お歳暮 挨拶 文。 お中元お歳暮をやめたい。角が立たないやめ方と挨拶状の書き方

お歳暮で日頃の感謝を伝える挨拶文の書き方と文例【場面別】

お歳暮 挨拶 文

お中元・お歳暮をやめたい。 それだけのお付き合いって必要? お中元・お歳暮を贈っているし、相手からももらっている。 毎年恒例になっているお付き合いだけど、今はもうそれだけのお付き合いになっている。 1年に2回の贈りもの。 お金もかかるし、何を贈るか気を使うのも疲れますよね。 それだけのお付き合いって必要なのか? そもそもお中元・お歳暮というのは、日頃お世話になっている方への感謝の気持ちとして贈るもの。 毎年恒例になっているからと、義務で贈るものではありません。 物を贈りあうことで、それがコミュニケーションの機会になっていて、お互いにそれが楽しみであるのなら、贈り合うのもよいかと思います。 しかし、正直、それほどの付き合いのない親戚や退職(転勤)で疎遠になっている方など、もう交流がなくなっている人に、贈り続けるのは、お互いに負担になっていることもよくあります。 きっかけがないと、なかなかやめられないものですが、それだけのお付き合いになっているのなら、相手も形式的なやりとりをやめたいと思っているかもしれません。 そもそも、 義務感だけで贈っているお中元・お歳暮なら、「それをやめたい」ということ自体、特に失礼にはなりません。 お中元・お歳暮の角が立たないやめ方 毎年恒例になっている贈りものは、なかなかやめにくいものです。 スポンサードリンク 会社を退職して仕事の付き合いがなくなった場合なら、 「仕事の関係も一区切りとなりましたので、これからはお気兼ねなくお付き合いいただければと思います。 」 家族(例えば夫)が亡くなって、その方とのお付き合いが疎遠になった場合なら、 「主人も亡くなり、お歳暮など有難く頂戴してきましたが、一人持て余しており、みなさんにお断りするようにしました。 」 などのきっかけがあるのでしたら、やめる理由もはっきりしていますし角も立ちません。 退職や身内の不幸などのきっかけがなく、いきなりやめるのが気が引ける場合は、 今年はお中元を暑中見舞いに代えて、お歳暮のみ贈る。 来年は、お歳暮もやめる。 といったように、 季節の挨拶をかねて、暑中見舞いや残暑見舞いで、やんわりと「今までありがとうございました。 これからはお互い気を使うことなくお付き合いの程、よろしくお願いいたします。 」と書いて送るとよいでしょう。 やめるきっかけがあるないにかかわらず、今までお付き合いのあった方ですから、きちんと挨拶をしてから贈答をやめたいものですね。 お中元・お歳暮をやめるときの挨拶状の書き方 先ほども少し伝えましたが、挨拶状の書き方の例を紹介します。

次の

お歳暮の挨拶状(送り状)の書き方と文例

お歳暮 挨拶 文

………「お歳暮のお礼状」のページの内容……… 1. お歳暮のお礼状の例文、文例(個人用) ・2-1. 知人からお歳暮を頂いた場合のお礼状文例1(個人用) ・2-2. 知人からお歳暮を頂いた場合のお礼状文例2(個人用) ・2-3. 知人からお歳暮を頂き、お返しの品を送る場合の文例(個人用) テンプレートあり ・2-4. 仲人をしてあげた夫妻からのお歳暮お礼状文例(個人用) 3. お歳暮の御礼状の例文、文例(ビジネス用) ・3-1. お歳暮のお礼状文例1(会社やビジネス用) ・3-2. お歳暮のお礼状文例2(会社やビジネス用) テンプレートあり ・3-3. お歳暮のお礼状文例3(会社やビジネス用)お返しを贈るケース ・3-4. お歳暮のお礼状文例4(上司から部下へ) 4. お歳暮をお断りする場合の例文、文例(お歳暮を断る) 5. お歳暮の時期の時候のあいさつ。 もしおつき合いの程度に応じて、お返しをする場合には、お礼状に「別便にて心ばかりの品をお送りしました」といった内容を記載し、少しタイミングをずらすことをおすすめします。 例えば、「御歳暮」のお返しには「御歳暮」を贈るのではなく、「寒中御伺」「寒中御見舞」などとしてはいかがでしょうか。 お歳暮の受付開始が年々早くなっている背景にはネットとリアル店舗で顧客の獲得競争が激化し、早めに顧客の囲い込みをしたい百貨店の事情や、多忙な現代人のライフスタイルに合わせて早期手配を促すCMなどがあるようです。 しかしながら「歳暮」とは年(歳)の暮れと書くように、一年間にお世話になった相手に年の暮れの時期(12月)に贈るものです。 手配は早く済ませても、実際に先方の手元に届ける時期は、以下の時期となります。 (ただし自分あてに贈る、「ご褒美」や、「試食してから先方に贈りたい」という「試食用」などはもちろん11月に届いてもかまわないでしょう。 ) [お歳暮を贈る時期]12月上旬〜12月20日頃 [お歳暮の時期を過ぎたら] お歳暮の時期を過ぎ、1月7日(松の内過ぎたら)〜2月4日(立春)頃までに贈るなら「寒中御見舞」「寒中御伺」。 それ以降は「余寒御見舞」「余寒御伺い」となります。 ・お礼状には、雪景色、椿の花、手袋とマフラーの絵柄など、季節感あふれるイラストの入った葉書を使うのも良いと思います。 もし、お返しの品に手紙を添えて一緒に送る場合は「別便にて心ばかりの品を送りました」の代わりに、「本日は心ばかりの品をお送りします」などと、文章をアレンジして下さい。 内容は誰でも使える無難なもので、折り返しこちらからも品物を送る文例となっています。 3.お歳暮のお礼状の文例、例文(ビジネス用) (当サイトオリジナル) 正式なお礼状は便箋に手書き(縦書き)をするのが基本ですが、ビジネスのお礼状の場合、沢山のお歳暮が届く職場では、ハガキに印刷したものを用いる場合もあります。 一番大切なのは、すぐにお礼の気持ちを伝えることです。 ここでご紹介する文例集は雛形として自由にアレンジしてお使いいただけるものです。 (一度テンプレートとして作っておくと、毎年この時期に使うこともできます。 年内に相手に届くかどうか不明の時には翌年の日付けを書き込んで使用されているものと思います。 [全体の流れ] ・頭語(拝啓) ・時候の挨拶(季節を表わす言葉) ・相手の健康状態や商売の様子などにふれる ・まずはお礼を述べる。 冒頭は「貴社におかれましては〜」という文例となっています。 なお、上記の例文では、冒頭の部分が「貴社におかれましては〜」となっていますが、 貴社という文章は会社あてにしか使えませんので、【会社から個人あてのお礼状】 や【会社から事業主あてのお礼状】などの場合には、ここを下記のように変更した方が良いでしょう。 下記文の方が使い回しがききます。 [全体の流れ] ・頭語(謹啓) ・時候の挨拶(季節を表わす言葉) ・日頃お世話になっているお礼を述べる ・お歳暮のお礼を述べる。 まずは、文章を書き終えたら結語の「敬具」のすぐ下段に、右に寄せて日付けを書きます。 その下に、左に寄せて、先方の宛名を書きます。 その下に、右に寄せて自分の会社の社名、代表者名を書きます。 上記の文例では、お歳暮のお礼とともに、「こちらからも品物を贈りました」という送り状の役目も兼ねています。 [全体の流れ] ・頭語(謹啓) ・時候の挨拶(季節を表わす言葉) ・お歳暮のお礼を述べる。 まずは、文章を書き終えたら結語の「敬具」のすぐ下段に、右に寄せて日付けを書きます。 その下に、左に寄せて、先方の宛名を書きます。 その下に、右に寄せて自分の会社の社名、代表者名を書きます。 時候の挨拶/季節の挨拶語 月 文例・例文 12月 (12月) 初冬の侯、師走の候、歳末の候、冬至の候、大雪の候、 今年もおしつまって参りました。 師走に入り、あわただしい毎日が続いております。 師走に入り何かと多忙な日々が続いております。 年の瀬の、寒さの身にしみる季節となりました。 年の瀬の、寒気いよいよ厳しい季節となりました。 一年で最もあわただしい季節になりました。 師走に入り寒さも本格的になりました。 今年の師走は一段と冷え込むようです。 1月 (1月) 厳寒の侯、初春の候、大寒の候、新春の候、小寒の候、 お正月気分も抜けてますます寒さが厳しくなってきました。 松もとれましたが、あいかわらず寒い日が続いています。 松もとれ、厳しい寒さが続いています。 松の内も過ぎ、寒気ことのほか厳しく感じられます。 年が明け、まだ来ぬ春が待ち遠しく感じられます。 新年早々ではございますが、 寒中お見舞い申し上げます。

次の

【お歳暮の送り状完璧マニュアル】書き方ポイント&文例つき!

お歳暮 挨拶 文

さて、この度は結構な品をお送りくださりましてありがとうございました。 いつもいつも温かいお気遣いいを頂まいまして感謝の気持ちで一杯です。 今年の正月は、家族そろって温泉へ行く予定にしておりましてお伺いできませんが、 お父様方にはくれぐれもお体に気をつけられて、よい新年をお迎えください。 取り急ぎ、お歳暮のお礼まで。 私たちも恙無く一年を過ごすことができました。 この度はご丁寧にもお歳暮を贈りいただき、ありがとうございました。 お二人のご多幸とご健康をお祈りしましてお礼申し上げます。 変わりなくお過ごしでしょうか。 この度はお心のこもったお品を頂戴し 誠に有難うございました。 日頃から貴家のご両親様には大変お世話になっております上に、お二人からのお心遣いまで賜わり本当に感謝しております。 ことあるごとに仲の良い親子関係をぜひ見習いたいと、妻と話しておりす。 皆様御一家とのおつき合いは私どもの悦びではございますが、今後はどうかあまりお気づかいになりませんようお願い申し上げます。 寒さはまだまだ続くようです。 どうぞご自愛ください。 略儀ながら書中にてお礼申し上げます。 「まずは略儀ながら書中をもってご挨拶申し上げます」等の形式的な一言で大丈夫です。 言葉の選び方に注意 お祝いのお礼の時に特に気を付けてください。 「貴殿の素晴らしい実績を〜」のようにお祝いを頂いた際に、「このような素晴らしい実績を〜」とお礼状に引用してはいけません。 「僅かながらでも実績を〜」などに変換して書かなければなりませんので注意して下さい。 相手が「昇進」「栄転」と表現する場合も、自分自身は「着任」「転任」と置き換える必要があります。 文例を使えば謙虚な表現も簡単 挨拶状の基本を守ることで、謙虚さを保てます。 拝啓・敬具といった頭語・結語も謹んでという表現ですし、「私こと」という一言を文末に置く習慣だったり、「略儀ながら書中にて」という直接会ってお礼できないお詫びだったりがそうです。 お礼状を送るタイミングはいつ? 早く出すことが重要 お礼状を出すときのポイントは、ご厚意を受けたら時間を空けずに早めにお礼状を出すことです。 時間を空けた方が良い理由は何もありませんので、できれば1週間以内のうちには出したいものです。 逆に「こんなに早くお礼状を」と思われた方が、喜びや感謝が伝わります。 小さな出来事や、日常の出来事に対しては「はがき挨拶状」で、正式なお礼をする際には「封筒付き挨拶状」で送りましょう。 お礼状を出すこと自体が最大のポイント 形式的だと思われるかもしれませんが、お礼状の有無は相手の印象を大きく左右します。 厚意や贈り物は、相手が自分にわざわざして下さっているのは間違いありません。 その厚意に対し「感謝して受け止めております」という改めたお礼をすることで、「してよかった」と一安心して頂けるはずです。 無反応なのは論外ですが、言葉よりはメールで、メールよりはお礼状での「かしこまった」お礼は、今後のお付き合いをより円滑にできるのではないでしょうか。

次の