モーゼ の 十戒。 モーセの「十戒」とは何ですか?

モーセの十戒

モーゼ の 十戒

モーセは英語表記では Moses で、一般に モーゼという場合も多い。 ユダヤ教の聖典であり、キリスト教でも聖典とされる『』で、(ユダヤ人)の「」を指導し、のシナイ山で神ヤハウェから 十戒を授けられたとされているである。 イスラエルの民とユダヤ教ではアブラハムなどとともに最も重要な人物とされている。 モーセは実在したか 出エジプトの指導者モーセ(ヘブライ語で「モーシュ」)であるが、聖書以外の史料にはその名は現れず、その実在は疑わしい。 しかし、最近の研究ではモーセという名はヘブライ系ではなくエジプト系の人名であり、「これは、古代の架空の人物の命名法としてはうまくできすぎている。 それゆえ、エジプトを脱出したグループの指導者にこの名の人物がいたと言うことは、歴史的にも十分ありうることと考えられる。 」 <山我哲雄『聖書時代史・旧約編』2003 岩波現代新書 p. 30> 十戒 ヘブライ人を率いて「出エジプト」の途上にあった モーセが、シナイ半島のシナイ山で、神から授けられた戒律。 の『出エジプト記』第20章にある。 「十戒」(Ten Commandments)は以下の10ヶ条からなる。 1.汝は私の他に、何者をも神としてはならない。 2.汝は自分のために刻んだ像を造ってはならない。 3.汝は、汝の神・主の御名をみだりに唱えてはならない。 4.安息日を覚えて、これを聖とせよ。 …… 5.汝の父母を敬え。 6.汝殺すなかれ。 7.姦淫をしてはならない。 8.汝盗むなかれ。 9.隣人について偽証してはならない。 10.汝の隣人の家をむさぼってはならない。 」 この第1条に 一神教の原理、第2条に 偶像崇拝の禁止、というの特徴が現れている。

次の

モーセの十戒

モーゼ の 十戒

モーセの十戒とは? 十戒… 十戒とは、シナイ山に導かれたモーセがイスラエル人の長(おさ)として神より与えられた10の掟です。 十戒は旧約聖書の 『出エジプト記20:3〜17』、または 『申命記5:7〜21』に記されており、この掟はイスラエル人が正しく生きるための基準として用いられました。 また十戒は大きく2つの前半・後半に分けられ、 前半の第1〜4戒は神に人の義務と責任について示されています。 また 後半の第5〜10戒は人間の、人間に対する義務と責任について示されています。 下記では十戒の内容についてご紹介します。 十戒の内容 第1戒 あなたはわたし以外に、ほかの神があってはならない。 (出エジプト記20:3) 第2戒 あなたは自分のために、偶像を造ってはならない。 (出エジプト記20:4) 第3戒 あなたは、あなたの神、主の名を、みだりに口にしてはならない。 (出エジプト記20:7) 第4戒 安息日を覚えて、これを聖なるものとせよ。 (出エジプト記20:8) 第5戒 あなたの父と母を敬え。 (出エジプト記20:12) 第6戒 殺してはならない。 (出エジプト記20:13) 第7戒 姦淫してはならない。 (出エジプト記20:14) 第8戒 盗んではならない。 (出エジプト記20:15) 第9戒 あなたの隣人について、偽りの証言をしてはならない。 (出エジプト記20:16) 第10戒 あなたの隣人の家を欲してはならない。 さらに詳細について下記でご紹介します。 内容の詳細 『モーセと十戒の石板』レンブラント 1659年• 第1戒は、真の神のほかに神々を造ってはならないということです。 この時代、この地域には、月や太陽を礼拝する習慣がありました。 神でないものを神とすることを偶像礼拝といいますが、その対象は形のあるものとは限りません。 地位や名誉、財産、学歴、仕事、所有欲、快楽などでも、神以上に大切にするならば、それも神でないものを神とするという意味で偶像礼拝となり得ます。 第2戒は、神の像を造って偶像にしてはならないということです。 神を形に表せるはずがないし、 「神は霊ですから、神を礼拝する者は、霊とまことによって礼拝しなければなりません」《ヨハネ4・24》というのが聖書の考え方です。 第3戒は、名前は存在を表す大切なもので、ましてや神の名は聖なるものなのに、いいかげんな誓いをするために神の名を使って軽んじたり、自分の意思を押し通すために神の名前を利用したりすることを禁じたものです。 第4戒は、1週間のうちの1日を、神を礼拝するためにささげることを教えたものです。 第5戒では子どもが両親に従い敬うことの大切さ• 第6戒では神が創造した貴い人間の命を奪うことは許されないということを教えています。 第7戒は婚姻関係以外の性交渉を禁じたもので、性欲を満たすために人を物として扱う自己中心的な欲望を禁じています。 第8戒は、他人からお金や物を不当に奪うことを禁じる戒めです。 第9戒は、他人に対する中傷、陰口、うそなどで、他人の名誉を傷つけることを禁じるものです。 第10戒は、貪欲になることを禁じたものです。 (参考: 『』 フォレストブックス, 2016, 92-93p).

次の

モーゼの十戒と神話

モーゼ の 十戒

モーゼの十戒• あなたには、わたしをおいてほかに神があってはならない。 あなたはいかなる像も造ってはならない。 あなたの神、主の名をみだりに唱えてはならない。 安息日を心に留め、これを聖別せよ。 あなたの父母を敬え。 殺してはならない。 姦淫してはならない。 盗んではならない。 隣人に関して偽証してはならない。 隣人のものを一切欲してはならない。 原文は、「新共同訳 旧約聖書」出エジプト記20章2節~17節に記載されています。 この 十戒はモーセが約束の地を目指してエジプトを出た後、シナイ山の山頂で神様から示された言葉。 この文面を見ると、とても、高圧的でキリスト教が伝えている愛の神という存在からかけ離れた言葉に感じることも多いでしょう。 ですが、この十戒に秘められた本当の言葉の意味、その言葉の力は、別のところにあるともいえるのです。 それは、 英語版(欽定訳聖書)でのモーセの十戒を見てみるとよくわかります。 それでは、次の英語版でのモーセの十戒を見てみてください。 英語でのモーセの十戒とは 早速英語でのモーセの十戒を見てみます。 次の モーセの十戒は、King James Version(1611年刊行の欽定訳聖書)の原文です。 Thou shalt have no other gods before me. Thou shalt not make unto thee any graven image, or any likeness of any thing that is in heaven above, or that is in the earth beneath, or that is in the water under the earth. Thou shalt not bow down thyself to them, nor serve them: for I the Lord thy God am a jealous God, visiting the iniquity of the fathers upon the children unto the third and fourth generation of them that hate me; And shewing mercy unto thousands of them that love me, and keep my commandments. Thou shalt not take the name of the Lord thy God in vain; for the Lord will not hold him guiltless that taketh his name in vain. Remember the sabbath day, to keep it holy. Six days shalt thou labour, and do all thy work: But the seventh day is the sabbath of the Lord thy God: in it thou shalt not do any work, thou, nor thy son, nor thy daughter, thy manservant, nor thy maidservant, nor thy cattle, nor thy stranger that is within thy gates: For in six days the Lord made heaven and earth, the sea, and all that in them is, and rested the seventh day: wherefore the Lord blessed the sabbath day, and hallowed it. Honour thy father and thy mother: that thy days may be long upon the land which the Lord thy God giveth thee. Thou shalt not kill. Thou shalt not commit adultery. Thou shalt not steal. Thou shalt not bear false witness against thy neighbour. You shall have no other gods before Me. You shall make no idols. You shall not take the name of the Lord your God in vain. Keep the Sabbath day holy. Honor your father and your mother. You shall not murder. You shall not commit adultery. You shall not steal. You shall not bear false witness against your neighbor. You shall not covet. となるわけです。 英語版でのモーセの十戒は、do notという明確な命令形ではありません。 中学生の時にならった英語を思い出してほしいのですが、shallとは、~でしょう。 とか~だろう。 とかいう意味ですよね。 shallの意味は、「疑いようもなくこうなる」、「きっとこうなるはずだ」ということ。 ~すべきであるというのはshouldです。 モーセの十戒の本当の意味とは は人知を超えた神の領域でのこうなるはずというものです。 ということは、十戒の本当の意味はどうなるのか。 十戒の本当の意味• あなたは私の他に神としないと思うよ。 あなたはきっと偶像を作らないだろう• あなたは無駄に神の名前を使わないはずだよね• 安息日は聖なるものとしてね• 父親と母親を光栄に思うよね• 殺人なんてしないはずだよね• あなたは、姦通することにコミットしないだろう• あなたはきっと盗みをしないはず。 あなたは偽ることをしないはずだよね• あなたは貪ることをきっとしないと思うよ というような意味合いになります。 高圧的で命令的なもののようにとらえられることが多い十戒ですが、それは現在の日本語版の聖書がそう書いてあるから。 400年前に刊行された英語版の欽定訳聖書での 十戒は、もっと愛にあふれる神さまの姿が現れていたのです。 原文の聖書も、欽定訳聖書の表現だったといいますので、神の愛があふれる表現が、真実の神の言葉なのではないでしょうか。 さて、 現在の英語版の聖書ですが、その十戒の表現は、do notとなって、禁止を表しています。 現在の日本語訳と同じように禁止であり、外的な要素が入って表現が変化したのでしょう。 真実をねじ曲げられた聖書の言葉の力 このように真実をねじ曲げられた聖書の言葉の前に踊らされている人々がいます。 人のものを盗んでも罰せられずのほほんと暮らしているではないかとか、人から搾取している人も騙せたことを自慢しているではないかと。 ですが、 十戒において神様は何も命令していませんでした。 日本語訳で命令しているように書かれているだけで昔は命令していなかったのです。 十戒ももともとの言葉は、10の言葉。 神様からの10個の言葉であり、戒めでも命令でもありませんでした。 ですが、製本され、聖書として立派な様相を整えていくうちに、10の言葉が十の戒めに変わったのではないでしょうか。 その方が、もっともらしく、権威的で重厚な感じがしますから。 この取り違えられた十戒の意味を全てのキリスト教徒にあげ、キリスト教を信じているなら、殺すことはないはずだとか、戦争で他の国から略奪することはないだろうといってキリスト教という宗教を非難する人がいます。 もともと取り違えられた意味で非難されることもないですし、争うことすら無意味な論議ですが、正義を盾にして相手をやっつけることに快感を覚えている人々ですから、仕方がない事なのかもしれません。 仏教など他の宗教で争う人はいないとは言いますが、戦国時代、宗教勢力も武力を強め、法華宗による山科本願寺の焼き討ちや天台宗による天文法華の乱など宗教戦争も起こっています。 加賀で起こった一向一揆など、大名を滅ぼして自分たちの国を建てたのを忘れているのでしょうか。 日本を戦争に導いた神道もそうでしょう。 キリスト教が戦争をしているのではなく、宗教の意味を取り違えた人々、または、宗教を利用した人々が争いのネタに使っているのです。 そもそも、宗教を扱っているのは人間。 人間である以上、勝手な解釈もあり、勝手な判断もあります。 これは宗教が悪いのではなく、自分を守りその自分の考えを守るため自分の意見に属さないものを排除しようという心理が働いているのでしょう。 (関連記事:) 仏教真言宗の十善戒 仏教、真言宗の教えにも 十善戒というものがあります。 高野山真言宗宗教学部が発行している仏前勤行次第の中に収録されているもので次のようなものです。 十善戒• 不殺生 ふせっしょう 故意に生き物を殺さない。 不偸盗 ふちゅうとう 与えられていないものを自分のものとしない。 不邪淫 ふじゃいん 不倫など道徳に外れた関係を持たない。 不妄語 ふもうご 嘘をつかない。 不綺語 ふきご 中身の無い言葉を話さない。 不悪口 ふあっく 乱暴な言葉を使わない。 不両舌 ふりょうぜつ 他人を仲違いさせるようなことを言わない。 不慳貪 ふけんどん 激しい欲をいだかない。 不瞋恚 ふしんに 激しい怒りをいだかない。 不邪見 ふじゃけん (因果の道理を無視した)誤った見解を持たない。 参考:Wikipedia この十善戒は語りはじめで「この身今生より未来際を尽くすまで十善のみ教えを守り奉らん」という冒頭があります。 この考え方は、十善戒というものは 強制されるものではなく、自らを戒め守ろうとするものであると見ることができるのではないでしょうか。 この内容にしろ、考え方にしろ、十戒のもともとの教えと同じスタンスであるような気がしませんか。 ユングの言う集合的無意識の中の意識だといえるかもしれません。 (関連記事:) あなたの思考を支配する言葉の力 このように、同じものでも 書き方ひとつであなたの受け取り方は大きく変わってきます。 命令文か、shallか。 ~してはならない、か、きっと~すると思うよ、なのか。 日常の生活でも、言葉の使い方ひとつで相手に与える印象は大きく異なってきます。 そこの窓閉めてよ!と命令されるよりも、そこの窓閉めるよね。 って言われた方が反発することなく閉めようかなって思いませんか? アダムとイブがエデンから追放されたような記述もこれと同じ。 英語版ではso the Load God sent him out of the garden of Eden to be a worker on the earth from which he was takenとあります。 kick outやexpel、drive outなどの 追い出すという表現ではないのです。 それも、その前の節創世記3章21節で「主なる神は人とその妻とのために革の着物を作って彼らに着せられた」とあります。 善悪を知ることになって、 アダムとイブはエデンからの追放されたのではなく、エデンから送り出されたのです。 このように、神の愛が計り知れないほどの広いものというとらえ方ができますが、ユダヤ教のように戒律に縛られた考え方、カトリックのように儀式を多用する考え方など、聖書にも、色々な解釈があるのは事実のこと。 このことは、あなたの住む世界でもいえること。 一面だけを見ていてはその真実は決してつかむことができません。 見る角度が多いほど、その真実の姿を明らかにすることができるのです。 まとめ.

次の