鈴木 大地 ロッテ。 ロッテの150キロ右腕・小野郁 鈴木大地の人的補償で移籍 楽天関係者は「美馬の流出より痛い」(東スポWeb)

ロッテの150キロ右腕・小野郁 鈴木大地の人的補償で移籍 楽天関係者は「美馬の流出より痛い」(東スポWeb)

鈴木 大地 ロッテ

24日の日本ハム戦。 2点を追う5回1死一、三塁で、中前適時打を放った。 楽天生命パークでの初タイムリーで1点差に詰め寄り、続く浅村の逆転3ランへとつなげた。 「嬉しいですね。 きょうの打席の中では一番いいところで打てた。 アサ(浅村)につなげば、絶対に打ってくれると思っていた」 この日の先発は、昨季までロッテで同僚だった涌井。 今季から再びチームメートになり「勝ちをつけたかった」と奮起した。 移籍後初登板の先輩を力強く援護し「ワク(涌井)さんとは同じタイミングでイーグルに来ましたからね。 特別な感情はある」と鈴木大。 涌井も「大地が1点を返してくれて、浅村が打ってくれた」と感謝した。 「楽天」をもっと詳しく.

次の

FA鈴木大地はなぜ巨人を蹴って楽天入りしたのか?

鈴木 大地 ロッテ

悔しさしかない 率直な気持ち悔しいですね。 昨日の今日だったから信じられなかったし、うん。 色々な思いがあります。 大地の決断を尊重するとずっと言ってきました。 その言葉に嘘はありません。 ただ実際移籍になって気持ちが追いついていないのが事実です。 なんでこんなことになったの? そんな気持ちしかありません。 少なくとも去年のシーズン最終戦の頃に大地がいなくなる未来は全く想像してませんでした。 大好きなマリーンズ。 ファン、仲間、スタッフに愛されて…それでも新しい環境に進む理由がお金以外にあったんだろうなと考えてしまいます。 それについて深くこの場で語るつもりはないです。 ただただ悔しさしかない。 1つ1つ気持ちを整理していこうと思います。 事実があります。 8年間鈴木大地はマリーンズの先頭に立ち、チームを支え引っ張ってきました。 マリーンズを幾度も救ってきました。 8年間ありがとう大地! その言葉を贈りたいです。 想いは人それぞれ ただの一ファンとしてですが、一つだけお願いがあります。 大地のインスタにはたくさんのコメントがあります。 大地は全てに目を通したと語っています。 いろんな思いがあるとは思いますが、批判はしないで欲しいです。 もちろんそれも承知の上での移籍だと思うし、感じることは人それぞれですが、悩んで決断した本人に伝えるものではないはずです。 感謝の言葉、敵だけとお互い頑張りましょう的な言葉も多くあるのですが、たぶんあると思います。 批判したいならこの記事に思いをコメントしてください。 アンチコメントなんて何件も来てます。 本人にいかないなら構わないので 自分はこれまで好きな選手がFAでいなくなることがありませんでした。 ポスティングやトレード、戦力外とは違うものでした。 FAは悪。 そんな考えが自分にもありました。 なんで移籍するのに愛を語るんだと 結局条件良いとこなのかと 好きな球団の1選手ではなく、大好きな選手だからこそ、追っかけてきて感じたものがありました。 その感じた気持ちはもうどこにぶつけて良いのか分かりません。 ただ、去年の丸選手や美馬投手へのコメントが答えではないでしょうか… マリンで流れる告白が大好きでした。 マリンで流れる応援歌が大好きでした。 マリーンズの仲間と笑顔でするWe Areが大好きでした。

次の

楽天・鈴木大地が本拠地初打点 ロッテでも同僚の涌井を援護 (2020年6月25日)|BIGLOBEニュース

鈴木 大地 ロッテ

巨人は阿部慎之助の引退で左バッターが少なくなることもあり、鈴木にアタックした。 鈴木はその巨人を振って、楽天入りを決めた。 ところが、である。 今度は楽天サイドから「アレ!? 」と思うような話も出始めたのだ。 「選択肢が広がった」と…。 「ドラフト1位の小深田大翔に対し、三塁でスタートさせることを示唆しました。 三塁にはウィーラー、指名打者のブラッシュは打線から外せませんが、一塁の銀次の調子を見て、使い分ける構想です」(球界関係者) セカンドには浅村栄斗、ショートには茂木栄五郎がいて、こちらも外せない。 小深田が入っただけで内野のレギュラー争いが熾烈化したのに、さらに鈴木が加わるとなれば、余剰人員が出るのは必至。 レギュラー争いは外野にも飛び火しそうだが、こちらも田中和基、島内宏明、オコエ瑠偉らがいて、昨年ドラフト1位の辰巳涼介もスタメンから外される日もあるくらいだ。 「小深田は24歳の社会人内野手の即戦力ですから、優先して使われる思われます。 すると鈴木のポジションは転々とするか、控えの切り札ということもある。 たしかに楽天はレギュラーと控えの実力差が大きいのが弱点でしたが」(前出・スポーツ紙記者) 鈴木、小深田はともに右投左打。 鈴木の便利屋稼業は楽天に入っても終わらない。 いや、むしろ激化したと言っていい。 ならば、引退後の補償もされるといわれる原巨人を選択すべきだったと思うが…。 「鈴木の退団の背景に、某コーチとの衝突も囁かれています」(同前) 見返してやるために同リーグの楽天を選んだのか? 来季の両チームの対戦が面白くなってきた。 (スポーツライター・飯山満).

次の