クロップ ウイイレ。 【ウイイレ2020】クロップ監督がいない?実はゲールノートツァイツラーという偽名で収録!【ウイイレアプリ2020】

おすすめ監督ユルゲン・クロップ監督でフェルナンド・サントス監督を対策する!【ウイイレ2019】【ウイイレアプリ】

クロップ ウイイレ

まさに会心の一撃! その南野をリヴァプールが獲得するのではないかという噂が流れている。 そうした中、ユルゲン・クロップ監督が日本人選手について語った。 『Liverpool Echo』によれば、「なぜここにいるんだい?もっとたくさん会うようになるかもね!」と日本人記者に対しておどけつつ、こう述べたという。 ユルゲン・クロップ(リヴァプール監督) 「(日本人選手とともに働くのはどうだったか?) 南野については話さない。 香川真司について話す! 私は大好きだね。 偉大であり、スマートでもある! 香川真司とともに働くのが大好きだった。 彼はこれまでのところ私にとって唯一の日本人選手だ。 素晴らしい経験だったよ、シンジに会うまでは日本人選手について全く知らなかったからね。 ビデオを見て彼を獲得することにした。 (香川に)100パーセントの確信があったわけではなかった。 彼が初めて練習に参加した時、ロッカールームでコーチ陣全員とハグをしたんだ。 Oh my God、なんてスーパーな選手なんだ。 それがシンジとの時間だった。 あなたは私よりも彼を知っているだろう。 彼の姿勢は素晴らしい。 ワークレートも素晴らしい。 スマートなフットボール、賢いテクニック。 本当にダイナミックで本当にいい人間さ。 違ったシステムに適応しようとすることは素晴らしい経験だよ。 私はいまだに彼のキャリアをチェックしているし、彼がどうやっているかを把握しようとしている。 (日本人選手と働くのは?)素晴らしい経験さ」 これ以上ないほどに香川について絶賛していたようだ。

次の

クロップ監督、日本人を絶賛!「南野はとてもいい。香川はスーパーだ」

クロップ ウイイレ

監督が実名で収録• リヴァプールのクラブセレクション(FPガチャ)が登場• リヴァプールのユニフォームやスタジアムでウイイレが遊べる などいったメリットがありました。 しかしながらウイイレ2019ではリヴァプールのライセンスがなくなり、その代わりにマンチェスターユナイテッドが新たなパートナーシップ契約に。 ちなみに監督以外でもリヴァプールに関するマイナスな出来事があります。 リヴァプールの選手がFPになる回数が減るかも (=リヴァプール専用のクラブセレクションが出ない可能性)• リヴァプールのユニフォームやスタジアムが使用できなくなる など。 ウイイレ2019:685(多分)• ウイイレ2020:910 まず、マネージメント能力がかなり上がっていますよね。 ただしこれはウイイレ2020のほぼ全ての監督に当てはまります。 全ての監督のマネージメント能力が大幅に上がっているのがウイイレ2020の大きな特徴。 これは前作ウイイレ2019のFPによる重コストが原因でしょう。 ウイイレ2019ではFPの新登場でマネジメントコストがかつかつになりがちだったので、マネージメント能力向上が重要なアイテムでした。 しかしウイイレ2020ではFPの重コストを公式側が考慮してくれたのか、監督のマネージメント能力にかなり余裕ができるような監督システムに。 なので、 ウイイレ2020はマネージメント能力を気にしてなくてOKですし、 マネージメント能力向上を持っていなくても全然問題ないレベルです。 なのでマネージメント能力の向上はプラスだけどクロップ監督に限ったことではないという話です。 後はそこまで変化はありません。 ですが、 クロップ監督はゲールノートツァイツラーという偽名でしっかり収録されるかと思います。 「ゲール」と検索するとゲールノートツァイツラー収録されるのが上記画像で確認できますよね。 まとめ 【 クロップ監督はウイイレ2020でゲールノートツァイツラーという偽名収録に】 偽名になってしまったことで親近感は湧かないかとは思いますが、偽名=弱くなったなんてことは決してないと思います。 シメオネ監督(クリストバルブエナ)はウイイレ2019でも非常に強かったですよね。 ただウイイレ2019と2020ではゲームの仕様や環境が異なるので、ウイイレ2020でクロップ監督がどのぐらい強いかというと、まだなんとも言えないところはあります。 ウイイレ2019ではかなり優秀な監督の1人だったので、ウイイレ2020でもGPを出して獲得するだけの価値はあるかと思います。

次の

クロップ・リバプールの4

クロップ ウイイレ

まさに会心の一撃! その南野をリヴァプールが獲得するのではないかという噂が流れている。 そうした中、ユルゲン・クロップ監督が日本人選手について語った。 『Liverpool Echo』によれば、「なぜここにいるんだい?もっとたくさん会うようになるかもね!」と日本人記者に対しておどけつつ、こう述べたという。 ユルゲン・クロップ(リヴァプール監督) 「(日本人選手とともに働くのはどうだったか?) 南野については話さない。 香川真司について話す! 私は大好きだね。 偉大であり、スマートでもある! 香川真司とともに働くのが大好きだった。 彼はこれまでのところ私にとって唯一の日本人選手だ。 素晴らしい経験だったよ、シンジに会うまでは日本人選手について全く知らなかったからね。 ビデオを見て彼を獲得することにした。 (香川に)100パーセントの確信があったわけではなかった。 彼が初めて練習に参加した時、ロッカールームでコーチ陣全員とハグをしたんだ。 Oh my God、なんてスーパーな選手なんだ。 それがシンジとの時間だった。 あなたは私よりも彼を知っているだろう。 彼の姿勢は素晴らしい。 ワークレートも素晴らしい。 スマートなフットボール、賢いテクニック。 本当にダイナミックで本当にいい人間さ。 違ったシステムに適応しようとすることは素晴らしい経験だよ。 私はいまだに彼のキャリアをチェックしているし、彼がどうやっているかを把握しようとしている。 (日本人選手と働くのは?)素晴らしい経験さ」 これ以上ないほどに香川について絶賛していたようだ。

次の