錦織圭 2018。 錦織圭の年収がヤバい!2018年の年収ランキングと推移を紹介!

【2018年】ロレックス・モンテカルロ・マスターズの結果(決勝)

錦織圭 2018

先週の試合結果 先週行われる予定だったATPマスターズ1000「BNPパリバ・オープン」と、3月24日開幕のATPマスターズ1000「マイアミ・オープン」は中止となりました。 ATPツアーとATPチャレンジャーツアーは6週間の間休止することが発表されています。 今週は最新のATP世界ランキングが更新されていないため、トップ3選手のノバク・ジョコビッチ、ラファエル・ナダル、ドミニク・ティエムに順位の変動はありませんでした。 その他トップ10選手の変動もありません。 錦織圭の試合予定 今週 錦織圭の出場予定試合はありません。 錦織圭の復帰予定は未定となっています。 錦織圭のランキング推移 2019年3月11日~2020年3月9日までのランキング推移です。 ATP世界ランキング(テニス男子シングルス) 2020年3月9日に発表されたランキングです。 最新のATP世界ランキング(テニス男子シングルス)の1~100位は以下の通りです。 グランドスラムは2週間に渡って開催されるため、大会終了後の月曜に最新のランキングが発表されます。

次の

錦織圭VSジョコビッチの対戦成績【随時更新】

錦織圭 2018

気になる項目をクリック• 1.錦織圭の年収は38億~39億円 2018年6月にアメリカの経済誌『フォーブス』が発表した錦織圭の年収は3,460万ドルでした。 3,460万ドルとは日本円に換算すると、38億円~39億円となります。 年収39億円とはとてつもない金額です。 参考までに、国税庁の「」によると、サラリーマンの平均年収は約430万円という結果でした。 錦織圭の年収と比較すると、錦織圭の年収はサラリーマンの平均年収の900倍です。 こうして比較すると錦織圭が、どれだけ異次元の年収を稼いでいることか実感できるはずです。 世界のプロスポーツ選手で35位 この錦織圭の年収ですが、 世界のプロスポーツ選手年収ランキングで35位にランクインしています。 これは日本人トップという輝かしい数字です。 ちなみに日本人の2位は、米大リーグヤンキースの田中将大投手で、95位にランクインしています。 世界トップ10は以下の通りです。 順位 名前 競技 およその年俸 円 1 フロイド・メイウェザー・ジュニア ボクシング 319億8,900万円 2 リオネル・メッシ サッカー 124億5,900万円 3 クリスティアーノ・ロナウド サッカー 121億2,000万円 4 コナー・マクレガー 総合格闘技 111億1,200万円 5 ネイマール サッカー 101億円 6 レブロン・ジェームズ バスケ 95億9,600万円 7 ロジャー・フェデラー テニス 86億6,500万円 8 ステフィン・カリー バスケ 86億3,100万円 9 マット・ライアン アメフト 75億5,300万円 10 マシュー・スタッフォード アメフト 66億7,800万円 誰もがその名を聞いたことがあるビッグネームが名を連ねています。 さらに最新情報ですと、米ESPNのサイトで世界の有名選手年収TOP100の28位に、錦織圭がランクインしています。 米ESPNが発表しているランキングは• テニス選手では第3位 さらに テニス界に限ったランキングですと、錦織圭は第3位にランクインします。 名選手ぞろいのなか、トップ3の一角を担うとは本当にすごいです。 以下がテニス選手の年収ランキングTOP10です。 順位 名前 性別 およその年俸 円 1 ロジャー・フェデラー 男 86億6,500万円 2 ラファエル・ナダル 男 46億4,000万円 3 錦織圭 男 38億8,000万円 4 ノバク・ジョコビッチ 男 26億3,400万円 5 セリーナ・ウィリアムズ 女 20億2,900万円 6 キャロライン・ウォズニアッキ 女 14億5,700万円 7 グリゴール・ディミトロフ 男 14億2,300万円 8 アンディ・マレー 男 12億8,900万円 9 スローン・スティーブンス 女 12億5,500万円 10 ガルビネ・ムグルサ 女 12億3,300万円 フェデラーやナダルと肩を並べての3位です。 テニスでは上位に女性も多くランクインしていることも分かります。 年収の推移 錦織圭の年収 獲得賞金ベース の年収の推移を調べてみました。 下記グラフの通りです。 まずは2006年から2010年までです。 錦織圭は2007年にプロへ転身しました。 2008年にATPツアーで初優勝し、年収が一気に上がりました。 しかし2009年はたて続けのケガのため試合欠場が続き、年収がガクッと下がります。 2010年に復帰を果たし、もう一度1,000万円の大台を超えてきます。 次は2011年から2016年です。 2012年以降は毎年1億円を越え、順調に成長しています。 2014年にはグランドスラムで準優勝するなど大活躍し、世界ランキング5位まで上りつめました。 キャリア獲得賞金は20億円以上 錦織圭がこれまでに稼いできた獲得賞金は総額21,673,386ドルで、これは20億円以上の金額です。 プロデビューして11年、若干29歳で20億円以上の賞金をあげているとはすばらしいです。 グランドスラムで歴代3位の15回優勝している、ジョコビッチ セルビア の生涯獲得賞金は120億円と言われています。 ジョコビッチと比較するとまだまだ低いように思えますが、日本人のテニスプレーヤーとしては間違いなく最高クラスの賞金を稼いでいます。• スポンサー契約:約37億円 錦織圭はスポンサーの契約料で約37億円稼いでいると言われています。 スポンサー契約とは、スポンサーがそのスポーツチームやスポーツ選手に資金を提供する代わりに、そのチームや選手の公認のスポンサー 支援者・応援者 であることを許される契約です。 例えばスポンサーは錦織圭にお金を出す代わりに、自社のCMなどに錦織圭を出演させることができます。 このスポンサーが出すお金 契約料 が、総額で37億円程度と莫大なのです。 錦織圭は日清食品に所属していますが、その他に契約しているスポンサーが13社もあります。 2018年9月時点 どんな企業と錦織圭がスポンサー契約を結んでいるか、次で説明していきます。 主なスポンサー企業 錦織圭は2017年から2018年にかけて、以下の企業とスポンサー契約を更新しています。 アサヒビール• NTTグループ• 日本航空• LIXIL• 日産 いずれも誰もが名を知る大手企業ばかりです。 また、錦織圭とスポンサー契約をしている企業のほとんどは長期契約を結んでいます。 大半が東京オリンピックやパラリンピックのスポンサーであり、少なくとも2020年までは契約が続くことは確実です。 錦織圭はケガで2017年~2018年は試合欠場が多かったのに、スポンサーがこれだけついています。 錦織圭クラスになると、ケガでしばらく休んでいたとしてもスポンサーは離れないのです。 3.錦織圭の年収の経費や手取りは? 錦織圭の年収は38億円~39億円と莫大ですが、この金額がそのまま手元に入ってくるわけではありません。 経費や税金、保険料などさまざまな費用がかかります。 ではそうした項目を差し引いた手取りはどれくらいなのでしょうか。 説明していきます。 コーチ代:3億円• 人件費:3億円• 移動費:1億円 コーチ代:3億円 錦織圭のテニスのコーチは2人いるのですが、2人合わせて、コーチ代だけで年間3億円かかります。 まずコーチ代ですが、錦織圭のコーチである「マイケル・チャン」へのコーチ料は、2億円と言われています。 1年間ずっとつきっきりというわけではなく、重要な大会の時など期間限定で指導を受けています。 期間限定で2億円出すとはすごい太っ腹だと感じます。 同じように錦織圭のコーチをつとめる「ダンテ・ボッティーニコーチ」へのコーチ料は、1億円程度と言われています。 人件費:3億円 ツアーに同行する専属スタッフなどの人件費で、年間3億円かかると言われています。 経費はコーチだけにかかるのではありません。 錦織選手にはトレーナーや栄養管理士など、15名の専属スタッフがいるのです。 錦織圭クラスになると、トレーナーや管理栄養士も超一流の人を雇いますから、それだけ人件費もかかるのでしょう。 15名で3億円ですから、1人あたり2,000万円ですね。 移動費:1億円 テ ニスは世界各国で大会が開かれているので、飛行機で移動する必要があり、その移動費が年間1億円かかると言われています。 購入ではなくリースの場合も多いようですが、トップアスリートのほとんどはプライベートジェットを利用しています。 錦織圭もプライベートジェットのリース契約を結んでいると言われています。 また、錦織圭はJAL 日本航空 とファーストクラス移動契約も結んでいます。 そうした移動費にかかる費用が総額1億円程度なのです。 経費はこれまで説明してきた「コーチ代」「人件費」「移動費」が主となり、これらを合計すると7億円程度かかります。 税金:17億円 テニス選手とはいえ、住民税や所得税など各種税金を支払う必要があります。 錦織圭の年収を38. 5億円と仮定すると、税金が約17億円かかります。 内訳は以下の通りです。 年収38~39億円-経費7億円-税金14億円-健康保険料85万円=約14億円~15億円 38億~39億円稼いだとしても、半分以上税金や経費などでもっていかれ、残るのは15億円程度となってしまいます。 錦織圭のルーツは幼少時代にあると言われています。 幼少時代から才能の片りんを見せつけていたのです。 ここではそんな錦織圭の幼少時代について説明していきます。 5歳の時からラケットを持つ 錦織選手がラケットを持ちだしたのは5歳です。 きっかけは、父親が社員旅行先のハワイで買ってきた子供用のラケットでした。 ほどなく島根県松江市内の「グリーンテニススクール」に通い始めます。 錦織選手は5歳の時からすでにテニスプレーヤーへの道を歩みだしていたのです。 小6で全国大会優勝 5歳の時から着実に練習を続けた錦織圭は、 12歳の頃、全国選抜ジュニアテニス大会で優勝しています。 この優勝をきっかけに松岡修造さんから目をかけられるようになり、トレーニング環境がより充実したものへと整っていきます。 中学生になるとさらに頭角を現し、テキサス州のジュニア大会でベスト8を達成します。 さらに14歳の頃には、モロッコのジュニア大会で優勝を果たします。 このように中学生の時点で輝かしい成績を残しています。 つまり幼少時代の頃から卓越した才能があったのですね。 なお、推定年収の測定は、「」の登録を進めると表示される「適正年収を診断する」というボタンから行えます。 診断は3分ほどで完了しますので、ぜひ気軽に試してみてくださいね。 年収診断を行う流れ ちなみに、では キャリアアドバイザーへの転職相談も行えます。 年収アップを狙える求人を紹介してもらったり、実際に転職活動を行う場合は、書類作成などのサポートを受けることが可能です。 キャリアアドバイザーの相談は一切お金がかかりません。 対面・電話のどちらでも気軽に相談できますし、今の仕事に少しでも不安を感じているならば、 今後のキャリアを真剣に考えるきっかけになるはずです。 転職活動を考えている人はもちろん、まだ転職に現実味がない人も、ぜひ年収診断と合わせて転職相談を活用してみてください。 業界トップクラスの求人数や丁寧な転職サポートが評判で、「転職者満足度No. 1」にも選ばれています。 自分で求人を探したり、担当者に求人を紹介してもらったり、無料で様々なサービスを受けられるので、登録だけでも済ませておくのがおすすめです。 まとめ スーパーテニスプレーヤー錦織圭の2018年の年収は38億円~39億円です。 世界のプロスポーツ選手の35位に入る超高年収です。 テニスプレーヤーとしても世界3位ですから最高峰のテニスプレーヤーであることは間違いありません。 その内訳ですが、スポンサー収入が37億円と本業のテニス以外の収入が大半を占めます。 錦織圭クラスの知名度や実力だと、大企業のスポンサーがたくさんつくのです。 すでに名実ともに日本のスーパースターとなった錦織選手。 今後のさらなる成長に期待です。

次の

錦織圭VSジョコビッチの対戦成績【随時更新】

錦織圭 2018

決勝のプレイヤー情報 ラファエル・ナダルと錦織圭の「Head 2 Head」、「1回戦から準決勝までの結果」を紹介します。 Head 2 Head 過去の対戦成績は、ナダルの9勝、錦織の2勝。 クレーコートではナダルの2戦2勝。 直近の対戦は2016年のリオデジャネイロ五輪(ハード)の3位決定戦で、錦織がセットカウント2-1(6-2、6-7 1 、6-3)で勝利しています。 2018年 モンテカルロ・マスターズ 決勝の結果 モンテカルロ・マスターズの決勝の結果です。 <日程(現地時間)> ・4月22日 日 :決勝 決勝「ナダル vs 錦織」 [1] ラファエル・ナダル 1位 2 6 6 錦織 圭 36位 0 3 2 試合時間:1時間33分 第1シードのラファエル・ナダル(31歳・スペイン)が錦織圭(28歳・日本)を6-3、6-2のストレートで破り、モンテカルロ・マスターズ3年連続11回目の優勝を飾りました。 ナダルはマスターズ31回目の優勝となり、マスターズの優勝回数で単独1位となりました。 (2位はジョコビッチの30回) 簡単に試合を振り返ります。 第1セット ナダルのサービスで試合開始。 第1ゲーム、ナダルがキープ。 第2ゲーム、錦織のダブルフォルトやフォアハンドのミスなどがあり、デュースへ。 デュース後にナダルにブレークポイント1本ありましたが錦織が凌ぎ、デュース5回目から錦織のバックハンドのダウンザラインへのウィナー、錦織のドロップショットが決まり、10分を超える長いゲームを錦織が何かキープ。 第3ゲーム、ロングラリーからの錦織のフォアハンドのダウンザラインへのウィナー、ナダルのフォアハンドのミス、ナダルのダブルフォルトなどがあり、15-40と錦織にブレークポイントが来ます。 錦織のドロップショットをナダルがドロップショットで返しますが、錦織がギリギリ追いついてパッシングショットを決めて、 錦織がブレークに成功。 第4ゲーム、ナダルの厳しい攻めに錦織が押される展開となり、15-40とナダルにブレークポイントが来ます。 錦織が1本凌ぎますが、錦織にダブルフォルトが出て、 ナダルがブレークバックに成功。 第6ゲーム、ロングラリーでのナダルのポイント、錦織のバックハンドのミス、錦織のフォアハンドのウィナー、ナダルのバックハンドのクロスへのウィナーがあり、15-40とナダルにブレークポイントが来ます。 錦織が1本凌ぎますが、錦織のフォアハンドがアウトとなり、 ナダルがブレークに成功。 第7ゲーム、ナダルのダブルフォルトとフォアハンドのミス2本などがあり、デュースへ。 デュース2回目、ナダルにダブルフォルトが出て錦織にブレークポイントが来ますが、ナダルが凌ぎ、デュース3回目の後、9分近くかかるゲームをナダルがキープ。 第9ゲーム、ナダルのサービングフォーザセット。 ナダルのバックハンドのミス、クロスの打ち合いから錦織のフォアハンドのダウンザラインへのウィナー、ナダルのバックハンドのクロスへのウィナーなどがあり、40-30とナダルにセットポイントが来ます。 錦織が先に攻撃を仕掛けてボレーを決め、デュースへ。 直後、ナダルに再びセットポイントが来ると、ナダルの攻めを錦織が何とか耐えますが、最後はナダルのフォアハンドのウィナーが決まり、 ナダルが第1セットを先取。 第2セット 錦織のサービスで第2セット開始。 ナダルが簡単にキープして行くのに対し、錦織は常にナダルのプレッシャーを受ける厳しいサービスゲームが続いて行きます。 第1ゲーム、30-40とナダルにブレークポイントが来ますが、錦織が凌いでデュースとなり、錦織のフォアハンドのウィナーとファーストサーブでのポイントが決まり、錦織がキープ。 第3ゲーム、コートの外から入れてくるナダルのフォアハンドのダウンザラインへのウィナー級のショット、ナダルの深いリターンでのポイント、リターンエースなどがあり、15-40とナダルにブレークポイントが来ます。 ナダルのリターンエースが決まり、 ナダルがブレークに成功。 第5ゲーム、ナダルのフォアハンドのウィナー、ナダルの深いリターンでのポイントなどがあり、15-40とナダルにブレークポイントが来ます。 錦織のフォアハンドがネットにかかり、 ナダルがブレークに成功。 第6ゲーム、ナダルのバックハンドのミス、ロングラリーから錦織のバックハンドのクロスへのウィナーがあり、15-30と錦織がポイントを先行しますが、ここからナダルの厳しい攻めが続き、ナダルが3連続でポイントを取ってキープ。 第7ゲーム、ストロークで打ち勝っての錦織のポイント、サービスエースが決まるなど、錦織がラブゲームでキープ。 第8ゲーム、ナダルのサービングフォーザチャンピオンシップ。 ナダルのファーストサーブでのポイント、ナダルのスマッシュ、ナダルのバックハンドのミス、錦織のエース級のリターンに追いついてのナダルのカウンターショットが決まり、40-15とナダルにチャンピオンシップポイントが来ます。 ナダルのバックハンドのクロスへのウィナーが決まり、 ナダルが勝利。 スタッツ 錦織のプレーは悪くありませんでしたが、それ以上にクレー王者のナダルが強かったです。 今大会で何度も見てきたナダルの勝つパターンがそのまま出た試合展開でした。 錦織はナダルという高い壁にはね返されてマスターズ初優勝はおあずけとなりましたが、7日間で6試合というタフな一週間を戦い抜き、今大会で見せたプレー内容は本当にすばらしく今後に向けて収穫の多い大会となりました。 ・2nd Serve Points Won:セカンドサーブが入った時にポイントを取得した確率。 ・Total Points Won:取得した全ポイント。 ・Total Distance Run:総走行距離。 ハイライト動画 決勝「ナダル vs 錦織」のハイライト動画です。 順位 選手名 基礎 point round point 決勝後 point 獲得 min 1 ナダル 7,770 優勝 1,000 0 8,770 2 フェデラー 8,670 不参加 — — 8,670 3 A. ズベレフ 4,925 準決勝 360 90 5,195 4 チリッチ 4,850 準々決勝 180 45 4,985 5 ディミトロフ 4,635 準決勝 360 45 4,950 6 デルポトロ 4,470 不参加 — — 4,470 7 ティエム 3,620 準々決勝 180 45 3,755 8 アンダーソン 3,390 不参加 — — 3,390 9 イズナー 3,125 不参加 — — 3,125 10 ゴファン 2,795 準々決勝 180 45 2,930 11 C ブスタ 2,305 棄権 — — 2,305 12 ジョコビッチ 2,130 3回戦 90 0 2,220 13 クエリー 2,220 不参加 — — 2,220 14 プイユ 2,200 2回戦 10 150 2,200 15 B アグート 2,175 3回戦 90 90 2,175 16 ソック 2,155 不参加 — — 2,155 17 シュワルツマン 2,130 2回戦 45 90 2,130 18 ベルディヒ 2,050 1回戦 10 0 2,060 19 チョン 1,897 不参加 — — 1,897 20 フォニーニ 1,840 2回戦 45 45 1,840 21 ラオニッチ 1,765 3回戦 90 20 1,835 22 錦織 圭 1,280 準優勝 600 45 1,835 23 エドマンド 1,732 1回戦 10 20 1,732 モンテカルロ・マスターズでの獲得ポイントは強制加算ではなく、ATP500の大会と同じ扱いとなります。 <表の補足> minポイント:ランキングの対象となっている18大会の中で一番ポイントの低い大会のポイント(グランドスラムとマスターズを除く)。 決勝後のポイントは下記の計算となります。 1回戦を免除された第1シードから第8シードの選手が初戦敗退(2回戦敗退)となった場合、獲得ポイントは2回戦ではなく1回戦の10ポイントとなります。 モンテカルロ・マスターズ 獲得ポイント ラウンド 獲得ポイント 優勝 1,000 準優勝 600 準決勝 360 準々決勝 180 3回戦 90 2回戦 45 1回戦 10 決勝の放送予定 GAORA、NHK・BS1、WOWOWメンバーズオンデマンドでの放送・配信が予定されています。 GAORA では、1回戦から決勝まで生中継で放送予定。 日付 ラウンド 放送時間 4月22日 日 ダブルス決勝 18:30~21:20 決勝 21:20~25:00 NHK・BS1 では、BS1またはサブチャンネルのBS102chで錦織が出場する試合を中心に1回戦から決勝まで9試合を生中継で放送予定。 日付 ラウンド 放送時間 4月22日 日 決勝 [BS1] 21:30~ 23:30 4月22日 月 決勝 録画 [BS1] 19:00~ 20:50 [NHK] 25:05~ 26:55 ・決勝「ナダル vs 錦織」 WOWOWメンバーズオンデマンド では、WOWOWメンバーズオンデマンドで1回戦から決勝までを配信予定。 2018年 モンテカルロ・マスターズ その他の結果.

次の