なす 洋風 レシピ。 なすの煮びたし/揚げずに作る簡単レシピ/作り方:白ごはん.com

なすと豚肉の洋風揚げびたし 作り方・レシピ

なす 洋風 レシピ

なすの煮びたしのなすの切り方 なすの煮びたしは、 味の染み込みをよくし、箸や口で皮を割きやすくするために、皮に切り込みを入れるとよいです。 ヘタを切り落として縦半分に切り、皮に2〜3mm間隔で浅く切り込みを入れます。 次にフライパンの底面に皮が当たりやすくするために、なすをさらに縦半分にします。 あとは水にさっとつけてアクを抜きます(炒める直前にざる上げして、キッチンペーパーなどで水気をふき取るとよいです)。 なすの煮びたしには生姜の風味がぴったりなので、生姜は 皮ごと包丁の腹の部分で軽くつぶして使います。 生姜を入れて弱めの中火にかけ、生姜がフツフツとなってくれば一度火を止め、 なすの皮を下にしてきれいに並べてから、再び火をつけます(中火程度)。 ここでなすの皮側を油で炒めます。 なすの皮側に火が通って全体的にきれいな紫色になれば、なすを返して残りの2面を軽く焼きます。 Aを加え、煮汁が沸いたら そのまま3~4分煮ます。 はじめにしっかり炒めているので煮る時間は短めでOKです。 なすに火が通れば、保存容器や器に煮汁ごと移します。 熱々でも美味しいですが、2〜3時間以上味をなじませてから食べるのもおすすめです。 冷蔵庫に移して、翌日に食べてもとても美味しいおかずです。 仕上げに刻みねぎやみょうがなどの薬味を合わせても。

次の

なすの人気レシピ!つくれぽ1000以上だけ【48選】1位は?5000越えは?10000越えは?【なすだけ!南蛮!煮浸しなどの殿堂入り】

なす 洋風 レシピ

大人のおつまみ「焼きなす」みんなのアレンジは? まずは大人が大好きな「焼きなす」。 シンプルになすを味わえる、ちょっと大人なメニューです。 簡単にできてしまうので、時間がないときにも助かる! 「焼いて、生姜醤油で食べる」( 47歳/主婦) 「輪切りにしてフライパンで焼き、ポン酢と大根おろしで食べる。 唐辛子を入れるとつまみにもなる」( 57歳/主婦) 「なすを少々多めの油で焼き、おろしにんにくをのせて、めんつゆをかけます。 おつまみにもってこいです」( 32歳/主婦) 「なすを焼いて赤みそで食べる」( 34歳/総務・人事・事務) 「なすのバター焼き。 バターの上から味の素をふりかけて、醤油を回しかけて食べます」( 47歳/主婦) 冷めても美味しい「揚げなす」 焼きなすと同じように「揚げなす」も素材を感じられるメニューのひとつ。 合わせるタレを工夫すれば、毎日だって飽きません! 「なすの素揚げをおろししょうがと醤油で」( 31歳/総務・人事・事務) 「なすを素揚げして、甘辛タレの出しをかけて食べるのが好きです。 さつまいも・かぼちゃ・レンコンなども一緒にするとより喜びます」( 54歳/主婦) 「なすの揚げびたしが冷たくしても美味しい。 醤油や味噌、オイスターソースにカレー味まで、アイディアがたくさん! 「麻婆なすが一番喜びます」( 26歳/その他) 「なすのみぞれ炒め。 なすを炒めて大根おろしと醤油だれをかける。 大根おろしでサッパリ」( 35歳/主婦) 「なすとピーマンの甘辛炒め。 甘辛の味付けで子ども達も好きです。 最後にごま油を少しかけるともっと美味しい」( 41歳/主婦) 「なすとひき肉のオイスターソース炒めが美味しいとご飯おかわりしてくれる」( 38歳/主婦) 「カレー粉をまぶして、油多めで炒めると美味しい」( 55歳/その他) トロっと美味しい「煮物」 なすならではのトロっとした食感が楽しい煮物も人気ですよ。 味が染みこみやすいので、噛めばジュワ~っと口の中に旨味が広がります! 「なすの生姜そぼろ煮」( 29歳/主婦) 「なすとピーマンの味噌煮込み」( 57歳/主婦) 「オランダ煮」( 52歳/主婦) 「チキンとなすのトマト煮込み」( 36歳/主婦) 「グラタン」で洋風にもチェンジ 洋食ではなすのグラタンが一番人気! チーズとトースターがあれば、グラタン風が簡単に作れちゃいますよ。 特に子どもが喜ぶ一品です。 「なすとひき肉を味噌で甘辛く炒め、耐熱皿に入れてチーズをかけてトースターなどで焼く。 子どもも喜ぶ一品」( 36歳/営業・販売) 「なすのグラタン。 なすに、トマトソースをかけ、その上にチーズをのせてオーブンで焼く。 大皿でドンと出すと喜んで食べる」( 47歳/総務・人事・事務) 「なすと合いびき肉を炒めて、トマトソースをかけ、チーズをふってオーブンで焼く」( 44歳/主婦) サクサク「天ぷら」でお店の味 表面はサクサク、中はトロ~っととろけるなすの天ぷらも美味しいですよね。 なす本来の旨味が味わえてシンプルで贅沢な味。 本当は大人だけで独占したい……そんな絶品おかずです。 「なすの天ぷらに麺つゆが 1番」( 42歳/その他) 「なすの天ぷら。 ボリュームが出る」( 52歳/主婦) 「なすの天ぷら、なすの旨味があっておいしいと好評です」( 57歳/主婦) 「漬物」で味わう なすの漬物は味が染みていてとっても美味しい! 自家製のぬか漬けでも、手軽に浅漬けでも。 毎日漬物があるだけで、ちょっと贅沢な気分になりそう。 「なすの浅漬け」(53歳/主婦) 「なすのぬか漬け」( 37歳/その他) 「味噌汁」の具材として 毎日のごはんに欠かせない味噌汁にもなすはベストマッチ! 柔らかくて味が染みこんだなすにほっと和んでしまいます。 「なすを味噌汁に入れる。 たまにすると新鮮に感じる」( 41歳/その他) 「お味噌汁。 油揚げとなすだけですごく美味しい」( 51歳/主婦) 「揚げなすの味噌汁。 冷凍の揚げなすだったがお味噌汁に入れたら思いのほか好評だった」( 37歳/主婦) いかがでしたか? 和洋中どんなメニューにもバッチリ合う「なす」はとっても使いやすい主婦の味方! 常備しておけば時短でさっとおかずにできるので、ごはん作りを助けてくれますよ。 今日のメニューに悩んでいる方、ぜひご紹介した「なすのレシピ」を参考にしてくださいね。

次の

なすレシピ人気ランキング特選20品!ナスと豚肉の簡単常備菜。子供のお弁当・作り置き煮浸しと洋風チーズおかずの作り方。

なす 洋風 レシピ

大人のおつまみ「焼きなす」みんなのアレンジは? まずは大人が大好きな「焼きなす」。 シンプルになすを味わえる、ちょっと大人なメニューです。 簡単にできてしまうので、時間がないときにも助かる! 「焼いて、生姜醤油で食べる」( 47歳/主婦) 「輪切りにしてフライパンで焼き、ポン酢と大根おろしで食べる。 唐辛子を入れるとつまみにもなる」( 57歳/主婦) 「なすを少々多めの油で焼き、おろしにんにくをのせて、めんつゆをかけます。 おつまみにもってこいです」( 32歳/主婦) 「なすを焼いて赤みそで食べる」( 34歳/総務・人事・事務) 「なすのバター焼き。 バターの上から味の素をふりかけて、醤油を回しかけて食べます」( 47歳/主婦) 冷めても美味しい「揚げなす」 焼きなすと同じように「揚げなす」も素材を感じられるメニューのひとつ。 合わせるタレを工夫すれば、毎日だって飽きません! 「なすの素揚げをおろししょうがと醤油で」( 31歳/総務・人事・事務) 「なすを素揚げして、甘辛タレの出しをかけて食べるのが好きです。 さつまいも・かぼちゃ・レンコンなども一緒にするとより喜びます」( 54歳/主婦) 「なすの揚げびたしが冷たくしても美味しい。 醤油や味噌、オイスターソースにカレー味まで、アイディアがたくさん! 「麻婆なすが一番喜びます」( 26歳/その他) 「なすのみぞれ炒め。 なすを炒めて大根おろしと醤油だれをかける。 大根おろしでサッパリ」( 35歳/主婦) 「なすとピーマンの甘辛炒め。 甘辛の味付けで子ども達も好きです。 最後にごま油を少しかけるともっと美味しい」( 41歳/主婦) 「なすとひき肉のオイスターソース炒めが美味しいとご飯おかわりしてくれる」( 38歳/主婦) 「カレー粉をまぶして、油多めで炒めると美味しい」( 55歳/その他) トロっと美味しい「煮物」 なすならではのトロっとした食感が楽しい煮物も人気ですよ。 味が染みこみやすいので、噛めばジュワ~っと口の中に旨味が広がります! 「なすの生姜そぼろ煮」( 29歳/主婦) 「なすとピーマンの味噌煮込み」( 57歳/主婦) 「オランダ煮」( 52歳/主婦) 「チキンとなすのトマト煮込み」( 36歳/主婦) 「グラタン」で洋風にもチェンジ 洋食ではなすのグラタンが一番人気! チーズとトースターがあれば、グラタン風が簡単に作れちゃいますよ。 特に子どもが喜ぶ一品です。 「なすとひき肉を味噌で甘辛く炒め、耐熱皿に入れてチーズをかけてトースターなどで焼く。 子どもも喜ぶ一品」( 36歳/営業・販売) 「なすのグラタン。 なすに、トマトソースをかけ、その上にチーズをのせてオーブンで焼く。 大皿でドンと出すと喜んで食べる」( 47歳/総務・人事・事務) 「なすと合いびき肉を炒めて、トマトソースをかけ、チーズをふってオーブンで焼く」( 44歳/主婦) サクサク「天ぷら」でお店の味 表面はサクサク、中はトロ~っととろけるなすの天ぷらも美味しいですよね。 なす本来の旨味が味わえてシンプルで贅沢な味。 本当は大人だけで独占したい……そんな絶品おかずです。 「なすの天ぷらに麺つゆが 1番」( 42歳/その他) 「なすの天ぷら。 ボリュームが出る」( 52歳/主婦) 「なすの天ぷら、なすの旨味があっておいしいと好評です」( 57歳/主婦) 「漬物」で味わう なすの漬物は味が染みていてとっても美味しい! 自家製のぬか漬けでも、手軽に浅漬けでも。 毎日漬物があるだけで、ちょっと贅沢な気分になりそう。 「なすの浅漬け」(53歳/主婦) 「なすのぬか漬け」( 37歳/その他) 「味噌汁」の具材として 毎日のごはんに欠かせない味噌汁にもなすはベストマッチ! 柔らかくて味が染みこんだなすにほっと和んでしまいます。 「なすを味噌汁に入れる。 たまにすると新鮮に感じる」( 41歳/その他) 「お味噌汁。 油揚げとなすだけですごく美味しい」( 51歳/主婦) 「揚げなすの味噌汁。 冷凍の揚げなすだったがお味噌汁に入れたら思いのほか好評だった」( 37歳/主婦) いかがでしたか? 和洋中どんなメニューにもバッチリ合う「なす」はとっても使いやすい主婦の味方! 常備しておけば時短でさっとおかずにできるので、ごはん作りを助けてくれますよ。 今日のメニューに悩んでいる方、ぜひご紹介した「なすのレシピ」を参考にしてくださいね。

次の