ハイエース イラスト。 新型トヨタ・ハイエースのオフィシャル画像をさらに紹介!|MotorFan[モーターファン]

トヨタ ハイエース(TOYOTA HIACE)フリーイラスト素材(無料・商用利用可)

ハイエース イラスト

車種や年式によっては 車検を継続するよりも愛車そのものを買い替えたほうがリーズナブルな可能性があります。 継続車検を受ける前に、まずは愛車がいくらで売れるかの査定額を無料調査を必ず行い、車検と買換えどちらが得かを調べておくべきです。 しかも今の時期は車が高く売れる! 無料査定をした後で、車検をするか、買い替えるかを決めることをお勧めします。 なぜならば、 車検前=車を高く売 る最後のチャンスでもあるからです。 車検費用が高額ならば、むしろこれを機会に車を高く売ってみてはどうでしょうか? 車検が近付くタイミングは、多くの方にとって愛車を高く売って、 新しい車を買い替える軍資金とできる絶交のタイミングでもあります。 勿論、 車検が切れる前のタイミングの方が買取相場価格はずっと高額になります。 もし、愛車を高く売るなら業界最大手のがオススメです。 査定登録にかかる費用は 一切無料の一括査定で最高買取り金額がすぐにわかる。 愛車に関する情報を入力するだけで、好きな中古車買取店舗から 最高査定価格が算出されますので、損をしない比較検討が可能です。 入力はたったの 45秒程。 それだけで 愛車の最高査定相場を無料調査が可能です。 もちろん、 日本全国どの地域も対応可能です(しかも 輸入車買取にも強い!)。 さらに 最大10社の最高限度買取価格を比較するので、一番得する売り方を選ぶことができる上に、 何度試しても一社買取制度の他社よりも高額売却額アップ事例が立て続けに出ています。 まずはご自身の愛車査定相場を調査した後、冷静に「売却か車検か」を選択してください。

次の

ハイエースの写真素材|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK

ハイエース イラスト

フォルクスワーゲンの旧車:ヴァナゴンをイメージされて制作されたというハイエース。 ボクシー製ZEROフェイスキットにT-Style チューブタイプのフロントバンパーガードを装着。 伊勢谷友介さんが代表を務めるリバースプロジェクトのロゴマーク。 ラッピングに浮き文字風に施工されたこちらのマークも伊勢谷友介さんのイメージロゴマーク。 浮き文字デザインも伊勢谷友介さんがされているそうです。 リアビューはこちら。 ステラファイブLEDテールレンズは専用設計で開発されたコダワリ品だそうです! さらにランプガードも装備。 「内装はペンドルトンにしたい」という伊勢谷さんのご要望を受け、OGUshowさんよりご依頼いただきました! 数種類の生地から選んだハーディング柄を活かすために当初は黒の予定だったシートカバーを薄いグレーに変更するなど、内装は「ペンドルトンありき」で仕上げられたそうです。 2列目シートもしっかりとお揃いでペンドルトン縫製です。 正規品の証:ペンドルトンロゴもしっかりと入っています。 伊勢谷友介さんがお出かけの際に実際に使われることをしっかりと想定して製作しているそうです。 ヒーターやテーブルなど、カナリ綿密に拘って作られていましたよ!! セカンドシートとベッドキットが繋がって、広いフルフラットベッド空間を実現しています。 向かって右側ガラス部分は使い勝手を考えて、ヘルメット置き用の棚と収納式テーブルが備え付けられていました。 マット収納時のイメージです。 ご納車の際の風景 俳優の伊勢谷友介さんと愛車の丸目ハイエース200系。 向かって右側はOGUshow代表の小栗社長、左側はOGUshow営業担当の松本さんです。 2列目セカンドREVOシートもお揃いのペンドルトン生地で制作しています。 (シートはT-REVO プレミアム立体シートを用いたFD-BOX2です。 (10人乗り3ナンバー登録) 他にもフルフラット時のフラット感を主に考えたシートや、FD-BOX2以外のパッケージングもご用意しています。 ・ 参考•

次の

新型トヨタ・ハイエースのオフィシャル画像をさらに紹介!|MotorFan[モーターファン]

ハイエース イラスト

2019年2月18日に発表された新型ハイエース。 現在公開されている広報画像を追加でお見せするとともに、判明したその他の情報をお伝えする。 現地で発表された資料によれば、新型ハイエースのエンジンは「フロントホイールアクスルの上にマウントされていない」と明言。 現行ハイエースのキャブオーバーから変更されたことになる。 この変更により運転席と助手席の両方で、熱や振動がシートの下に発生することなく、より乗員に優しくなったことをアピール。 エンジンへのアクセスが容易になるため、保守性も向上するとしている。 またエンジンは縦置きで間違いないようだ。 車内スペースは収納力をより拡充。 「Commuter Deluxe」グレードは最前列の席の下に十分なスペースがあることに加えて、大きなオーバーヘッドトレーとコンソールトレーを備えている。 より広い足元や使いやすいよう工夫されたアシストグリップ、そして足元を照らすエントリーシステムなども用意。 ロングボディには5列シートを設定。 最大で17人乗りがあるが、乗車定員を減らしてヘッドレスト付き大型シートを用意した「ツーリズム」グレードも用意されている。

次の