ドサイドン 技。 【ポケモン剣盾】ドサイドンの育成論と対策、入手方法まとめ!性格や技構成を元プロゲーマーが徹底解説!【ポケモンソードシールド】

【ダブル】ドサイドンの育成論と対策【ポケモン剣盾】

ドサイドン 技

6 1. 4 1. 15 8. 57 15. 4 19. 2 1. 2 0. 8 6. 67 16 ゲージ技 名前 威力 時間 DPS 発動 発生 65 1. 7 1. 4 38. 2 168 3. 6 2. 7 46. 7 120 2. 3 0. 7 52. 2 130 3. 1 1. 8 41. 9 85 3 2. 1 28. 6 2 36. 70 3 22. 37 4 21. 75 5 21. 10 6 20. 66 7 20. 65 8 20. 58 9 20. 30 10 20. 11 11 19. 81 12 19.

次の

【ポケモン剣盾】ドサイドンの育成論と対策、入手方法まとめ!性格や技構成を元プロゲーマーが徹底解説!【ポケモンソードシールド】

ドサイドン 技

+の一致攻撃範囲が広く、サブウェポンも豊富。 特防の低さ、弱点の多さも特性「」でカバーでき、一致弱点を突かれない相手には滅法強い。 総じて得手不得手がはっきりとしており、役割を持たせやすい。 第六世代ではじゃくてんほけんやとつげきチョッキと相性が良く採用数を伸ばした。 第七世代ではZクリスタルの登場により岩技のデメリットを補えたり、ダブルでじしんを単体攻撃として撃てたりと攻撃面が強化されたが、 前世代の役割対象であったやが弱体化したため採用機会が減少。 また対電気性能面でもやなど技持ちのポケモンが増え、やや不安定に。 その他特殊アタッカーの増加も逆風となる一方、トップメタのにはウッドハンマーやおにびさえなければロックブラストからアイアンヘッドで崩せる芽はある。 無振りでも「とつげきチョッキ」を持てば従来のいじっぱりAD振りよりも特殊耐久力が高く、 Dに振ることで役割対象である特殊電気への繰り出し回数が増えるのはもちろん、 今まで縛られていた相手に縛られなくなる可能性が広がり、選出できる機会も増える。 元々変化技を積極的に使うポケモンではないのでチョッキのデメリットも気にならない。 また、ハードロックにより抜群ダメージを軽減したうえで攻撃を2段階上げられる「じゃくてんほけん」により物理にも出しやすい。 大抵の地面・格闘技は特性込みで耐えられるため、後攻一致技で一撃で持って行ける。 持ち物が割れるまで、この2つの持ち物により特殊攻撃技と弱点攻撃の両方を躊躇させる点は優秀。 特性考察 ひらいしん もともと電気技が無効で、特攻が上がっても活かせる機会が少ないためシングルでは候補外。 基本的にダブル用である。 もちろん、で無効化されるため、でんきに弱いポケモンを相方にしている場合は注意。 ハードロック シングルでは基本的にこれ。 確実に役割を遂行するためにも必要。 他の2つの特性が自身のタイプや習得技とあまりにも噛み合っていないことから、消去法的な側面もある。 弱点が多いものの、特殊4倍弱点でなければ1発は耐えられるようになる 調整次第では特殊4倍弱点を耐えることもある。 「とつげきチョッキ」「じゃくてんほけん」とはかなりの好相性。 もちろん、これもで無効化される。 すてみ 隠れ特性。 習得する反動技は「とっしん」「すてみタックル PDW・VC限定 」「じごくぐるま VC限定 」のみ。 タイプ一致の「もろはのずつき」は覚えない。 メリットが皆無 せいぜい対策くらいにしかならない であり候補外。 レーティングでは対象技が「とっしん」 ストーンエッジにも劣る威力 だけという有様になる。 地面と攻撃範囲が被るが、 ナットレイや風船持ちの鋼には有効。 HP212振り以下のガブリアスは確1。 基本的に4倍狙い。 H振りナットレイはA特化+プレートで確1 ドラゴンテール 竜 60 90 優先度-6 積み技読み・交代読みで使用 つのドリル 無 - 30 一撃必殺 ドサイドンを受けに来るポケモンへの交代読みで使う 変化技 タイプ 命中 備考 ロックカット 岩 - 最速で積めば130族、準速なら115族まで抜ける つるぎのまい 無 - 決まれば強いが狙うタイミングがとても難しい みがわり 無 - 流し性能がそこそこ高いので役立つ場面はある。 特性をハードロックにしてチョッキを持たせれば、4倍弱点ですらも耐えられる。 物理が来たらカウンター、特殊が来たらメタバで対抗しよう。 波乗りは大地の力と攻撃範囲が被るので却下。 まあ冷静だけどな。 避雷針で特攻が上がる。 うまく交代読みで電気を受ければ、107族相当の特攻になれる。 技自体はいいものが揃ってるし、次世代では特殊型もネタじゃなくなるかもね。 無理がある特殊受け型 性格:しんちょう 努力値:HP252 特防252 持ち物:食べ残しorカゴのみ 技:ねむる つのドリル ねごと じしん 砂嵐状態必須。 高い体力と砂嵐補正で特殊技を受け止めるZE! 2倍弱点でもルカリオのきあいだま、ルージュラの吹雪が乱数2だけど 現実:一致の波乗りエナボ二発でさようなら、不一致ハイドロ、くさむすびでもさようなら。 最速85族まで抜ける。 が、抜ける範囲が少なく道具を活かせないことも多い。 草結び撃ってくるキッスとかに怒濤の岩石砲をぶちかますロマンを求めてみてはどうか。 この型は実用性は置いといて使ってて楽しいな 実現困難 だった なてだすけサポート型 特性:ひらいしん 性格:いじっぱりorようきorわんぱく 努力値:H252・攻252or攻252・素252orH252・防252 持ち物:きあいのタスキorラムの実orいのちのたま 確定技:てだすけ 選択技: ロックブラスト ストーンエッジ じしん まもる ロックカット など XDでのみ手に入るてだすけを覚えたサイドンを使うとしたら、 誰もがこのようなドサイドンを育成したいと考えるはず。 しかし厳選難易度は事実上XDの3鳥を軽く凌ぐ難易度となっているので、 (デスゴルド戦後に強制セーブ+ドサイドンに進化すると特性が変わる恐れあり。 XYでは特性カプセルがあるので問題ない) 粘る際は相当の覚悟をして挑まねばならないのである。 もし手に入れたら是非とも使ってやりたいな 実用性はともかく、厳選難易度はナンバー1になるような希ガス。 てだすけは優先度の高い技だからピンチの時の最後の一手として結構重宝する。 しんかのきせきによりドサイドンと同程度の耐久を得られるようになった。 進化前とは言え攻撃種族値は130。 サイドン=輝石のイメージを利用して、ドサイドン宜しく鉢巻で殴るのも良いかもしれない。 鉢巻カイリューの地震確3だが、ここまで振るとカイリキーの根性インファも耐える。 カイリューを後出しからステロ撒きの起点にしてカウンターで処理、その後起点にしようとしたパルシェンを吠えるで流したりヤドランをつのドリルで落としたりと大活躍だった。 特殊面も、ダースのめざ氷なんかではたいしてダメージは入らない。 カントーカップという限定的な環境の話だが、ゴローニャさんよりよっぽど化物でした。 特殊な環境のため、トリパエースとしてドサイドンのように立ち回ったが、水技切ってるヤドランが多くて大活躍。 ちなみに舞ったメガホーンでHBヤドランがピッタリ確1。 カイリューの鉢巻逆鱗も2耐えと、異様な刺さりっぷりを見せた。 対ドサイドン• 注意すべき点 ハードロックによる高い物理耐久、岩・地面の広い技範囲が強力なポケモン。 特殊相手でもハードロックのおかげである程度は耐えることができ、特に特殊電気には十分後出し可能。 XY新登場の持ち物「じゃくてんほけん」と「とつげきチョッキ」により、自らの持ち味を存分に強化できる。 ファイアローやガルーラ等、トップメタのポケモンに強く出られる。 対策方法 ハードロックがあるとはいえ、特防は低く、4倍弱点の草・水で攻めるのが得策。 また、物理攻撃が基本となる為、鬼火を入れることができればある程度抑えられる。 技 威力 命中 タイプ 分類 PP 備考 技05 ほえる - - ノーマル 変化 20 技06 どくどく - 90 どく 変化 10 技10 めざめるパワー 60 100 ノーマル 特殊 15 技11 にほんばれ - - ほのお 変化 5 技13 れいとうビーム 90 100 こおり 特殊 10 技14 ふぶき 110 70 こおり 特殊 5 技15 はかいこうせん 150 90 ノーマル 特殊 5 技17 まもる - - ノーマル 変化 10 技18 あまごい - - みず 変化 5 技21 やつあたり - 100 ノーマル 物理 20 技23 うちおとす 50 100 いわ 物理 15 技24 10まんボルト 90 100 でんき 特殊 15 技25 かみなり 110 70 でんき 特殊 10 技26 じしん 100 100 じめん 物理 10 技27 おんがえし - 100 ノーマル 物理 20 技31 かわらわり 75 100 かくとう 物理 15 技32 かげぶんしん - - ノーマル 変化 15 技35 かえんほうしゃ 90 100 ほのお 特殊 15 技37 すなあらし - - いわ 変化 10 技38 だいもんじ 110 85 ほのお 特殊 5 技39 がんせきふうじ 60 95 いわ 物理 15 技42 からげんき 70 100 ノーマル 物理 20 技44 ねむる - - エスパー 変化 10 技45 メロメロ - 100 ノーマル 変化 15 技46 どろぼう 60 100 あく 物理 25 技48 りんしょう 60 100 ノーマル 特殊 15 技52 きあいだま 110 70 かくとう 特殊 5 技56 なげつける - 100 あく 物理 10 技59 ぶんまわす 60 100 あく 物理 20 技65 シャドークロー 70 100 ゴースト 物理 15 技66 しっぺがえし 50 100 あく 物理 10 技67 スマートホーン 70 必中 はがね 物理 10 技68 ギガインパクト 150 90 ノーマル 物理 5 技69 ロックカット - - いわ 変化 20 技71 ストーンエッジ 100 80 いわ 物理 5 技75 つるぎのまい - - ノーマル 変化 20 技78 じならし 60 100 じめん 物理 20 技80 いわなだれ 75 90 いわ 物理 10 技82 ドラゴンテール 60 90 ドラゴン 物理 10 技84 どくづき 80 100 どく 物理 20 技87 いばる - 85 ノーマル 変化 15 技88 ねごと - - ノーマル 変化 10 技90 みがわり - - ノーマル 変化 10 技91 ラスターカノン 80 100 はがね 特殊 10 技94 なみのり 90 100 みず 特殊 15 技100 ないしょばなし - - ノーマル 変化 20 過去作技マシン No.

次の

【ポケモンGO】ドサイドンの種族値と覚える技

ドサイドン 技

ドサイドンの育成論 ドサイドンの育成論はこのようになります。 性格:ゆうかん or いじっぱり• 特性:ハードロック• 持ち物:じゃくてんほけん or いのちのたま• 努力値:H244 A252 D12• 実数値:• トリル運用する場合は、性格も素早さの下がるゆうかんにし、素早さの個体値も低いものを用意すると良いでしょう。 トリルでない運用の場合には意地っ張りがベターですが、対トリルを意識して勇敢の個体にするのもいいと思います。 特性は基本的にハードロックを選ぼう! ドサイドンは弱点のダメージを軽減する『ハードロック』の特性が最もメジャーです。 ドサイドンは味方への電気技を吸い寄せる『ひらいしん』の特性を持っているため、ダブルでは避雷針も一考の価値がありますが、避雷針の特性を求めるなら『しんかのきせき』を持たせたサイドンのほうが優秀なケースが多いため、ドサイドンとして採用するなら基本的にハードロックを選ぶことになるでしょう。 ハードロックは弱点保険との相性も良いので、ダブルでは味方に攻撃してもらって能動的に発動させるムーブもよく見かけます。 持ち物は弱点保険か命の珠がおすすめ! ドサイドンはダイマックスのエースとして運用することが予想されます。 そのため、持ち物はダイマックスと相性の良い弱点保険や命の珠がおすすめとなります。 努力値はHA振り、AD振りの好きな方を選ぼう! ドサイドンは総合耐久意識でのHA振り、もしくは低い特防を補うAD振りのどちらかがおすすめです。 ドサイドンは元の素早さが低すぎるため、ロックカットなどを採用しない限りは素早さに大きく努力値を割くことはないでしょう。 おすすめの技 ドサイドンのおすすめの技を紹介します。 じしん・10まんばりき 定番の地面技である『じしん』はシングルならまず採用となるでしょう。 ダブルでは味方を巻き込んでしまうため、構築によって『10まんばりき』との選択、または両立となります。 ストーンエッジ・いわなだれ・ロックブラスト・がんせきほう 岩技としては、ストーンエッジ、いわなだれ、ロックブラスト、がんせきほうのいずれかを選択する形となるでしょう。 岩技といえば『ストーンエッジ』や『いわなだれ』が一般的ですが、ダイマックス時の威力が高い『がんせきほう』やバタフリーなどの襷持ちに強く出れる『ロックブラスト』も候補となります。 かみなりパンチ ダイサンダーでの催眠対策、苦手な水タイプへの打点として、かみなりパンチを持たせるのもありでしょう。 アイアンヘッド 技範囲的には微妙ですが、ダイスチルの防御アップが強力です。 まもる ダブルのドサイドンには守るが必須でしょう。 ドサイドンは地面技と岩技だけで多くの範囲を見れるので、技スペースも余りやすく採用しない理由はありません。 つるぎのまい 積むのは難しいですが、1度でも積めればドサイドンが止まらなくなるロマンあふれる技です。 鬼火や威嚇を受けてもゴリ押せるようにもなるので、ドサイドンに厚い信頼を寄せている構築では採用するといいかもしれません。 ドサイドンの対策 ドサイドンは高い火力と高い物理耐久が特徴ですが、素早さは高くないためそこまで対策は難しくありません。 水や草の特殊アタッカーを採用する ドサイドンは特防の種族値が55しかないため、特殊アタッカーであれば比較的有利に戦うことができます。 中でも、水や草タイプは4倍弱点であり、ダイマックス状態であろうが、ハードロック込みで一撃で倒すことも難しくありません。 トリックルームを展開させない ドサイドンの岩と地面による攻撃範囲は、ほとんどのポケモンに対して等倍以上で通り、ダイマックスで火力を底上げされると、多くのポケモンが一撃で倒されてしまうほどのパワーを誇ります。 その強みを発揮するため、特にダブルバトルではトリル持ちと組んでいることが多いです。 トリルを展開され、ドサイドンに上を取られると、またたく間にポケモンが倒されていく展開になってしまうので、トリルを絡めた戦い方をなんとかして妨害していかなくてはなりません。 トリパの対策は様々ですが、ウオノラゴンなどの超火力のポケモンでトリル役を倒していけるようにしたり、トリル下でドサイドンより先に鬼火を入れられトリルを返すこともできるサマヨールを採用したりするといいかもしれません。 まとめ ドサイドンはトリル下で真価を発揮するポケモンであり、地面技と岩技による攻撃範囲を受けるのが難しいことが強みとなっています。 その反面、水と草の2つのタイプが4倍弱点であり、特殊耐久も低いことから、そこをうまいこと突いて倒していけるかが鍵となります。 他のポケモンでサポートしてあげないと動きにくい癖のあるポケモンではあるのですが、扱えればとても強いポケモンなので、是非ドサイドンを育ててみてください。

次の