足 の 人差し指 が 痛い。 「足の指が痛い!」『原因』と『場所』から分類します

足の指、付け根が痛むモートン病 原因や治療法は:朝日新聞デジタル

足 の 人差し指 が 痛い

Sponsored Link 足の指のしびれは何故起こるの? 足や足の指がしびれることはあっても、どうして しびれるのか原因を詳しく知らない人が多いでしょう。 足に限らず、体のしびれは「血行不良」、「神経障害」 「脳などの疾患」のいずれかに原因があることが殆どです。 血行不良で足や足の指がしびれるのは、正座や足を組んで長時間体勢を 変えなかったときに起きるしびれが良く知られています。 上体の体重が下に敷いている足や指にかかり、 血管が圧迫されて血行が悪くなりしびれてしまうのですね。 神経障害の場合は、圧迫されているのが血管でなく神経で、主に首・背中・腰の大きな 骨の近くに通っている神経が何らかの原因で押されて、しびれが出てしまいます。 圧迫されている神経の位置によってしびれの出る場所が全身に分かれますので、 意外な場所の神経が圧迫されていることもしばしばあります。 脳などの疾患は脳梗塞や脳出血などの脳の機能に異常が出て、さまざまな場所にしびれが起こります。 脳梗塞が原因のしびれは手や腕に出るものと思われるかもしれませんが、 症状によっては足の指にも出ることは意外と知られていません。 最初にいずれかの原因とは書きましたが、ときには原因が複数重なってしびれになる場合もあります。 多いのは、神経障害が起きていてもしびれの症状が殆ど出ていない状態で正座をし、 神経が健康な人よりも重くしびれが出てしまうことがあるのです。 しばらくすると収まるしびれの多くは血行不良によるもの、 しびれが長く続くものは神経障害や脳などの疾患と思っていて良いでしょう。 Sponsored Link 人差し指や中指のしびれは? しびれの原因がわかったところで、人差し指や中指の指だけがしびれてしまう原因は何が考えられるでしょうか。 足の指のしびれで疑われる原因は、「足根管 そくこんかん 症候群」や「モートン病」などの病気が疑われます。 足根管症候群は足のくるぶしの後ろ側にある足根管の中を通る神経が圧迫されてしびれが起きます。 足首の捻挫やかかとの骨折などの外傷、または良性腫瘍・静脈瘤といった体内の異常が原因のことが 多いのですが、まれに原因不明のこともある病気です。 モートン病は足の中指・薬指の付け根にある神経が圧迫されて起こる病気です。 この病気はハイヒールやパンプスを履いて立ち続けることの多い人によく見られ、 指の神経に繰り返し衝撃が与えられることによって起こります。 長時間立っていたりハイヒールやパンプスのような不安定な靴を履いているだけでなく、 足の外側に体重をかけて歩く人や中腰で長くいる人、偏平足や外反母趾・土踏まずがない人にもよく見られます。 足根管症候群やモートン病になっている人は、足の指のしびれや違和感、痛みからひざや腰に 負担をかける歩き方をして大きな関節を痛めやすいので、あとあとに大きな病気の 予防としても足のしびれと放置しないようにしましょう。 指の付け根が痛いのは何なの? しびれだけでなく足の指の付け根に痛みがあるときは、足根管症候群やモートン病だけでなく、 大きな病気をしている可能性も多くあります。 痛みが強く出ていて、しびれよりも強い場合は「痛風」であるかも知れません。 痛風は中年男性が発症する病気に思われますが、食生活の変化で若い男性が、 ホルモンバランスが変わる更年期以降の女性が発症することも十分に考えられます。 血液中の尿酸が溜まることによって関節に炎症を起こす痛風は、多くの場合足の親指の付け根に 症状が出やすく、症状が落ち着いてくると痛みばかりではなくしびれも感じるようになるのです。 また、ほかには「糖尿病」にかかっているために足の指の付け根にしびれや痛みが出ることもあります。 糖尿病には多くの合併症が確認されていて、糖尿病性神経障害を発症するとしびれや痛み、 または常に靴下を履いているような感覚の鈍麻が起こります。 痛風も糖尿病も、足や足の指のしびれが出てきてしまうとそれなりに症状が進んでしまっているといえます。 足の指の付け根に痛みとしびれを感じたときは、早く病院で検査をすると良いでしょう。 まとめ 足のしびれの原因の多くは、血行不良・神経障害・脳などの疾患が疑われます。 人差し指や中指がしびれるのは、足根管症候群やモートン病の症状かも知れません。 指の付け根が痛むとき、足自体が原因ではなく痛風や糖尿病などの病気の可能性もあります。 Sponsored Link•

次の

開張足でタコが痛い…足の人差し指や薬指の付け根にタコができている方は開張足かも!?

足 の 人差し指 が 痛い

今回の流れ• 人差し指が痛い原因とは? 部位に限らず、人差し指が痛いという症状の原因は「炎症」にあると考えられます。 例えば、外からの衝撃で負傷してしまい、血が出てしまう様な怪我または打撲。 内側で血管などの組織が腫れて炎症してしまって、外見ではわからない痛みなどもあります。 もちろん、 骨折や捻挫なども痛みの原因になり得ますね。 また、怪我の原因もさまざまで、運動中になってしまったり、ストレスでもなる可能性があるので、いついかなるときでも指が痛くなってもおかしくはありません。 特に年齢を重ねて行くと、転んだりした衝撃で怪我をしたり、体内の組織等も若い頃よりも衰えて行くために 何もしていない状態でも炎症が起きやすくなります。 加齢は気をつけて行きたいと思っていてもどうしようもないケースが増えてしまいがちなのです。 人差し指が痛い。 その場所は関節?根元? 人差し指が痛み出し、特に目立った外傷がない場合。 まずはどこが痛むでしょうか? 指の場合は主に関節または根元が痛むことが多く、それぞれどこが痛むかによって病名が付いたりもします。 例えば、関節の場合はリウマチや痛風などが代表的です。 昔こそ年配の人がなる病気とされてきましたが、 現在は若い世代でもストレスや過労が原因で症状が出ます。 また、根元の場合は指や手の酷使による腱鞘炎やばね指の可能性が高いとされています。 痛みとプラスして根元がこわばって指が曲げられない、自由に動かせない場合は特にそういった病状を疑ったほうが良いでしょう。 病気によっては見た目で症状が明らかなものもありますが、傷が見えない 内側の炎症は自己治癒で治りにくいものもありますので放置は厳禁です。 痛みを感じたらまずは整形外科に診察に行ったほうが良いでしょう。 人差し指の関節が痛いときに考えられる病気 上記でも一部紹介させていただきましたが、こちらでは人差し指の「関節」が痛いときに考えられる病気を症状などを加えて解説していきます。 手を使う仕事の人、主婦の方には特に注意してほしいものもありますので、必見です。 変形性関節症 40 代の女性がなりやすい病気のひとつに「変形性関節症」があります。 これは更年期障害などのホルモンバランスが崩れた際に発症するといわれている病気なのですが、名前の通り 痛みとともに指の関節が変形するのが特徴的です。 変形性関節症の中には第一関節が変形する「ヘパーデン結節」と第二関節が変形する「プシャール結節」の 2 つがありそれぞれ症状も異なります。 「ヘパーデン結節」は第一関節はぷっくりと真っ赤に腫れ、見た目にも痛そうな症状で、指を曲げる際に痛みを伴います。 真っ赤に腫れた患部は水ぶくれのようになる時もあり、日常生活にもものが持ちづらかったりもします。 「プシャール結節」は症状は「ヘパーデン結節」とほぼ同じなのですが、異なるところは症状が第二関節に出ることと、 発症の 9 割は女性だということです。 治療法はテーピングや処方薬を飲むことに加え、ひどい場合は注射をして症状を軽くする場合もあります。 さらに骨が変形するため、手術をする可能性もあります。 膠原病(こうげんびょう) 全身の複数個所が炎症を起こすといわれている「膠原病」は直接的な原因が指にはなく、血管や組織にあるとされています。 ストレスによる免疫力低下や栄養不足が原因で発症するケースが主で予防策としては、 栄養のある食事や適度な運動など健康的な生活を続けることにあります。 リウマチ 朝方に関節が痛み出したりしたときに疑った方がいいのが「リウマチ」です。 遺伝で発症する場合も多く、正確な原因は不明と言われていますが、 免疫細胞の異常で症状が起きるといわれています。 血液検査で分かる場合が多く、検査すればすぐにわかります。 リウマチは炎症を起こすため、温めることを躊躇する人もいるようですが、適度な温めと適度な冷却をすることを推奨されています。 人差し指の根元が痛いときに考えられる病気 指の根元は指を動かすうえでも重要な役割をする箇所です。 そのため、指を酷使することで根元を痛める人も少なくありません。 こちらでは人差し指の根元が痛いときに考えられる病気を紹介します。 腱鞘炎 指に限らず、主に手先で起こるのが腱鞘炎です。 ・編み物やパソコンのキーボードの叩きすぎ ・ペンで絵や文字を書きすぎ このような場合などに起きがちな病気です。 若い世代よりも年齢を重ねた人がなりやすく、痛みが伴います。 指のこわばりや物がつかみにくい症状も現れます。 腱鞘炎単体でも発症しますが、糖尿病の人は腱鞘炎になりやすくなったりもします。 また、腱鞘炎のさらに悪化したものを「ばね指」と言い、指の変形が出るので、 見た目にもわかりやすいものとなります。 腎臓障害 一見、指に関係ないように思えますが、腎臓の機能低下などの障害があることで稀に指の根元が痛むことがあります。 むくみと痛みはマッサージなどでは改善しにくく、食生活などで改善される可能性が高くなります。 スポンサーリンク 人差し指の根元が痛いときに出来る対処法 痛みや腫れなど様々な辛い症状が出る人差し指。 指は触角をつかさどる場所だけあり、 痛みもなお感じやすいです。 そんな症状になったら、まずは何ができるのでしょうか? こちらでは対処方法について解説していきます。 指を使うことを控える シンプルながらも一番重要なのが指を使わないことです。 実は腱鞘炎はスマホが原因でもなり得る可能性があります。 現代人にはつらいでしょうが、スマホ、マウスなど 指を使用する行為は極力少なくしましょう。 (最近は手に優しいマウスなども販売しています) 仕事などで触らなければいけない場合でも休憩時間を設けて、休ませてあげましょう。 場合によっては 軽くマッサージしてあげるのもいいかもしれません。 触ると痛みが増す場合は冷やす程度に収めて置くのがいいですね。 ホルモンバランスを整える 女性の場合は生理前後や妊娠中、更年期障害などホルモンバランスの乱れで腱鞘炎、 ばね指など様々な病気になる可能性が高くなります。 ホルモンバランスを整えるのはなかなか難しいですが、サプリや女性ホルモンの働きを助ける豆乳イソフラボンを摂取することで整えられるとされています。 予防法にも使用できる方法ですが、入浴の際に手を動かしたり、マッサージしたりすると血流の流れも良くなり、症状の改善にもつながります。 サポーターなどで固定する 指を使うことを控えるということを解説しましたが、日常生活において完治まで指を全く使わないというのはほぼ不可能に近いです。 病院に行った際にも購入できるかと思いますが、サポーターを用いて患部を固定して 骨や組織を正常な状態に回復させていく方法も有効的です。 病院に行く前は家にあるサポーターやハンカチなどで固定してみるのもいいでしょう。 スポンサーリンク.

次の

足の指が痛い:医師が考える原因と対処法|症状辞典

足 の 人差し指 が 痛い

足の指の腫れは痛みなどを伴うことも多く、歩行などに影響が出やすい症状です。 足の指が1本だけ腫れている• 足の親指が腫れていて、変形しているようにも見える• 足の指が腫れて熱を持っている このような心当たりがある場合、考えられる原因にはどのようなものがあるでしょうか。 足の指の腫れを引き起こす病気 足の指の腫れの原因となる病気には以下のようなものがあります。 外反母趾 足の親指が人差し指を圧迫するように「くの字状」に曲がる病気です。 足の指の腫れや痛みのほか、関節のなどを起こすことがあります。 つま先の細い靴やハイヒールなどを履き続けたことで起こる場合も多く、患者のほぼ9割は女性というのも特徴的です。 また、上記のような靴によるものだけでなく、遺伝的な要素も指摘されています。 足の指の痛みを軽減するための動作や姿勢が多くなり、ほかの部位への負担が増加し、腰痛や膝の痛みを併発することも少なくありません。 関節リウマチ 免疫システムが誤って自分の正常な関節を攻撃し破壊してしまう、いわゆる自己免疫性疾患のひとつです。 関節に炎症を起こし、関節の痛み、腫れ、こわばりなどが現れます。 全身のあらゆる部位に症状が出る可能性があるため、足の指に症状が出ることもあります。 症状が長引くと、関節の変形・によって曲げ伸ばしが難しくなることもあります。 痛風性関節炎 つうふうせいかんせつえん 尿酸という物質の結晶が関節の中に 析出 せきしゅつ し、急性が生じる病気です。 結晶が関節を刺激し発作を起こすと、激しい痛みを感じます。 発作を起こす場所のほとんどは足の親指の付け根の関節で、赤く熱を持って腫れ上がります。 そのほか、膝や足関節などにも起こることがあります。 発作による強い痛みは2~3日続きますが、1~2週間で治まる場合が多いとされています。 性は、の人に起こる症状のひとつです。 痛みがないときにも、を継続して治療していくことが大切で、まずは、尿酸のもとになるプリン体が多く含まれるビールやエビ・カニ・肉などを多く摂食しないようにして、血中を上昇させない食事療法が重要となります。 心当たりのある人は一度、内科あるいは整形外科を受診して、食事療法や薬物療法が必要かどうか検査してもらいましょう。 蜂窩織炎 ほうかしきえん 皮膚の脂肪組織など、比較的深い部分が細菌などに感染して炎症を起こす病気です。 皮膚が赤く腫れて熱を帯び、触ると痛みを感じます。 体のどこにでも起こる可能性がありますが、手足などは比較的起こりやすいといわれています。 やなどがあり、皮膚のバリア機能が弱い人、や擦り傷などで皮膚が傷ついている人などは発症しやすいので注意したほうがよいでしょう。 また、炎症が全身に及ぶと、発熱、だるさ、悪寒などの症状を伴うこともあります。 受診の目安とポイント 足の指が腫れていて強い痛みを伴う場合や、熱を持ったりしているような場合には早めに受診しましょう。 また、腫れがずっと続いている、歩行の際に靴に当たって痛むようなときにも一度受診が必要です。 原因によって専門の科目が異なりますが、長く続いている腫れのような場合には、まずは整形外科への受診がよいでしょう。 逆に、急激な痛みや腫れが起こったような場合には内科などがよい場合もあります。 医師には、いつから足の指が腫れているのか、ほかの気になる症状はいつから・どんなものがあるのか、できるだけ詳しく説明することがポイントです。 日常生活上の原因と対処法 日常生活に問題があり、足の指が腫れているケースもあります。 むくみ むくみとは、余計な水分や老廃物がたまることです。 むくみが足の指に起きると、腫れているように感じられることもあります。 むくみを和らげるには むくみが強いときには優しくマッサージしたり、温めたりするとよい場合もあります。 また、塩分や水分を摂りすぎてしまうことも、むくみを招く原因のひとつとなります。 ファーストフードや外食、アルコールの多量摂取を控え、栄養バランスの整った食事を摂りましょう。 また、むくみがいつまでも引かないような場合、むくみの原因を調べることが必要な場合もあります。 よくならないときには 自分でできる対処法を試してもよくならない場合には、思いもよらない原因が潜んでいることもあります。 一度、医師に相談してみましょう。

次の