頭 と 尻尾 は くれ て やれ。 頭と尻尾はくれてやれ@天井から底はとれない

なぜ、頭と尻尾はくれてやらねばならないのか?

頭 と 尻尾 は くれ て やれ

そのため、このコラムをご覧いただいている投資家の方の中には、底値で買って天井で売りたいと考えている方も大勢いらっしゃるのではないでしょうか。 しかし、実はそうした投資行動はやめた方が良いことを教えてくれる格言があります。 今回は、天井と底値での売買を諫める「頭と尻尾はくれてやれ」という格言を紹介します。 つまり、この「頭と尻尾をくれてやれ」というのは、底値で株を購入し、最高値でその株を売却するというのは考えるな、という意味になります。 もちろん、底値で買って天井で売るというのが投資の理想ではあります。 しかしながら、投資の世界には「」という格言もあるように、一般的に株価は高値圏にあるのはほんのわずかな時間であるにもかかわらず、底値圏は長期に渡って続くと言われています。 そのため、確かに底値で買えたのはいいけれど、その底値圏から抜け出すのに長い時間がかかってしまったとか、天井で売ろうと思って「まだ上がる。 まだ上がる。 もうちょっと上がるはず」と天井がどこかを見極めようとしていたら、株価が急落して結局あまり利益が出なかったということがよく起こります。 そう考えると、底値で買って天井で売るという理想を実現させることは非常に難しいと言わざるを得ません。 私たちのような個人投資家は、機関投資家とは異なり、日々ライバルの証券会社や同じ社内の機関投資家と投資成績を競い合っているわけではありません。 そのため、一円でも多く儲けるというよりも、投資の資金を減らさないように損をしないということも非常に重要になります。 欲望のままに底値圏や天井で売買をしようと思うのではなく、底値圏の動きを見て、「上昇トレンドに入ったな」と思ったら株を購入し、「そこそこ儲かったぞ」という所で利確をして、悠々と引き上げる。 こんなゆとりのある投資をするよう心掛けることをお勧めします。

次の

頭と尻尾はくれてやれ

頭 と 尻尾 は くれ て やれ

頭と尻尾はくれてやれの意味は? 相場の格言 「頭と尻尾はくれてやれ」の意味ですが、まあ改めて説明するまでもありませんな。 そのものズバリで天井や底を見極めるのは難しいので欲をかかず、適当な所で売り買いしなさいと言うことですよね。 それにたい焼きでも頭と尻尾にはアンコが入っていません。 ですので美味しくないですからね。 ただ英語で対応する格言はないみたいですが、 「売りも買いも八分目」はほぼ同じことを意味するのではないでしょうか。 しかし世の中にはそれがわからん御仁もおられます。 わしが証券会社の営業マンだった頃、 「一番高い所で売ってくれ」などと平気で抜かすお客様もおられました。 注文を頂けるのはありがたいですが、そんなの分かるわけないですからね。 困ったものでございます。 いずれにしても株のトレードで一番美味しいのは底を打ってしばらくしてからインして天井の手前で売り抜けることでしょうな。 魚やたい焼きの胴体の部分を頂くと言うことですね。 ただきちんとトレンド転換を見極めてから売り買いしないとね。 そして 売りも買いも八分目です。 最もそのトレンド転換を見極めることも難しいですけどね。 それとわしのトレードは残念なことに、魚の頭の目の位置ぐらいでインしてエラの辺りでアウトすることが多いです。 これぞ 「美味しい所はくれてやれ」ですな。 こんなトレードを今までに何度して来たことかと言うことですわ。 と言っても薄利でも利益は利益です。 利食い千人力とも言いますからね。 ありがたいと思わないとバチが当たりますな! 天井売らず、底買わずと言う格言もあるが・・ また 「頭と尻尾はくれてやれ」とは意味する所は違いますが、同じく天井と底を見極めるのは難しいことを表す 「天井売らず、底買わず」と言う格言もありますよね。 確かにその通りで人間の心理は上がると強気、下がると弱気になるものです。 その結果、天井付近で売りそびれたり底値圏で買えなかったりするのはよくあることです。 しかしこれはある程度は仕方がないでしょうな。 どんな手練れの投資家でもそうは上手くは出来ないと思います。 底値で投げて天井で買ってしまうことも多々あるでしょうな。 事実、わしも 底値で投げたことは何度かあります。 もちろんわしだけでなく、そう言う経験をされた方も多いと思いますけどね。 しかし逆に底値で買いだったら良いのにねえ。 最近と言うかわしが株式投資を再開してからだと 星和電機ですかね。 ビビって投げたらものの見事にここ2年ぐらいの最安値でございました。 損した金額は知れてますが、それよりもかなりの屈辱感を味わいました。 反発がその日だけなら良かったですが、次の日からそこそこ戻しましたからねえ。 あとその昔の証券マン時代には、四季報に載っている 史上最安値で投げたこともあります。 四季報でその銘柄を見ると、わしが投げた値段を見ることになると言う非常に楽しくない気分を味あわせて頂きました。 でも投げた場合はそこで終わりですが、逆に 史上最高値で買ってずっとホールドしている方が辛いでしょうねえ。 さすがにわしはその経験はないですが。 最後に・・ 今回は相場の格言の1つ 「頭と尻尾はくれてやれ」を取り上げてみました。 また 「売りも買いも八分目」や 「天井売らず、底買わず」と言った格言も合わせて頭に入れておきたいですね! まあ考えてみれば、適当な所で売り買いしても十分ですからね。 それに底で買って天井で売ると言うルールで相場をやっているわけでもないですしね。 ただ相場は簡単ではなく勝つのは難しいものと言うことを忘れずに、自分の欲をきちんとコントロールしたいものです。 もちろんそれがきちんと出来れば苦労しないですが、こういう面からも株のトレードはメンタルが重要と言うことになるでしょうな。

次の

頭と尻尾はくれてやれ

頭 と 尻尾 は くれ て やれ

こんばんは、筋トレーダーです。 専業でFX投資をしながら、日々筋トレに励んでおります。 さて、本日ですがFX界では有名な『頭と尻尾はくれてやれ』 について話をしていきたいと思います。 意外に知らない人も多いと聞きますが、非常に大事な事です。 そもそもの由来は『魚』からきているとの事です。 魚の『頭と尻尾』を食べる人は中々いないと思います。 ほとんど美味しい身だけを頂きますよね。 なので魚で例えられています。 そんな頭と尻尾を相場で見ていきましょう。 ドン! ポンド円1時間足を表示 この中かの一部の相場を見ていきます。 どこが頭で、どこが尻尾で、そしてどこが美味しい尻尾か考えみて下さい。 まずはここが頭になります。 頂点ってことですね。 そしてここが尻尾 末端になります。 単純に頭から尻尾まで取れたら爆益になるのでとても良いですよね。 ただここにも欲と恐怖が着いて来て、いつも隣り合わせにあります。 なので美味しい尻尾だけを確実に取る必要があります。 ここが身になります。 一見ここだけ?っと思うかもしれませんが、ここの黒丸だけでも1円動いています。 1円の変動は小さいでしょうか?かなり利益が取れてますよね。 なので美味しい身だけを取って『頭と尻尾はくれてやれ』 ここ大切になるので、このスタイルで相場に挑んで下さい。 ではまた明日😌.

次の