クレアチニン クリアランス と は。 クレアチニンとは?腎臓病のサイン!その下げる方法や上げる方法を解説します。

薬剤師が注意するべき腎臓の指標(クレアチニンクリアランス・BUN・eGFR)【ファーマシスタ】薬剤師専門サイト

クレアチニン クリアランス と は

糸球体ろ過量 glomerular filtration rate GFR とクレアチニンクリアランス creatinine clearance 血清クレアチニンから計算で糸球体ろ過量、クレアチニンクリアランスを推測するものです。 数字はすべて半角文字で入力して下さい。 MDRD計算式、日本腎臓学会計算式での計算は体重は不要です。 MDRD計算式、日本腎臓学会計算式で、体表面積補正をする時は身長の入力も必要です。 糸球体ろ過量、クレアチニンクリアランスを正確に出すには蓄尿が必要ですが、外来治療の時蓄尿はしにくく、また入院患者も含めて、きちっと蓄尿していないこともあり、尿量が不正確なこともあります。 それで血清クレアチニンから簡便に糸球体ろ過量、クレアチニンクリアランス推測することの有用性があります。 尿をつくるのがその主な働きです。 一つの腎臓は、100万〜150万個あると言われる腎小体 renal corpuscle からできています。 腎小体は毛細血管が糸の固まりのように集まっている糸球体 glomerulus と、それを包むボーマン嚢 Bowman's capsule からできています。 ボーマン嚢は尿細管 uriniferous tubule につながり、尿細管は尿管 ureter につながります。 腎臓でつくられた尿は尿管から出て、膀胱 bladder に送られます。 糸球体のたくさんの毛細血管から、不要なものなどがろ過され、ボーマン嚢に集まります。 しかしまだ私達が排出している尿と違うため、これは原尿と言います。 原尿が尿細管を通る間に、ある物質は尿細管から再吸収され、原尿の中から取り除かれます。 またある物質は尿細管から分泌されて、原尿に加わります。 私達が排出する尿の量は、糸球体でろ過された原尿の量ー尿細管で再吸収された量+尿細管で分泌された量になります。 尿細管での再吸収は、すべて再吸収され、原尿からその成分がまったくなくなってしまうものもありますが、たいていは一部のみの再吸収で、原尿にもその成分が残ります。 蛋白や糖は人間の栄養素で大事なものですから、正常なら尿細管ですべて再吸収され、尿から出ることはありません。 だから尿検査をして、蛋白や糖が出ていたら、何か異常があることになります。 糸球体でろ過された原尿の量を糸球体ろ過量 glomerular filtration rate GFRと略す と言います。 英語の通り訳せば糸球体ろ過率ですが、糸球体ろ過量と訳すのが一般的です。 腎機能障害は糸球体でのろ過の障害、尿細管での再吸収の障害、尿細管での分泌の障害が考えられます。 糸球体でどのくらいの量がろ過されているのかを、知ることができれば、腎機能の一部が正常なのかどうかを知ることができます。 糸球体ろ過量を知る方法はあるのでしょうか。 血液は赤血球、白血球、血小板、線維素原(フィブリノーゲン)、血清に分けられます。 線維素原と血清を合わせて血漿とも言います。 いわば血清という液の中に赤血球、白血球、血小板という固まりが浮かんでおり、線維素原がとけこんでいるのです。 血液の濃度を考える時、血清という液の中にどのくらいの割合で含まれているかを考えればいいのです。 糸球体でC 単位 dL ろ過されて、尿に物質Aが、T 単位 mg あるとします。 これは、尿の中の物質Aの量を物質Aの血清濃度で割れば糸球体ろ過量が計算できることを示しています。 尿の中の物質Aの量を知るにはどうしたらいいのでしょうか。 1日の尿の中の物質Aの量はUV 単位 mg で求まります。 これは糸球体ろ過量は物質Aの尿の濃度に1日あたりの尿の量をかけて、それを物質Aの血清濃度で割れば求まることを示しています。 しかしここに大きな問題があります。 尿の中の物質Aは糸球体でろ過されたものだけでないのです。 物質Aは尿細管で再吸収されるし、尿細管で分泌もされます。 つまり尿の中の物質Aの量は糸球体でろ過された物質Aの量ー尿細管で再吸収された物質Aの量+尿細管で分泌された物質Aの量になります。 幸いなことに尿細管で再吸収も分泌もされない物質があります。 それがイヌリン inulin です。 イヌリンを使った糸球体ろ過量をイヌリンクリアランス inulin clearance と言います。 クリアランスの定義は the volume of plasma that is completely cleared of the substance by the kidneys per unit time になっています。 「単位時間あたりにある物質が腎臓で完全にきれいにされてしまう clear 血漿の量」です。 きれいにされてしまうというのは、なくなってしまうということです。 ここでclearを使っているために、その名詞形のclearanceをとり、クリアランスと言っているのです。 定義では、plasma 血漿 を使っていますが、血漿は血清にフィブリノーゲンがとけこんでいるだけのものですから、量的に血清とほぼ同じです。 以後血清で考えます。 だから物質AのクリアランスはC 単位 dL になります。 Cは糸球体ろ過量でもあるわけですから、物質Aのクリアランスと糸球体ろ過量は同じことになります。 イヌリンクリアランスを求めるには、イヌリンを点滴注射してから、イヌリンの血清濃度を測定し、尿の1日量と尿の中のイヌリンの濃度を求めればいいのです。 イヌリンを用いて糸球体ろ過量を求めるには、イヌリンを点滴注射しなければなりません。 もし人間の体がつくる物質でイヌリンと同じように尿細管で再吸収も分泌もされない物質があれば、この物質を用いて糸球体ろ過量を求めるほうが、点滴注射の必要がないから簡単です。 幸いなことにこういう物質もあります。 それがクレアチニン creatinine です。 これは筋肉が代謝され人間の体の中にできる物質です。 実際はクレアチニンは尿細管でも少し分泌されます。 だから尿内のクレアチニンの量は糸球体でろ過されたものより少し多くなります。 しかし血清クレアチニンを測定するにも、測定誤差で少し高めに出ます。 尿クレアチニン濃度も、血清クレアチニン濃度も実際より少し高めに出て、糸球体ろ過量を求めるのは、尿クレアチニン濃度を血清クレアチニン濃度で割るわけですから、打ち消しあい、糸球体ろ過量は実際の尿クレアチニン濃度、血清クレアチニン濃度で計算したものと同じになると言われています。 血清クレアチニン濃度の測定は1回の採血でできますから、簡単です。 しかし1日の尿量を測定するのは面倒です。 1日の尿をすべてためるのを蓄尿と言います。 1日にした尿をすべて蓄尿瓶にためて、その量を測れば1日の尿量がわかります。 またその尿を検査すれば、尿クレアチニン濃度がわかります。 蓄尿は入院患者には、比較的やりやすいことです。 しかし外来患者にはかなり困難なことになります。 会社に蓄尿瓶を持って行って蓄尿するということは、非常にやりにくいことです。 日曜日を1日つぶして家に待機し、尿のたびに蓄尿瓶に尿をとっていくということになります。 患者にとっては、非常に面倒なことです。 またいい加減な蓄尿をする人もおり、尿のたびにきちんと蓄尿瓶に尿をとっていかない人もいます。 さらに女性は羞恥心もあり、蓄尿を嫌がります。 それで血清クレアチニン濃度だけから、クレアチニンクリアランス、糸球体ろ過量を求める方法はないかと模索されました。 血清クレアチニンは血清クレアチニン濃度と同じことです。 1999年にLeveys等が18歳以上の慢性腎臓病 CKD 患者を対象に行った研究から、CKDの重症度を判定するためにMDRD式を考案しました。 MDRDはModification of Diet in Renal Disorderの略です。 73m 2 Scr はJaffe法で測定 2005年に人種差を考慮して、白人1. 000に対して、アフリカンアメリカンに係数1. 212をかけたMDRD式が示されました。 73m 2 Scr はJaffe法で測定 アメリカを含む多くの国では、血清クレアチニンはJaffe法で測定していましたが、日本など一部地域では酵素法で測定していたため、2006年に酵素法でのScrのMDRD式が発表されました。 000に対して、日本人の係数0. 741が日本腎臓学会より示されました。 それで2009年に新しい日本人のGFR推算式が慢性腎臓病ガイドライン(日本腎臓学会編集)で提唱されました。 094 eGFRはestimated glomerular filtration rate の略です。 推定糸球体ろ過量という意味です。 73m 2の場合の糸球体ろ過量 GFR になっています。 糸球体ろ過量は血清クレアチニンを割ることで計算しています。 クレアチニンは筋肉の代謝でできる物質ですから、筋肉が多いと血清クレアチニンは高くなります。 血清クレアチニンが高いと、高いクレアチニンで割るから、糸球体ろ過量は低くなります。 筋肉が少ないと血清クレアチニンは低くなります。 血清クレアチニンが低いと、低いクレアチニンで割るから、糸球体ろ過量は高くなります。 腎機能と関係なく、筋肉の量で糸球体ろ過量が変わってしまうのです。 筋肉の量は概ね体表面積と比例すると考えられます。 それで筋肉量による誤差をなくすために、体表面積補正をします。 73 参考文献• Paul L Marino. The ICU Book. Second Edition. Arthur C. Guyton, John E. Hall. Textbook of Medical Physiology eleventh edition. 343-345.• Pharm. クラブ. cocolog-nifty. 伊藤 隆『解剖学講義』 1991 南山堂 p. 387• 小谷正彦『診療画像解剖学テキスト』 2003 文光堂 p. 折田義正.イヌリンクリアランス測定法.モダンメディア.53(2),2007,33-39.• 日本腎臓学会. jsn.

次の

クレアチニンクリアランス

クレアチニン クリアランス と は

一般性 クレアチニンは、クレアチンリン酸(またはホスホクレアチン)の分解の結果です。 人体では、ホスホクレアチンは主に骨格筋と心臓に見られます。 これらの組織では、クレアチンはすぐに使えるエネルギー源です。 クレアチニン はいったん産生さ れると血中に放出されます。 その後、 尿細管レベルで再吸収されることなく、腎糸球体によって濾過され、尿 と共に完全に 除去される。 クレアチニンと筋肉代謝 クレアチニンの生産は クレアチンの代謝、 筋肉とその収縮のための基本的な物質に関連しています。 筋肉によるクレアチンの吸収の間に、この物質のごく一部は時間の経過とともに不可逆的かつ一定の方法で クレアチニンに変換されます。 この「変換」によって生成されたクレアチニンは 血中に注がれ、 尿から除去されます。 クレアチニン投与量は腎臓機能の有効性についての有用な情報を提供します。 後者は血液を濾過する責任がある器官です。 クレアチニンは2つの方法で測定されます:血液検査( クレアチン血症 )と尿検査( 24時間クレアチヌリア )を通して。 成人では、正常値は0. 6から1. 血中のクレアチニンの存在が高すぎる場合、それは腎臓が尿にそれを渡すことができないことを意味しているので、彼らは彼らの仕事をうまくやらないのです。 高い値は、腎不全、スポーツの行き過ぎ、やけど、外傷によって引き起こされます。 代わりに、低クレアチニンレベルは貧血、筋萎縮および衰弱状態によって引き起こされる可能性があります。 何 クレアチニンはクレアチンの代謝の間に体によって合成される老廃物であり、特定の栄養補助食品を通して摂取された場合、運動能力の向上を約束するのと同じ物質です。 実際、クレアチンには重要なエネルギー機能があり、重い荷物を地面から持ち上げる、またはバスに乗るための突然のスプリントなど、激しくて短期間の物理的な取り組みに介入します。 クレアチンが関与する活発な反応の間に、このアミノ酸のごく一部が自然にそして不可逆的にクレアチニンに変換されます。 各個体において、クレアチニン産生速度は24時間にわたってほぼ一定であり、食事のタンパク質含有量などの他の要因による影響が少ない。 産生されるクレアチニンの量は、個体の筋肉量に正比例し、それゆえ年齢、性別、人種およびスポーツによって異なり得る。 例えば、70kgの成人では、約1.2mg /分の速度で、合計1.7g /日で製造される。 なぜあなたは測定しますか 一度生成されると、クレアチニンは血中に注がれ、尿中で寛大な濾過作用のおかげで排泄されます。 糸球体によって濾過されたクレアチニンはすべて完全に排泄されるので(吸収はない)、尿中のそのレベルは腎機能の敏感で特異的な指標を構成する。 クレアチニンレベルが低すぎると、腎臓の濾過活性が低下し、その結果、血中クレアチニン濃度が上昇することになります。 クレアチニンの投与量はまた、腎臓病理学の治療(例えば透析患者における)またはある種の治療中の同じ臓器の機能性をモニターするためにも行われる。 クレアチニンクリアランス 物質の除去(浄化)とは、腎臓によって単位時間(1分)内にこの物質から浄化される血液の量を意味します。 したがって、クレアチニンの腎クリアランスを決定するためには、24時間以内に尿を採取し、次にクレアチヌリア(尿中クレアチニン濃度)およびクレアチニン血症(血漿クレアチニン濃度)を評価する必要があります。 6〜1. これらのレベルは、24時間にわたって一定に保たれる傾向があります。 しかし、体内で生成されるクレアチニンの量は、性別、年齢、患者の体重、および筋肉量に依存することを考慮する必要があります。 このため、濃度は女性と子供よりも男性の方がわずかに高くなります。 小さい値はクリアランスの値であるため、より低い値は、より大幅に削減された腎機能の指標です。 クレアチニンアルタ - 原因 血中または尿中のクレアチニンが正常値を超えて増加した場合は、腎機能障害を示している可能性があります。 高血中クレアチニンは、以下の症状によって引き起こされます:• 急性または慢性の腎不全• 腎血管の肥大または損傷(糸球体腎炎)。 腎臓の感染症(腎盂腎炎)。 腎臓結石• 心不全、アテローム性動脈硬化症または糖尿病合併症による腎臓への血液供給の減少。 前立腺障害またはその他の尿路閉塞の原因• 甲状腺機能亢進症;• 筋肥大• 皮膚筋炎;• 先端巨大症;• 重症筋無力症;• 痛風;• 動脈性高血圧症• スポーツ超過• 筋肉の外傷またはけが• バーンズ。 場合によっては、肉が多すぎる食事でも血中クレアチニンレベルを上昇させるのに役立ちます。 高クレアチニン:警報ベル 最も一般的な高血圧クレアチンの症状は以下のとおりです。 疲労;• 足や足首の腫れ。 食欲が悪い。 かゆみや乾燥肌。 筋肉のけいれん;• 頻尿や痛みを伴う排尿。 息切れ 血液中のクレアチニンの増加は、腎毒性作用を発揮する薬を服用することで引き起こされる可能性があります。 つまり、抗生物質、利尿薬、化学療法など、腎臓に毒性があるということです。 尿中排泄の増加は、代わりにカプトプリルとコルチコステロイドの投与に関連しているかもしれません。 クレアチニンと水分補給の状態 クレアチニン産生速度はほぼ一定ですが、脱水状態によって影響を受ける可能性があります。 実際には、体内に液体がほとんどないときは、さらに少ない尿が生成され、その結果、クレアチニンの濃度が増加します。 尿中クレアチニン濃度の上昇は、以下のようないくつかの状況が原因である可能性があります。 フィーバー;• 速いです。 筋肉の活動亢進• 甲状腺機能低下症。 低クレアチニン - 原因 血清クレアチニンの 減少は、一般的に衰弱や妊娠の状況、特に2学期までに関連している可能性があります。 もう1つの原因は、通常の加齢または進行性萎縮を引き起こす症状による筋肉量の減少です。 低血中クレアチニンは以下によっても引き起こされます:• 貧血;• 甲状腺機能低下症;• 白血病;• 筋ジストロフィー• ミオグロビン尿症;• 低タンパク食 尿中クレアチニン濃度の低下は、以下のようなさまざまな状況が原因である可能性があります。 腎不全• 筋疾患• 甲状腺機能亢進症;• 測定方法 クレアチニンレベルは血液と尿の両方で検出されます。 前者の場合は 日常的な検査なので、腕の静脈から血液サンプルを採取するだけで十分です(空腹時、最低8時間は安静時)。 2番目のケースでは尿サンプルで検査を行います。 24時間で収穫しました。 この後者の検査は、腎機能のより信頼できる評価を得るために最初の検査と組み合わされることが多い。 血漿クレアチニンを測定するために、血液は患者から腕を通して引き出されます。 無代謝検査をするためには、採血する前に 少なくとも8時間は 断食を観察する必要があります。 尿中クレアチニン投与量は、代わりに24時間以内に採取された試験試料に対して行われる。 この第二の検査は、腎機能のより信頼できる評価を得るために処方され、そして第一の検査と組み合わされる。 最後に、クレアチニンの3番目の、さらに徹底的な検査、 クレアチニンクリアランスがあります。 クレアチニンクリアランスは、腎臓の健康状態を評価するために使用できる値です。 血中クレアチニンの検出(クレアチニン血症)と24時間以内の尿量および同物質の含有量から算出していますので、24時間以内に採取した尿検体を検査対象とします。 準備 サンプリング前の8〜12時間は、激しい運動を避けることが重要です。 さらに、患者は、離脱前の夜の空腹を維持すること、または肉を食べることを控えることを要求されることがある。 結果の解釈 クレアチニン• 血漿クレアチニン値が正常より高く、そしてその人が特に筋肉質ではない場合、それは腎臓が適切に機能していないことを意味します。 血中クレアチニン濃度の増加は、腎機能、心不全、糖尿病、高タンパク食、スポーツ過剰、甲状腺機能亢進症および筋肉の外傷に影響を与える疾患または状態の存在を示唆することがあります。 クリアランスを調べて結果をさらに調査する必要があります。 血漿クレアチニンが低い場合、それはおそらく筋肉量が少ないか、またはそれを減少させる疾患を有する人です。 正常値と比較した減少は、貧血、衰弱状態、甲状腺機能低下症、白血病および妊娠の存在下でも見られます。 クレアチニンクリアランス• 値が正常より低い場合は、腎臓の濾過機能障害を診断することが可能です。 値が通常よりも高い場合、それはおそらく貧弱な筋肉量の人です。

次の

「クレアチニン・クリアランス(Ccr)」と「糸球体濾過量(GFR)」の違いと使い分けは?~糸球体と尿細管からの排泄

クレアチニン クリアランス と は

筋肉運動のエネルギー源となるアミノ酸の一種クレアチンが代謝されてできた物質です。 やと同様に老廃物のひとつです。 クレアチニンは腎臓の糸球体で濾過されますが、尿素窒素とは違って尿細管ではほとんど再吸収されずに、尿中に排泄されます。 クレアチニンを調べると何がわかるのか? クレアチニンは、腎臓が正常にはたらいていれば、尿として体外に排泄されます。 つまり血液中の クレアチニンが多いということは、腎機能が障害されているということになります。 この検査は簡単なうえに、腎臓以外の影響は受けにくいので、腎機能、腎糸球体機能のスクリーニング(ふるいわけ)や経過観察のための検査として行なわれています。 クレアチニンは、筋肉の病気を調べるときにも検査されます。 筋肉内で合成されるクレアチニンの量は筋肉の量に比例するため、筋ジストロフィー症などの筋肉の萎縮する病気があるときは低値になります。 そこで診断にあたっては腎糸球体機能の変化をさらに正確に測定するクレアチニン・クリアランスを行ないます。 クレアチニンはどのように検査するのか? 血液を採取し、酵素を利用した試薬を加え、比色計で色の変化を調べます。 食事については制限などはありませんが、検査前日からは激しい運動などは控えてください。 基準値の範囲• 男性…0. 5〜1. 女性…0. 4〜0. 年齢による変動はほとんどありません。 高齢者では年齢とともに腎糸球体濾過率が低下しますが、筋肉量を減少するため、ほぼ一定になります。 検査結果の判定 血液中のクレアチニンの数値が高いのは、腎機能が低下していることを示唆し、低い場合は、筋肉に関わる異常を想定します。 日本人間ドック学会の判定基準では、男性が1. 2〜1. 9〜1. 一般に中程度の腎不全では1. 数値に異常があればなんらかの疾患が進行していることが考えられますので、すぐに原因究明を行なうことが必要です。 その意味では、 境界域でも危険な数値と考えた方がよいでしょう。 異常があったらどうするか? 異常値の原因となっている病気を確定するため、、、フィッシュバーグ濃縮試験、、、X線CT、などの検査が行なわれます。 原因となる病気の確定診断がついたなら、治療を開始します。 腎不全で老廃物が血液中にたまると、心臓麻痺、腸閉塞、昏睡などの危険性がある尿毒症を起こします。 特に急性腎不全の場合は、クレアチニン値が一定以上になると人工透析の必要性も考慮に入れなければなりませんので、迅速な対応が必要となります。 腎盂腎炎や腎臓結石の場合、治療によって利尿が進めば、クレアチニン値は間もなく回復します。 日常生活では、 塩分やタンパク質の摂取を制限する食事、適度な運動を心がけるとともに、肥満、高血圧、脱水などの憎悪因子を避けるようにしましょう。 また、慢性腎疾患ではクレアチニン値を月1〜2回測定し、さらに糸球体濾過率を推定するために、クレアチニン・クリアランスを半年ごとに調べるとよいでしょう。 異常な場合に疑われる病気• 高値…急性・慢性腎炎、腎不全、尿毒症、腎盂腎炎、腎臓結石、肝硬変、心不全など• 低値…筋疾患(筋ジストロフィー)、尿崩症など•

次の