キクラゲ 栽培。 既存施設でのきくらげ栽培

既存施設でのきくらげ栽培

キクラゲ 栽培

名称 [ ] の内、属名はの「」に由来する。 種小名は「の耳」で、ユダが首を吊ったの木からこのキノコが生えたという伝承に基づく。 でも同様に「ユダヤ人の耳」を意味するJew's earという。 この伝承もあってではあまり食用にしていない。 日本では、従来 A. auricula Hook. Underw. という学名が用いられていたが、実際には上記の学名が優先権を持つことが判明した。 地方名には、の みみぐい、鹿児島県の みんぐそ、の みんぐり、宮崎県の みみなばなどがあり、いずれも自生するを耳と関連付けて呼んでいる。 モパンマヤ語ではlolo(ロロ)という。 最新の分類学的検討 [ ] 狭義の A. auricula-judae はヨーロッパに産出するが、従来同種と同定されていたアジア産の「キクラゲ」は、詳細なや形態比較により、複数の新種に分類されることが判明している。 研究者の白水貴らが日本産の「キクラゲ」を分析したところ、 A. heimuer、 A. minutissima、 A. villosula、 A. thailandicaの4種が発見され、 A. auricula-judaeは見つからなかった。 特徴 [ ] 形は不規則で、円盤状、耳状など変化に富む。 背面の一部で枯木に付着する。 はゼリー質でやや半透明、背面は粗毛で白く、表面は暗褐色で滑らか。 乾燥すると小さく縮み、湿ると元に戻る。 生の状態では脆く破れやすいが、火を通すと名前の通りを思わせる歯ごたえになる。 ほぼ無味無臭。 が南方系なのに対し、キクラゲは北方系のため、アラゲキクラゲよりも少し低い温度で発生する。 類似のキノコ [ ] キクラゲ科キクラゲ属• Auricularia polytricha シロキクラゲ科シロキクラゲ属• Tremella fuciformis• Tremella foliacea 食用 [ ] でのキクラゲの和え物 一般にキクラゲといえばも含んだキクラゲ類の総称で、主に乾燥品として流通しているが、近年は生のものも市場に流通している。 生のものは乾燥品を水戻ししたものより弾力性と歯ごたえに富んでおり、日本では主産地の鹿児島県産のものが生のままでも出荷されている。 乾燥品は食べる前に水かぬるま湯で戻し、石突き(根本)部分を切り落とす。 中国の市場では、すぐに使えるように水で戻したキクラゲも売られている。 黒いキクラゲはやの具としても知られ、主に、、、、、の具などに用いられる。 やでも多用され、それらから変化した大分県のにも用いられている。 沖永良部島のでは、生のみんぐそ()をや卵炒めなどにして食べる。 は、主に中華料理のの具や、の汁で煮たデザートの具として用いられる。 大韓民国でも一般的な食材であり、やなどに用いられる。 民族は、Jippi Jappaと共にCow footの葉で包み、蒸し焼きにして食べる。 栽培 [ ] 中国、台湾、日本、などで仲間のなどと共に広く、原木か、菌床で栽培される。 害菌抵抗性も高く、原木栽培は比較的容易。 日本産のアラゲキクラゲは大部分が鹿児島県沖永良部島で、特産のから出るバガスを栄養源にして栽培されている。 原木伐採は休眠期(11~3月)に行い、数ヶ月の乾燥の後、種菌を接種する。 排水良好な、直射日光の当らない、散水管理が可能な林地に伏せ込む。 発生は、接種年の 7月下旬頃から始まり、翌年は春から降雨の都度発生する。 3~5年程度継続。 基材:• 栄養材:、、、過リン酸カルシウム、粉、コメ、(搾りかす)、ライムケーキ(糖の搾りかす)など。 生産地によって異なる。 培養期間:1ヶ月程度。 原基形成開始後、10日程度から収穫可能。 年間3~6回転。 原木に生えた状態の子実体は軟らかく破れやすいので、収穫は慎重に行う。 いったん乾燥させてしまえば丈夫になる。 参考画像 [ ]•

次の

あらげきくらげの自然栽培・原木栽培法(長木)

キクラゲ 栽培

名称 [ ] の内、属名はの「」に由来する。 種小名は「の耳」で、ユダが首を吊ったの木からこのキノコが生えたという伝承に基づく。 でも同様に「ユダヤ人の耳」を意味するJew's earという。 この伝承もあってではあまり食用にしていない。 日本では、従来 A. auricula Hook. Underw. という学名が用いられていたが、実際には上記の学名が優先権を持つことが判明した。 地方名には、の みみぐい、鹿児島県の みんぐそ、の みんぐり、宮崎県の みみなばなどがあり、いずれも自生するを耳と関連付けて呼んでいる。 モパンマヤ語ではlolo(ロロ)という。 最新の分類学的検討 [ ] 狭義の A. auricula-judae はヨーロッパに産出するが、従来同種と同定されていたアジア産の「キクラゲ」は、詳細なや形態比較により、複数の新種に分類されることが判明している。 研究者の白水貴らが日本産の「キクラゲ」を分析したところ、 A. heimuer、 A. minutissima、 A. villosula、 A. thailandicaの4種が発見され、 A. auricula-judaeは見つからなかった。 特徴 [ ] 形は不規則で、円盤状、耳状など変化に富む。 背面の一部で枯木に付着する。 はゼリー質でやや半透明、背面は粗毛で白く、表面は暗褐色で滑らか。 乾燥すると小さく縮み、湿ると元に戻る。 生の状態では脆く破れやすいが、火を通すと名前の通りを思わせる歯ごたえになる。 ほぼ無味無臭。 が南方系なのに対し、キクラゲは北方系のため、アラゲキクラゲよりも少し低い温度で発生する。 類似のキノコ [ ] キクラゲ科キクラゲ属• Auricularia polytricha シロキクラゲ科シロキクラゲ属• Tremella fuciformis• Tremella foliacea 食用 [ ] でのキクラゲの和え物 一般にキクラゲといえばも含んだキクラゲ類の総称で、主に乾燥品として流通しているが、近年は生のものも市場に流通している。 生のものは乾燥品を水戻ししたものより弾力性と歯ごたえに富んでおり、日本では主産地の鹿児島県産のものが生のままでも出荷されている。 乾燥品は食べる前に水かぬるま湯で戻し、石突き(根本)部分を切り落とす。 中国の市場では、すぐに使えるように水で戻したキクラゲも売られている。 黒いキクラゲはやの具としても知られ、主に、、、、、の具などに用いられる。 やでも多用され、それらから変化した大分県のにも用いられている。 沖永良部島のでは、生のみんぐそ()をや卵炒めなどにして食べる。 は、主に中華料理のの具や、の汁で煮たデザートの具として用いられる。 大韓民国でも一般的な食材であり、やなどに用いられる。 民族は、Jippi Jappaと共にCow footの葉で包み、蒸し焼きにして食べる。 栽培 [ ] 中国、台湾、日本、などで仲間のなどと共に広く、原木か、菌床で栽培される。 害菌抵抗性も高く、原木栽培は比較的容易。 日本産のアラゲキクラゲは大部分が鹿児島県沖永良部島で、特産のから出るバガスを栄養源にして栽培されている。 原木伐採は休眠期(11~3月)に行い、数ヶ月の乾燥の後、種菌を接種する。 排水良好な、直射日光の当らない、散水管理が可能な林地に伏せ込む。 発生は、接種年の 7月下旬頃から始まり、翌年は春から降雨の都度発生する。 3~5年程度継続。 基材:• 栄養材:、、、過リン酸カルシウム、粉、コメ、(搾りかす)、ライムケーキ(糖の搾りかす)など。 生産地によって異なる。 培養期間:1ヶ月程度。 原基形成開始後、10日程度から収穫可能。 年間3~6回転。 原木に生えた状態の子実体は軟らかく破れやすいので、収穫は慎重に行う。 いったん乾燥させてしまえば丈夫になる。 参考画像 [ ]•

次の

夢成「アラゲキクラゲ89号」とは(生産者向け)

キクラゲ 栽培

皆さんこんにちは、どん子です。 今回は、実際にきのこ工場の中に入って、菌床からきのこが出来るまでを見学していきますよ! きのこが出来るまでを見てみよう! どん子: 実際にきのこの菌床から、きのこが出来るまでの流れを見て行きましょう!まずは 菌床作りから! がっぴー: 菌床はきのこが出来る土台なんだよね 。0ェ0。 どん子: そうそう。 ここでも専用の機械を使って、無菌状態で清潔に作業を行っています。 がっぴー: 作業員の人も、真っ白な服を着用して、雑菌が入らないように気を付けて作業しているんだね 。0ェ0。 どん子: キノコ菌が植え付けられた菌床は、環境を厳重に管理された部屋の中で、 2~3ヶ月間熟成されます。 写真はキクラゲの菌床なんですが、日数が経つほど白い部分がだんだん増えてきているのがわかりますか?この白い部分が、キクラゲの菌が増えてきた部分! がっぴー: わぁ~!真っ白がぴ! 。>ワ<。 どん子: 熟成させた菌床は、菌床を育てる専用の施設に移して じっくりと育てていきます。 菌床から、だんだんキノコが生えてきましたよ~! どん子: こちらはかなり大きくなってきた収穫前のキクラゲ。 大きくなってきたキノコは、傷がつかないように気を付けながら、機械ではなく 手作業で収穫されるんですよ。 がっぴー: 一つ一つ手作業なんだねぇ。 ここはキクラゲ用の施設なので、どこを見てもキクラゲ! がっぴー: このキクラゲ大きいがぴ!食べたいがぴ! 〃0ㅈ0〃 どん子: がっぴーちゃん大興奮ですね。 そのままキクラゲを食べかねない勢いなので次に行きましょうか。 がっぴー: … 。0ェ0`。 どん子: 工場から一旦外に出て、こちらは収穫が終わったキノコの菌床を砕いているところです。 こうして菌床を砕いて出来たオガクズは、再び キノコの菌床作りに使われたり、 農業に使われたりして、ゴミにならないように リサイクルされるんですね。 がっぴー: オガクズさん大活躍だね 。0ワ0。 どん子: ここまで栽培工程を見てきましたが、 きのこを育てる際に農薬は一切使用していません!収穫したシイタケやキクラゲは、 当社の研究所で商品に異常がないかどうかの品質管理も行っています。 専門の研究者が行うので、どうしてこうなったのかをきちんと理解した上で対処することができるんです。

次の