(木村佳乃)という相手が現れます。 しかしお互いに思う様には行かず、夏樹と宗一郎はお互い一緒にいる時だけw顔を見せる様になっていくのです。 でも、この笑顔はお互いに恋愛関係ではなく、友達以上ではあるものの恋人未満であり、家族の様な存在だからこそ見せ合えるもの。 ここの描写がとてもキラキラしていて、ふたりの関係が素晴らしく美しいもの。 特に夜の公園で卵を投げ合ったり、夏樹と宗一郎のこの関係がずっと続けばいいのに…… きっと、見ている誰もがそう感じることでしょう。 それだけ、この夏樹と宗一郎の関係性が美しく写るのです。 この映画は、恋愛ドラマですが主人公とヒロインは一緒にはなりません。 友情と恋愛を天秤にかけた結果、二人はすれ違うのです。 優しすぎた宗一郎、夏樹に迫られた決断。 結末に近づくに連れて、とてももどかしくなってしまいます。 しかし、男性目線であろうとも、女性目線であろうとも、すごくリアルな選択をしたふたりだな、と感じました。 筆者としては… そしてそのラストをこのドラマは、宗一郎がずっとやりたい事と掲げていたある企画になぞらえて幕を閉じるのですが… 北川悦吏子が手掛けたドラマの中でも、随一の綺麗さで余韻に浸らせてくれる素晴らしい結末を迎えます。 その結末がどういう展開を迎えるか… それは、FOD(フジテレビ・オンデマンド)で絶賛配信中ですので、是非あなたの目で確かめてみてください!.

次の

グッドライフ〜ありがとう、パパ。さよなら〜

反町 ドラマ

大人気だった反町隆史のGTO・生徒役は現在?! 2012年と2014年にEXILEのAKIRAさん主演によるリメイク版『GTO』が放送されました。 そのことにより、1998年に放送された反町隆史版『GTO』があらためて評価されることに。 放送当時は主人公・鬼塚英吉役の反町隆史さん、冬月あずさ役の 松嶋菜々子さんは共に25歳で、この共演がきっかけで結婚したこと話題になりました。 当時二人ともそんなに若かったのですね…。 このドラマの視聴率は初回26. 6%、最終回は最高視聴率35. 7%と今では考えられないような、高い数字を叩き出していました。 主演であった反町隆史さん、松嶋菜々子さんは今も第一線で活躍していますね。 しかし出演していた他の俳優さんたちは、最近見ない人もたくさんいますね。 現在一体何をしているのでしょうか?!気になるメンバーを一人一人調査して行きます。 その後、16歳の時にはモデルとして活動をしました。 パリ・コレクションなどにも出演しています。 俳優としての活動は1994年約20歳の頃に開始しています。 同年7月には初の出演ドラマ「毎度ゴメンなさぁい」に出演。 反町さんの代表作ともいえる作品「GTO」に1998年主演。 GTO主演反町隆史は主演歌も歌っていた!? 2001年にはGTOでの共演がきっかけで女優の松嶋菜々子さんと結婚しました。 2004年に長女。 2007年には次女が誕生しています。 女の子ふたりのお父さんなんですね。 反町さんは公私混同を避けるために子供については公表していません。 また、俳優業の他にも音楽活動もしていました。 GTOの主題歌も反町さんは歌っています。 「POISON 〜言いたい事も言えないこんな世の中は〜」が有名ですが他にも作品を発表しています。 1997年には「Forever」という曲で紅白歌合戦に出場しています。 今や30代俳優のトップに君臨し、20代・10代からは憧れられる先輩の1人になっているようで、ある大物俳優によれば「若手の中で今小栗旬に追いつけるものは1人もいない」と言わしめるほどのようです。 それくらい小栗旬さんは凄い存在になっているようです。 小栗旬の現在はハリウッド進出へ!第三子誕生! 小栗旬さんの現在は、ハリウッド進出を見据えています!妻の山田優さんと一緒に、アメリカのロサンゼルスで生活をしているそうです。 そんな中、2020年4月には第三子が誕生したと報じられました!新型コロナウイルスの影響で、日本で出産予定だったもののロサンゼルスでの出産となったようです。 反町隆史のGTO・生徒役の現在(水樹ナナコ役) 水樹ナナコ役を演じていた希良梨さん。 2000年に宮頸がんに罹患し休業することに。 その後、台湾に活躍の場を移し、台湾人男性と結婚しています。 希良梨(きらり)さんって凄く珍しい名前ですよね。 どう見ても芸名ですが、実はこれ本名なんだそう! 本名は豊本希良梨(よしもと きらり)さん。 当時はともかく、いまではDQNネームに認定されそうな名前です。 1997年女優デビュー。 翌年に放送されたGTOに出演していたようです。 第一話以降、主役の反町さん演じる鬼塚の取り巻き生徒の一人として出演し続けました。 主役の一番傍にいた生徒ということで覚えている人も多いのではないでしょうか?「鬼っち~」なんて風に呼んでましたよね。 この番組って結構攻めた内容で、当時は珍しくいじめ問題や女子高生の売春問題なども扱っていた気がします。 希良梨は妊娠中子宮頸がんを再発するも無事出産 結婚後の希良梨さんは2度流産を経験し、3回目の妊娠時に子宮頸がんが再発しました。 すぐ手術を受ける必要がありましたが、手術すると出産できる可能性はかなり低かったそうです。 希良梨さんは子供を産むために手術をしないという選択をして、無事出産することができました。 希良梨の現在は芸能界へ復帰! そんな希良梨さんの現在ですが、日本の芸能界へ復帰しています!2015年に、15年ぶりの復帰となりました。 歌手活動を再開させ「「七色のヒカリ-Colors of the Human Race-」という新曲のリリースも話題になりました。 希良梨さんは生き方が話題になり、2020年の東京オリパラに向けた「多文化おもてなしフェスティバル」のイメージキャラクターにも抜擢されています。 希良梨の現在が激太り!?ダイエットも話題に 顔立ちがハッキリしていることから、ハーフと言われていました。 実際に、お母さんはコロンビア人なんだそう。 なので池内さんはハーフです。 高校在学中にスカウトされて芸能界デビューしました。 GTOでは主要登場人物の村井国雄を演じていました。 相沢みやびとともに教師イジメの主犯的な役でした。 いまでもあのトラックのシーンを覚えている人も多いのではないでしょうか!?最終的には反町さん演じる鬼塚先生のことを教師として認めるわけですが、それまでに暗い過去を背負っていたような役でしたね。 反町隆史のGTO・生徒役の現在(渡辺マサル役) 渡辺マサル役を演じていた山崎裕太さん。 子役では『あっぱれさんま大先生』にも出演していました。 現在も多くのドラマ・映画や舞台に出演していますね。 最近は舞台中心でテレビで見る姿は少ないですが、出演すれば短い時間でも存在感は抜群です。 彼は3歳から子役やファッションモデルとして活動しています。 実は山崎裕太さん、けっこうプレイボーイだとファンの間では有名なようで、過去の熱愛関係を観たところ、ビックリする方が結構いるのです。 1人目はSPEEDの上原多香子さん。 2人目はmisonoさん。 3人目は浜崎あゆみさん。 ただこの噂は山崎裕太さんを再ブレイクさせようとする目的でのネタ作りだったようで結果的には仲好しの友達だそう。 全盛期ほどの活躍はしていないものの、現在でも年に数回の舞台では活躍しています。 反町隆史のGTO・生徒役の現在(依田ケンジ役) 依田ケンジ役を演じていた徳山秀典さん。 もともと子役として早い段階から芸能界にいた徳山秀典さん。 『ビーファイターカブト』を始め、『仮面ライダーシリーズ』『スーパー戦隊シリーズ』『ウルトラシリーズ』『メタルヒーローシリーズ』のすべてに出演していて、 子供たちからも人気の俳優さんでした。 こんなに特撮系に出演しているってすごいですよね!特撮ヒーロー出身はイケメンなイメージが強いです。 代表作はテレビアニメの『幻想魔伝 最遊記』テーマソングや、『FOR REAL』や『STILL TIME』といったタイトルがあります。 反町隆史のGTO・生徒役の現在(菊池善人役) 菊池善人役を演じた窪塚洋介さん。 窪塚さんも有名ですね。 GTOの後は『池袋ウエストゲートパーク』で大ブレイクしました。 しかしマンション転落事故以降一気に見かけなくなりました。 しかし、最近はまた復活気味で、レゲエDeeJayとしても活動したり、 沢尻エリカ主演映画「ヘルタースケルター」では沢尻エリカの恋人役を熱演しています。 現在はレゲエダンサーのPINKさんと結婚していて、お子さんも生まれています。 窪塚さんには、以前結婚していた女性との間にもひとりお子さんがいて、 その息子さんが最近映画デビューしたことで話題になっていました。 最近は日本のみならず、海外でも活躍していて過去2本のハリウッド映画に出ています。 今後はこの勢いで日本のみならずアメリカも拠点にして活躍していきそうな窪塚さんです!! 反町隆史のGTO・生徒役の現在(相沢みやび役) 相沢みやび役を演じた中村愛美さん。 このみやびのキャラは最高でしたね。 初代GTOで一番印象に残っているはこの相沢みやびなのでは?相沢みやびのみならず、みやびの母もかなりすさまじい印象でした。 あまりみかけないですが、現在も芸能活動継続中。 ですが、いろいろ闇があったようなんです。 中村愛美さんが消えてしまった理由について様々な事が言われていますが、デビュー前の不適切な交際や下着販売 ブラセラ などを行っていた疑惑でした。 まだ、疑惑の段階だったんですが、その後決定的な証拠写真が掲載されてしまいました。 この事が原因で、所属していた研音を解雇されてしまい芸能活動が停滞。 一応オールウェイズという事務所で現在も活動しています。 中村愛美の現在はツイッター更新もストップ 中村愛美さんの現在ですが、2015年にDVDや写真集を発売しているものの、その後は目立った活動がありません。 ツイッターもしていますが、2015年5月の更新以降止まっています。 反町隆史のGTO・生徒役の現在(野村朋子(トロ子)役) GTOの中では最も可愛かったと声が上がるなど、かなり人気があったトロ子演じた黒田美樹さんですが、2002年に残念ながら引退を表明しています。 引退の理由は不明ですが、2002年ということは当時22歳。 ドラマGTO以降もいくつかドラマに出演していました。 しかし、やなりGTO以降ヒット作に恵まれなかったのが原因でしょうか・・・?仮に芽が出なかったのが理由だとしたらちょっと残念ですね。 引退の理由は結婚?とも言われていましたが、こちらも特に確定的な情報はないみたいですね。 反町隆史のGTO!現在の生徒役のまとめ ドラマ反町GTOの中で最も売れた人といえば、当時いじめられ役でまだ小さかったし幼かった小栗旬さんで間違いありませんね。 あのころ誰が小栗旬さんがここまで有名な俳優さんになると思ったでしょうか?! ここ最近、妻の山田優さんは海外へも進出しているようで、海外モデルと肩を並べて活躍するなど、夫妻揃って絶好調のようですね。 なにがともあれ、私はこの元祖反町GTOが一番だったのではないかなと思います!社会現象にもなりましたよね。 懐かしいです。 あなたにオススメ.

次の

GTOドラマスペシャル(再)

反町 ドラマ

グッドライフ 〜ありがとう、パパ。 さよなら〜 ジャンル 原作 趙昌仁『カシコギ』 脚本 大久保ともみ 演出 白木啓一郎 出演者 ほか エンディング 「」 時代設定 製作 製作総指揮 笠置高弘(チーフプロデューサー) プロデューサー 木村淳 (アソシエイトプロデューサー) 制作 放送 音声形式 放送国・地域 放送期間 - 放送時間 火曜 22:00 - 22:54 放送枠 関西テレビ制作・火曜夜10時枠の連続ドラマ 放送分 54分 回数 11 特記事項: 初回は15分拡大(22:00 - 23:09)して放送。 『 グッドライフ〜ありがとう、パパ。 さよなら〜』は、からまで、の制作によりで毎週の22:00 - 22:54()に放送されていた。 初回は22:00 - 23:09(JST)の15分拡大。 のやなどでは単に「 グッドライフ」として表記される。 主演は。 概要 [ ] 趙昌仁(チョ・チャンイン)によるのベストセラー『 カシコギ』(日本名:トゲウオ)を原作とする作品で、舞台設定をのに置き換えてドラマ化。 と闘う幼い息子と、息子を献身的に看病する父親の儚い運命を描いたヒューマンドラマである。 は「 韓国で200万人が涙したベストセラー日本で待望のドラマ化」。 主演のは、『』以来13年ぶりにで主演を務めた。 また反町にとって、『』(・)以来3年弱ぶりとなる連続ドラマ主演作でもある。 本作はにおいて、制作『』以来となる関西テレビ放送自主制作作品であった。 ただし『リアル・クローズ』はが協力しており、関西テレビスタッフでの完全自主制作となるのはの『』以来である。 あらすじ [ ] この節にあるあらすじは作品内容に比して不十分です。 を参考にして、 物語全体の流れが理解できるように(も含めて)、をしないよう ご自身の言葉で。 ( 2015年3月)() 新聞記者の澤本大地は、家庭を省みず、常に仕事を優先していたが、ある日突然、妻・華織が家を出て行ってしまう。 残された息子・羽雲(わく)の面倒を1人で見る事になる中で、息子が自分に向けられた無償の愛を知り、父子の絆を深めていくが、息子が白血病であることが発覚する。 そして羽雲の治療が開始され予断を許さぬ一進一退の治療が進む中、父子間の絆もより一層深まっていく。 やがて、ようやく羽雲の治療にも光明が見え始めた頃、大地自身の身に本人も思いもよらなかったある事実が…。 産和に勤務する報道記者。 何事にも厳しく、決して妥協を許さない仕事人間。 論理的に人を糾弾することが得意で仕事での評価は高く、自身もその事に誇りを持つが、職場に仲間と呼べる人間はおらず、家庭も省みない。 両親が自分の幼少期に死んだ過去があるため、家族の愛などの「無償の愛」には不器用なところがある。 羽雲曰く「本当のパパは泣き虫」。 だが、羽雲と2人で暮らすようになってからは父親としての自覚が少しずつ芽生え、入院生活を送る息子のために不器用ながらも最大限の愛情を注ぐようになる。 その流れで、保留していた華織との離婚も決断し、羽雲の親権を自分の側にした。 また、羽雲への愛情が深まるにつれ、他人への接し方にも変化が出始めていた。 羽雲のが見つかったのと同じ時期に、手術が不可能な末期のが発見され、「半年」であることを宣告されるが、残された時間をすべて羽雲のために使うことを決断。 羽雲のが無事成功し、退院してからしばらくの間は、羽雲と一緒に暮らしていたが、がんの転移により羽雲の前で急逝する恐れが出てきたため、「仕事の都合」と嘘をついて羽雲を華織に預け、入院した。 愛称及び一人称:わっくん。 一人称の事を同級生にからかわれているが、恥ずかしくて「俺」「僕」と言えない。 当初は華織に連れられて大地のところを出ていってしまうはずだったが、羽雲自身がそれを拒否したため、大地のところへ残ることとなった。 新聞記者である大地を誇りに思っており、退院後には自分が孤独になる時間が増えることを知りつつも、大地に新聞記者に戻ってもらうことを願っていた。 また、将来の夢は新聞記者になることで、入院中から「わっくんしんぶん」なるものを大地の仕事態度をマネしつつ執筆し始めた。 大地と2人だけでの生活が始まってすぐに白血病を患っていることが判明し入院。 一時は病状が悪化したが、骨髄移植が成功し退院する。 物語開始時には6歳の小学1年生だったが、退院後には7歳になり、小学2年に進級していたことが分かった。 が嫌い。 関連の知識が豊富で、同じクラスのあおいやCLSの七海からは「動物博士」と呼ばれている。 天宮(澤本) 華織 34 演: 大地の元妻で羽雲の母親。 元はで、展覧会の企画や開催までの全てを取り仕切っていた。 キャリア志向だったが、羽雲の妊娠を機に専業主婦となる。 育児にかかっていた時期があり、ある日夫と息子を残して1人家を出て行ってしまい、キュレーターに復職していた。 この事に関して大地は当初母親が何の前触れもなく出て行ったことを非難していたが、大地に芽生えた父親としての感情が強くなってからは「羽雲を捨てて自分だけ逃げ出したこと」を非難するようになった。 しかし羽雲のことを捨てたつもりはなく、当初は前述の通り羽雲と一緒に出て行くつもりであったらしい。 そのため、新しく住むようになったマンションも羽雲のために学校や動物公園が近いマンションにしており、また羽雲が白血病で入院したときには母親として見舞いに訪れたが、離婚によって羽雲の親権は大地のものになっていたため、当初は親権を持つ大地の許可なしで面会は許されない状況であった。 当初は仕事のことばかりで自分や羽雲のことには少しも気をかけなかった大地を軽蔑していたが、羽雲を献身的に看病する姿を見て若干ではあるが見直しつつあった。 そのため、第10話で大地が仕事の都合で羽雲を預かってほしいと頼まれたときには、まだ大地が末期がんで余命が短いことを知らずにいて、「仕事の都合」で羽雲を再び預けようとしてきたことにショックを受けていた。 澤本 大地の父親 演:(第1・3・9話) 父親が大地にを飲ませて一緒に死のうとしたが、大地が拒否したため、自分だけ首を吊って自殺した。 この直前に大地にを食べさせてから無理心中を図ったため、大地はラーメンを口にすることができなくなった。 大地の中では大人になってからも悪い印象しかなかったが、羽雲と暮らすうちに実は彼なりの不器用な最大限の愛情をうけていたことに気づいていった。 澤本 大地の母親 演:(第9話、写真) 明青医科大学付属病院 [ ] 紺野 七海 25 演: チャイルド・ライフ・スペシャリスト CLS。 勉強熱心で直向きだが、理想が高く頭でっかちなところがある。 頑張り屋だが、焦って空回りしてトラブルを引き起こす事もある。 様々な局面で病棟の子供達や澤本親子と関わっていく中で、子供や親の気持ちの現実を目の当たりにしながらも一人の人間として大きく成長していく。 円山 湊人 45 演: 小児科医師。。 病院に寝泊まりし、寝癖だらけの髪で毎日出勤している。 机の上も汚い。 その上慇懃無礼で、看護師にはセクハラ三昧であるが、実は子供と真摯に向き合える優秀な医師である。 元々は血管・血液等の循環器専門でもあるため、大地の余命の見立ても行っていた。 黒木 啓二 演: 研修医。 大地の(本人は大地のものとは知らない)を見て、「すい臓癌の末期で手術は不可能」であることを七海に教えた。 李信基(イ・シンギ)教授 演:(第6・7話) 小児白血病の権威。 円山とはボストン留学時代からの友人。 大地に「カシコギ」の話をし、「父親は我が子のためにどう生き、どう死んでいくべきなのか」という言葉を残す。 韓国医師 演:ミン・ユンスク(第6話)、チェイ・ヒュン(第7話) 小児科の看護師 [ ] 足立 優香 演: 井上 英子 演:田嶌友里香 皆川 美紀 演:福田敦子(第1話 - 第7話) 蒲田 美代子 演:春山玲那(第1話 - 第7話) 真山 雅 演:(第1話 - 第7話) 婦長 演:(第1・2話) 小児病棟患者(保護者) [ ] 藤本 太陽 演:小山颯(第1・2・3・4話) 羽雲の同室に入院している、羽雲と同じく白血病を患う小児患者。 抗ガン剤の副作用ですでに髪の毛は全て抜け落ちているため、いつも毛糸の帽子をかぶっている。 まだ検査入院していた頃、寂しそうにしていた羽雲を病棟から連れ出し、哺乳器に入っている新生児を見に行く。 その後はお互いにケンカしたり励まし合ったりするなど羽雲の良き友達となったが、第4話で亡くなる。 はな 演:(第1・2話) 東 まり 演:(第3話) 藤本 美紀 演:(第2・4話) 太陽の母親。 妊娠中。 第4話では羽雲を抱きしめ、「絶対元気になってね」と言う。 藤本 萌 演:(第2・3・4話) 太陽の姉。 (役名不明) 演:本田大翔(第5話) 第5話で退院する際に雲に気づき、声をかける。 (役名不明) 演:本川嵐翔(最終話) 家に帰りたいと泣いているところを七海に励まされる。 父親 演:新垣直人(最終話) 泣いている自分の子供に何もできずに困っていたが、七海に助けてもらう。 上桃ヶ丘小学校 [ ] 細川 良二 演:(第1・2・6・8話) 2年2組の担任教師。 瀬川 あおい 演:(第1・2・4・5・8 - 最終話) 羽雲と同級生で仲良し。 第5話で羽雲と水族館デートを楽しんだ。 将来の夢はパティシエになること。 山下 陸 演:椙杜翔馬(第1・8・10・最終話) いじめっ子のリーダー。 将来の夢はサッカー選手になること。 川上 海 演:(第1・8・10・最終話) 陸の仲間。 谷中 空 演:(第1・8・最終話) 陸の仲間。 関根 健太 演:関戸咲介(第8・10話) 羽雲の同級生。 産和新聞社 [ ] 奥田 真一 演:(第1・3・6・10話) 産和新聞社社会部の部長。 大地の元上司。 大地の過去を知る唯一の人物。 そのこともあってか、大地が離婚して羽雲を引き取ったことを知った時には大地の父親の末路から羽雲を華織に預けることを強く薦めたり、第6話で大地が会社を辞めた際にライターとしての仕事を紹介してあげるなど、大地のことを気に掛けた行動が多く見られた。 児島 賢哉 演:(第1・2・4話) 大地の元部下。 社会部記者。 失敗の繰り返しで疲弊していく。 大失態を犯して大地に叱責された後に自殺を図るが、一命を取り留める。 福島 貴之 演:(第1・2・3話) 大地の元部下。 社会部記者。 大地の発言からすると、大地がデスク昇進の話を断った後にデスクに就任したと思われるが、真偽は不明。 谷 演:(第1・2・3話) 大地の元部下。 社会部記者。 大地の本社上司 演:(第4・6話) 職場のパソコンでに興じるなど、やる気のない態度を見せる。 その他 [ ] 雪村 慎平 58 演: 東京美術大学の教授。 華織と偶然知り合い、良き相談相手として、彼女の心を支えていく。 子供のために美術セミナーを開いている。 羽雲の個性的な絵の才能を伸ばすことに生きがいを感じており、羽雲からも「ぺーせん」と呼ばれ慕われている。 水島 洋子 演:(第1・3話) 華織の職場の後輩。 (役名不明) 演:(第4・9話) 華織の同僚。 名前は不明。 ゲスト [ ] 二宮弁護士 演:(第1話) 華織の離婚代理人。 コンビニ店員 演:(第1話) エンタメ雑誌編集者 演:渡部紘平(第7話) 奥田の紹介で大地に記事を依頼する。 内藤 演:(第7・8話) 都立港中央病院の医師。 大地の担当医。 編集者 演:永島和明(第8話) 秋口に政治的な大掛かりな記事をお願いしたいのだが、予定はどうなっているかと大地に聞く。 外科医 演:(第9話) 明青医科大学付属病院。 大地の検査を担当する。 カメラマン 演:(第9話) 「フォトスタジオ ふたば写真館」の経営者。 大地と羽雲の家族写真および大地の遺影作成のための写真を撮影する。 大地が赤ちゃんの時に家族写真を撮った写真館でもある。 弁護士 演:金井駿司(最終話) 大地から親権の変更手続きを依頼されていると香織に話す。 主題歌 [ ]• 「」() 挿入歌 [ ]• 「羽根」() スタッフ [ ]• 原作:チョ・チャンイン著「グッドライフ」訳:金光英実・小学館文庫• 脚本:、大久保ともみ• 演出:(関西テレビ)、白木啓一郎(関西テレビ)• 音楽:• 選曲:• 技術協力:• 美術協力:• 照明協力:日本照明• 音響効果:• 編集・MA:• スタジオ:• 制作協力:イメージフィールド(ラインプロデューサー:井之原尊)• チーフプロデューサー:笠置高弘(関西テレビ)• プロデューサー:木村淳(関西テレビ)• アソシエイトプロデューサー:(関西テレビ)• 制作著作:関西テレビ放送 放送日程 [ ] 各話 放送日 サブタイトル 脚本 演出 視聴率 第1話 2011年4月19日 パパはとっても悲しい生き物です 大島里美 三宅喜重 9. 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• [ ]• ・系 前番組 番組名 次番組.

次の