青葉 容疑 者。 【動画つき】京アニ放火事件の青葉容疑者を逮捕、容疑認める 京都府警

京アニ放火、青葉容疑者の今後は 刑事責任能力が焦点に:朝日新聞デジタル

青葉 容疑 者

去年7月18日、京都市伏見区にある京都アニメーションの第1スタジオが放火された事件では、社員36人が死亡、33人が重軽傷を負いました。 この事件で、警察は27日朝、スタジオに押し入ってガソリンをまいて火をつけ多数の死傷者を出したとして、やけどの治療を受けていたさいたま市見沼区の無職、青葉真司容疑者(42)を放火や殺人などの疑いで入院先の京都市の病院で逮捕しました。 身柄を捜査本部がある伏見警察署に移送したあと、警察は会見を開き、青葉容疑者が調べに対し「間違いありません」と容疑を認め、「ガソリンを使えば多くの人を殺害できると思った」などと供述していることを明らかにしました。 一方、事件から10か月余りがたって逮捕したことについては、複数の医師の意見などをもとに取り調べができるまでに回復したと判断したことや、新型コロナウイルスによる緊急事態宣言が解除されたことも考慮したとしています。 午後には裁判所が勾留を認め、その後、青葉容疑者は医師が常駐している大阪 都島区の大阪拘置所に移送されました。 今後、体調に配慮しながら拘置所内で取り調べが行われることになっています。 青葉容疑者は、逮捕前の任意の事情聴取に対し「自分の小説を盗用されたから火をつけた」などと話し、27日の取り調べでも会社側に恨みを持っていたといった内容の供述をしているということです。 警察は、平成以降、最も多くの犠牲者が出た殺人事件の詳しいいきさつについて、捜査を進める方針です。 警察や関係者によりますと、青葉容疑者は現在のさいたま市で生まれました。 幼い頃に両親が離婚し、父親と兄と妹の4人で暮らしていました。 市内の定時制高校を卒業したあとは平成10年までの3年間、埼玉県の文書課で非常勤職員として働きました。 翌年、21歳の時に父親は病死しています。 その後、兄弟とも連絡をとらなくなり、埼玉県春日部市のアパートで1人で暮らしていたとみられています。 平成21年には、母親の自宅近くの茨城県常総市に移り住みましたが、34歳の時にコンビニに包丁を持って押し入り、現金を奪ったとして逮捕されました。 当時住んでいた集合住宅の管理人によりますと、青葉容疑者の部屋はゴミが散乱していて、壁やパソコンの画面が、ハンマーで壊されていたということです。 管理人の男性は「夜中に目覚まし時計が鳴ったり、窓ガラスがベランダに散乱していたりと、苦情があった。 片づけた状態というより蹴り飛ばした状態だった。 逮捕されたあとの面会では終始、下を向きながら返事をして、ほとんど会話はなかった」と話していました。 この事件の裁判では実刑判決を受けていました。 平成28年に出所し、38歳になった青葉容疑者は、さいたま市の更生保護施設に滞在したあと、現住所のさいたま市見沼区のアパートで、1人で生活していたとみられています。 施設の関係者は「青葉容疑者はおとなしい様子で周囲とトラブルはなく、あいさつやお礼、日常会話はできていた。 読書が好きで、近くの図書館で本を読んだり借りたりしていた」と話していました。 病院関係者への取材で入院中の青葉容疑者の状況がわかってきました。 青葉容疑者は事件の際にみずからも重いやけどを負い、これまで10か月余りにわたって、大阪と京都の病院で治療を受けてきました。 全身の大部分をやけどしていて、当初、予断を許さない容体でしたが、皮膚の移植手術などを繰り返し受けて、会話ができる状態にまでは回復したということです。 ただ、両足のやけどは重く、現在もほとんどベッドに寝たきりの状態で、介助なしでは、食事もできず車いすに座ることもできないということです。 顔を除いて、全身のほとんどにガーゼや包帯が巻かれている状態で、軟こうを塗るなどして、治療を続けているということです。 青葉容疑者は病院のスタッフに対して、当初は趣味の電車の話をしたり、「頑張ります。 治します」などと治療に意欲を見せていましたが、最近は「かゆい、痛い」などとたびたび不満を訴え、リハビリにも積極的には取り組もうとしなかったということです。 また、入院中は慢性的に38度ほどの発熱が続き40度近くの高熱が出ることもあったということですが、今月に入ってからは、比較的、体調が安定していたということです。 容疑者は事件3日前の7月15日、さいたま市の自宅から新幹線で京都駅に来たあと、宇治市にある京都アニメーションの本社や京都市伏見区にある現場の第1スタジオの周辺を行き来する姿が目撃されていました。 警察は事前に下見をしていたとみています。 そして事件前日の7月17日、現場から5キロほど離れたホームセンターで、ガソリンを入れる携行缶やライター、大型のハンマーなどを購入し、台車に載せて移動していました。 この夜、第1スタジオの近くで野宿し、当日の18日は近くのガソリンスタンドでガソリンを購入。 その30分後にスタジオに火をつけたとみられています。 事件後、青葉容疑者は現場近くで身柄を取り押さえられていましたが、警察によりますと、その際、「小説を盗用されたからやった」などと叫んでいたということです。 また入院中に行われた任意の事情聴取に対しても同様の趣旨の話をしたうえで、第1スタジオを狙った理由については、「いちばん多くの人が働いていて多くの負傷者を出せそうだと思った」と事前の計画性をうかがわせる話をしていたということです。 現場で複数の包丁が見つかったことについては、「犯行を邪魔する人がいたら、襲うつもりだった」、「埼玉の自宅を出る時から事件を起こすつもりだった」などと話し、病院の関係者に対しては「どうせ死刑になる」とも話していたということです。 警察はこれまでに青葉容疑者のさいたま市の自宅アパートを捜索していますが、この際、京都アニメーションの関連商品のほか、小説を書くためとみられる大量の原稿用紙を押収しています。 また、京都アニメーションがアニメの原作となる小説を公募した際、青葉容疑者が少なくとも2点の小説を応募していたことが明らかになっていますが、会社側は「形式が整っていなかったため、1次審査を通らなかった。 内容に自社の作品との類似性はない」と説明しています。 事件が起きたのは去年7月18日の午前10時半すぎでした。 京都市伏見区にある「京都アニメーション」第1スタジオの正面玄関から男が押し入り、直後にガソリンをまいて火をつけました。 警察と消防によりますと、3階建ての建物は吹き抜けになっていて、巻き上がった黒煙はらせん階段をつたうなどして、あっという間に全体に広がったとみられています。 当時、中には、1階に12人2階に31人3階に27人の合わせて70人の社員が仕事にあたっていましたが、このうち36人が煙にまかれるなどして死亡しました。 一方、半数近くの社員がベランダや窓から飛び降りるなどして避難しましたが、多くが重いやけどやけがをして事件から10か月余りたったいまも、1人が入院を続けています。 けががなかったのは1人だけでした。 36人が犠牲となった今回の事件。 殺人事件としての死者数は平成以降で最も多くなりました。

次の

【京アニ放火】青葉真司容疑者を逮捕 刺青同級生に「かっこいいです」ヤンキーに憧れも

青葉 容疑 者

昨年7月、京都市伏見区のアニメ制作会社「京都アニメーション」(京アニ、本社・京都府宇治市)第1スタジオで起きた放火殺人事件で、京都府警は27日、殺人容疑などで無職、青葉真司容疑者(42)=さいたま市見沼区=を逮捕した。 調べに対し、「間違いありません」と容疑を認めている。 青葉容疑者は自らも重いやけどを負っており、入院して治療が続けられてきたが、府警は一定程度回復し、取り調べなどにも耐えられると判断した。 殺人事件として平成以降で最悪の犠牲者を出した未曽有の事件は発生から約10カ月で大きな節目を迎えた。 逮捕容疑は昨年7月18日午前10時半ごろ、同市伏見区にある鉄筋コンクリート3階建ての第1スタジオに侵入。 1階にガソリンをまき火を付けて全焼させ、建物内にいた社員36人を殺害し、34人を負傷させたなどとしている。 府警は事件から間もなくして逮捕状を取り、捜査を続けてきた。 事件では青葉容疑者自身も重度のやけどを負い、一時は命の危険もあった。 高度な治療を受けるため、京都市内の病院から大阪府内の病院に転院し、皮膚移植などの治療を受け、命に別条のない状態にまで回復。 その後、京都市内の元の病院に戻り、治療を受けたりリハビリしたりしていた。 捜査関係者によると、事件から約10カ月を経て青葉容疑者の容体は一定程度安定し、逮捕後の勾留に耐えられると複数の医師が判断したことから、京都府警は逮捕の方針を決定。 27日、青葉容疑者を入院治療中の京都市の病院内で逮捕し、府警伏見署に移送した。 青葉容疑者は事件直後に現場近くで身柄を確保された際、「小説を盗まれた」という趣旨の話をしていた。 また捜査関係者によると、昨年11月の府警の任意の事情聴取に容疑を大筋で認めた上で、「一番多くの人が働いている第1スタジオを狙った」「自宅を出るときから殺意があった」などと供述したという。

次の

青葉容疑者の勾留、最高裁も是認 京アニ放火、15日まで延長―地裁:時事ドットコム

青葉 容疑 者

大阪府大阪狭山市にある近畿大学医学部の附属病院。 略称は近大病院。 大阪府南部唯一の大学病院であり、地域医療の中核的な役割を担う 青葉容疑者への「皮膚移植」の高額治療 その後、 青葉容疑者はそこでの高度な火傷の治療を終えて、現在は京都市内の病院へ救急車での移送で転院していますが、大学病院で受けた治療については、これまでは皮膚移植と言われていました。 しかしここへ来て、実際に行われた治療は 、それよりももっと高度なもので、世界初の治療が行われたことがわかりました。 救命が困難と言われた青葉容疑者 大学病院に移送された際、青葉容疑者は、皮下組織まで傷が達する重いやけどを全身の約90%に負っていました。 皮膚などの表面だけではない、「3度熱傷」の重症のやけどということです。 通常、人は、体の広範囲にやけどを負った場合は、命が助からないといわれています。 そのため、青葉容疑者も当初は救命が困難とされていました。 青葉容疑者自身の培養表皮を移植 火傷の治療の場合、通常は、他人の皮膚の提供を受けて、皮膚移植というのを行いますが、青葉容疑者の場合に取られた方法は自己の組織を培養してできた皮膚、「培養表皮」というものを移植する方法です。 他人の遺体から提供された移植用皮膚を保管する「スキンバンク」は影響者が不足しており、京アニの事件では他にも多数の被害者があり、病院側は提供皮膚は被害者へ優先する方針を決めたといいます。 世界初の症例へ そこで、青葉容疑者には、初期の治療には「人工真皮」と呼ばれる人工皮膚を使用。 その後、自分の皮膚組織の一部から培養して皮膚を作り出す「培養表皮」を使って移植する手術を繰り返すことになりました。 培養そのものにも時間がかかり、さらに、移植を行うまでの間に感染症などへの高度な対策が必要でした。 その結果、 容疑者は命を保つまでに回復。 今回青葉容疑者に行った治療は、「人工真皮」と「培養表皮とだけで広範囲のやけどを治療するケースとして、世界初の事例となったのです。 治療費は青葉容疑者の自己負担? 今回の治療には、当然高額な治療費がかかったと思われますが、 その支払いは誰がするのかと言うと、全額が青葉容疑者の自己負担となるそうです。 通常は、逮捕後の容疑者に関しては、国や県が支払うケースもあるということですが、青葉容疑者はまだ逮捕前であり、基本的に、逮捕前も後も、容疑者自身が支払うという見解の捜査関係者もいます。 捜査関係者のコメントでは、青葉容疑者の医療費支払いについて「逮捕前なので、国費が充てられる理由はない」とし、容疑者負担を強調しています。 国は青葉容疑者の治療費を支払わない しかし、いくら青葉容疑者の負担とされても、この後罪を問われて逮捕となる青葉容疑者には支払い能力がないと思われますが、そのような場合は、親族に請求が行くのでしょうか。 どのようになるのかの詳しいところはまだわかっておりません。 世界初の事例ということで、青葉容疑者は病院では手厚い介護を受けたらしく、大阪府内の大学病院を退院する時に、看護師や医療関係者にお礼を言う一幕がありました。 事件を起こした後で、人にお世話になることのお礼を言うというのは、なんとも残念なことです。

次の