ダナン ベスト シーズン。 ダナンのおすすめゴルフコース!特徴や料金相場+ベストシーズンを解説

ダナンの気候は?一年通してのダナンの気候と服装。ベストシーズンはいつ?

ダナン ベスト シーズン

ダナンは、世界遺産の街も楽しめるビーチリゾート! 日本でも人気急上昇のリゾートシティ「ダナン」。 ベトナムのリゾートエリアの中心都市としてその注目度は世界的に益々高まっています。 なんといっても「ダナン」の魅力は米誌『フォーブス』で世界の豪華なビーチの1つにも選ばれたダナンビーチ。 白い砂浜の海岸線は約70Km続き、年間を通じて季節ごとの雄大な海の表情を見せてくれます。 ベトナムに5つある世界遺産のうちの4つ(フエ、ホイアン、ミソン、フォンニャ・ケーバン)がベトナム中部に集中しており、特にホイアンは人気の世界遺産スポットとなっています。 北部のランコーも含め、遺跡観光の拠点にもなるリゾートエリアとして世界的なホテルチェーンが続々と開発を行っています。 日本でも人気のリゾートエリアになったのは、フュージョン マイア リゾートなどの宿泊するとスパトリートメントが無料で予約できるスパインクルーシブのホテルが数件あり、スパインクルーシブは世界的にも珍しいなサービスであるため、これでダナンの認知度は急上昇し、特に女性から観光やビーチ、ショッピング、グルメ、エステなど女子旅に人気の滞在プランを楽しめることから大好評となりました。 ホテルもカジュアルなリゾートから優雅なリゾートライフを過ごせるラグジュアリーリゾートまで新しいホテルが開業ラッシュです。 また現在ではベトナム中部の玄関口であるダナンへは、成田空港からベトナム航空の直行便で約6時間30分、関西国際空港からダナン国際空港線の直行便が2018年10月28日から就航し、フライト時間も約4時間30分と関西からも更に行きやすくなりました。 ベトナム 気候の特徴 ベトナムの国土は、南北に約1200kmにわたる長い距離があるため、北部(ハノイ)・中部(フエ、ダナン、ホイアン)・南部(ホーチミン、フーコック)でそれぞれに特徴があります。 首都ハノイもある北部は亜熱帯性気候で日本と同じように春夏秋冬の四季の変化があります。 ベトナムの人気観光都市ホーチミンもある南部は熱帯モンスーン気候となり、一年を通して気温が高く、季節は雨季(5~10月)と乾季(11月~3月)に大きく分かれています。 ダナンのある中部の気候は、年間を通して高温多湿で雨が多いのが特徴です。 こちらも熱帯モンスーン気候の地域となり、1年の中で乾季と雨季の2つの季節に大きく分けられます。 ベトナム旅行では、訪れるエリアによって雨季と乾季の時期が違うことや訪問する時期によって気候にかなりの違いがあるので、服選びは充分注意しましょう。 ダナンの乾季(2月~8月) 2月から8月までが乾季となります。 雨季から乾季へ2月から少しずつ雨も少なくなり、気温も過ごしやすくなります。 2月は観光ではベストシーズンともいわれており、ビーチでのリゾート目的でなければ、街歩きに最適ともいわれています。 照りつける太陽のイメージが強いダナンですが暑さはそれほど気にならず、気温も安定し、天気も比較的晴れの日が多く、ダナンで人気の観光スポットであるダナン市街の市場やハン川沿いのバクダン通り、郊外の五行山やバナ高原避暑地などへの散策や世界遺産の街であるホイアンやフエへの観光小旅行を楽しむことが出来ます。 しかし2月はにあたる日程は避けたほうが良いでしょう。 ものすごい混雑でカオス状態になります。 3月から4月は、徐々に夏と変わらないほど日差しも強くなります。 6月から8月は最も暑い時期になります。 南西モンスーンの影響を強く受ける地域であることから、7月中旬より風を徐々に感じはじめますが、9月上旬まではビーチやプールを楽しむことが出来ます。 7月~8月は特に暑くなりますので、紫外線や暑さ対策には十分注意しましょう。 ダナンの雨季(9月~1月) モンスーンの影響を受け、9月から1月までが雨季となります。 特に10月から12月が雨季のピークで風雨や台風の季節となり、エリアによっては洪水や海岸浸食に見舞われることもありますので気を付けましょう。 ビーチ沿いのリゾートでも10月から2月の間は、徐々に気温も下がっていき、強い風と波のため、海で泳ぐことができません。 南国ですが、10月から5月までは最低気温が20度を下回る日もあるので、羽織るものなどの身支度が必要です。 ダナンやホイアンでは冬場の冷える日には薄手のダウンジャケットが必要という日もあります。 雨季ですが、毎日雨や雲りというわけではなく、晴れた日には、世界遺産観光や街歩きにはちょうど良い気候になります。 折りたたみ傘やカッパなど雨具を用意しましょう。 またランコーはベトナム北部と南部の境となるハイバン峠の北側のため、ダナン・ホイアンとは少し気候や天気のずれがあります。 5 22. 3 24. 2 26. 4 28. 3 29. 1 26. 1 28. 5 31 33. 1 34. 1 20 21. 5 23. 5 24. 9 25. 6 降水量(MM) 85 25 20 35 84 90 雨の日数 8. 9 7. 8 11. 1 7. 8 18. 3 29 27. 5 25. 9 24. 1 22. 4 33. 9 31. 6 29. 3 27. 1 24. 4 25. 4 24. 3 23. 3 21. 8 19. 7 降水量(MM) 87 117 312 650 432 216 雨の日数 17. 8 21. 4 20. 9 12. 2 7. 2 11. 1 ダナンへのアクセス 日本からダナンまでのフライトは、ホーチミンやハノイを経由しての移動が基本でしたが、2014年7月に成田からダナンへの直行便が就航され、搭乗時間は約5時間30分〜6時間30分と非常に便利になりました。 ダナン直行便は週5便運行しています。 関西国際空港からは直行便として、LCCのジェットスター・パシフィック航空が関空~ダナン線を2017年9月1日から就航していましたが、2019年1月9日より運休となり、出資するベトナム航空に路線が引き継がれました。 ベトナム航空は関西国際空港からダナン国際空港線を2018年10月28日から就航しており、全日空とのコードシェア便で関西からダナンには大変行きやすくなりました。 ホーチミンやハノイを経由する場合、ツアーで人気のパターンとしては、まず日々の疲れをとるためにダナンのリゾートホテルでゆっくりとしたリゾートライフを過ごし、充分にリフレッシュした後にホーチミンやハノイのどちらかの都市でグルメやショッピングなどの観光中心の滞在を合わせたツアーも人気です。 フライトでの搭乗時間は、ホーチミンへは成田から約6時間20分、関空からは約5時間30分、名古屋からは約6時間20分で到着。 ハノイには羽田、成田、名古屋から約6時間、関空からは約5時間となります。 ホーチミンやハノイに到着後に国内線に乗り換え、ダナン国際空港へ移動となります。 ホーチミンとハノイの両都市からダナンへは、いずれも約1時間のフライトとなります。 空港からダナンのノンヌォックビーチ沿いのホテルへ車で約15分程です。 ダナンは、周囲の人気のエリアへの玄関口でもあり、ホイアンへは約40分、ランコーへは約1時間、フエへは約3時間でのアクセスとなります。 また関西国際空港からは直行便として、ベトナム航空がダナン~関空線を2018年10月28日から就航しています。 全日空とのコードシェア便で秋冬時期の3月末までは、週6日運航で、4月以降の春夏時期は毎日運航になります。 関西を午前9時30分に出発でお昼の12時5分にダナン着、ダナンを深夜の0時20分に出発で午前7時に関西着となります。 ダナン ビーチ ダナンでのバケーションを満喫するには、やはりビーチフロントのホテルで過ごしたいものですね。 ダナンのビーチは約70kmの広大な海岸線沿いに様々な特色あるリゾートホテルとビーチが連なります。 ダナンには滞在型のリゾートホテルでプールとビーチを同時に楽しめる贅沢なシチュエーションを持つホテルも多くあります。 インフィニティプールからダナンビーチを眺めながら、ゆっくりと休日を過ごしてはいかがでしょう。 ダナン市の主要道路とダナン国際空港を最短でつなぎ、市の東端にあるミーケビーチやノンヌオックビーチへの直通ルートとなります。 毎週土・日曜日の21時にドラゴンの口から火と水を噴くアトラクションとライトアップが人気を集めています。 2015年4月にできたばかりの新スポット「カーチェップホアーロン」の像(ドラゴンと鯉の合体像で通称マードラゴン)、その横にある橋の欄干に南京錠をつける「愛の桟橋」も登場し、あわせてダナン人気の観光スポットとなっています。 また夜景を見るなら「ノボテル・ダナン・プレミア・ハンリバー」の35階と36階にあるルーフトップバー「SKY36」。 ベトナム一の高さ166メートルの夜景を楽しめます。 ダナンでは古くからの観光スポットは少ないのですが、近年ハン川沿いに新たな観光スポットが造られています。 世界遺産の街「ホイアン」 ダナンから約30キロ南下すると世界遺産の街ホイアンがあります。 フエ王朝時代(1600年代)に全盛であったこの街は1999年に世界遺産となりました。 ホイアン観光は徒歩で半径数キロの歴史保護区となり、ノスタルジーな街並みを来遠橋(日本橋)を中心に「タンキーの家( 進記家)」、「クアンタンの家(廣勝家)」などの観光スポット巡りや街中にはベトナム料理のおいしいお店が多いので有名店の食べ歩きも楽しめます。 毎月旧暦の14日は『ランタン祭り』が開催されています。 (月により開催日が異なります。 )また東側へ数キロ離れたホイアンのビーチ沿いには、ラグジュアリーリゾートのザ ナム ハイなど個性的なビーチリゾートが立ち並んでいます。 隠れ家リゾート「ランコー」 ダナンから車で北上し、ベトナムの北部と南部の境となるハイバン峠のハイバントンネルをくぐり、約1時間で鳴き砂の海岸で有名なランコービーチへ。 ランコービーチのあるランコー村はフランス領時代に保養地として拓け、静かな漁村の雰囲気を感じさせる静かなエリアです。 2012年より開発されたリゾートコンプレックス「ラグーナランコー」はホテル(高級ヴィラタイプの「バンヤンツリー」、カジュアルな「アンサナ」)とゴルフ場などのリゾート複合施設です。 またランコーのラグーンで養殖された新鮮なシーフード料理は人気です。 ベトナムの最後の王朝があった古都の世界遺産の街「フエ」と同じく世界遺産の街「ホイアン」へのアクセスは、ランコーから車でそれぞれ約1時間半となります。

次の

ダナンビーチのベストシーズンはいつ?ベトナムの最新注目スポット

ダナン ベスト シーズン

お客様がお使いのブラウザは、JavaScriptの設定が無効になっております。 そのため、トラベルコの機能で一部正しく表示されない、動作しないなどの現象が発生しております。 以下の方法でブラウザの設定をご確認のうえ、JavaScriptが無効になっていた場合は有効にしてください。 JavaScriptの設定方法 Internet Explorerの場合• Internet Explorerのメニューバーにある「ツール」から「インターネットオプション」を選択。 「インターネットオプション」画面の「セキュリティ」タブを選択。 「レベルのカスタマイズ」ボタンをクリック。 「セキュリティの設定」画面の「スクリプト」項目の「Javaアプレットのスクリプト」を「有効にする」にチェックをする。 「スクリプト」項目の「アクティブスクリプト」を「有効にする」にチェックする。 「スクリプト」項目の「スクリプトによる貼り付け処理の許可」を「有効にする」にチェックして「OK」ボタンを押す。 Firefoxの場合 のサイトを参照いただき、設定いただくようお願いします。 Chromeの場合 のサイトを参照いただき、設定いただくようお願いします。 Safariの場合 のサイトを参照いただき、設定いただくようお願いします。 更新日:2020年6月23日 トラベルコのWebサイト及びアプリは、以下を閲覧推奨環境としております。 閲覧推奨環境以外をご利用の場合には正常な動作を保証いたしかねます。 恐れ入りますが、以下いずれかの環境でサイトをご利用くださいますようお願いいたします。 上記以外のブラウザ(Opera等)は、一部サービスで正常に表示されない場合があります。

次の

【おすすめ16選】ベトナムの定番観光地(ホーチミン・ハノイ・ダナン)~ベストシーズン・各都市の特徴と観光日数の情報も~

ダナン ベスト シーズン

ダナンの年間の気温や天気は? ダナンの年間平均気温は26. 月ごとのおおよその平均気温、平均最高気温、平均最低気温を下記の一覧表にまとめましたので、ご確認ください。 7 24. 8 18. 5 2月 23. 0 26. 1 19. 8 3月 25. 1 28. 7 21. 5 4月 27. 2 31. 0 23. 3 5月 29. 2 33. 4 24. 9 6月 29. 7 33. 9 25. 5 7月 29. 8 34. 3 25. 3 8月 29. 7 33. 9 25. 5 9月 27. 8 31. 5 24. 1 10月 26. 4 29. 6 23. 2 11月 24. 3 27. 0 21. 6 12月 22. 1 24. 9 19. 3 6~8月は特に暑くなるので、熱中症対策をしっかり行う必要があります。 私がダナンに行ったのは3月でしたが、観光で歩いているとすごく暑かったので、6~8月になるとこまめに水分補給や休憩を取る必要があると思います。 ダナンの雨が多いのはどの時期? 気温だけでなく、雨量も気になるポイントかと思いますので、月別のおおよその降水量(mm)と降水日数(日)もまとめていきます。 ダナンの月別降水量・降水日数一覧表 月 降水量 降水日数 1月 96. 2 13. 7 2月 33. 0 6. 9 3月 22. 4 4. 8 4月 26. 9 5. 6 5月 62. 6 8. 9 6月 87. 1 8. 0 7月 85. 6 8. 6 8月 103. 0 11. 4 9月 349. 7 15. 4 10月 612. 8 21. 2 11月 366. 2 20. 9 12月 199. 0 18. 6 雨は8月頃から多くなり始め、これが1月頃まで続きます。 特に、 9~11月は非常に雨の日が多く、台風がやってくることも。 ダナン近郊にあるホイアンなどは、雨量が多いと浸水してしまうこともありますので、この時期の旅行は避けることが無難です。 私がダナンに行った3月は雨量が少ないこともあり、滞在中に雨が降ることはありませんでした! ダナン旅行のベストシーズンはいつ? ダナンは目的によってベストシーズンが変わります! ダナンの気温や雨について触れてきましたが、ベストシーズンは一体いつなのでしょうか? 一般的に、ダナンのベストシーズンは5~8月言われています。 しかし、実際には、 旅の目的によって異なります。 そこで、目的ごとに絞ったベストシーズンをご紹介をしていきたいと思います。 ダナン旅行の目的が観光なら、2月・3月・4月がベストシーズン! 海に入る予定が無く、観光をするだけなら、2~4月がベストシーズンとなります。 2~4月は、雨の日が少なく、降水量も少ない時期。 また、気温も低めなので、街歩きにはピッタリのシーズンと言えます。 ダナンは5月以降になると夏が始まり、うだるような暑さとなります。 そのため、観光で歩き回ると、Tシャツなどは着替えが必要になるほどの汗をかきます。 紫外線も強く、こまめに水分補給をしないと熱中症にもなりかねませんので、観光のみを目的とするなら、オススメの時期とは言えません。 2~4月、特に2月は、こういったこともなく、日本の季節で言うと春~初夏頃の気候ですので、散策をすることが目的ならこの時期に行かれることをオススメします。 ゴルフが目的の場合も、この時期が良いかと思います。 私は3月にダナン旅行をしましたが、観光がしやすく、暑さも感じられたので海やプールを楽しむこともできました。 ダナン旅行で観光と海水浴の両方を楽しみたいなら、5月・6月がベストシーズン! 「せっかくリゾート地に来たからには、海に入りたい!でも、観光もしたい!」という方にとってのベストシーズンは、5~6月となります。 そのため、海に入っても寒いということはありません。 むしろ、正午頃は日差しが強いため、海に入るのは夕方頃からにするほうが良いくらいです。 観光するにあたっても、2~4月ほどではありませんが、5~6月も比較的スッキリと晴れる日が多いため、問題なし。 ただし、暑さへの対策だけはしっかり行いましょう。 水分をこまめに補給したり、日焼け止めを塗ったり、着替えを持ち歩くことをおすすめします。 ダナンのビーチ(海水浴)がメインなら、7月・8月がベストシーズン! ダナンのビーチでのんびり過ごすことが目的なら、7~8月がベストシーズンです。 ダナンの海は、乾季に入るとどんどん透明度が高くなっていく特徴があります。 そのため、7~8月の乾季終盤、特に8月は、一年の中で最も海の透明度が高くなります。 また、空の青さも強まりますので、リゾート気分を一層高めてくれます。 5~6月でも海に入ることはできますが、より綺麗な海と空を体感したい、リゾート気分を満喫したいという方は、7~8月に行くのがおすすめです。 この時期に旅行する際の注意点としては、年間で最も気温が上がり、日差しが強いこと。 ダナンでサーフィンをするなら、9月・10月がベストシーズン! ダナンは、9月中旬頃から雨季に入ります。 雨季に入ると、海の透明度が下がり、クラゲが発生することもありますので、海水浴には向きません。 ただし、 波が高くなりますので、サーフィンをするならこの時期がベストシーズンとなります。 注意したい点は、10月中旬頃から台風シーズンに突入すること。 ダナンへサーフトリップするなら、9月中旬~10月中旬頃までがおすすめです。 ダナンでの服装は? 次に、 ダナンでの服装についてご紹介をしていきます。 こちらも時期によって異なりますので、分けてご紹介していきます。 ダナンに行く時期が3月・4月の場合におすすめしたい服装 ダナンの3~4月といえば、少しずつ気温が上がってくる季節にあたります。 特に3月中旬以降になると、雨の日も少なくなり、過ごしやすくなります。 そのため、 日本の初夏~夏を意識した服装がおすすめです。 ちなみに、私がダナンに訪れたときは毎日暑かったので、半袖のTシャツにハーフパンツ、サンダルで十分過ごせました! ダナンに行く時期が5月・6月・7月・8月の場合におすすめしたい服装 5~8月になると、ダナンは本格的な暑さとなります。 そのため、 日本の夏を意識した服装がおすすめです。 歩き回ると汗をよくかくことになりますので、通気性の良い素材を選んだり、着替えのTシャツを持ち歩くと重宝します。 日差しも大変強くなりますので、日焼け止め対策のためにあえて長袖の服を着て肌を隠すのも良いかもしれません。 ダナンに行く時期が9月・10月の場合におすすめしたい服装 9~10月になると、少しだけ暑さが和らぎますので、 日本の初夏を意識した服装がおすすめです。 この時期は雨が多くなり、スコールに見舞われることもありますので、着替えを持ち歩くと重宝します。 また、 撥水加工がされているものや、乾きやすい素材の衣類を選ぶこともおすすめです。 ダナンに行く時期が11月・12月・1月・2月の場合におすすめしたい服装 11~2月は、気温が下がり、肌寒さを感じることもありますので、 日本の春を意識した服装がおすすめです。 晴れた日の日中であれば半袖で過ごせますが、夜や雨の日は半袖だけでは少し寒く感じることもありますので、 薄手の羽織りを持ち歩くと重宝します。 年間を通して身に付けたほうが良いもの ダナンも暑さもさることながら、日差しにも注意しなければなりません。 年間を通して日差しが強いため、紫外線対策グッズを身に付けましょう。 特に、• サングラス• 日焼け止めクリーム• ミネラルウォーター等の水分 は必須です。 ダナンに行きたい!ツアーや航空券はどこで申し込む? 私は今回のダナンの旅行を、HIS(エイチアイエス)で申し込みました。 上記のバナーをクリックすれば、HIS(エイチアイエス)の公式ホームページに飛ぶことができますので、ぜひチェックしてみてください。 HIS(エイチアイエス)を利用してよかったところは? HISを利用して良かった点として挙げられるのは、ダナン空港とホテルの送迎をしてもらえる点。 ダナンは比較的小さな町なので、タクシーで十分移動できますが、到着してすぐだとフライト疲れもあるので、できればゆったり移動したいところ。 HISのプランには空港到着後にホテルまでの送迎が付いていましたので、この点はすごく有り難かったです。 また、この日本語ガイドの方がすごく良い方で、チェックイン時にホテルのフロントと話をしてくれ、 ホテルのスパ「ザ・ナンスパ」の30分無料マッサージ券を付けてもらうことができました。 スパの本格的なマッサージは本当に気持ちよく、無料で受けることができて本当にラッキーでした。 帰り(ホテルから空港)の日本語ガイドの方も明るく気さくな方で、空港でのチェックインを手伝ってくださいました。 こういった点も、HISのツアーを利用するメリットと言えそうです。 海外旅行に強いHISだからこそ、他社より比較的低価格で、質の良いサービスを受けられるのかもしれません。 私はいつもを利用していて、今まで不満だったことは一度もなく、大満足の旅行となっています。 自分にとってのベストシーズンを見極めてダナンを満喫しましょう! 今回はダナンのベストシーズンや服装についてご紹介してきましたが、いかがでしたか。 旅の目的によってベストシーズンは異なるので、どの時期が良いかを見定めてダナンを楽しんでいただければと思います。

次の