アンデス メロン 食べ頃。 熊本県産『アンデスメロン』/東京青果株式会社

アムスメロン | メロン 品種の特徴 食べ方 選び方

アンデス メロン 食べ頃

メロンが届いても慌てないで! まだメロンは完成していません。 最後は貴方の手で仕上げてください。 メロンに「追熟(ツイジュク)」が必要である事をあなたはご存知ですか? スーパーの果物売り場に並んでいるメロンは、前を通れば甘い香りを感じるほどに熟している事が多いです。 これは、店頭に陳列している間に熟したからです。 本来、メロンは適切な収穫時期と食べ頃時期が異なっており、当農園のメロンも例外ではありません。 当然ながら追熟しなければ本来の美味しさを引き出せませんので、その方法をこのページで解説いたします。 冷蔵は禁止(食べる直前を除く) メロンの保存・追熟は 常温が基本です。 冷蔵庫に入れるのは「食べる数時間前」だけです。 冷蔵しても食べ頃を先延ばしにはできませんし、時間を掛けた分だけ良く熟すなんて事もありません。 メロンは細胞維持の為に糖を消費する一方、酵素の働きは抑制されるため、完熟した時点での「甘み」「旨み」は体感として低くなると思います(俗に言う「甘みが抜けた」状態です)。 しかも厄介な事に、熟すより先に傷みが先行する恐れも高まります。 繰り返しますが 冷蔵保存は禁止です。 ただし! 十分に熟したものの食べきれなかった場合は、過度な発酵を防ぐ為に冷蔵が必要です。 切ったものであれば、種を除いてラップを切り口にピッタリと密着させ、野菜室に保存します(汁タレ注意)。 それでも 長期保存はできませんので、早めに食べ切ってください。 追熟期間と環境 追熟に要する時間ですが、当農園栽培の品種はおおむね 収穫から5日ぐらいからが目安です。 当農園は食べ頃カードを必ず同封しておりますので、まずご確認ください。 環境は 適度に涼しい日かげが好ましく、夏である事を考慮してもできれば 気温30度未満、25度ぐらいであればベストです。 そして 風通しの良い場所であることが重要です。 ただし、 エアコンの冷風が常時当たるような場所は避けてください(扇風機はOK)。 お盆時ですし、仏壇脇に飾るというのはいかがでしょうか? 追熟中のトラブル 追熟行程は通常、何もしなくても問題は起こらないのですが、やはり個体によっては特別な対処が必要になる場合もあります。 底のヒビ割れ・汁タレ 良くご連絡いただくのが「お尻にヒビが入って、汁が出ている」という症状です。 これは心配いりません。 「熟れれば果皮が崩れ、果肉が外気に触れ、鳥や獣を呼び、食べられる事で種子を運ばせ、繁栄する。 」 実を結ぶ植物では至極当然な成り行きです。 まずはご自宅の畳や床を汚さぬ様、ヒビの入ったメロンをトレーなどに乗せ替えてください。 以降の追熟はこのトレーの上で進めます。 糖度の高い果汁は「カビ」と「虫」を呼びますので、固く絞ったタオル等で適度にふき取り、清潔に保ちましょう。 おすすめは「粘着テープを傷口に貼り付けてしまう」という方法です。 残り数日だけ傷を密閉できればいいので良い手です。 使うときに「ビビビィッ!」と音がするぐらい粘着力のあるテープならば、植物性ワックスで覆われたメロン果実にもくっ付きます。 (ちなみに…メロン生産者は、ヒビのないメロンはわざわざ食べません。 基本食べ飽きている為、ヒビが入るほど果汁が押し込まれた果実でないと食べる気が起きないのです。 贅沢ですね。 梅雨時に多く、ツルに濃灰褐色のカビが生えてきた等、ご連絡をいただくことがあります。 葉や花や芽や実といった「機能部位」がツル先にない、つまり切りっぱなしの状態になったツルは、免疫力がほぼ無くなります。 果実から見てツルは不要な部位ですから、本体から「見捨てられ」たツル部分はカビに無防備となり、繁殖の温床となるのでしょう。 ツルを切り落としても他の方法で熟度を判断し完熟までたどり着く事は可能です。 また、果皮のカビについても、ぶよぶよに傷んでいる場合を除き、大半の方から「可食部に問題なし」とのご連絡を頂いております。 (敏感肌やアレルギー体質の方は慎重にご判断ください) 褐変し潤み異臭が出ている 極少数ですが、必ず毎年ご報告いただきます。 残念ですが「見えない不良果だった」という事になります。 栽培過程では異常がなく出荷時も問題ないものの、お届け先で急激に傷みが進行し腐敗に至ります。 召し上がる事はせず、廃棄すべき個体です。 当農園のメロンであれば速やかにご連絡ください。 誠意を持って誠実に対応させていただきます。 追熟に伴う変化が見られない 意外に多いのが「5日以上経ったが見た目も匂いも変化が無い」というご連絡です。 考えられる原因は二つあります。 すなわち「熟すまでが長い個体だった」か、「熟しても変化を見せない個体だった」かです。 前者はどちらかというと大きい果実に起こりやすいようです。 時間が掛かるだけで、行程としては正常に進行するはずです。 このタイプは食べ頃期間も長い傾向があるように思います。 やっかいなのが後者です。 割ってみるまで分からないのに、割るタイミングも分からないという困りモノです。 箱に複数のメロンが入っているならば、明らかに変化が遅い個体も他と同時に熟しているはずと仮定し、割ってみるのも手です。 粘りすぎて過熟にしてしまわない様、くれぐれもご注意ください。 割るのが早すぎた 落として割ってしまった、良いと思って切ったらまだ硬かった、こういった場合は追熟を諦め、調理して食べる方法を考えたほうが良いでしょう。 メロンは内圧が大きく、割れ目を手で閉じようとしてもまず無理です。 一か八かで追熟を続行する手もありますが、大きな傷口にカビが生え、下手をすると傷みで1玉まるごとダメになる恐れがあります。 冷蔵庫に入れたくなりますが、冷気は傷みを抑えると同時に追熟も抑制してしまうため、長期に渡って冷蔵庫の邪魔になるだけでしょう。 ハチミツ漬けにしたりフルーツジュースの材料にする等、主役を他の食材に譲ってメロン風味だけ愉しみましょう。 薄くスライスすれば硬くても食べられますし、逆に採りたてのサクサク食感が好きという方も多いです。 割るのが遅すぎた 過熟については残念ながら発生後に打てる対処法はありません。 どちらかというと、食べるスケジュールを決めておく等の「計画的消費」で過熟を防ぐという考え方が有効です。 敢えて食べ頃目安日より前から食べ始め、追熟具合にアタリを付けておき、時が来たと思ったら一気に食べ、残ったらさっさと冷蔵・冷凍あるいは調理、と進むのが良いでしょう。 または・・・メロンブランデーにして、いっそ過熟を楽しむという開き直り?もご一考ください。 追熟完了のサイン 日付はあくまで目安ですので、最終判定はメロンを手にした方自身が行います。 最高の状態で「味わう」ために、五感をフル活用して見定めてください。 見る <信頼度70%> ツルがやつれ、茶色く変色し乾いている様に見えれば、追熟は順調でしょう。 ただし、太いツルだと食べ頃になっても萎れて来ない事があるので要注意です。 果皮の地(緑色の部分)は、ほんの少しですが色が薄くなってきます。 嗅ぐ <信頼度40%> メロン特有の 甘い香りが、果実の表面から感じられれば良い感じです。 ただし、過熟まで進んでしまっても良い香りは出続けますのでご注意ください。 また、食べ頃でも香りを出さない固体もあります。 触る <信頼度50%> 収穫直後のメロンに触れた場合、皮の厚みのおかげでソフトボールのような微かな弾力が果実全体から感じるはずです。 しかし基本的にはリンゴや和梨のような「引き締まった固さ」です。 底部が柔らかく、十分な弾力を感じられれば食べ頃が近いです。 指が差さる程ブヨブヨな場合は過熟にしてしまったかもしれません。 また、固いままでも可食部はホロホロ完熟というケースもあるようです。 程ほどの目安にしておきましょう。 聞く <信頼度30%> 軽く叩き、「トットッ」「ポッポッ」という 柔らかい反響音がすれば食べ頃です。 「タッタッ」「コッコッ」という音は、まだまだ繊維質がガッシリしている証です。 (シャクシャク食感の方が好みであれば食べても良いでしょう) 正直、音の差は微妙です。 あまり当てにしない方が無難かもしれません。 一手間かけてより美味しく 追熟中は時々、メロン果実の上下左右を入れ替えて果汁を循環させると、バランスよく熟れます。 濃度の高い砂糖水(果汁)は比重が大きく、下へ下へと流れます。 また、メロンは性質上、果実下部より熟していくので、やはり下部に濃厚な果汁が集まりやすくなります。 ということは、ひっくり返したり向きを変えてやれば、上から下までジューシーなメロンになるはずですよね。 高速追熟! まだ熟していないメロンにある事をすると、通常よりも早く完熟させることができます。 それは「密封」と「加温」です。 メロンは、エチレンというガスを発する果物です。 このガスは別名「老化ガス」と呼ばれ、果物の追熟を早める作用があります。 メロンを袋に入れて密閉すればエチレンが内部に溜まり、どんどん熟すというワケです。 加温の方で有名なのは、「炎天下の自動車のトランクにメロンを箱ごと入れておいたらあっという間に熟した」という話です。 走行中、箱内でゴトゴト動くことで皮付近の果実が刺激され、皮際まで食べられるようになるとか・・・。 これはトランクという密閉空間である事から、温度だけでなくエチレンの作用もありそうです。 加温しすぎても追熟適正温度を外れてしまうし、万が一過熟させてしまったら台無しですが、自己責任でお試しするのも一興かもしれませんね(無責任発言?)。 ウチのメロンは追熟ガイド入り!.

次の

アンデスメロン:旬の果物百科

アンデス メロン 食べ頃

メロンの食べごろの見分け方・見極め方 メロンは購入なフルーツの代名詞的存在ですよね。 1個当たりがとても高価なので贈り物にされることも多い果物の1つです。 高いだけに、せっかく食べるならベストな最高に美味しい状態で食べたい!と思う方が多いのではないでしょうか。 我が家も切ってみたはいいけれど、まだしっかり熟れていなかったという悲しい思いをしたことがあります。 ですがこの方法をしってからは今のところ失敗なしで美味しい状態で食べることができています。 マスクメロンなどの高級メロンから、スーパーで割とお値打ちに購入することができるアンデスメロン、プリンスメロン、クインシーメロン、ハネデューいったお手頃メロンにも使える方法です。 収穫後、食べ頃の時期はいつ来るの? まず初めに、そもそもメロンの食べごろの時期とはいつなのか気になりませんか? 実は出荷されてから1週間~2週間前ぐらいが最適な時期の目安になっています。 ですがこれは季節や置かれている場所の環境でも変わってくるため、自宅で切り開くときにはどんな状態になっているのか、収穫してからの日数だけでは判断することが出来ません。 そこでおすすめなのが、今回ご紹介する方法です。 では、詳しく解説しますね。 メロンの食べごろの見極め方 ポイントは 3つあります。 1、ツルの状態を見る まず1つ目のポイントは『 ツル』を見るということです。 メロンのツルが枯れ始めた頃が食べごろの目安となります。 まだ熟れていない状態と比較してみると・・ まだ実が固い状態 ツルが青々としていて元気いっぱい 食べごろ ツルがほとんどがしおれているが、根元の部分が若干黄緑色のまま残っている 熟れすぎ ツルが完全に枯れていて、メロンの表皮もくすんだ色味 このようになっています。 枯れすぎているものも食べごろの時期を逃しているので、見極めが大切です。 分かりやすくイラスト付きのグラフにしてみました。 比較してみるとわかりやすいですよね。 ツル付きのものが手に入った時は是非参考にしてみてくださいね。 しかし売られているにはツルがついていないものもたくさんあります。 ツルがない場合も、 ツルの根元を確認するとある程度色で判別することも可能です。 例えばこちらはスーパーで買ったものですが、ヘタがはじめからついていませんでした。 ですが根元の部分を確認すると、 根元の部分が若干黄緑色なのがお分かりいただけるかと思います。 ですがそこだけだと若干不安が残りますよね。 ツルがないものはどうやって見極めるのか、次のポイントをご紹介します。 2、叩いて音を聞く 2つ目のポイントは『 たたいた時の音』です。 実は未熟と適熟ではたたいた時の音が違います。 未熟のメロンは「 カンカンカン」という固めの音。 適熟のメロンは「 ボンボンボン」というくもったような音がします。 叩き方もポイントで、 1、片手で持って耳と頬骨にメロンをあてる。 2、メロンの真ん中を2本の指で軽くたたく。 このようにして音を聞くととてもわかりやすいです。 ちなみにアンデスメロンは熟して果肉がやわらかくなると音が低くなり、まだ未熟で固い状態のものは高い音がするのが特徴です。 今回はアンデスメロンを使っていますがお手頃で買えるのでおすすめですよ。 3、押してみる 3つ目のポイントは『 押したときの硬さ』です。 メロンのおしりの真ん中ではなく、おしりのまわりを押して確認することができます。 爪の色が変わるくらいの力加減で押して、少し指が入る程度になったら食べごろのサインです。 このように、お尻のそばをぐーっと押します。 結構力強く押して大丈夫なのでしっかり押してください。 食べ頃になっているとへこみます。 上の写真のものは押したときにしっかりとへこんだので切ってみたら食べ頃でした。 これは結構わかりやすいので、買ってきたものの最終確認としておすすめの方法です。 スーパーのメロンを叩いても大丈夫なのか? 最後に少し心配になるのが、お店の売り物の商品を食べごろを見分けたいからといってボンボン叩いてもいいのかということです。 消費者側としてはせっかくお金を出して買うなら自分にとってベストな状態なものを買いたいというのは当たり前の心理ですが、 自分以外にも様々な人が買っていくものですし、傷つけたりしてしまってはいけませんよね。 今回番組では実際にスーパーの人に確認を取っていましたが、音を確認する程度であれば問題ないということでした。 ですがスーパーによってはダメなところももしかしたらあるかもしれないので、一度売り場の人に確認を取ってみると安心だと思います。 冷蔵庫で調節する方法 また、もしも食べ頃を自宅で調節したい場合には「 冷蔵庫」を活用します。 食べごろを遅らせたい 冷蔵庫などの涼しい場所に入れる 早く食べたい! 冷蔵庫はNG 暖かい場所に置く このように簡単に調節することが出来ます。 他にもバナナやリンゴと一緒に紙袋に入れておくと、バナナやリンゴから放出される「エチレンガス」という成長ホルモンの影響で追熟が早く進みます。 これはアボカドの追熟にも使える方法で、実際に我が家でもいつもやっている方法です。 とても簡単にできるので、早く追熟させたい場合は是非やってみてくださいね。 詳しくはこちらの記事でご紹介しています。 白いカビが生えてしまった場合は食べられるの? 私も経験があるのですが、完熟を目指していて気が付いたら弦の根元の部分に 白いカビが生えてしまったことってありませんか? もしくは半分に切って冷蔵庫に入れて置いたら中の部分にぽわ~っと白いものが生えてしまった、という場合もあると思います。 せっかくのメロン、食べられるのを楽しみにしていたのにカビが生えてしまうなんて本当にショックですよね。 お餅などもそうですが、カビが生えてもその部分を取り除けば食べるという人も多いと思います。 ですが食べ物にカビが生えると目には見えなくてもカビの菌糸がその食べ物全体に広がっています。 そのため本当は食べない方が体のためにはいいんだそうです。 なのでもしカビが生えてしまった場合は自己責任で判断してくださいね。 個人的にはおすすめはしません。 小さいお子さんなどは避けた方がいいと思うので、注意してください。 ちなみにカビ予防には『 ワサビ』がとても効果があります。 チューブのわさびをお皿などに出して側に置いておくだけでカビが生えるのを予防する効果があるので、追熟させる場合やカットして冷蔵庫に残りを保管しておく時など是非一緒に置いてみてください。 少しの手間であなたの大切なメロンをカビの脅威から守ることが出来ますよ。 絶対おいしく食べられる切り方と種の取り方 完熟の見分け方がわかったら、次に押さえておきたいのが「 おいしく食べられる切り方&種の取り方」ではないでしょうか。 長くなりますので、こちらの記事にまとめています。 よろしければ併せてご覧くださいね。 以上、『 メロンの食べ頃の見分け方』のご紹介でした。 是非試してみてくださいね。 おすすめ関連記事 当サイト『』では、その他にもメロンのレシピなどをご紹介しています。 是非併せてご覧ください。

次の

メロンの切り方は縦より横!ためしてガッテンの半分に切るコツを紹介

アンデス メロン 食べ頃

果物図鑑• アンデスメロンの特徴 「アンデス」は、サカタのタネが開発し、1977年(昭和52年)に発表したネット系青肉メロンです。 当時の網メロンは温室栽培が主流で高価でしたが、アンデスメロンはハウス栽培が可能なことから比較的手頃な価格で供給され、「大衆メロン」として全国に普及しました。 アンデスメロンは果皮が灰緑色で細かい網目模様があり、果肉は黄緑色で甘味が強くて多汁。 マスクメロンに似た風味があり、熟した果肉はジューシーでとろけるような口当たりです。 ちなみに「アンデス」という名前は、南米のアンデス山脈とは関係ありません。 アンデスメロンは「生産者はつくって安心」「流通は売って安心」「消費者は買って安心」という思いから、この「安心」を名前の頭に付けて「安心ですメロン(アンシンデスメロン)」とし、さらに略して「アンデスメロン」としたそうです。 アンデスメロンの選び方(見分け方) きれいな丸みのある形をしていて、ネットの模様がきめ細かいものがおすすめです。 また持ったときに重みを感じるかどうかもチェックポイントです。 アンデスメロンは熟しても果皮の色が変化せず、芳香もほとんど発しないため、食べ頃かどうかを判断するのは難しいかもしれません。 熟すとお尻の部分を軽く押したときに少し弾力を感じることがあるので、この点をチェックしてみるとよいでしょう。 ただし強く押すと傷んでしまうことがあるので、店頭で商品を強く押したりしないでください。 そのまま果肉をスプーンですくって食べてもよいですし、皮と果肉を切り離してひと口サイズに切れば、フォークで楽に食べられます。 ひと口サイズに切った果肉を冷凍すれば、シャーベットやスムージーなどにして楽しめます。 赤いアンデス 「赤いアンデス」はその名の通り、赤肉のアンデスメロンです。 アンデスメロンを開発したサカタのタネが2015年に発表した新品種で、アンデスシリーズでは初の赤肉メロンとなります。 甘味が強くて果汁が多く、なめらかな舌触り。 一般的な赤肉メロンに比べて日持ちもよいそうです。 なお外観では普通のアンデスメロンと見分けがつかないので、購入時は果皮に貼られている「赤いアンデス」というシールを確認してください。 アンデスメロンの旬(出回り時期) アンデスメロンは周年出回っていますが、最も流通量が多いのは6月で、この頃がシーズンです。

次の