おひさま あはは。 『おひさま あはは』あれ……どうしたの? やっぱり声に出した笑うと気持ちいいね!

表紙を見ただけで「あはは」と笑いたくなる『おひさま あはは』

おひさま あはは

表紙にはまあるいおひさまが、大きな口をあけて笑っています。 絵本を開くと、満面の笑みのおひさま。 それを見た大きな木が笑います。 『おひさま あはは』前川かずお作、こぐま社、1989 木だけではなく枝にいるあおむしも嬉しそうです。 枝先にいた小鳥たちやお花や虫たちも、池の魚も犬もネコもみんなみんな「あはは」。 いったい何が嬉しいのでしょうね。 ところが! 男の子は口をへの字にして何だか変です。 どうしたのでしょうか? おふとんの上でしかめっ面をしています。 おはなし会で子どもたちに聞いてみました。 「どうしてこんな顔をしているのだと思う?」「こわい夢を見たのかな?」「おねしょしちゃったたのかな?」……。 そうしたら、一人の年長の男の子が「起きたとき、ママがそばにいなかったからだよ!」と教えてくれました。 なるほど! そう言われてみると、しかめっ面の男の子の近くにママの片足だけが描かれています。 そして、ママにだっこされて二人とも「あはは」。 一緒に声に出して「あはは」と笑いながら読んでみてください。 なぜだかとっても嬉しい気持ちになります。 にこっとポイント• 0~1歳児向けの絵本のようですが、大きいお子さんと読んでも十分楽しめます。 「あはは」をお子さんとリフレインしてみても面白いのではないでしょうか?• すずき出版の月刊絵本「はじめてのちいさなえほん」の『おはよう』(2017年7月号)も表紙はおひさまです。 こちらは「あはは」ではなく「おはよう」を言い合います。 ぜひ読んでみてください。 どちらも心が柔らかくなりますよ。 (寄稿:絵本専門士<東京都> 鴫原晶子).

次の

おひさまあはは / 前川 かずお【作・絵】

おひさま あはは

愛読者カードより• 車以外の絵本には、今まで興味を示さなかった1歳の息子が、表紙のおひさまの笑顔をじーっと見つめていたと思ったら、おひさまに負けないくらいの笑顔で「あはは」と笑ってくれました。 読んでみたら、私も上の娘も息子も、みんな満面の笑みで「あはは」と笑っていました。 いたずらばかりの息子に、ついつい怖い顔になりがちな私ですが、絵本のおひさまたちに笑顔をもらえそうです。 温かな黄色がさらにパワーをくれるみたいで大好きになりました。 (静岡県 N・Oさん)• 『おひさまあはは』に出てくる男の子が、下の子(1歳)にそっくりで、変な顔の表情もとっても良く似ているので、子どもたちは大喜びです。 下の子も、そのページになると、男の子の顔と自分の顔を順番に指さして、「ボク、ボク!」と言います。 それまでのページと、男の子のページの落差の激しさがおもしろいようなので、読む方も思いっきりトーンを変えて、「あれ…、どうしたの?」とやると大ウケです。 子どもも読む側の私も、何度読んでもとても楽しく、最後はみんなで大笑いで終われるのもいいですね。 大好きな絵本がまた1冊増えました。 (北海道 A・Mさん)• ひと月に1回、市が主催する「絵本と子育て講座」に1歳の娘と参加しています。 先日そこで『おひさまあはは』を読んでもらいました。 娘は、このとき初めてその本を見ましたが、読み手に続いて「あはは」と上手に言うので、みんなの注目の的になりました。 あまりにも楽しそうに聞いているので私もビックリしました。 初めて見る絵本に、こんなに興味を示すのはめずらしいので…。 娘は絵本が大好きなので、これからも親子でいろいろな絵本の世界に旅に出かけたいと思います! (三重県 K・Iさん)• 『おひさまあはは』を読んでいると、身のまわりの生きもの、大好きな小鳥やネコたち…次々と登場するものたちが、大きな口をあけて「あはは」と笑うのに合わせて、娘の顔も変わっていき、読んでいる私までテンションが上がってきました。 とっても温かな幸せな時間になりました。 (岐阜県 T・Hさん).

次の

『おひさま あはは』あれ……どうしたの? やっぱり声に出した笑うと気持ちいいね!

おひさま あはは

表紙にはまあるいおひさまが、大きな口をあけて笑っています。 絵本を開くと、満面の笑みのおひさま。 それを見た大きな木が笑います。 『おひさま あはは』前川かずお作、こぐま社、1989 木だけではなく枝にいるあおむしも嬉しそうです。 枝先にいた小鳥たちやお花や虫たちも、池の魚も犬もネコもみんなみんな「あはは」。 いったい何が嬉しいのでしょうね。 ところが! 男の子は口をへの字にして何だか変です。 どうしたのでしょうか? おふとんの上でしかめっ面をしています。 おはなし会で子どもたちに聞いてみました。 「どうしてこんな顔をしているのだと思う?」「こわい夢を見たのかな?」「おねしょしちゃったたのかな?」……。 そうしたら、一人の年長の男の子が「起きたとき、ママがそばにいなかったからだよ!」と教えてくれました。 なるほど! そう言われてみると、しかめっ面の男の子の近くにママの片足だけが描かれています。 そして、ママにだっこされて二人とも「あはは」。 一緒に声に出して「あはは」と笑いながら読んでみてください。 なぜだかとっても嬉しい気持ちになります。 にこっとポイント• 0~1歳児向けの絵本のようですが、大きいお子さんと読んでも十分楽しめます。 「あはは」をお子さんとリフレインしてみても面白いのではないでしょうか?• すずき出版の月刊絵本「はじめてのちいさなえほん」の『おはよう』(2017年7月号)も表紙はおひさまです。 こちらは「あはは」ではなく「おはよう」を言い合います。 ぜひ読んでみてください。 どちらも心が柔らかくなりますよ。 (寄稿:絵本専門士<東京都> 鴫原晶子).

次の