ご一読 意味。 「ご一読ください」の意味と使い方・例文|お礼・丁寧表現

「ご査収ください」の正しい意味と使い方は? 例文つきで解説

ご一読 意味

日本語を覚える際でも英語を学習する場合でも、それぞれの言葉・表現を実際に使って覚えることが大切です。 その実践的に学習する場合の1つに「例文を使って覚える・学習する」という方法があり、この例文を使って覚える際でも、いろいろな場面・状況をあらかじめ設定して覚えることで効果的な学習法となるでしょう。 ・研究資料として提出する資料は、必ずその提出前にもう一度ご一読ください。 ・今度、新しく作らせていただきました施設案内です。 どうぞご一読ください。 ・こちらはシティホールのパンフレットになります。 ぜひご一読ください。 このように「ご一読」という言葉は「どうぞ一度見てください・読んでください・確認してください」といった内容を含めています。 ください 先述で「ご一読ください」と「目をとおしてください」という表現の意味・内容はほぼ同じというようにご紹介しました。 「目をとおしてください」という表現は基本的に「一度、読んでおいてください」となり「読む」という行動を指す意味合いを強く持ちます。 上記を踏まえた上で「ご一読」の意味・内容においても「読んでください」という「読む」という行動をメインに指す用法が強くうかがえ、両者の用法はほとんど同じ扱いになります。 しかし、「ご一読ください」と一般的に言われる際には「内容をご確認ください」という意味も同時に含まれるため、読むだけではなく「読んだ上でしっかり内容を把握してください」というニュアンスが込められます。 まず「査収(さしゅう)」という言葉の意味は「物品や書類の内容を詳しく調べること・確認すること」を指します。 しかしこの「ご査収」という言葉の用途の範囲は「物品・金品などの取り調べ」などに使われる言葉としてあるため、その使用範囲の点で「ご一読」とは用途が異なってきます。 さらに「ご一読」という言葉の意味には「ただ目をとおす・読むだけ」という意味合いも含まれてくるため、「査収」のように「絶えず詳しく調べること」を指しません。 この場合では「ご査収ください」と言う方が「より詳細に内容を確認してください」という意味合いが強まり、「ご一読」の意味合いとは大きく違う傾向がうかがえます。 「ご一読」と「ご確認」の違い 「ご一読」という言葉を英語に直す場合、それぞれの英単語の意味合い・用法に配慮する上で以下のようにピックアップされます。 ・please read(ご一読ください、お読みください) ・please confirm(ご確認ください、ご一読ください、ご一考ください) ・please check(ご確認ください、ご一読ください、ご査収ください) ・please ascertain(ご確認ください、ご一読ください) ・please review(反省してください、ご一読ください) ・please support(ご支援ください、裏付けてください、ご一読ください) ・please peruse(ご一読ください、ご確認ください、披見ください) 「ご一読」の英語表現と意味(1) 先でご紹介しました「ご一読」の英語表記を参考にして、「ご一読」の意味合いを含めた英語の例文をいくつかご紹介します。 ・Please read the attached document provided at the hotel. 「当館でご用意いたしました添付資料をご一読ください。 」 ・Please check the e-mail your sent this time. 「この度、お送りいたしましたメールをご確認ください。 」 ・Please review materials attached to the paper materials. 「論文資料に添付させていただいた資料を査収ください。 」 「ご一読」の英語表現と意味(2) 先述しました「ご一読」の英語表現に引き続き、さらに具体的な「ご一読」の例文をご紹介します。 ・It would be greatly appreciated if you would like to receive impressions about each exhibition material after reading the informational text on this exhibit material. 「この度の展示資料について記載された情報文をご一読くださいました後で、ぜひそれぞれの展示資料に関するご感想をいただければ幸いです。 」 ・By confirming our management beliefs, you will be able to understand our management philosophy. 「弊社の経営信条をご一読いただくことによって、弊社の運営理念をご理解いただけるでしょう。 」 「ご一読」の英語表現と意味(3) 先述の具体的な「ご一読」の英語表現に引き続き、今度はいろいろな場面で使われる「ご一読」の例文をご紹介します。 ・Basically, the word "reading" is treated the same as the meaning of the expression "Please confirm". 「「ご一読」という言葉は基本的に「ご確認ください」という表現の意味と同じ扱いを受けます。 」 ・The meaning of "reading" and "perusal" is used for completely different purposes, "perusal" refers to "indicating interpretation. " 「「ご一読」と「熟読」の意味は全く別の用途で使われ、「熟読」は「解釈を示すこと」を指します。 」 「ご一読」の正しい意味と用法を覚えましょう いかがでしたか。 今回は「ご一読」の意味と使い方・例文・敬語・読み方・「ご査収」との違いと題して、「ご一読」の意味と使い方・例文・敬語・読み方・「ご査収」との違いに就いての詳細情報のご紹介をはじめ、いろいろな場面で使われる「ご一読」の用例をご紹介しました。 「ご一読」という言葉は一般的に「ご確認ください」などの表現と同じ扱いを受けることが多く、その意味合いでは「特定の内容・情報についてよく読み、その内容をしっかり把握してください」などといった意味合いで使われます。 ビジネスシーンではこのような「ご確認」や「ご一読」、また「ご一考」や「ご査収」などと、似たような意味合いを持つ言葉を場面に合わせて適切に使用することが求められるため、日頃からしっかりとそれぞれの言葉の意味・用法を理解しておきましょう。

次の

「ご査収ください」の正しい意味と使い方は? 例文つきで解説

ご一読 意味

日本語を覚える際でも英語を学習する場合でも、それぞれの言葉・表現を実際に使って覚えることが大切です。 その実践的に学習する場合の1つに「例文を使って覚える・学習する」という方法があり、この例文を使って覚える際でも、いろいろな場面・状況をあらかじめ設定して覚えることで効果的な学習法となるでしょう。 ・研究資料として提出する資料は、必ずその提出前にもう一度ご一読ください。 ・今度、新しく作らせていただきました施設案内です。 どうぞご一読ください。 ・こちらはシティホールのパンフレットになります。 ぜひご一読ください。 このように「ご一読」という言葉は「どうぞ一度見てください・読んでください・確認してください」といった内容を含めています。 ください 先述で「ご一読ください」と「目をとおしてください」という表現の意味・内容はほぼ同じというようにご紹介しました。 「目をとおしてください」という表現は基本的に「一度、読んでおいてください」となり「読む」という行動を指す意味合いを強く持ちます。 上記を踏まえた上で「ご一読」の意味・内容においても「読んでください」という「読む」という行動をメインに指す用法が強くうかがえ、両者の用法はほとんど同じ扱いになります。 しかし、「ご一読ください」と一般的に言われる際には「内容をご確認ください」という意味も同時に含まれるため、読むだけではなく「読んだ上でしっかり内容を把握してください」というニュアンスが込められます。 まず「査収(さしゅう)」という言葉の意味は「物品や書類の内容を詳しく調べること・確認すること」を指します。 しかしこの「ご査収」という言葉の用途の範囲は「物品・金品などの取り調べ」などに使われる言葉としてあるため、その使用範囲の点で「ご一読」とは用途が異なってきます。 さらに「ご一読」という言葉の意味には「ただ目をとおす・読むだけ」という意味合いも含まれてくるため、「査収」のように「絶えず詳しく調べること」を指しません。 この場合では「ご査収ください」と言う方が「より詳細に内容を確認してください」という意味合いが強まり、「ご一読」の意味合いとは大きく違う傾向がうかがえます。 「ご一読」と「ご確認」の違い 「ご一読」という言葉を英語に直す場合、それぞれの英単語の意味合い・用法に配慮する上で以下のようにピックアップされます。 ・please read(ご一読ください、お読みください) ・please confirm(ご確認ください、ご一読ください、ご一考ください) ・please check(ご確認ください、ご一読ください、ご査収ください) ・please ascertain(ご確認ください、ご一読ください) ・please review(反省してください、ご一読ください) ・please support(ご支援ください、裏付けてください、ご一読ください) ・please peruse(ご一読ください、ご確認ください、披見ください) 「ご一読」の英語表現と意味(1) 先でご紹介しました「ご一読」の英語表記を参考にして、「ご一読」の意味合いを含めた英語の例文をいくつかご紹介します。 ・Please read the attached document provided at the hotel. 「当館でご用意いたしました添付資料をご一読ください。 」 ・Please check the e-mail your sent this time. 「この度、お送りいたしましたメールをご確認ください。 」 ・Please review materials attached to the paper materials. 「論文資料に添付させていただいた資料を査収ください。 」 「ご一読」の英語表現と意味(2) 先述しました「ご一読」の英語表現に引き続き、さらに具体的な「ご一読」の例文をご紹介します。 ・It would be greatly appreciated if you would like to receive impressions about each exhibition material after reading the informational text on this exhibit material. 「この度の展示資料について記載された情報文をご一読くださいました後で、ぜひそれぞれの展示資料に関するご感想をいただければ幸いです。 」 ・By confirming our management beliefs, you will be able to understand our management philosophy. 「弊社の経営信条をご一読いただくことによって、弊社の運営理念をご理解いただけるでしょう。 」 「ご一読」の英語表現と意味(3) 先述の具体的な「ご一読」の英語表現に引き続き、今度はいろいろな場面で使われる「ご一読」の例文をご紹介します。 ・Basically, the word "reading" is treated the same as the meaning of the expression "Please confirm". 「「ご一読」という言葉は基本的に「ご確認ください」という表現の意味と同じ扱いを受けます。 」 ・The meaning of "reading" and "perusal" is used for completely different purposes, "perusal" refers to "indicating interpretation. " 「「ご一読」と「熟読」の意味は全く別の用途で使われ、「熟読」は「解釈を示すこと」を指します。 」 「ご一読」の正しい意味と用法を覚えましょう いかがでしたか。 今回は「ご一読」の意味と使い方・例文・敬語・読み方・「ご査収」との違いと題して、「ご一読」の意味と使い方・例文・敬語・読み方・「ご査収」との違いに就いての詳細情報のご紹介をはじめ、いろいろな場面で使われる「ご一読」の用例をご紹介しました。 「ご一読」という言葉は一般的に「ご確認ください」などの表現と同じ扱いを受けることが多く、その意味合いでは「特定の内容・情報についてよく読み、その内容をしっかり把握してください」などといった意味合いで使われます。 ビジネスシーンではこのような「ご確認」や「ご一読」、また「ご一考」や「ご査収」などと、似たような意味合いを持つ言葉を場面に合わせて適切に使用することが求められるため、日頃からしっかりとそれぞれの言葉の意味・用法を理解しておきましょう。

次の

「ご一読ください」の正しい意味と類義語、応用テクニックまで紹介!

ご一読 意味

正しい日本語をマスターしているつもりでも、ときに誤った日本語や敬語を使っていることがあります。 何でも言い合える上司と部下の関係、そして取引先との関係であっても、ベースにある基本の敬語をしっかりマスターしておくことは、とっても大切です。 「ご一読ください」「ご確認ください」などの丁寧な言葉は、日頃から使い慣れておく姿勢がマスターするためのポイントです。 マナー知らずの恥ずかしい30代にならないために 社会の組織の中では、20代の社会人や大学生のポジションは、まだまだスタート地点に近いもの。 「ご一読ください」などの敬語をしっかりマスターしておくことは、30代や40代になる上での、大切なステップになります。 知らない間に世間知らずの中年ビジネスマンにならないためにも、経験値の浅い今から、敬語をマスターしておきましょう。 「目を通してください」だと失礼な印象を与えることも 打ち合わせなどの席で、資料をクライアントや上司に配ったとき、思わず口から出てくる言葉に「目を通してください」というセンテンスがあります。 確かに「目を通してください」という表現は、日本語として誤りでは無いです。 しかし、丁寧な敬語かというと、そうではありません。 人によっては、ぶしつけ・失礼と捉えられてしまう事もあるので、注意をして下さい。 クライアントの評価UPも狙える「ご一読ください」を使おう 資料や用紙に目を通して欲しい場合、スマートに使える敬語に、「ご一読ください」「ご一読ねがいます」「ご一読いただけましたら、幸いと存じます」などがあります。 是非覚えておきたい敬語のひとつです。 「ご一読ください」は、「目を通してください」という表現に比べて、物腰が柔らかくなり、丁寧な言葉使いに聞こえ、印象が良くなります。 こうした基本的な敬語をおさえておくと、クライアントからの評価もアップしますのでマスターしておきましょう。 「ご一読ください」の類義語は「ご確認なさってください」 「ご一読ください」という敬語は、様々な改まった席で用いることができます。 他に類似した敬語では、「確認してください」という意味の「ご確認なさってください」「ご確認ください」などの類義語があります。 ただし、よく似ている表現で「ご確認してください」は、「ご~する」という謙譲語になってしまうので、相手に対して使うのは誤りです。 うっかりビジネスシーンで使ってしまうことも多いため、注意が必要ですので忘れずにマスターして下さい。 「正しい敬語表現」を知って、目上の人との会話を楽しもう 「ご一読ください」は社会人として、ぜひ知っておきたいフレーズのひとつです。 社会人としての年数がアップするにつれ、色々な立場の人と接する機会が増えてきますよね。 そんなときに「正しい敬語表現」をマスターしておくと、自信をもって目上の人と、臆することなく会話を楽しむことができます。 言葉は生き物ととらえ、ポジティブに自分のモノにしていきましょう。 敬語で信頼を勝ち取ろう 敬語の使い方ができている人とできていない人では相手が感じる印象も全く違うものがあるでしょう。 打ち合わせのシーンなどにおいて「目を通してください」というフレーズを使いたい場合には、「目を通してください」の敬語である「ご一読ください」を使うと、とってもスマートな表現になります。 「ご一読ください」と伝えることによって、相手に敬意をあらわす敬語を表現できます。 丁寧な敬語表現は自分のモノにして、取引先や上司からの信頼もゲットしてくださいね。

次の