洋服 カビ 取り 方。 スーツのカビを自宅でキレイに!クリーニングに出す前にすべきこと!|YOURMYSTAR STYLE by ユアマイスター

衣類のカビの取り方!キレイに落とす洗濯方法から防止対策まで

洋服 カビ 取り 方

【お湯を使ったカビの落とし方】• 最初にスーツを日光に当てて乾燥させ、表面についたカビをブラッシングして払い落とします。 あまり強くブラッシングせず、あくまで目立つカビを落とす程度にしておきましょう。 カビ菌が飛び散るので、なるべく外で作業するようにしてください。 次にお湯に漬けてから固く絞ったタオルでカビ部分を叩くようにして、カビを落としていきます。 拭いてしまうとカビが内部に染み込んでしまうので注意しましょう。 カビが目立たなくなったら最後にアイロンやドライヤーを使って、濡れた部分をしっかりと乾燥させて完了です。 最後の乾燥させる段階ではスーツを焦がしてしまわないよう、必ず当て布をして行うようにしてくださいね。 またこの方法でカビを目立たなくすることはできますが、厳密には生地にはまだカビ菌が残ったままです。 必ずクリーニング店で取り除いてもらうようにしましょう。 【応急処置2】消毒用エタノールを使った対処法 【消毒用エタノールを使ったカビの落とし方】• 最初にスーツをよく乾燥させてから、洋服用ブラシを使って表面のカビを払い落としていきます。 カビ菌が飛び散ることになるので、なるべく外で作業するようにしてください。 次に歯ブラシを消毒用エタノールに浸けます。 浸けるのは歯ブラシの毛先程度までにしておきましょう。 カビ部分を軽くたたくようにして、消毒用エタノールに漬けた歯ブラシを使ってブラッシングしていきます。 カビが目立たなくなったら、最後にドライヤーなどを使って、濡れた場所を乾燥させて完了です。 こちらの方法も表面のカビを目立たなくしているだけなので、カビが見えないからといって放っておくと、またカビが生えてしまうことになります。 用事が終わったら、クリーニングに出すのを忘れないようにしてくださいね。 応急処置後はクリーニングへ スーツの宅配クリーニングなら、その道に特化した『プラスキューブ』がおすすめ。 代表が元紳士服デザイナーということもあり、スーツのクリーニングに対する並々ならぬこだわりが特長です。 スーツの繊維を縮めないための特殊な洗濯槽に始まり、スーツの水洗い専用の洗濯ネットなど、スーツを傷めずにキレイにするオリジナル開発の技術が満載。 乾燥についてもよくある回転式の乾燥機ではなく、自然乾燥に極めて近い立体静止乾燥機を使用。 単なる乾燥だけでなくスーツの繊維が本来持っている潤いを補給し、しっとりとした質感に仕上げてくれます。 もちろんスーツだけでなくワイシャツのクリーニングもお手の物。 プレス機メーカーとの共同開発によるプレス機は、着る人の身体にフィットした立体的な仕上がりを生み出します。 これらの独自技術に加えて、スーツもワイシャツもシミ抜きが無料というのも嬉しいところ。 この包装が実はクセ者で、クリーニング店でのスチームアイロンの湿気を閉じ込めてしまうことがあるのです。 他にもビニールに含まれる酸化防止剤によって、スーツが変色してしまう恐れも。 必ず包装を外して、防虫カバーなどに入れ替えて保管するようにしましょう。 クローゼット内のカビ対策も忘れずに カビが生える最大の原因は湿度ですが、スーツや礼服を収納するクローゼットの湿度のことを忘れてはいませんか? 乾ききっていない衣服をしまったり、衣服を詰め込みすぎるだけでもクローゼット内の湿度は上がりやすくなってしまいます。 除湿剤を置いたり、クローゼット内の空気を入れ替えるなどして、収納場所の湿度にも気を配りましょう。 クローゼットの詳しい湿度対策は、をチェックしてみてくださいね。 一年に1~2回、春・秋の衣替えの時期にクローゼットから取り出し、もう一度陰干ししてしっかりと乾燥させましょう。 このとき忘れがちな防虫剤の使用期限も一緒にチェックしておくと、防虫効果を切らさずに保管することができますよ。 【ガーメントバッグに入れて保管するのは厳禁!】 スーツを買ったときに付いてくるガーメントバッグですが、実はバッグに入れたまま保管するのはNG。 バッグごと収納するとクローゼットが窮屈になり、スーツ自身のシワの原因になるだけでなく、クローゼット全体の通気性も悪くしてしまうのです。 特にビニール製のガーメントバッグは通気性が悪いため、カビ予防には逆効果です。 ガーメントバッグは保管用というよりも持ち運ぶためのものなので、必ずガーメントバッグから取り出して保管するようにしましょう。 いかがでしたか? ご紹介した方法でスーツのカビを目立たなくすることはできますが、完全に落とそうとは思わないように。 必ず最後はクリーニングに出して、専門家の技で落としてもらうようにしましょう。

次の

実は「カビ」は無臭だった! 何度洗ってもカビ臭い服を一瞬で蘇らせる洗濯方法

洋服 カビ 取り 方

Contents• 衣類のカビの種類 カビとは真菌と呼ばれる微生物を指します。 植物と同じように根っこや菌糸と呼ばれる茎の部分があり、胞子と呼ばれる種を実らせます。 衣類についたカビは繊維の中に根っこをどんどん這わせ、繊維や色素成分を分解して栄養にしてきます。 このような事から衣類にカビがついてしまうと、色物の生地であれば生地の色が失われている可能性があったり、カビを除去しても根っこが残ってしまう事があります。 カビは、 条件さえそろえばどんなところにも発生します。 たとえば、人間の皮膚や食べ物、空気中のハウスダストにもカビが漂っています。 中でも衣類につきやすいカビは、以下の2種類です。 ・白カビ 比較的落としやすいカビで、 湿気が原因と言われています。 放置していると衣類に穴があいたり変色してしまうこともあります。 出典 ・黒カビ より頑固で強力なカビで、 湿気の多い場所に発生します。 浴室や洗濯槽のカビも同じなので、洗濯で衣類にカビが移るとも言われています。 出典 布製品はカビが生えやすい 衣類だけではなく、布製品は全般カビが生えやすいものです。 カビが生えやすい場所をまとめてみました。 衣類 衣類は保管状態が悪いとすぐにカビが生えてしまいます。 ポリエステルなどのつるんとした素材であれば払い落とす事もできますが、綿などの素材にカビが生えてしまうと除去するのには少々コツがいります。 「クローゼットに保管していた服にカビが生えてしまった」という以外にも、子供が一度着た体操服を持ち帰るのを忘れて気が付いた時にはカビが発生していた、というパターンもあるようです。 通気性の悪い体操着袋に汗がたっぷりしみ込んだ体操服なんて、いかにもカビの大好物の環境と言えそうですね。 カーテン 結露が発声しやすい窓につけたカーテンにはカビが発生しやすいです。 結露がたまりやすいカーテンのすその部分に生えるので、発見が遅れてしまう場合もあります。 布団 私たちは眠っている間にコップ1杯程度の汗をかくと言われています。 毎晩それだけの汗を吸っている布団を敷きっぱなしのままだったり、干さないでいるとカビが生えてしまうのは簡単に想像できますね。 タオル 使ったら毎回ちゃんと洗濯しているのに気が付いたら黒いポツポツが目立ってきたって経験ありますよね。 肌に直接触れる物だからカビが生えていると本当にショックです。 カビが生えると衣類はどんなダメージを受ける? カビが生えてしまうと生地の色が失われる他にも、生地が傷んで薄くなってしまうので穴が開きやすくなってしまいます。 お気に入りの服の色が抜けてしまったり、穴が開いたりする事を避けるためにもカビを見つけたら早めの対策とカビを発生させない環境を保つことが重要になってきます。 衣類のカビ、拭いたり洗濯すれば落ちる? 実は管理人は、「カビだって汚れなんだから洗濯しちゃえば落ちるんじゃないの?」と思っていたのですが、、、実はそうではないのです。 カビの生える条件 カビは空気中などいたるところに存在しています。 そして、次の4つの条件がそろうと繁殖し始めます。 栄養源• 酸素 材質、場所、季節などはまったく関係なく、いたるところにカビは発生します。 例えば、水虫は皮膚のカビの一種ですし、ペットボトルの中の水に、金属の表面などにもカビは発生します。 カビは衣類に根っこをはっている状態 カビは、胞子の状態から芽を出して徐々に糸状の根っこを伸ばしていきます。 目に見える状態になった時には、しっかりと根を張っている状態に育っているのです。 出典: そして、 衣類のカビの栄養源は衣類の汚れ、色素などです。 これらをカビが分解吸収して成長するので、衣類の表面のカビをふき取ったとしても、衣類の生地そのものの色素抜けが起こってしまったり、カビの根っこの部分が残ってしまう、ということなのです。 どうやら、ただ洗濯するだけではだめだったのですね。 服についた黒カビを落とすのは難しい 白カビは、その他の色のついたカビよりも比較的落としやすいと言われています。 水洗いOKの衣類の場合には、以下の手順で大抵は落とすことができます。 また、 白カビは洗濯をするだけで胞子や菌糸が除去できるので、ご家庭で対応しやすいと言えます。 黒カビは白カビと比べるとやっかいで、見た目が目立つうえに洗ってカビを除去しても根っこが残っているので見た目は何も変わらないのです。 このように素人が黒カビを除去して見た目を元通りにするという事は難しいため、ここからは白カビの落とし方についてまとめてみました。 デリケートな素材や生地によっては向いていない場合もあるので注意して行ってください。 スーツなどに試す時には袖のうらなど目立たない場所で色落ちがないか確認するようにしてください。 [用意する物]消毒用エタノール 歯ブラシ アイロン• 歯ブラシの毛先を消毒用エタノールにつける• 強くこすらず、軽く叩くようブラッシングする• 最初に日陰干しをする。 紫外線にあてることで胞子などを殺す効果があるので、時間があれば行った方が効果的です。 歯ブラシなどで白カビ部分をこすり落とす。 この時、あまり豪快にブラシをかけすぎると室内にカビの胞子を飛び散らせることになってしまいます。 大き目のビニールに衣類を入れて、その中でそっとブラシをかけましょう。 屋外でやってもいいですね。 クレンジングシートで拭きとる。 もしもクレンジングシートがなければ薄めた中性洗剤で拭きとってもOKです。 通常のお洗濯をしてよく乾かす。 カビの胞子などの除菌が気になるようでしたら、洗濯の際に酸素系漂白剤を一緒に入れてつけ置き洗いをすると安心です。 白物衣類の場合には、塩素系漂白剤を使ってもOKです。 バケツにお湯を入れて酸素系漂白剤を入れます。 酸素系漂白剤の目安はお湯1リットルに対して10グラムです。 ゴム手袋をはめ、バケツに服をいれてカビをこすり洗いする。 そのまま1時間ほど放置する。 洗濯機で洗濯をする。 ウール100%のスーツを洗う場合には設定をドライにする。 風通しの良い日陰に干してしっかりと乾燥させる。 酸素系漂白剤をナイロンやポリエステルなど化繊の衣類に着け置きしてしまうと、 水の中に出てきた汚れがもう一度衣類に戻ってしまう場合があるので使わないようにしましょう。 また、草木染や絹、木製や金属の飾りボタンが付いている衣類に使うと変色してしまう場合があるので使わないようにしましょう。 重曹を使う方法 基本的には、先ほどご紹介した方法でカビの洗濯はできます。 ただし、カビの発生した衣類には臭いがついていることも。 その臭いが気になる場合には、重曹を使ってみましょう! 重曹には油汚れを分解するお掃除効果と、消臭効果があります。 そのため、洗濯機に洗剤と一緒に重曹を加えると臭いが気にならなくなります。 難しそうならクリーニングに出しましょう シルク製品やウール100%以外のスーツなどにカビが発生してしまった場合には、自分でなんとかしようとは考えずにプロにお願いしましょう。 それでも落ちない黒カビはどうするの? 白カビ以外の色カビ(黒カビ、赤カビ、青カビ、オレンジカビなど)は、実は落とすことが難しいカビです。 色カビの場合にはカビそのものの色素が衣類についてしまっているケースがほとんどです。 そのため、表面のカビがとれても、色がポツポツと残ってしまうのです。 塩素系漂白剤で落とせばいいんじゃないの? 黒カビの発生した衣類の色は落とすことが難しいと言われています。 たとえ洗濯して表面のカビや菌糸が除去できたとしても、カビの根っこの部分が残ってしまうので、その色が見えてしまうのです。 この根っこの色は、たとえ 塩素系漂白剤を使用したとしてもなかなか落とすことができません。 そういえば、管理人も黒くポツポツと色のついたタオルを塩素系漂白剤につけたことがありますが、まったく効果が無かった経験があります。 なるほど、そういう事だったのですね。。。 服の黒カビを落とす方法はないの? 黒カビが発生した衣類は、自宅で洗濯してみても落ちなかった場合、クリーニング店に相談するしか無さそうです。 ただし、黒カビの除去は、 クリーニング店でも受け付けてくれる場合と断られてしまう場合があります。 断られるという事は服に発生した黒カビを落とす方法はないのでしょうか? 黒カビの落とし方 結論から言うと 黒カビを落とすことはできます。 黒カビは繊維に絡みついているので根っこを除去するという事は不可能ですが、 根っこを漂白するという方法があります。 特殊な溶液を水に溶かしてカビに塗ったあとに熱を加えてから漂白をするという方法で黒カビを漂白する事ができます。 ただ、この方法だと生地そのものの色まで抜いてしまいますから、後の工程で酸性染料で繊維の一本一本を補正していく必要があります。 筆での作業になるので手間と時間がかかります。 こうした工程を経て黒カビは落ちますが、相当の技術力が必要で高価になってしまいます。 もしもその衣類が数千円で購入したものであった場合でも、黒カビの除去に数万円かかってしまうとしたら・・・キチンとした処理方法を知っているプロの方がお断りをするというのには、ちゃんとした理由があるんですね。 衣類のカビを予防するには カビが発生する条件とは以下の4つがそろうこと、と書きました。 栄養源• 酸素 特に革製品や、ウールやシルクなどの動物繊維の製品は繊維がタンパク質で構成されているので、湿度が高ければすぐにカビが発生してしまいます。 また、動物繊維の製品でなくとも栄養源であるシミなどの汚れがついていればカビの発生につながってしまいます。 これらの条件がそろわないようにすれば、カビが発生しにくくなると言えます。 以下のようなことを実践してカビとさよならしてしまいましょう! 1.衣類はかならず洗ってからしまう 一度でも着用した衣類は、かならず汚れがついてしまっています。 カビの大好きな人間の皮脂、フケなどはもちろん、着用することでカビの胞子もまとってしまいます。 しばらく着ないな、と思ったら、洗濯かクリーニングに出してからしまうようにしましょう。 こうすることで、 衣類の黄ばみも防ぐことができます。 2.クリーニングの袋は必ずとってからしまうべし クリーニングから帰ってきた衣類、きれいだからと言ってそのままクローゼットにかけてしまったりしていませんか? あのビニール袋はあくまでも一時的なもの。 そのままだと空気が入らず、湿気がたまってカビの温床に。 「クリーニングに出したんだからきれいでしょ、カビは発生しないのでは?」というのは間違いです。 水洗いでしか落とせない汚れはクリーニングに出しても落とせていない場合もありますし、そもそも衣類の色素そのものもカビの栄養源になるので、クリーニングに出したからと言ってカビないということにはなりません。 まれに、クリーニング店の袋でも、高級ドライクリーニングにだした場合などは 「そのまま閉まって大丈夫ですよ」というものもあります。 そういう場合には、きちんと袋に書いてありますので、確認してみましょう。 3.クローゼットやタンスの換気をする 締めっぱなしのクローゼットやタンスは湿気がこもりがち。 天気のいい日には、クローゼットのドアを開けたり、タンスの引き出しを開けたりして空気の入れ替えをしてあげましょう。 扇風機などをクローゼットの中に向けて風を当ててあげると換気しやすいですよ。 特に梅雨時期や冬に結露ができやすいお家はジメジメしやすいので注意が必要です。 少しコストはかかりますが、カビでしまってからの労力を考えれば・・・管理人は除湿剤をバシバシ使っています 笑 市販の防カビ防臭シートなどを使い、使用期限が過ぎたら新しいものに交換します。 備長炭にも除湿効果があるので、化学薬品が気になるかたにはそういったものもおすすめです。 5.衣類の入れ替えをしよう クローゼットの中の衣類、いつも同じ場所に同じ衣類をかけていませんか? たまに入れ替えをしてあげたり、一番奥の衣類を少し部屋の中にかけてからまたしまう、などで湿気を排除してあげましょう。 6.クローゼットの中をパンパンにしない これ、管理人もやってしまいがちなのですが、ぎゅうぎゅうに衣類がつまった状態では、せっかくドアをあけて換気をしようとおもってもうまくいくまで空気が入れ替わりません。 できればクローゼットの中も隙間がある方がいいのですが、もしもそうは言っても中身は減らせなという場合には、やはり 日中は少し中の衣類を部屋にかけて内部を換気をするようにしましょう。 7.洗濯槽のカビ取りをする 普段から洗濯機のフタを開けている場合でも、洗濯槽の内部にはカビが生えてしまいます。 特に窓のない場所に洗濯機を置いている場合は、しっかりと換気ができないので余計にカビが発生しやすい状態になっています。 洗濯槽クリーナーと呼ばれるものには発泡しながら洗濯槽内部の汚れをはがして浮かせる 「酸素系タイプ」と、汚れを浮かせる 「塩素系タイプ」があります。 酸素系タイプのクリーナーは汚れが取れているのを目で確認できて使っていて気持ちいいのですが、目にみえないカビの菌までしっかり取り除きたいと思う場合には塩素系タイプのクリーナーを使った方が効果が期待できそうです。 また、普段の洗濯でも洗濯槽にカビがつきにくいタイプもあるので利用してみるのもいいかもしれません。 タオルのカビを防ぐには? 使うたびにちゃんと洗濯をしているのに気が付くとポツポツ黒カビが生えている・・・。 実はこれ、洗濯前の環境次第でカビを防ぐことができそうなんです。 使って洗濯するまでの間に洗濯かご等に丸めて入れっぱなしにして置くと、いつまでもジメジメが続いてしまい、洗濯をする前にカビが発生している事があるんです。 多少スペースをとってしまうかもしれませんが、洗濯待ちのタオルも広げておくなどしてできるだけ 乾燥するような環境を作るようにしましょう。 (関連記事)この記事を読んでいる方におすすめの関連記事はこちらもどうぞ。 だから衣類にはめったに発生することは無いのですね。 我が家でもバスタオルやハンドタオルに黒カビが出来てしまうことが多く、日頃は酸素系漂白剤をいれて洗濯をするようにしています。 また、使ったバスタオルは、洗濯するまでの間は室内に干して早く乾くようにしているのですが、それでもしつこい黒カビの発生に悩まされてきました。 これはもしかしたら 洗濯槽のカビが原因だったのかも・・・。 洗濯槽のお掃除って、前回いつしたっけかな?と考えてしまいましたから。 これは反省です。 まずはカビを発生させない環境づくりを意識することが大事ということが良く分かったのでした。

次の

知っていてよかった洗濯術!スーツのカビの落とし方| Pacoma パコマ | 暮らしの冒険Webマガジン

洋服 カビ 取り 方

服をタンスやクローゼットに長い間しまっておき、久しぶりにこの服着ようかな、と思ったら白い粉のようなものが! 一体コレ何?と思う人いますよね。 私も最初に見つけた時、これなに?と思いました。 その白っぽいものもカビの可能性が高いです。 タンスに除湿剤や防虫剤などをきちんと入れていても、奥にしまって長い間出さなかった、クローゼットに1年以上しまいこんでいるものなど、カビが出来る事があります。 私もズボンや革ジャンについていたことがあり、もしかしてもう着れないかも…と思ったことも。 しまっておいた服がカビていると気分最悪です。 でも大丈夫!私は自分でどちらも綺麗にカビ取りしました。 もちろんカビの状況にもよると思いますが、比較的簡単に衣類のカビは取ることができますよ。 しかし衣類や服のカビ取り方法はいろいろな方法があって迷いますよね。 洗濯をすれば良い?重曹などの洗剤を使う方法?一体どれが効果的なのか… 今回は衣類や服のカビ取り方法のコツをご紹介します。 きちんとカビ取りをして新しい気分でエンジョイしましょう。 エタノールとブラシを利用した簡単なカビ取り方法 まずはエタノールとブラシを利用した簡単なカビ取り方法をご紹介します。 カビのついた部分を洋服用ブラシでやさしくブラッシング• タオルに消毒用エタノールをふくませカビ部分を叩くように拭きとる• 外に干し乾燥させる 軽度のカビならブラッシングとエタノールで消毒すれば簡単に落とすことができます。 衣類、服についたカビを放置しておくとなかなか 落ちにくい黒カビにまで進行するので早めに取り除いておきましょう。 漂白剤を利用した衣類、服のカビ取り方法 漂白剤を利用した衣類と服のカビ取り方法を紹介します。 利用する漂白剤は塩素系でなく 酸素系漂白剤を利用しましょう。 塩素系は色柄ものの衣類や服に利用すると色落ちが激しい、または穴を開けることもあります。 漂白剤を使用してカビ取りをおこなう場合はいくつか注意点があります。 酸素系漂白剤はステンレス以外の金属に反応してしますので、それらがファスナーやボタンとしてついてる衣類と服は利用できません。 さらに毛、絹の繊維製品には利用できないので注意しましょう。 これは普通の洗濯時にも言われることですが、塩素系と酸素系の漂白剤を併用しないでください。 効果が薄くなったり酸素が発生し容器に入れると危険です。 必ず漂白剤にはこのような注意書きが表面ののラベルに書いてあります。 でも正直あまり書いてあるの読まずに洗濯すること多いですよね。 私もそうでした…しかしそうすると色落ちがあることも… 実際にお気に入りの洋服が色落ちしたことがあります。 色落ちしてしまったものはどうにもならないので、面倒だな…と思っても必ずラベルを読みましょう!あとで後悔しない為にも。 特にお気に入りの洋服の場合は絶対に読んだ方が良いですよ。 酸素系漂白剤を利用した衣類、服のカビ取りの流れ 酵素系漂白剤の 目安用はお湯1Lに対して10gです。 入れすぎても絶対にダメです。 ラベルに書いてあるので必ず容量を守って使いましょう。 40度~50度のお湯に酸素系漂白剤を入れ混ぜる• お湯が冷めるまでつけ置き• カビが落ちるまで1. を繰り返す• カビが落ちたら洗濯機にかけ干し乾燥させる 掃除などのカビ取りには重曹を利用した掃除がよくあります。 重曹にも漂白効果があるのでカビに有効なのですが、黒カビのように強力なものだと効果は期待できません。 しかし併せて使うと効果が期待できます! 漂白剤と重曹を利用した衣類、服のカビ取りの流れ 液体の酸素系漂白剤に重曹を入れると漂白効果がアップします。 液体酸素系漂白剤と重曹の比率は1:1で利用可能です。 ただし漂白効果をアップさせるということは 衣類、服にダメージを与える可能性が高くなります。 お気に入りのお洋服、ダメージを与えるとシワシワになったり、生地がヨレヨレになることも。 お気入りのワンピースのよくわからない汚れ(原因不明)で実践したことがありますが、汚れはとれても一部分だけ生地がヨレてしまいました。 実際に汚れがひどく目立つ部分だったので、どうしても汚れを取り除きたく生地が痛むの覚悟でやりました。 なので生地を痛めたくない場合は必ず見えにくい部分でテストするか、ダメージがあっても大丈夫な衣類、服で行ってください。 また液体酸素系漂白剤の 容器に直接重曹を入れると酸素が発生し破裂する可能性があるのでやめてください。 革やレザー製の衣類と服のカビ取り方法 革やレザー製品ってしまいこんでなかなか使わないものありませんか。 管理人も革のジャケットを持っているのですが、秋冬しか着れないですし、そもそも着る頻度がかなり少ないです。 そうすると革の部分にカビが…白っぽくなっているのがカビでした。 あまり着る機会が少ないですが、お気に入りのジャケットだったので、すぐにカビ取りを実施しました。 革製の衣類や服についたカビは重曹で落とすことができます。 粉状態の重曹に水を少量足しペースト状にする• ペースト状にした重曹を濡れた柔らかい布でカビ部分につけやさしく拭き取る• 乾いた柔らかい布で乾拭きを行い乾燥させたる 革製品は水洗いする機会が少ないです。 家で洗うこともできないですし、クリーニングに出すと高いですよね。 だからこそ日頃からカビていないか細かいチェックが必要です。 季節のかわり目には一度点検を行っておきましょう。 スポンサーリンク 衣類と服のプロ専門業者のカビ取り方法 上記の方法で落ちない衣類や服のカビはプロのクリーニングなどの専門業者に頼むのが一番です。 自分では落ちない汚れを綺麗にとってくれることがあります。 ですが、一体どうやってプロの業者は落とすんだろうか…ちょっときになったので調べてみました。 なかなか落ちない黒カビをプロの専門業者は以下の方法で落とすそうです。 過マンガン酸カリウムの上澄み液をカビの箇所につける• 過マンガン酸カリウムをつけた箇所に40度の熱を加える• ハイドロサルファイトで還元漂白を行う• 処理を行った箇所が色落ちするので筆で繊密に色付けし元に戻していく これだけみると簡単そうに見えますがそういうわけではありません(笑)まず過マンガン酸カリウムはアルコールと混合するとガラスを溶かすほど発熱をおこす危険なものとのこと。 ハイドロサルファイトも自然発火性があるので同じく簡単に扱えるものではありません。 なにより一度落としてしまった色落ちを筆で戻していく作業はかなりの労力です。 とても素人ではできそうになり作業ですね。 気になったので調べてみましたがけっして真似をしないでくださいね。 着物のプロ専門業者のカビ取り方法 ちなみに同じように気になったのが着物のカビ取りや汚れ。 着物はほとんど着ることがないので年単位でタンスにしまいますよね。 実際管理人も着物は何年もしまったまま…着るのは夏の浴衣くらいでしょうか。 しかし久しぶりに着物を着ようかなと思ってタンスから出したら着物にカビが!その時はすぐにプロの業者におまかせしています。 下手に自分でとろうとすると、生地を痛める可能性が高いですし、何より着物は高いので自分でおこなう勇気ないです…。 こちらも気になったので着物のプロの専門業者のカビ取り方法がどのようなものか参考までに調べました。 事前溶剤テスト、ほつれ等の確認といった点検作業• 着物用の溶剤とブラシで袖などをブラッシングで手洗い• ネットに着物をたたまずに入れて着物用のドライクリーニング• 真空低温乾燥機で乾燥• 乾燥機から取り出し乾燥室で再度乾燥• 乾燥したらカビの箇所を確認し生地を傷める可能性など点検• 専用薬剤でカビの箇所を部分漂白(尖っていない楊枝のような道具を使用)• 超音波を出す専用機材と水ですすぐ• ちゃんと漂白できたかなどを確認しながら部分乾燥• 調合した染料を筆を使って着物と同色に戻す 上記は簡単に記載しましたが、実際にやっている現場はひとつひとつの作業が丁寧に慎重に行われているようです。 着物のカビ取りが完了するまで1ヶ月以上かかるとのこと。 絶対自分ではできないですね。 もともと高価な着物ですから、必ず 自分では行わずプロの専門業者に依頼するのが一番良いです。 衣類や服にカビをよせつけない予防法• クリーニングから持ち帰ったらビニールから出す• クローゼットを定期的に換気する• 衣類や服を保管するとき、隙間に余裕のある収納をする• 湿気取り剤、防湿剤を利用する 少し面倒に感じますがカビ取りに時間かけるよりも断然楽です!カビが生えたら衣類と服を最悪捨てなくてはならないので必ず行っておきましょう。 特に収納するときは「もう少し入る!!」と欲張って入れるとカビが大喜びしてしまいます。 管理人もぎゅうぎゅうに詰めまくっていたのですがカビが怖いので現在はやめています(笑) 意外に多いのがクリーニング後そのままビニールをかけたままにしておくこと。 昔はそのままにしていたのですが、テレビで「 クリーニングのビニールは必ず取りましょう」というのを見てから必ずとってます。 後はクローゼットやタンスなど 定期的にあけて換気をする、そして 湿気取り剤や防湿剤を使用することです。 見せる収納などもあるので収納方法も楽しみながら選んでみてください。 衣類と服のカビ取り方法まとめ• 軽度のカビのうちにブラッシングとエタノール消毒• 黒カビなどは酸素系漂白剤を利用する• 着物などはプロの専門業者にクリーニングを依頼する• クローゼットなど収納の防湿、換気を定期的に行う お気に入りの衣類、服は一度なくなると巡りあうのに数年かかるのは管理人だけでしょうか?(笑)色は似ているけど形が違う、形は近いけど色がないと記憶をたよりに探したことが数多くあります。 せっかく出会えた衣類、服なのですからカビから守って末永くお付き合いしたいものですね。 そう服はまさしく恋人と同じなのです(笑).

次の